アギルダー/ノート - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

アギルダー/ノート 節を編集



議論・提案スペース 節を編集

進化前後HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アギルダー80704010060145495うるおいボディ/ねんちゃく/かるわざ
チョボマキ504085406525305うるおいボディ/シェルアーマー/ぼうじん
(137)(107)しんかのきせき(無振り)
(153)(123)しんかのきせき(特化)

チョボマキは今作における急所アーマー特性持ちポケモンの中で唯一HP1/2回復技を持ち、かつ輝石込みで物理耐久がかなり高い。
アギルダー同様に流し技を多く習得でき、ウーラオスを比較的安定して受けられることから一時期注目を集めた。

火力はまったくなく、今作ではまとわりつくや進化後は覚えられるどくどくを剥奪されていてダメージソースが貧弱。
挑発されると止まってしまうことから戦う相手は選ばねばならず、ピンポイントな対策要員としての採用になりがち。

アギルダーが覚えて、チョボマキが覚えられない主な技
とんぼがえり/きあいだま/アシッドボム/みずしゅりけん/でんこうせっか/きしかいせい/ドレインパンチ/どくどく/こうそくいどう/かげぶんしん/ベノムトラップ/パワースワップ/すなあらし

型考察 節を編集

チョボマキ物理受け型 節を編集

特性:シェルアーマー
性格:わんぱくorずぶといorのんき
努力値:H252 B252
持ち物:しんかのきせき
確定技:じこさいせい
攻撃技:はいよるいちげき/むしのていこう/きゅうけつ/マッドショット/ヘドロばくだん/ギガドレイン/いのちがけ/フェイント
補助技:あくび/みがわり/のろい/とける/アンコール/バトンタッチ/まきびし/どくびし/こらえる

ウーラオスを役割対象とするため特性はシェルアーマーを優先。
輝石B特化シェルアーマーで、持ち物なしA特化ウーラオスのあんこくきょうだ・すいりゅうれんだを共に乱数4発に抑える。
ねむる採用のうるおいボディも考えられなくはないが、再生回復があるので優先するものではない。ぼうじんにするなら他に適任がいる。

得意な相手を流しつつ設置技を撒く、積んでバトンタッチするなどして後続を補助する。
火力には期待できないが、挑発対策として攻撃技も一つは欲しい。レパートリーこそ少ないものの、追加効果の優秀なものが揃っている。


タグ: ノート