ギラティナ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ギラティナ 節を編集

No.487
・アナザーフォルム
タイプ :ゴースト/ドラゴン
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:テレパシー(味方の攻撃を受けない)
体重  :750.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)

・オリジンフォルム
タイプ:ゴースト/ドラゴン
特性 :ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重 :650.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)

専用道具:はっきんだま(オリジンフォルムになり、ゴースト・ドラゴンタイプの技の威力が1.2倍になる)
霊/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アナザーフォルム15010012010012090680プレッシャー/テレパシー
オリジンフォルム15012010012010090ふゆう
ドラパルト881207510075142600クリアボディ/すりぬけ/のろわれボディ
禁伝耐久ドラゴンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性備考
アナザーフォルム15010012010012090680プレッシャー/テレパシーおにび、めいそう、でんじは、耐性優秀
ダイマックス可能
ムゲンダイナ140859514595130690プレッシャーどくどく、コスモパワー、じこさいせい
高い素早さ ただしダイマックス不可能

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/ゴースト/ドラゴン/あく/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/でんき/くさ/どく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしノーマル/かくとう

※オリジンフォルムは特性「ふゆう」により、じめん無効


禁止伝説ドラゴンタイプのポケモンで極めて高い耐久力と優秀な耐性を誇る。
特にアナザーフォルムは種族値だけならクレセリアの上位互換となるほどの堅牢さを誇る。
ただし弱点もメジャー、かつ数も多め。耐性も多いので後出し自体は狙いやすいがサブウェポンに注意。

第八世代では新登場のダイマックスと相性が良く、癖の強い一致技を安定した技として選択可能。
単純にHPの増加が高めの耐久力と相性良好で、ひこう技もしっかり覚えるのでダイジェットが使用可能。
一方で結構豊富な補助技や、先制技は使用出来なくなる。サポート型の場合は切る盤面は多くないだろう。

技方面では条件があるもののゴースト技の選択肢にポルターガイストを獲得。
威力もやや落ちるものの、通常時のゴースト技としてはシャドーダイブよりも隙が小さい。
他、サポート技としてワイドブレイカー、連続技としてダブルウィングを習得することになった。
剥奪された技はどくどく、おいかぜが目立つか。めざめるパワーの廃止により、ほのお技は失った。

また、専用アイテムのはっきんだまを持たせるとオリジンフォルムに変化。やや攻撃的な性質に。
特性もふゆうに変化し、耐久指数は落ちるが繰り出し性能については向上する。
特にグラードンカイオーガに対して比較的後出ししやすい性質は特筆に値するだろう。
一方で新登場のドラパルトが種族値傾向として似通うことになり、素早さでは大きく劣る。
耐久で大きく上を行くのであまり差別化は必要ないが、単純なアタッカーとしては代替が利きやすいのを忘れずに。

ちなみにアナザーフォルムについても、耐久力が高く耐久向けの技を持つドラゴンとしてムゲンダイナが登場した。
耐久指数ではかなり上回るがあちらは高速再生技を備えており、要塞化した場合の阻止力は上回られ気味。
シンプルな耐久型としてよりも、ダイマックス可能な性質を活かした短期間の殴り合いを狙うと差別化しやすいか。

第八世代ではランクにおいても禁止級が出場可能なルールが登場。
ただし参加するにはバトルレギュレーションマークを付与する必要があり、過去作限定技は忘れることになる。
廃止された技でなければカジュアルマッチでは使用可能なので、マークをつける場合は注意。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



形態考察 節を編集

アナザーフォルム 節を編集

通常のフォルム。比較するとやや耐久寄りのステータス。
耐性も相まっての高い耐久力や、持ち物が自由であることが利点。
素早さもオリジンと同じであるため、耐久力とじゃくてんほけんを活かしたアタッカーも可能。

プレッシャー
通常特性。隠れ特性のテレパシーがダブル専用のため、シングルなら一択。
高い耐久力との相性も良いため、ダブルでもこちらを選ぶ意義はある。
テレパシー
隠れ特性。効果はダブル専用。
味方を巻き込む攻撃を戦法に組み込む場合に。
かたやぶりで無効化されるのは忘れずに。

オリジンフォルム 節を編集

はっきんだまを持たせることでフォルムチェンジ。こちらはやや攻撃寄り。
持ち物が固定されてしまうデメリットはあるが、トリックやはたきおとす等で失われない。
さらにはたきおとすの火力上昇も起こらない。
特性ふゆうによる対グラードン性能や、持ち物を奪われないことが利点。
攻撃寄りとはいえ耐久自体はクレセリアやアルセウスと遜色ないレベルであるため、並みの攻撃では倒れない。

ふゆう
アナザーフォルムから特性が変化。オリジンフォルムの場合はこれで固定。
じしんに巻き込まれなくなるほか、グラードンのだんがいのつるぎを透かせるのが大きい。
かたやぶりに貫通されるのは忘れずに。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
シャドーダイブ120(180)100溜め技
まもる貫通
専用技。パワフルハーブを持てば即撃てる。
今作ではダイマックスを枯らせる需要もできた。詳細解説は下記。
かげうち40(60)100優先度+1S90にはありがたい先制技。
しんそく・フェイント・ねこだまし無効なので、優先度+1でも十分。
ポルターガイスト110(165)90-タイプ一致技。条件付きであるが、貯めなしで連発可能。
げきりん120(180)100行動固定
攻撃後混乱
高火力技だが使いにくく、フェアリーで止まる。
ドラゴンクロー80(120)100-デメリットのないドラゴン技。撃ち分けたい場合に。
ドラゴンテール60(90)90優先度-6
相手交代
流し性能を活かし、主に状態異常技やステルスロックと合わせて。過去作限定。
ワイドブレイカー60(90)100攻撃↓100%威力は低いが追加効果が優秀。ダブルでは相手全体攻撃。
じしん100100-ザシアンディアルガレシラムなど地面技は伝説戦で通りがよい。
ストーンエッジ10080急所率+1ホウオウレシラムイベルタルへ。
アイアンテール10075防御↓30%主にゼルネアス対策。
アイアンヘッド80100怯み30%命中安定。S90なので怯みは期待できない。
ダブルウイング40*290-2回連続攻撃。使いやすい飛行技。ダイジェットに。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓高火力のドラゴン技。種族値的に二刀も可能なので打ちやすい。
りゅうのはどう85(127)100-安定したドラゴン技。耐久型などで。
シャドーボール80(120)100特防↓20%特殊メイン技。伝説戦ではエスパーが多いので通りはよい。
たたりめ65/130
(97/195)
100-状態異常と絡めて最高火力を出せる。
はどうだん80必中-ゴースト技と合わせて広い攻撃範囲を得られる。きあいだまは覚えない。
だいちのちから90100特防↓10%伝説戦で地面技の通りはよい。
10まんボルト90100麻痺10%カイオーガイベルタル対策に。
かみなり11070麻痺30%威力を求めるなら。カイオーガに対し特に有効。
エナジーボール90100特防↓10%カイオーガグラードンの両方に抜群を取れる。
他の禁止伝説には半減されやすい。
こごえるかぜ5595素早↓100%全体攻撃。伝説戦はダブルが多いので特に有効。
変化技タイプ命中備考
めいそう-耐久が高いので積みやすい。要塞化も狙えるが、ちょうはつを受けやすいので注意。
おにび85物理アタッカーに。たたりめとセットで。
でんじは90低いSもカバーできる。たたりめとセットで。
みちづれ-S90なのでやや扱いづらい。ターン確保目的。
ダイジェットと合わせれば扱いやすくなる。
みがわり-状態異常回避や、交換読みなどで。
ねむる-カゴのみと合わせて。
いたみわけ-手軽に使える回復技。
マジックコート-催眠技やちょうはつをはね返す。過去作限定。
どくどく90対耐久型でのダメージソースに。たたりめとセットで。過去作限定。
おいかぜ-自分自身も素早さ激戦区に位置するため有用。過去作限定。
うらみ100プレッシャーと合わせてPP10ぐらいの技なら容易に削れる。過去作限定。

専用技「シャドーダイブ」について 節を編集

1ターン目で姿を消し、2ターン目で攻撃する。
まもる・みきり・たたみがえし・ニードルガード・キングシールドなど、攻撃から身を守る技を貫通する。
第六世代は「ちいさくなるを使用した相手には必中+威力2倍」の効果があったが、SMから無くなっている。


ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイホロウシャドーダイブ140(210)相手:B↓通りの良い優秀な一致技。
追加効果は物理型にはありがたい。
ポルターガイスト
シャドーボール130(195)
たたりめ120(180)
かげうち90(135)
ダイドラグーンげきりん140(210)相手:A↓物理アタッカーとの撃ち合いが大きく有利になる。
りゅうせいぐん
ドラゴンクロー130(195)
りゅうのはどう
ワイドブレイカー110(165)
ダイサンダーかみなり140場:EF特殊技のみ。催眠対策にも。
10まんボルト130
ダイソウゲンエナジーボール130場:GF特殊技のみ。毎ターンの小回復がおいしい。
ダイアイスこごえるかぜ110天候:霰特殊技のみ。
ダイナックルはどうだん90味方:A↑特殊技のみ。
ダイアースじしん130味方:D↑範囲も追加効果も優秀。
だいちのちから
じならし110
ダイジェットダブルウイング130味方:S↑物理技のみ。
ダイサイコサイコキネシス130場:PF特殊技のみ。
ダイロックストーンエッジ130天候:砂嵐
げんしのちから110
ダイアークあくのはどう130相手:D↓一応物理技[1]も覚えるが、威力的にも追加効果的にも実質特殊技専用。
ダイスチルアイアンテール130味方:B↑物理技のみ。
アイアンヘッド
ダイアタックギガインパクト150相手:S↓追加効果が優秀。
はかいこうせん
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン枯らしに。

型考察 節を編集

オリジンフォルム 節を編集

両刀型 節を編集

性格:ゆうかん/さみしがり/せっかち/れいせい
努力値:攻撃252or特攻252/残り耐久or素早さ252
持ち物:はっきんだま
確定技:かげうち/りゅうせいぐん
物理選択技:ポルターガイストorシャドーダイブ/ドラゴンクローorげきりん/ストーンエッジ/じしん/アイアンヘッドorアイアンテール/そらをとぶ
特殊選択技:シャドーボール/だいちのちから/はどうだん/エナジーボール/10まんボルトorかみなり
補助選択技:でんじは/おにび

りゅうせいぐん→かげうち のコンボで多くの相手を倒しきれる。
ゴースト技+はどうだん(格闘技)による技範囲の広さも強み。

黒馬バドレックスをかげうちで倒す為、ある程度攻撃に振っておきたい。
ただしA無補正の場合、対面からでは相手が耐久無振りでも9割以上の高乱数にするならAに132、確定1にしたいなら164まで振らなければならない。

物理受け型 節を編集

性格:ずぶとい/のんき/わんぱく/おくびょう/ようき
努力値:HP252 防御252 or 防御252 素早さ252
持ち物:はっきんだま
確定技:おにび
攻撃選択技:シャドーボールorたたりめorシャドーダイブ/りゅうせいぐんorりゅうのはどうorドラゴンクロー/はどうだん/かげうち
補助選択技:いたみわけ/みちづれ/どくどく/ねむる/ねごと

耐久はアナザーフォルムに劣るが、こちらはノーマル、格闘技に加え、サブウエポンとして採用されやすい地面技を無効にできるのが利点。
ふいうちもおにびで空かすこともできる。
また、はっきんだまはたきおとすで失われないので、ゴーストタイプが苦手とするはたきおとすのダメージを軽減することができる。
さらにトリックが無効なのでスカーフトリックなどにも強い。

アナザーフォルム 節を編集

特殊耐久型 節を編集

性格:おだやか
努力値:HP252 特防252 素早さ・耐久調整
持ち物:たべのこし/ロゼルのみ/ハバンのみ/カゴのみ
確定技:めいそう/シャドーボールorたたりめorりゅうのはどう
選択攻撃技:はどうだん/エナジーボール/10まんボルトorかみなり/こごえるかぜ
選択補助技:ねむる/ねごと/まもる/でんじは/おにび/どくどく/みちづれ/みがわり
過去作技:ほえるorドラゴンテール

瞑想を積んでの耐久型。
フェアリータイプの登場により、第五世代に比べドラゴンタイプの大技の撃ち合いが減ったため居座りやすさは増した。
HD252+ロゼルのみなら、C特化ゼルネアスのジオコントロール後のムーンフォースを余裕で耐え、みちづれすることもできる。

ほえるやドラゴンテールが過去作限定になったのは注意。

まもみがプレッシャー型 節を編集

性格:おくびょうorようき
努力値:S252 H0or124or252(16n+1調整) 残り耐久または火力
持ち物:たべのこし
確定技:まもる/みがわり
選択攻撃技:シャドーボールorたたりめ/りゅうのはどう/シャドーダイブorシャドークロー/はどうだん/じしんorだいちのちから/あくのはどう
選択補助技:どくどく/でんじは/おにび/めいそう/ほえる

高い耐久と特性プレッシャーを活かした型。
どくどくで蓄積ダメージを狙ってもよいし、でんじはで麻痺させればみがわりを残したまま殴れる。
ターン数を稼げるシャドーダイブはこの型と相性がよいがシャドーダイブ自体のPPの少なさが気にかかる。

アタッカー型 節を編集

性格:いじっぱり/ひかえめ/ようき/おくびょう/ゆうかん/れいせい
努力値:A252orC252 H252or素早さ耐久調整
持ち物:じゃくてんほけん/いのちのたま/ラムのみ/こだわり系/半減実 など
物理技:かげうちorシャドーダイブorポルターガイスト/じしん/げきりん/ストーンエッジ/アイアンヘッドorアイアンテール
特殊技:りゅうせいぐんorりゅうのはどう/シャドーボール/はどうだん/だいちのちから/10まんボルトorかみなり
補助技:みちづれ/みがわり/でんじは/おにび

オリジンフォルムと違い持ち物が固定されないので、自由度が高く、
高い耐久力をそのままに火力を高める道具を持つことでサイクル戦に強くした型。

こだわり系アイテムを持たせれば、オリジンよりも火力も多少出る。(ただし技が固定される)

  • こだわりハチマキ
    鋼技搭載でフェアリーに強くなり、専用技のダイブや、先制技かげうちの威力も確保できる
  • こだわりメガネ
    シャドーボール&はどうだんの広範囲に、りゅうせいぐんの高火力で攻める事ができる

耐久が高いので、じゃくてんほけんとの相性もよい。

Sに関しては、伝説戦では遅い方なので、Sを捨てて他に回してもよいが、
伝説のS90はホウオウカイオーガグラードンディアルガレシラムゼクロム
とかなりの激戦区。同速に勝てるようにSに極振りするのも手。
こだわりスカーフでもよいがアナザーフォルムのACでは若干火力不足。


対ギラティナ 節を編集

注意すべき点
ゴースト・ドラゴンという独特のタイプを持ち、8つの耐性を持つため種族値と相まって得意なポケモンにはとことん得意。
多くの補助技を覚え、難攻不落の要塞と化してしまうケースがある。攻撃性能も貧弱というわけではなく、
ゴーストの一貫性、条件付きではあるが最高火力を出せるたたりめが強力。
弱点タイプをつかれても、火力によっては痛くも痒くもない場合があり、要塞型のみならずじゃくてんほけんなども注意したい。
対策方法
5つの弱点を持ち、しかも禁止伝説戦ではメジャーなドラゴン・フェアリーなどを弱点に持つ。
ほとんどのポケモンが弱点をつけるので、こちらが弱点を突かれなければ処理するのは難しくない。
イベルタルゼルネアスが理想的。
耐久力を活かすタイプのポケモンなので、きあいのタスキの所持はまずない。
きあいのタスキや半減実を所持すれば、こちらが弱点を突かれるポケモンでも倒せることがある。
要塞化される前に火力でねじ伏せたい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1かげうち40100ゴースト物理30
1きりばらい--ひこう変化15
7りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
14げんしのちから60100いわ特殊5
21たたりめ65100ゴースト特殊10
28きりさく70100ノーマル物理20
35こわいかお-100ノーマル変化10
42シャドークロー70100ゴースト物理15
49いたみわけ--ノーマル変化20
56はどうだん80-かくとう特殊20
63ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
70だいちのちから90100じめん特殊10
77シャドーダイブ120100ゴースト物理5
84みちづれ--ゴースト変化5

過去世代

DPtHS5th
~7th
威力命中タイプ分類PP備考
111りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
111こわいかお-100ノーマル変化10
1066あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
201010げんしのちから60100いわ特殊5
701515きりさく70100ノーマル物理20
-1919かげうち40100ゴースト物理30
-2424みちづれ--ゴースト変化5
302828ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
603333だいちのちから90100じめん特殊10
903737はどうだん80-かくとう特殊20
804242シャドークロー70100ゴースト物理15
404646シャドーダイブ120100ゴースト物理5
--50たたりめ65100ゴースト特殊10
50--かいふくふうじ-100エスパー変化15

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06そらをとぶ9095ひこう物理15
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技14でんじは-90でんき変化20
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技26こわいかお-100ノーマル変化10
技27こごえるかぜ5595こおり特殊15
技30はがねのつばさ7090はがね物理25
技33あまごい--みず変化5
技34にほんばれ--ほのお変化5
技38おにび-85ほのお変化15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技57しっぺがえし50100あく物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技77たたりめ65100ゴースト特殊10
技81じならし60100じめん物理20
技86ゴーストダイブ90100ゴースト物理10
技97ぶんまわす60100あく物理20
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15剣盾使用不可
技21やつあたり-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技27おんがえし-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技77じこあんじ--ノーマル変化10
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第5世代
技19テレキネシス--エスパー変化157th:教え
第4世代
技34でんげきは60-でんき特殊207th:教え
技62ぎんいろのかぜ60100むし特殊5
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
ポルターガイスト11090ゴースト物理5
ダブルウイング4090ひこう物理10

過去世代

4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
こごえるかぜ5595こおり特殊15技マ27
いびき50100ノーマル特殊15技マ24
うらみ-100ゴースト変化10
アイアンヘッド80100はがね物理15技レ74
アクアテール9090みず物理10
げきりん120100ドラゴン物理15技レ24
だいちのちから90100じめん特殊10Lv/技レ67
HSじゅうりょく--エスパー変化5
HSいたみわけ--ノーマル変化20Lv/教え技はアナザーのみ
HSおいかぜ--ひこう変化30オリジンのみ
HSマジックコート--エスパー変化15オリジンのみ
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10技レ62
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10技レ42
アイアンテール10075はがね物理15技レ31
でんげきは60-でんき特殊20
きりばらい--ひこう変化15
テレキネシス--エスパー変化155th:技19
げんしのちから60100いわ特殊5Lv
れんぞくぎり4095むし物理20
エアカッター6095ひこう特殊25
スピードスター60-ノーマル特殊20技マ40
どろかけ20100じめん特殊10
たつまき40100ドラゴン特殊20
HSずつき70100ノーマル物理15
ねごと--ノーマル変化10技レ27
あくのはどう80100あく特殊15技レ58

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技0810まんボルト90100でんき特殊15
技09かみなり11070でんき特殊10
技10じしん100100じめん物理10
技11サイコキネシス90100エスパー特殊10
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技33シャドーボール80100ゴースト特殊15
技42ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技49めいそう--エスパー変化20
技56はどうだん80-かくとう特殊20
技58あくのはどう80100あく特殊15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技65エナジーボール90100くさ特殊10
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明


[1] しっぺがえしとぶんまわす。