バクフーン(ヒスイのすがた) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

このページはリージョンフォームのものです。
通常フォームはこちら→バクフーン

バクフーン(ヒスイのすがた) [編集]

No.0157 タイプ:ほのお/ゴースト
通常特性:もうか(HPが最大値の1/3以下の時、炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:おみとおし(自分が場に出た時、相手の持ち物がわかる)
体重:69.8kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
原種/リージョンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
Hバクフーン7384781198595534もうか/おみとおし
バクフーン(原種)78847810985100534もうか/もらいび
特殊炎/霊HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
Hバクフーン7384781198595534もうか/おみとおし
シャンデラ6055901459080520もらいび/ほのおのからだ/すりぬけ
ラウドボーン104751001107566530もうか/てんねん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/どく/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)むし
こうかなしノーマル/かくとう

バクフーンのリージョンフォーム。ゴーストが追加され、弱点・耐性ともに増加。
種族値は特攻が上昇した代わりにHPと素早さが低下。
同複合のライバル、特に特殊寄りのラウドボーンとは素早さときあいだまで差別化可能。

技方面では原種譲りのふんかが持ち味。隠れ特性のおみとおしにより、スカーフで突っ張るか交代するかの選択がしやすくなった。
ダブルにおいてはおみとおしの効率がよく、メジャーなねこだましを無効化できるうえ、ふんかも相手全体攻撃と非常に相性が良好。
単独で両立できるのはHバクフーンのみであり、個性として期待できる。

専用技のひゃっきやこうは、たたりめの威力が微減した代わりに火傷の追加効果を持つ。炎タイプ以外で火傷にする技は珍しい。
素の威力と火傷の確率は控えめながら、物理アタッカーの後出しを強力に牽制してくれる。
もちろんおにびも覚えるので、確実に火傷にしたい場合はそちらも選べる。

第九世代でバクフーンが習得した技は物理技が中心であり、レパートリーを引き継ぐこちらも同様で、いまいち噛み合っていない。
相変わらず特殊技と変化技は原種譲りで貧弱だが、ゴースト技を一致で撃てるようになったので範囲自体は原種と比べても格段に上。

欠点は耐久・素早さの低下と弱点の増加。
原種の素早さが激戦区だったこともあって素早さ低下の影響は大きく、僅差でミミッキュウーラオスサザンドラ等に上から縛られてしまう。
また第九世代では強力なあくタイプが環境に跋扈しており、ゴースト複合が仇となるケースも多い。

入手にはLAで進化させる必要がある。進化自体はLA以外で入手したヒノアラシ・マグマラシでも可能。

2023年11月3日から開催の最強レイドでも入手可能。テラスタイプは炎で、6V・ひかえめ・隠れ特性固定。
イカサマが痛いので、物理型で運用するのでもなければ過去作で厳選した個体を使用すべき。

主要な過去作限定技(廃止技除く)
マジカルフレイム/ドレインパンチ/もえつきる


特性考察 [編集]

おみとおしはアナウンスが出るため、出た時点でどちらの特性かは必然的にバレる。

もうか
炎御三家おなじみの通常特性。HPが1/3以下でほのおタイプの技が強化。
一致弱点を突かれるとそのまま倒される程度の耐久のため、安定を求めるならタスキやみがわりと併せて。
シンプルに火力を底上げできるが、ふんかとの相性は悪い。
おみとおし
隠れ特性。相手のタスキやスカーフを確認できるため、スカーフふんかとの相性が良好。
ダブルでは相手両方の持ち物を見抜けるのでより効果的。ただしすりかえ・トリックは覚えない。
トレースされるとこちらの持ち物も見抜かれてしまうため注意。

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果解説
ふんか~150(225)100HP減少で
威力低下
バクフーンの代名詞ともいえる強力な炎技。こだわりスカーフならほぼ確定。
ブラストバーン150(225)90使用後1ターン
行動不可
最高火力。もうか発動時に威力337。
反動はキツいが、オーバーヒートより確1範囲は広い。
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓撃ち逃げ用。もうかが発動すれば威力292となり、ふんかより火力が高くなる。
だいもんじ110(165)85火傷10%もうか発動で威力247となり、ふんかより火力が出る。連発可能。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%命中安定・威力控えめ。
ふんえん80(120)100火傷30%火傷の付与率が高い。ダブルでは全体攻撃。
味方にも当たってしまうが、じょうききかんなどの発動をついでに狙える。
シャドーボール80(120)100特防↓20%タイプ一致技。炎半減以下の相手に。
ひゃっきやこう60/120
(90/180)
100火傷30%
状態異常の
相手に威力2倍
専用技。たたりめに火傷の追加効果が乗った技。
たたりめ65/130
(97/195)
100状態異常の
相手に威力2倍
どくびし、おにびなどと合わせる場合、こちらの方が火力は出る。
きあいだま11070特防↓10%炎霊と合わせると全ての相手に等倍以上がとれる。命中不安。
じんつうりき80100怯み10%テツノドクガドヒドイデなど、炎半減以下の毒や格闘に。
ソーラービーム120100溜め攻撃晴れパかパワフルハーブと併せて。受けに来る水や岩に有効。
テラバースト80<120>100タイプ変動テラスタル中はテラスタイプの技になり、実数値が攻撃>特攻なら物理技になる。
物理技タイプ威力命中効果解説
じしん100100-広範囲に通るサブ技。主に対炎。特殊型でもテツノドクガなどを重く見るなら。
じゃれつく9090攻撃↓10%特殊にはないドラゴンに対する有効打。
でんこうせっか40100優先度+1唯一の先制技。かげうちは覚えない。
変化技タイプ命中解説
めいそう-特攻・特防を補強。
おにび85確実に火傷にしたいなら。
のろい-HPを削って相手を呪う。自主退場用に。まもる・みがわり貫通。
ゴースト以外にテラスタルする場合は効果が変わるので注意。
みがわり-もうか発動用。ふいうち対策にもなる。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
テラバースト弱点のゴーストを無効化。
ふんか
だいもんじ
一致技の強化。ふんかの火力を引き上げ全抜きを狙う。
テラバースト解説
テラバースト麻痺無効。地面が一貫する。
ソーラービーム炎の弱点すべてに対して抜群を取れるので相性補完に優れる。
粉技も無効にできるが、その一方で弱点が多い。
テラバースト相性補完に優れるが、マッハパンチが抜群になる。岩が一貫する。
きあいだま一致技に癖あり。
テラバースト地面が一貫する。
じしん
テラバースト
対炎に。ただし特殊技はテラバーストのみ。水が一貫する。
テラバースト地面無効。岩が一貫する。
じんつうりき一致技の威力不足が課題。ゴーストと悪が一貫する。
ふんかのケアも兼ねて味方のサイコフィールドと併せるべきか。
テラバースト岩が一貫する。
いわなだれ水と地面が一貫する。
シャドーボール
ひゃっきやこう
一致技の強化。
テラバースト解説
テラバーストゴーストと悪を半減。いたずらごころ耐性の獲得。
テラバースト地面が一貫する。
じゃれつく悪技を半減しドラゴンも含めて抜群がとれる。鋼と毒は元から半減できる。

型考察 [編集]

スカーフ型 [編集]

特性:もうか/おみとおし(推奨)
性格:ひかえめorおくびょう(推奨)
努力値:C252 S調整 残りH / C252 S252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ふんか/シャドーボールorひゃっきやこう
優先技:きあいだま/炎技
選択技:ソーラービーム(晴れパ用)/テラバースト/じんつうりき/じしん

スカーフで素早さを補強し、最高威力のふんかを先制で放つ型。
体力が削れるとふんかの威力が下がるため、終盤でも使える別の炎技を両搭載することを推奨。その場合はもうかの採用も視野に入る。
原種と違い炎を半減以下にする相手には一致霊技を撃てる点は大きい(半減最大威力ふんか<等倍シャドーボール)。
炎+霊をどちらも半減以下にする相手は格闘弱点なので、きあいだまの優先度は高い。

晴れ状態で運用すれば炎技威力アップに加え、水タイプに刺さるソーラービームも使えるため一考の価値有り。
ただし晴れ始動のひでり持ちとはタイプが被るため、シングルでは必然的にもう1枠のポケモンの負担が大きくなることに注意。
ダブルなら構築に余裕があるため、比較的晴れ運用がしやすい。ふんかが味方を巻き込まない全体攻撃であることもポイント。

原種に比べてSこそ下がったが、スカーフやブーストエナジーなしで抜かれるのはレジエレキのみ。
おみとおしで事前に相手の道具もわかるので対応しやすく、スカーフ型だとS低下はそこまで影響力はない。

Sは基本最速でいいが、仮想敵がいるなら合わせて調整。
激戦区の90族や霊獣ランドロスは抜いておきたい(S228振り)。

アタッカー型 [編集]

特性:もうか/おみとおし
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:C252 S252 or C252 HS調整 
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ラムのみ/こだわりメガネ/パワフルハーブ/とつげきチョッキ
確定技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ/シャドーボールorひゃっきやこう
優先技:きあいだま
選択攻撃技:ふんか/ソーラービーム/テラバースト/じんつうりき/じしん/でんこうせっか
選択変化技:おにび/みがわり/のろい/めいそう

シンプルなアタッカー型。
スカーフ型より小回りが利く。原種と違い一致技の範囲が広く、特殊技だけで完結できるので、物理技を無理に採用する必要はない。
メインの炎技とふんかの両立もありだが、原種よりSが5低い影響はそれなりにあるので注意。

スカーフ型が印象強く、原種と違い悪抜群によりふいうちを強く誘うので、みがわりやおにびがあると読み合いができる。
特にみがわりならもうかの発動を狙いやすい。


相性考察 [編集]

草×悪複合サザンドラとはお互いの弱点を補いやすい。
飛行・岩・ドラゴンが一貫するので、3匹目には鋼タイプを選出するといいだろう。


対バクフーン(ヒスイのすがた) [編集]

注意すべき点
原種と同じくスカーフでのふんかが危険。原種より特攻が上がったことに加え、おみとおしによりチョッキ・スカーフによる強行突破は見抜かれる。
専用技・ひゃっきやこうは火傷の追加効果があり、たたりめのように状態異常では威力が倍増。物理アタッカーの後出しは危険度が高い。
対策方法
耐久は原種以下、弱点もメジャーなものが多め。一致弱点で叩ければ、先制技以外なら概ね落としきれる。
先制技の場合もスカーフふんかの威力が大分落ちるので突破しやすく、上手く行けば起点化も狙える。
火傷の危険性があるため、後出しするのであれば特殊アタッカーにしたい。

覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

9th威力命中タイプ分類PP備考
ヒノアラシマグマラシバクフーン
64751ふんか150100ほのお特殊5
55641すてみタックル120100ノーマル物理15
--1ひゃっきやこう60100ゴースト特殊15
--1ジャイロボール-100はがね物理5
111たいあたり40100ノーマル物理35
111にらみつける-100ノーマル変化30
611えんまく-100ノーマル変化20
10101ひのこ40100ほのお特殊25
131313でんこうせっか40100ノーマル物理30
192020かえんぐるま60100ほのお物理25
222424まるくなる--ノーマル変化40
313131スピードスター60-ノーマル特殊20
283535ニトロチャージ50100ほのお物理20
--*ひゃっきやこう60100ゴースト特殊15*進化時
374243ふんえん80100ほのお特殊15
404648かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
465356れんごく10050ほのお特殊5
495761ころがる3090いわ物理20
586874オーバーヒート13090ほのお特殊5
+  過去世代

技マシン [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
技001とっしん9085ノーマル物理20
技007まもる--ノーマル変化10
技008ほのおのキバ6595ほのお物理15
技012けたぐり-100かくとう物理20
技017あやしいひかり-100ゴースト変化10
技024ほのおのうず3585ほのお特殊15
技025からげんき70100ノーマル物理20
技027つばめがえし60-ひこう物理20
技028じならし60100じめん物理20
技029たたりめ65100ゴースト特殊20
技032スピードスター60-ノーマル特殊20
技038ニトロチャージ50100ほのお物理20
技042ナイトヘッド-100ゴースト特殊15
技047こらえる--ノーマル変化10
技049にほんばれ--ほのお変化5
技055あなをほる80100じめん物理10
技058かわらわり75100かくとう物理15
技059しねんのずつき8090エスパー物理15
技061シャドークロー70100ゴースト物理15
技066のしかかり85100ノーマル物理15
技067ほのおのパンチ75100ほのお物理15
技068かみなりパンチ76100でんき物理15
技070ねごと--ノーマル変化10
技084じだんだ75100じめん物理10
技085ねむる--エスパー変化5
技086いわなだれ7590いわ物理10
技099アイアンヘッド80100はがね物理15
技103みがわり--ノーマル変化10
技107おにび-85ほのお変化15
技114シャドーボール80100ゴースト特殊15
技118ねっぷう9590ほのお特殊10
技125かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技127じゃれつく9090フェアリー物理10
技129めいそう--エスパー変化20
技134きしかいせい-100かくとう物理15
技141だいもんじ11085ほのお特殊5
技144ほのおのちかい80100ほのお特殊10
技147ワイルドボルト90100でんき物理15
技149じしん100100じめん物理10
技152ギガインパクト15090ノーマル物理5
技153ブラストバーン15090ほのお特殊5
技157オーバーヒート13090ほのお特殊5
技158きあいだま12070かくとう特殊5
技163はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技165フレアドライブ120100ほのお物理15
技168ソーラービーム120100くさ特殊10
技171テラバースト80100ノーマル特殊10
DLC
技172ほえる--ノーマル変化20
技177うらみ-100ゴースト変化10
技180ジャイロボール-100はがね物理5
技192きあいパンチ150100かくとう物理20
技195しっとのほのお70100ほのお特殊5
技198ポルターガイスト11090ゴースト物理5

過去作技マシン [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代(マグマラシ時)
技01ふるいたてる--ノーマル変化30
技06どくどく-90どく変化109th:技175では覚えない
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15×
技21やつあたり-100ノーマル物理20×
技27おんがえし-100ノーマル物理20×
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技48りんしょう60100ノーマル特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技96しぜんのちから--ノーマル変化20×
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代(マグマラシ時)
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20×
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30VC2nd:秘01
秘04かいりき80100ノーマル物理15VC2nd:秘04
秘06いわくだき40100かくとう物理15VC2nd:技08
第3世代~第4世代(マグマラシ時)
技78ゆうわく-100ノーマル変化20×
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15×
VC第2世代(マグマラシ時)
技02ずつき70100ノーマル物理154th:教え技
技03のろい--ゴースト変化10タマゴ
技04ころがる3090いわ物理20Lv
技08いわくだき40100かくとう物理15XY:技94
技13いびき50100ノーマル特殊157th:教え技
技23アイアンテール10075はがね物理157th:教え技
技31どろかけ20100じめん特殊109th:技005では覚えない/4th:教え技
技34いばる-85ノーマル変化157th:技87
技40まるくなる--ノーマル変化40Lv
技43みきり--かくとう変化5
技49れんぞくぎり4095むし物理204th:教え技
秘01いあいぎり5095ノーマル物理306th:秘01
秘04かいりき80100ノーマル物理156th:秘04

タマゴ技 [編集]

2nd3rd4th5th6th7th9th威力命中タイプ分類PP備考
きしかいせい-100かくとう物理15技134
ほしがる60100ノーマル物理25
とおぼえ--ノーマル変化40
にどげり30100かくとう物理30
HSじんつうりき80100エスパー特殊20
のろい--ゴースト変化10
みだれひっかき1880ノーマル物理15
でんこうせっか40100ノーマル物理30Lv
あばれる120100ノーマル物理10
みやぶる--ノーマル変化40×
ブレイククロー7595ノーマル物理10
すてみタックル120100ノーマル物理15Lv
フレアドライブ120100ほのお物理15技165
しぜんのちから--ノーマル変化20×/7th:技96
はじけるほのお70100ほのお特殊15×
Cじごくぐるま8080かくとう物理20×

教え技 [編集]

現状無し。

+  過去世代

遺伝 [編集]

タマゴグループ陸上
孵化歩数5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」「じょうききかん」で2560歩)
性別♂:♀=7:1
進化条件ヒノアラシ(Lv.14)→マグマラシ(ヒスイ地方でLv.36)→ヒスイバクフーン
分岐進化バクフーン(原種)
備考1パルデア地方・キタカミの里では原種のバクフーンに進化する
備考2LA:ヒノアラシはLv17で進化する

遺伝経路 [編集]

+  VC第2世代