でんき - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

でんきのみ 節を編集

エレキブル / サンダース / ゼラオラ / デンジュモク / バチンウニ / パルスワン / ピカチュウ / ライコウ / ライチュウ / ライボルト / レジエレキ / レントラー

ノーマル 節を編集

エレザード

ほのお 節を編集

ヒートロトム

みず 節を編集

ウォッシュロトム / ランターン

くさ 節を編集

カットロトム

こおり 節を編集

パッチルドン / フロストロトム

どく 節を編集

ストリンダー

じめん 節を編集

マッギョ

ひこう 節を編集

エモンガ / サンダー / スピンロトム / ボルトロス(けしんフォルム) / ボルトロス(れいじゅうフォルム)

エスパー 節を編集

ライチュウ(アローラのすがた)

むし 節を編集

クワガノン / デンチュラ

ゴースト 節を編集

ロトム

ドラゴン 節を編集

ゼクロム / パッチラゴン

あく 節を編集

モルペコ

はがね 節を編集

ジバコイル / トゲデマル / レアコイル

フェアリー 節を編集

カプ・コケコ / デデンネ


タイプ特性 節を編集


タイプ相性 節を編集


でんきタイプに関係する要素 節を編集

 攻撃面で弱点をつける2タイプはいずれも絶対数が多く環境にも多く蔓延っているため、タイプの少なさの割に弱点をつきやすい。ただし命中率に難のある「かみなり」「でんじほう」を除けば汎用的な技は威力が90止まりなので火力不足に陥ることも多い。またじめんタイプや特性「ちくでん」「ひらいしん」等に無効化されることも多いため、氷、草等のサブウェポンはアタッカーにする場合必須と言える。とはいえ、自力で他タイプの技を覚えるポケモンは少ないのが難点。めざめるパワー廃止の影響を特に受けたタイプで、殆どのでんきポケモンがじめんやドラゴンへの有効打を失っている。
 防御面では弱点がじめんタイプしかないため、非常に優秀であるが、そのじめん技の採用率が非常に高く、防御種族値が低いポケモンが多いため、いまひとつ目立たない。しかし複合タイプや特性でじめん弱点を克服しているポケモンは優秀な耐久型となりやすい。(ロトム等)
 補助技は相手を麻痺状態にさせる「でんじは」が優秀。麻痺状態は相手の行動を大きく制限するため、採用されやすい。
 
今作の参戦ポケモン制限による影響を強く受けたタイプであり、第八世代ではでんきタイプの数自体が少なくなっている。
また、前作まではシェアの大半を準伝説ポケモンに依存していたタイプでもあり、これらの大量リストラに伴い、汎用性の高いでんき枠がパッチラゴンロトムジバコイルくらいしかいない状況になった。
特にすばやさが高く、攻撃性能も十分と言えるポケモンが少なく、他タイプと比べて技威力(10まんボルトが威力90)が低いのも相まって火力不足に陥りやすい。
DLC第2弾「冠の雪原」ではサンダーボルトロスといったこれまでの対戦でも採用率の高かったポケモンが復帰し、新顔のレジエレキも登場直後からその能力で対戦環境に名を連ねている。

節を編集

特性 節を編集

もちもの 節を編集

  • じしゃく
  • イナズマカセット
  • エレクトロメモリ
  • じゅうでんち
  • ねらいのまと
  • ソクノのみ

状態 節を編集


タグ: タイプ