いわ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

いわのみ 節を編集

イシヘンジン / ウソッキー / ギガイアス / ルガルガン / レジロック

ほのお 節を編集

セキタンザン

みず 節を編集

アバゴーラ / オムスター / カブトプス / カジリガメ / ガメノデス / サニーゴ / ジーランス

くさ 節を編集

ユレイドル

こおり 節を編集

アマルルガ

かくとう 節を編集

テラキオン

どく 節を編集

ウツロイド

じめん 節を編集

ドサイドン

ひこう 節を編集

アーケオス / プテラ

エスパー 節を編集

ソルロック / ルナトーン

むし 節を編集

アーマルド / イワパレス / ツボツボ

ドラゴン 節を編集

ガチゴラス

あく 節を編集

バンギラス

はがね 節を編集

ツンデツンデ / ボスゴドラ

フェアリー 節を編集

メレシー / ディアンシー


タイプ特性 節を編集


タイプ相性 節を編集


いわタイプに関係する要素 節を編集

 地面タイプとともに「軽減されるより弱点を突けるタイプのほうが多い」数少ないタイプであり、突ける弱点も4つと格闘・地面の5つに次いで多い。それでいて無効化するタイプが存在しないことは非常に優秀と言える。他方、半減される格闘・地面・鋼は数が多い上にそれぞれの弱点が一切被らない故、サブウエポンでの対策には限界がある。地面技の習得者が多く、鋼の対策ができるのと一致技と併せて8タイプに抜群を取れるようになるためサブウエポンとして選択されやすい。相性だけを見れば攻撃タイプとして非常に優秀な反面、実用的な技のほとんどが命中100に満たないという致命的な欠点を抱えており、勝率が安定しない一因となっている。
 防御面では堅そうなイメージがあるものの草タイプと並び最多となる5つもの弱点を抱えており、鋼以外はメジャーなタイプであるため、鈍足なポケモンが多いことも相まって弱点をつかれやすく脆い。
 補助技は「ステルスロック」が優秀で採用率も高い。相手の交代を制限しつつ、様々な防御特性・きあいのタスキの対策になる。岩タイプはほとんどが覚えられ、持ち前の高い攻撃性能のほうを強く警戒されることもあってちょうはつを受けづらく、撒きやすい。

 物理面の能力が優秀な一方、特殊面はからっきしという種族がほとんど。技にしても扱いやすい特殊いわ技は威力80の「パワージェム」くらいであり、なおかつ肝心の一致習得者が少なく特殊アタッカーに適性のある者はウツロイドなど極一部。

新要素のダイマックス技は"必中"というこれまで命中難に悩まされていた岩タイプにとって有難い仕様。またダイロックは攻撃と同時に砂嵐を発生させるため削りダメージ+実質特防上昇という恩恵も大きく、相対的に見ると優遇されたタイプである。
強力なダイジェットを半減できるタイプということもあり活躍の場が増えた。

また鎧の孤島で高威力特殊技「メテオビーム」が追加。溜め技のためパワフルハーブやダイマックスなどのお膳立てが必要ではあるが、特殊アタッカーの性能は大きく前進した。

節を編集

特性 節を編集

もちもの 節を編集

  • かたいいし
  • がんせきおこう
  • ロックメモリ
  • ヨロギのみ

状態 節を編集


タグ: タイプ