かくとう - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

かくとうのみ [編集]

ケンタロス(パルデアの姿) / タイレーツ / ナゲツケサル / ハリテヤマ

ほのお [編集]

ケンタロス(パルデアの姿)

みず [編集]

ウェーニバル / ケンタロス(パルデアの姿)

でんき [編集]

テツノカイナ / パーモット

くさ [編集]

キノガッサ / ドレディア(ヒスイの姿)?

こおり [編集]

ケケンカニ

どく [編集]

ドクロッグ / オオニューラ?

じめん [編集]

イダイナキバ

ひこう [編集]

カラミンゴ / ルチャブル

エスパー [編集]

エルレイド / チャーレム

むし [編集]

チヲハウハネ / ヘラクロス

ゴースト [編集]

コノヨザル

ドラゴン [編集]

コライドン

はがね [編集]

ルカリオ

フェアリー [編集]

テツノブジン


タイプ特性 [編集]


タイプ相性 [編集]

かくとうタイプに関係する要素 [編集]

攻撃面では地面と並び最多となる5タイプに弱点をつくことができる。その中には弱点が1つしかないノーマルタイプや半減が多い鋼タイプも含まれている。威力100を越える大技も多く攻撃面はかなり優秀である。またサブウェポンも幅広く習得できる傾向にある。
ただし半減も5タイプあり、ゴーストには無効化され、1/4にするポケモンも多い。
また未登場ポケモンを含めてもほぼ全ての種類が物理アタッカーであり、特殊攻撃や耐久、サポート等を主軸とするポケモンは限られている。
技も物理技に大きく偏っており、特殊技は種類が少ない上にかくとうタイプではないポケモンがサブウェポンとして持つことの方が多い。

防御面では弱点・耐性どちらも3タイプと一見すると五分五分だが、耐性はマイナーなもの、威力が低いものが多く、いまひとつ目立たない。
一方で弱点は飛行、フェアリーどちらも環境で非常にメジャーなため、弱点を突かれやすい。

シリーズ初期では格闘タイプと言えばほぼ全て人型の二足歩行のポケモンだったのだが、近年の作品では四足歩行も追加されてきており、この人型の傾向は完全に過去のものになったと言ってもいいだろう。

第5世代ではメジャータイプ筆頭であり、第6世代でも減りはしたものの比較的使われたタイプだが、第7世代以降は環境の変化もあってマイナーよりになりつつある。
特に第8世代では強力なゴーストタイプの増加、ダイジェットの流行などが重なってかなり採用が減ってしまった実情がある。
第9世代でも相変わらず強力なゴーストタイプ(ドラパルトミミッキュ、新規のサーフゴーなど)がトップメタに位置しており、多少緩和されたものの苦しい環境が続いている。

[編集]

特性 [編集]

もちもの [編集]

  • くろおび
  • ファイトメモリ
  • ねらいのまと
  • ヨプのみ

状態 [編集]


タグ: タイプ