テラスタル - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

テラスタル仕様一覧 節を編集

第9世代で実装されたテラスタルの仕様、技の効果など。



テラスタルの基本仕様 節を編集

  • バトル中お互いに1回だけ使用でき、効果は戦闘不能になるかバトルが終わるまで続く。
    • 過去作のメガシンカと同様、ターン制限や交代による解除は発生しない。
  • タイプが個体ごとに決められたタイプ単独に変化する。
    • 元が複合タイプでも単タイプに変わる。
  • 「もえつきる」「でんこうそうげき」「はねやすめ」のタイプを失う効果を無効化する。
  • 「みずびたし」などのタイプを変更する効果を無効化する。
  • テラバースト(威力80・能力に合わせ物理特殊変化)のタイプがテラスタルのタイプに変化する。
  • 自分のタイプで効果が変わる技はテラスタル時のタイプを参照する。
    • オドリドリのめざめるダンスは特殊固定なものの、威力90でテラスタイプを参照する。
    • 「のろい」はゴーストテラスタル時は相手を状態異常にする効果になり、ゴーストタイプがゴースト以外にテラスタルすると能力変化の効果になる。
  • 元のタイプとテラスタルのタイプが一致しているとき、攻撃技のタイプ一致補正が1.5倍から2倍になる。(約1.33倍)
  • 元のタイプとテラスタルのタイプが一致していない場合、元のタイプのタイプ一致補正はそのままで、テラスタイプの攻撃技にもタイプ一致補正が付与される。
  • 一般的な戦闘中のタイプ変更と同様、状態異常などにかかった状態でそれに耐性を持つタイプに変化しても回復はしない。

主な使用例 節を編集

  • 元の一致技の火力アップ
  • 弱点タイプに対する耐性獲得やタイプ特性の利用(草タイプの粉技無効など)
  • 元のタイプと不一致のテラバーストによる攻撃範囲の増加

テラスタルの利点・欠点 節を編集

プラス要素 節を編集

単純な高いパワーでのゴリ押しや、テラスタルでのタイプ変更による受け、あるいは3タイプをタイプ一致にすることで自身の攻撃性能を高める事ができる。
またダイマックスとは異なりターン制限はなく、引っ込めても効果が続くため、一度テラスタルすれば好きなだけその力を振るう事も可能。

マイナス要素 節を編集

強制的に単タイプになってしまうため、ハッサムヌオー等、複合タイプの優秀さで高い耐性を誇るポケモンには相性が悪い。
またダイマックスとは異なりひるみやアンコール、レッドカード等での強制退場が効く。

テラスタイプ考察 節を編集

ノーマル 節を編集

ノーマル抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
なしなしかくとうなしゴーストなし
メリット
ゴーストタイプを持つポケモンが自身の弱点を消す目的で使用。
またゴースト技の一貫やかげうちによる縛りを解除する際にも使われる。
デメリット

ほのお 節を編集

ほのお抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
くさ・こおり
むし・はがね
ユキノオーモスノウ
ハッサムフォレトス
みず・じめん・いわほのお・くさ・こおり
むし・はがね・フェアリー
なしやけど無効
メリット
テラバーストが一部のポケモンには貴重な一致炎技になるため、その種のポケモンが対面or奇襲目的で使用。
やけど無効も物理アタッカーには嬉しい。
デメリット

みず 節を編集

みず抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
ほのお・じめん・いわバクーダセキタンザンでんき・くさほのお・みず
こおり・はがね
なしなし
メリット
PVで使われたようにセキタンザンのじょうききかんを少ないダメージで発動させることができる。
水半減の中では弱点が少ないため有用。
鋼に耐性を持ちつつ地面が弱点にならないので、物理耐久の低いフェアリータイプなどは採用の余地ありか。
デメリット

でんき 節を編集

でんき抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
みず・ひこうギャラドスペリッパーじめんでんき・ひこう・はがねなしまひ無効
メリット
弱点が地面のみのため、特性浮遊持ちをテラスタルすることで実質弱点なしにできる。
ギャラドスに打点のないポケモンが奇襲する目的でも使える。
また麻痺無効が欲しい高速アタッカーも。
デメリット

くさ 節を編集

くさ抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
みず・じめん・いわトリトドンナマズン
ヌオーカジリガメ
ほのお・こおり
どく・ひこう・むし
みず・でんき
くさ・じめん
なしやどりぎのタネ無効
粉技無効
メリット
粉技無効が優秀で、持ち物の自由度を残しつつキノガッサやモロバレル対策を担える。
あついしぼうもらいび持ちなら弱点補完も可能。
デメリット
弱点が多い。

こおり 節を編集

こおり抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
くさ・じめん
ひこう・ドラゴン
リククラゲトロピウスワタッコ
アップリュータルップルガブリアス
オンバーンカイリューチルタリスボーマンダ
ほのお・かくとう
いわ・はがね
こおりなしこおり無効
天候ゆきで防御1.5倍
メリット
抜群範囲が広く、テラバーストは6,7世代のめざめるパワーの2倍の火力で4倍弱点のポケモンに高威力の打点を持てる。
デメリット
弱点はメジャーかつ半減1つと耐性は期待できない。

かくとう 節を編集

かくとう抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
ノーマル・こおり
いわ・あく・はがね
パオジアンマニューラ
バンギラスドドゲザン
ひこう・エスパー・フェアリーむし・いわ・あくなしなし
メリット
格闘技はノーマルタイプを含めて5タイプの弱点をつけるため、格闘技を持たせたいポケモンに。 
ステロ耐性もある。
デメリット

どく 節を編集

どく抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
くさ・フェアリーなしじめん・エスパーくさ・かくとう・どく
むし・フェアリー
なしどく&もうどく無効
メリット
フェアリータイプ打点の他、耐性に優れている。
毒々がダメージソースの相手をけん制しつつ、炎や格闘弱点を避ける場合に。
デメリット

じめん 節を編集

じめん抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
ほのお・でんき
どく・いわ・はがね
エンニュートテツノドクガセキタンザン
ストリンダーテツノイバラジバコイル
キラフロルブロロローム
みず・くさ・こおりどく・いわでんき天候すなあらしのダメージ無効
メリット
5タイプの弱点をつけるため、地面技がないポケモンの攻撃範囲を広げる目的で。草タイプやフェアリータイプとの相性が良いか。
電気弱点のポケモンも電気技を無効にできる。
ステロ耐性があるため、岩が4倍弱点のポケモンのサイクル性能向上にも。
デメリット

ひこう 節を編集

ひこう抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
くさ・かくとう・むしキノガッサチヲハウハネヘラクロスでんき・こおり・いわくさ・かくとう・むしじめん撒菱、毒菱、ねばねばネット
フィールド効果無効
メリット
地面技を無効にできるため、地面弱点のポケモンに有効。
特性で電気無効の電気タイプは電気・飛行タイプと同じ弱点になる。
デメリット
フィールド効果が無効になる。

エスパー 節を編集

エスパー抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
かくとう・どくドクロッグむし・ゴースト・あくかくとう・エスパーなしなし
メリット
ダブルバトルでサイコフィールドと合わせることでワイドフォースの火力を更にアップさせることができる。
デメリット
耐性が今ひとつ。

むし 節を編集

むし抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
くさ・エスパー・あくアラブルタケチオンジェン
ノクタスマスカーニャ
ほのお・ひこう・いわくさ・かくとう・じめんなしなし
メリット
鋼タイプのポケモンが格闘、地面耐性を得るならありか。
もしくは蜻蛉返りを主軸にするポケモンが使うとダメージレースで有利に立てる。
デメリット

いわ 節を編集

いわ抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
ほのお・こおり
ひこう・むし
オドリドリ(めらめらスタイル)ファイアローウルガモス
デリバードモスノウアメモース
ストライクビークインビビヨン
みず・くさ・じめん
かくとう・はがね
ノーマル・ほのお
どく・ひこう
なし天候すなあらしのダメージ無効
特防1.5倍
メリット
抜群範囲が広く、岩技が欲しいポケモンには嬉しい。
ウルガモス対策でピンポイントに使いたいなら。
デメリット
弱点の多さが気になるところ。

ゴースト 節を編集

ゴースト抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
エスパー・ゴーストなしゴースト・あくどく・むしノーマル・かくとう交換を制限する状態&特性の無力化
技のろいの効果が変わる
メリット
格闘タイプを無効にできるので格闘弱点にポケモンに。
技の一貫性が高い。
ダブルバトルでは猫騙しを無効にできるため、おんみつマントを持たせず確実に行動させたいポケモンが使う場合も。
デメリット
同タイプにこちらも弱点を突かれる。

ドラゴン 節を編集

ドラゴン抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
ドラゴンなしドラゴン・フェアリーほのお・みず・でんき・くさなしなし
メリット
ドラゴン技の火力アップを求める場合や
特殊耐久が高いポケモンを天候メタで使いたいときに。
デメリット
同タイプにこちらも弱点を突かれる。

あく 節を編集

あく抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
エスパー・ゴーストなしかくとう・むし・フェアリーゴースト・あくエスパー相手のいたずらごころからの変化技の無効化
メリット
一貫性の高いゴースト技を半減できる他、いたずらごころからの変化技を無効化できる。
デメリット
本作の準伝説が悪タイプなため、それらの対策ついでに弱点を突かれやすくなる点は留意。

はがね 節を編集

はがね抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
こおり・いわ・フェアリーなしほのお・かくとう・じめんノーマル・くさ・こおり
ひこう・エスパー・むし・いわ
ドラゴン・はがね・フェアリー
どくどく&もうどく無効
天候すなあらしのダメージ無効
メリット
11タイプに耐性を持つ他どく・もうどく状態の無効化できる。
ドラゴンタイプは弱点すべてを半減にできるため相性は抜群。
ステロ耐性もあり。
デメリット

フェアリー 節を編集

フェアリー抜群2倍抜群4倍弱点半減無効主なタイプ特性
かくとう・ドラゴン・あくコライドンサザンドラトドロクツキどく・はがねかくとう・むし・あくドラゴンなし
メリット
めざめるパワーにはなかったフェアリー技を持てる。
フェアリー対策で耐性は過信できないが、元が悪タイプの場合はフェアリー以外を半減できる。
デメリット