くさ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

くさのみ 節を編集

アマージョ / キレイハナ / ゴリランダー / ジュカイン / チェリム / ドレディア / マラカッチ / モジャンボ / ラランテス / リーフィア / ワタシラガ

みず 節を編集

ルンパッパ

でんき 節を編集

カットロトム

こおり 節を編集

ユキノオー

かくとう 節を編集

ビリジオン

どく 節を編集

フシギバナ / モロバレル / ラフレシア / ロズレイド

エスパー 節を編集

セレビィ / ナッシー / バドレックス

いわ 節を編集

ユレイドル

ゴースト 節を編集

オーロット / ジュナイパー / ダダリン / パンプジン

ドラゴン 節を編集

アップリュー / タルップル / ナッシー(アローラのすがた)

あく 節を編集

ザルード / ダーテング

はがね 節を編集

カミツルギ / ナットレイ

フェアリー 節を編集

エルフーン / カプ・ブルル / マシェード


タイプ特性 節を編集


タイプ相性 節を編集

くさタイプに関係する要素 節を編集

攻撃技はむしとならび最多となる7タイプに半減されてしまい、しかも防御面でもいわと並び最多となる5タイプに弱点をつかれてしまう。第6世代以降はひこう弱点が重くなりがちで、第8世代でも猛威を振るうダイジェットの存在が大きな脅威となっている。タイプ相性だけを考慮すれば最も不遇なタイプと言っても過言ではなく、単タイプではよほどの特徴がない限り活躍は難しいのが実情である。
しかしながらメジャーなみずじめんの攻撃を半減に抑えつつ、こちらは抜群をとれるという明確な採用理由があるのも事実である。
また攻撃の撃ち合いでは難がある一方で補助技は「やどりぎのタネ」「キノコのほうし」「ちからをすいとる」「こうごうせい」等他タイプと比べてもかなり豊富で強力な性能を持ったものが目立つ。

節を編集

特性 節を編集

もちもの 節を編集

  • きせきのタネ
  • おはなのおこう
  • グラスメモリ
  • リンドのみ

状態 節を編集


タグ: タイプ