くさ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

くさのみ [編集]

アマージョ / キマワリ / ゴーゴート / ドレディア / ラランテス / リーフィア

ノーマル [編集]

オリーヴァ / メブキジカ

ほのお [編集]

スコヴィラン

でんき [編集]

カットロトム / マルマイン(ヒスイの姿)?

こおり [編集]

ユキノオー

かくとう [編集]

キノガッサ / ドレディア(ヒスイの姿)?

どく [編集]

モロバレル

じめん [編集]

リククラゲ

ひこう [編集]

トロピウス / ワタッコ

ゴースト [編集]

アノホラグサ

ドラゴン [編集]

アップリュー / タルップル

あく [編集]

アラブルタケ / チオンジェン / ノクタス / マスカーニャ


タイプ特性 [編集]

タイプ相性 [編集]

くさタイプに関係する要素 [編集]

攻撃技はむしとならび最多となる7タイプに半減されてしまい、しかも防御面でもいわと並び最多となる5タイプに弱点をつかれてしまう。
相性の面だけで考慮すれば、最も不遇なタイプと言っても過言ではない。
しかしながらメジャーなみずじめんの攻撃を半減に抑えつつ、こちらは抜群をとれるという明確な採用理由があるのも事実である。
また攻撃の撃ち合いでは難がある一方で補助技は「やどりぎのタネ」「キノコのほうし」「ちからをすいとる」「こうごうせい」等他タイプと比べてもかなり豊富で強力な性能を持ったものが目立つ。
相性面は不遇ながら今作のテラスタルの仕様とここぞというときに役立つタイプの性質が噛み合っており、草テラスタルが利用される場面は比較的多い。草タイプになれば粉技を無効化できるため、キノガッサなど厄介なキノコのほうし対策としても有用。逆に言えばこの仕様のおかげで粉技を扱うポケモンは常に草テラスタルを警戒しなければならないということでもある。

[編集]

特性 [編集]

もちもの [編集]

  • きせきのタネ
  • おはなのおこう
  • グラスメモリ
  • リンドのみ

状態 [編集]


タグ: タイプ