クロバット - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

クロバット 節を編集

No.169 タイプ:どく/ひこう
通常特性:せいしんりょく(怯まない・いかくも効かない)
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・オーロラベール・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)
体重  :75.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力値HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
クロバット8590807080130535せいしんりょく/すりぬけ
ゴルバット758070657590455せいしんりょく/すりぬけ
75801156512290547しんかのきせき・無振り
高速飛or毒+炎技HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
クロバット8590807080130535せいしんりょく/すりぬけ
ファイアロー7881717469126499ほのおのからだ/はやてのつばさ
アーゴヨン73737312773121540ビーストブースト

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/エスパー/いわ
いまひとつ(1/2)どく/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう/むし
こうかなしじめん

どく×ひこうの固有タイプを持ち、130族に属する高い素早さが特徴のポケモン。
他の種族値も無難に纏まっており、豊富な変化技も合わせ多彩な仕事を可能とする器用さが売り。
禁止級や特性などを考慮しない場合で最速の一致必中どくどく使いかつ最速のおいかぜ使いである点は特筆に値する。
一方でアタッカーとしては少々力不足。いやなおと、わるだくみで火力補強はできるが、積む余裕はあまりない。

第八世代では更なる高速ポケモンとしてドラパルトカマスジョーレジエレキが登場している。
ドラパルトはトップメタ、レジエレキも採用率は高めであり、頼りの素早さも決して過信は出来ない数値に。

新規習得した技としてはかみくだく、ダメおし、ダブルウイング、ぼうふう等。
前者2つは一貫性の高いあくタイプの技であり、弱点のエスパー、猛威を振るうゴーストに抜群を取れる。
ダブルウイングは初の連続技。命中はやや不安だが、低耐久や弱点をきあいのタスキでごまかす相手に強くなった。
ぼうふうは命中不安なものの、念願の高威力特殊ひこう技であり、ダイジェットの下地としても有効。
反面、いかりのまえば、はねやすめを剥奪されてしまったのは非常に痛い。
変化技を活用したサポーターとしての運用が弱体化してしまい、火力不足が露見する羽目に。

新要素であるダイマックスを切るポケモンとしては一考を要する。
元が高速なのでダイジェットの恩恵は薄いが、逆にダイジェットの撃ち合いには有利になれる。
ダイアシッドは火力が低く物理型では実質効果なしだが、特殊型では抜群範囲の広い技が多いため有用。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

せいしんりょく
怯まなくなるが、元々高速のクロバットが怯むケースは少ないので、ねこだましが跋扈するダブル向き。
第八世代からいかくを無効化できるようになり、物理アタッカーであればシングルでも候補。
現環境のいかく持ちでひこう技に耐性を持つのはレントラークチートのみで、有効な仮想敵が多い点も魅力。
すりぬけ
隠れ特性。相手のみがわりや壁を無視して攻撃・変化技を通すことができるようになる。
単純な物理アタッカーとして使うと少々種族値が不足するクロバットとの相性は良好。
習得者が大幅に減ったどくどくをみがわりを貫通して与えることができる。
他の補助技も豊富で、シングルのサポーターや特殊型で育成する場合は基本的にこちらが優先。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ブレイブバード120(180)100反動1/3メインウェポン。反動あり。
アクロバット55/110
(82/165)
100-レッドカードを持たせるなら。
ダブルウイング40(60)x290-火力は並だが自身のHPを削らず、道具の制限もなく、1ターン相手に渡す事もない。
ゴツメに注意。
クロスポイズン70(105)100毒10%
急所ランク+1
一致技だが飛行技と範囲が被る。
電気・フェアリーピンポイント。
とんぼがえり70100自分交代交代読み、きあいのタスキ潰し、その他様々な場面で使える。
きゅうけつ80100HP吸収1/2エスパー・悪に刺さる体力吸収技。
かみくだく80100防御↓20%対霊、超に。
どろぼう60100道具奪取レッドカードを持たせるなら。
一応ギルガルドに対しての打点にもなるが、じゃくてんほけんは発動して奪えないので注意。
はがねのつばさ7090防御10%↑岩ピンポイント。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ヘドロばくだん90(135)100毒30%メインに据えるなら積み技が欲しい。ヘドロウェーブは覚えない。
ぼうふう110(165)70混乱30%対格闘。命中不安も雨なら必中。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%素早さが高いので追加効果が狙える。
ねっぷう9590火傷10%対鋼として優秀。物理型でもサブとしては使える。
ギガドレイン75100HP吸収1/24倍狙いの他、耐久補強にも繋がるかもしれない。
あくのはどう80100怯み20%対霊、超。等倍範囲も広いが予めわるだくみを積まないと厳しい。
たたりめ65/130100-状態異常の相手にダメージ2倍。どくどく、さいみんじゅつと併せて。
変化技タイプ命中備考
おいかぜ-サポートに。自分自身への恩恵は少ない。
にほんばれ-一応自分も炎技の強化が狙える。天候特性系の場を潰すのにも使える。
あまごい-相手の妨害や味方のサポートに。ぼうふうの必中化も。かみなりも必中になるので注意。
ちょうはつ100耐久型、サポート型への機能停止狙い。速いので不発し難い。
あやしいひかり100速いので先制で決めやすい。相手を流せる可能性がある。
いやなおと85火力補強や流しに使えるが、命中不安。
わるだくみ-特殊型に必要。無いと火力不足感が漂う。
みがわり-単体ではほとんど状態異常を避ける程度。
どくどく必中どくタイプなので必中。すりぬけならみがわり貫通。みがわり&ちいさくなる型に非常に強い。
ゴルバットは過去作限定であることに注意。
さいみんじゅつ60命中率は極めて不安定だが、当たれば美味しい。
くろいきり-積みをリセット。ゼルネアスのメインウエポンを半減しつつジオコントロールの積みをリセットできる。
ファストガード-ダブル用。サイコフィールドで代用可能で自身は浮いているが、せいしんりょくでねこだましは防げる。
雨パのルンパッパなど自分より素早いポケモンからの味方へのねこだましは防げない。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイジェットぼうふう140(210)味方:S↑一致技。すばやさの底上げも。
ブレイブバード
ダブルウイング130(195)
そらをとぶ
エアスラッシュ
ダイアシッドヘドロばくだん90(135)味方:C↑一致技。威力は低いが徐々に特攻が上がっていく。物理型だと恩恵が薄い。
クロスポイズン85(127)
ベノムショック
ダイワームきゅうけつ130相手:C↓エスパー・悪に
とんぼがえり120
ダイアークかみくだく130相手:D↓物理型だと追加効果の恩恵はない。
あくのはどう
ダイスチルはがねのつばさ120味方:B↑物理耐久を強化できる。
ダイバーンねっぷう130天候:晴晴れで2発目から威力1.5倍。
ダイソウゲンギガドレイン130場:GFクロバット自身に追加効果の恩恵はない。
ダイホロウたたりめ120相手:B↓物理火力の疑似強化。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン切れを狙う。

型考察 節を編集

物理汎用型 節を編集

特性:すりぬけ
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ゴツゴツメット
確定技:ブレイブバードorダブルウイング
攻撃技:とんぼがえり/きゅうけつ/ねっぷう/クロスポイズン/かみくだく
補助技:おいかぜ/どくどく/あやしいひかり/みがわり/ちょうはつ/いやなおと/くろいきり/さいみんじゅつ

攻撃は平凡だが優秀な一致技を持ち、種族値故に上から複数回殴りやすいので案外火力が出せる。
飛行技しかまともな火力の技がないのが欠点だが、飛行のみで等倍範囲はそこそこ広く、
苦手な相手もとんぼがえりやいかりのまえばである程度ごまかせる。
技スペースには余裕があるのでPTと相談して補助技を組み込もう。
いかりのまえばは今の環境では使えない。

くろいきりはのろいなどのS上昇系以外の積み技に対して後出しで使う。
S上昇系の積み技には押し負ける。

クロスポイズンはカプ・コケコピンポイントなとこ以外あまりメリットがない。
どうしても電気、フェアリーに少しでもダメージを多くしたい、反動を受けたくないなら。

C下降補正でもねっぷうは普通にあり。
タイマンだとやや厳しいが、交代で出てきたナットレイハッサム
ブレイブバード→ねっぷうで安全に倒せる。

今の環境にかみくだくって要るだろうか?ドラパルトには勝てないし。
↑単純に飛行以外での安定択かと。
格闘、フェアリーはクロバットには出てこないし電気、岩、鋼全てに等倍で通る。

持ち物候補

いのちのたま
技を縛らずに火力上昇が図れる一方、ブレイブバードの反動と合わせて耐久は大きく削れてしまう。
物理・特殊問わず威力補強ができるため、鋼への有効打になるねっぷうの搭載を強く推奨。
ゴツゴツメット
仮想敵は低耐久インファイト使い。
大抵その手のポケモンはきあいのタスキかこだわりスカーフ持なので、
インファイト読み交換で受けた上で、タスキ型はタスキを潰し、スカーフ型は交換を強要できる。

こだわりハチマキ型 節を編集

特性:せいしんりょく(推奨)orすりぬけ
性格:ようきorいじっぱり
努力値:A252 S252をベースに調整
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:ブレイブバードorダブルウイング
優先技:とんぼがえり
選択攻撃技:クロスポイズン/はがねのつばさ/かみくだく/きゅうけつ
選択補助技:ねごと/どくどく

高い素早さで上からこだわりハチマキの高火力を押し付けていく。
前半はとんぼがえりでサイクルを回し、相手が削れた後半にブレイブバードで一掃する動きが基本。
基本的に飛行技かとんぼがえりしか使わないため、ハチマキの火力補正が無くなるダイマックスとの相性はいまいち。

せいしんりょくにいかく無効の効果が付いたため、それらとの対面でも十分な火力を維持できるようになった。
A252ハチマキブレイブバードの火力は無振りエースバーンを高乱数1発、無振りギャラドスを低乱数1発。
今まで倒しづらかったいかく持ちも、削れていれば十分に押し切れる可能性が出てきている

ハチマキとは言え、技の威力の関係上ブレイブバード以外の技は控えめな火力。
飛行技の高い一貫性が基軸の型のため、岩や電気、鋼タイプの処理はクロバット以外に任せたい。
高速物理飛行としてはファイアローがライバルだが、Sの高さと威嚇耐性があれば十分と言えるだろう。

いじっぱりの場合、252振りで実値182となり、ぴったり最速115族に抜かれてしまう。
とはいえテラキオンなど抜けるポケモンは存在するため、火力を重視する際には選択肢。

特性は基本はせいしんりょくの方が役立つ場面が多いが、壁や身代わりへの対策を重視するならすりぬけもあり。
ただし、クロバットの役割上序盤の偵察→終盤に再登場の流れが多いので、その頃には壁が切れていることも。

わるだくみ特殊型 節を編集

特性:せいしんりょくorすりぬけ
性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/きあいのタスキ
確定技:わるだくみ/エアスラッシュorぼうふう
選択技:ヘドロばくだん/ねっぷう/あくのはどう/ギガドレイン/とんぼがえり
補助技:ちょうはつ/どくどく/おいかぜ/さいみんじゅつ

主に草・虫1/4という耐性を活かし、草・虫タイプを起点にわるだくみを積んで攻撃する型。
ぼうじんゴーグルを持つことでねむりごな・キノコのほうしを起点に安心して積むことができる。
格闘も1/4だが、格闘タイプはサブで岩技を持っている事が多いので、積みの起点にはしづらい。

いのちのたまとたつじんのおびは火力補強ができ、きあいのタスキなら行動回数が確保できる。
素の火力は低いため積み技のわるだくみは確定。

物理型の差別点は、どくどく無効を活かして物理受けを起点にすることができるという点か。
技選択としてはフェアリー意識のヘドロばくだん、鋼意識のねっぷうが有力。
わるだくみ以外の補助技は攻撃範囲が狭まるため入れるスペースが厳しいが一応候補に入れておく。

ダイマックスを切ることでダイアシッドでの特攻強化やダイジェットでの素早さ上昇でスカーフ持ちを抜くことができる。
一方でダイソウゲンは自身に恩恵を得られず、ダイバーンの追加効果はぼうふうと相性が悪いことに注意。

サポート型 節を編集

特性:すりぬけ
性格:ようき
努力値:HP252 素早さ252 をベースに調整
持ち物:ラムのみ/オボンのみ/くろいヘドロ/半減のきのみ/しめったいわ
優先攻撃技:ブレイブバードorアクロバットorダブルウイング
選択攻撃技:とんぼがえり/どろぼう/ねっぷう
選択補助技:ちょうはつ/おいかぜ/どくどく/さいみんじゅつ/みがわり/まもる/くろいきり/あまごい/にほんばれ

豊富な補助技と高い素早さを活かし、相手の妨害や後続のサポートに徹する型。
基本的には先発or交代出しから先制で各種補助技を使い、
役目を終えたらとんぼがえりで交代orブレイブバードで特攻、というのが主な役割となる。
ちょうはつされると身動きが取れなくなるので攻撃技は最低1つ欲しいが、素早さ全振りであれば先にちょうはつすることも可能。

おいかぜを持たせるならば、だっしゅつボタンも候補に入る。
この場合、半減タイプの技に出して後続を無償で登場させるという使い方も可能。

スカーフ持ちを考えないのであれば、S調整はオンバーン抜きがラインか
最速にしても同速の130族は相性で苦手、その下に居るファイアローは特性でどちらにしろ抜けず、
ゴツゴツメット持ちにちょうはつを入れるぐらいしかファイアローを抜く理由はない。
マニューラにも一発入れるぐらいしかできないのでオンバーンを抜いておけば十分と言える。

【ダブル】おいかぜサポート基本型 節を編集

特性:せいしんりょく
性格:ようきorおくびょう
努力値:H252 S252をベースに調整
持ち物:きあいのタスキ/くろいヘドロ/だっしゅつボタン/メンタルハーブ など
確定技:おいかぜ
優先技:ちょうはつ
選択攻撃技:とんぼがえり/ブレイブバードorダブルウイングorぼうふうorエアスラッシュ/クロスポイズンorヘドロばくだん
選択補助技:くろいきり/あまごい/にほんばれ/どくどく/まもる/ファストガード

特性せいしんりょくによりねこだまし・スカーフいわなだれで怯まない。
怯みによる妨害を恐れること無く、最速でおいかぜ始動ができる唯一のポケモン。
また、相手のトリル始動役も高速のちょうはつで潰せるため、展開阻止性能も高い。

似たような役割を持つトルネロス(あるいは重要技だけならエルフーンも)は意識しておきたい。
あちらは怯み耐性を持たないものの、いたずらごころによって
猫騙し持ちと対面しない限り安定して行動が可能となる。

またクロバット自体の素早さは決して低くないが
タスキがなければトップメタであるレジエレキには何もできずに落とされる上
エレキネットの妨害ではタスキでも行動できない恐れがある。
いたずらごころからのおいかぜに対しても、ダイマエースアタッカーの先制を許す可能性があり
弱点を突かれればH振りでも耐えることは難しい。

猫騙しで怯まないメリットは決して小さくないが
第8世代から変更になったダブルバトルの行動順仕様、レジエレキの登場はクロバットにとって痛手と言える。

ねこだまし持ちの素早さは、ゼラオラを除くとクロバット以下なので、最速ならファストガードでねこだましをほぼ防げる。
ただしクロバット自身は特性で怯まないので、相方を確実に行動させたい場合に。
イエッサンカプ・テテフの登場で浮いているポケモン以外はフィールドでねこだましを防げるようになり、採用優先度は下がった。

くろいきりは味方のいかく解除に使えるため有用だが、相手にも効果が及ぶ点は忘れずに。
また、せいしんりょくでねこだましを防げるのでまもるの優先度は低い。


対クロバット 節を編集

注意すべき点
高い素早さを始めとしたバランスのよい種族値、豊富な補助技と恵まれた耐性により多彩な役割を持つ。
積み技を持つのでアタッカーとして運用されることもあり、すりぬけで壁、みがわりを貫通し誤魔化しが効きづらい。
毒も効かない上に必中どくどく、ふきとばしが使用可能なので積みアタッカーや耐久型にも強く、不利対面からはとんぼで逃げると基本的に万能。
何もさせずに退場させることはまず不可能で、後からの対処を強いられる盤面が多い。
対策方法
いかりのまえばが剥奪、はねやすめも失い、役割破壊・耐久性能は大きく低下。
種族値はバランスが良いとはいえ素早さ以外は突き抜けておらず、S振りが多いので耐久特化はまずされていない。
高火力アタッカーならば正面から突破可能。おいかぜを用いた後続補助も多いので、相手の構築から役割を読むのが重要。
サポーターに対してはいたずらごころのちょうはつが最も有効。画一的な対処は難しいが、恒久的な支援は少ない。
アタッカー・サポーター問わず先発で出てくることが多いので、対処できるポケモンを対面させておきたい。

ゴルバット 節を編集

No.42 タイプ:どく/ひこう
通常特性:せいしんりょく(怯まない、いかくも効かない)
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)
体重  :55.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計備考
ゴルバット758070657590455
75801156512290547しんかのきせき・無振り
クロバット8590807080130535

しんかのきせき適用で高耐久を手に入れることができる。
単純な耐久指数はポリゴン2などには及ばないものの、タイプにより耐久型の天敵である毒・猛毒が無効。
加えて耐久型としてはSが90と高く、ちょうはつ習得により相手の展開も阻止しやすい。

第八世代では主力技であるどくどくとはねやすめの没収という致命的な弱体化を受けてしまった。
どくどくのキバは覚えるものの異常付与率が50%と安定しない。

クロバットは覚えてゴルバットは覚えない技
あくのはどう、おいかぜ、クロスポイズン、シザークロス、たたりめ、どくどく、ぼうふう

型考察 節を編集

しんかのきせき型 節を編集

特性:すりぬけ/せいしんりょく
性格:ようき/わんぱく/のんき
努力値:H252 BDS調整
持ち物:しんかのきせき
優先技:ちょうはつ/とんぼがえり
物理技:どくどくのキバ/ダブルウイング/きゅうけつ/でんこうせっか
特殊技:エアスラッシュ/ヘドロばくだん/ねっぷう/ギガドレイン
補助技:さいみんじゅつ/あやしいひかり/のろい/わるだくみ/みがわり/くろいきり/ふきとばし/くろいまなざし

珍しい複合タイプとしんかのきせきによる耐久力を活かすゴルバット型。H振り時の耐久力は同条件クロバットの約1.3倍。
どくどく・はねやすめ・いかりのまえばの没収により耐久型が機能しなくなり、シングルでの実用性は前世代より大幅に落ちている。
特性は、シングルならみがわりで状態異常をかわされないすりぬけ、ダブルなら怯みが気にならないせいしんりょくが優先されるか。
毒や身代わりに強いことを活かし、最低限ある素早さで相手の耐久型を機能停止に追い込む使い方が考えられる。

まずまず耐久が確保されているとはいえ、H振り@輝石くらいでは陽気ガブリアスのげきりんで確定2に収まる程度。
現実的な回復手段はきゅうけつ・ギガドレインのみで、繰り出しは耐性を活かすことが前提、かつ苦手な相手からはしっかり逃がさないと場持ちしない。
上から殴ってくる相手も多い現環境では、S振りよりBD振りのほうが行動回数の確保につながるケースが多いと見られる。
幸い地面の効かない毒という希少性は健在であり、勝てる相手に上手く繰り出して堅実にアドバンテージを稼ぎたい。

僅かな採用例を見る限り、クロバットとの差別化のためか素早さを切り捨てたのんき個体が一定数存在する様子。
こちらのSが無補正無振りだとナットレイのジャイロボールが威力126のところ、最遅だと威力97まで下がり、
B特化時に鉢巻ナットレイのジャイロボールが高乱数2(75.4%)→確定3に変わるのが一因か。
なお、H振りナットレイはこちらからの無振りねっぷうで確定2にできる。

んー・・・ここまでしてゴルバット使うか?
↑流石にノート行きを検討かと。硬いだけでは輝石型として成立しない。
↑これは現時点でのゴルバットの最良型だ。実用性なんて関係無い。
これだけ耐性が良くて消されなかった技も優秀なのに輝石型が成立しないという言い分にも疑問がある。
↑さすがにこのステータスで素眠りとかはおかしいし、実用性度外視で本ページに残しておくのも問題あると思ったから現状に即した記述に整理してみた。
クロバットとの差別化は一応できる、かつ他に同じ複合タイプもいない。
ただ遂行速度の低さと毒付与の不確実性から汎用性では決してクロバットに敵わないと思う。あくまで型の可能性の一つ、くらいの印象。


対ゴルバット 節を編集

注意すべき点
しんかのきせきによる耐久力と、クロバット同様の恵まれた耐性。
どくどくが効かず、積み技もくろいきりやちょうはつで妨害されてしまう。
物理受け・耐久潰し・対面操作と様々な仕事をこなしてこちらのパーティを崩壊させる。
対策方法
火力は低い。耐久も数値受けが務まるほど高くはなく、こだわりアイテムやフィールド効果で高火力を出せるアタッカーなら押し切れる。
他のきせき持ち耐久ポケモン同様、はたきおとすやちょうはつも有効。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ズバットゴルバットクロバット
--*クロスポイズン70100どく物理20*進化時
--1クロスポイズン70100どく物理20
--1おいかぜ--ひこう変化15
--1どくどく-90どく変化10
-11いやなおと-85ノーマル変化40
111すいとる20100くさ特殊25
111ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
511おどろかす30100ゴースト物理15
1011くろいまなざし--ノーマル変化5
151515どくどくのキバ50100どく物理15
202020ファストガード--かくとう変化15
252727エアカッター6095ひこう特殊25
303434かみつく60100あく物理25
354141くろいきり--こおり変化30
404848ベノムショック65100どく特殊10
455555あやしいひかり-100ゴースト変化10
506262エアスラッシュ7595ひこう特殊15
556969きゅうけつ80100むし物理10

第7世代

7th威力命中タイプ分類PP備考
ズバットゴルバット
クロバット
-1クロスポイズン*70100どく物理20*クロバットのみ
-1いやなおと-85ノーマル変化40
11すいとる20100くさ特殊25
-1ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
-1おどろかす30100ゴースト物理15
-1かみつく60100あく物理25
55ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
77おどろかす30100ゴースト物理15
1111かみつく60100あく物理25
1313つばさでうつ60100ひこう物理35
1717あやしいひかり-100ゴースト変化10
1919エアカッター6095ひこう特殊25
2324スピードスター60-ノーマル物理20
2527どくどくのキバ50100どく物理15
2932くろいまなざし--ノーマル変化5
3135きゅうけつ80100むし物理10
3540くろいきり--こおり変化30
3743ベノムショック65100どく特殊10
4148エアスラッシュ7595ひこう特殊15
4351ファストガード--かくとう変化15

第3~6世代

RSEFL4thBWBW2/XYOA備考
ズバットゴルバット
クロバット
ズバットゴルバット
クロバット
ズバットゴルバット
クロバット
ズバットゴルバット
クロバット
ズバットゴルバット
クロバット
ズバットゴルバット
クロバット
-----1-1-1-1クロスポイズンクロバットのみ
-1-1-1-1-1-1いやなおと
111111111111きゅうけつ
-1-1-1-1-1-1ちょうおんぱ
-1-1-1-1-1-1おどろかす
-----------1かみつく
66111155554455ちょうおんぱ
11116699998877おどろかす
161616161313131312121111かみつく
212121211717171715151313つばさでうつ
262826282121212119191717あやしいひかり
313531352527252726281919エアカッター
--------23242324スピードスター
414941493339374537422527どくどくのキバ
364236422933293334382932くろいまなざし
------333930333135アクロバット技マシン
465646563745415141473540くろいきり
----------3743ベノムショック
----4151455745524148エアスラッシュ
----------4351ファストガード

■現在レベルアップで覚えられない技

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06そらをとぶ9095ひこう物理15
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技21ねむる--エスパー変化10
技23どろぼう60100あく物理25
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技28ギガドレイン75100くさ特殊10
技30はがねのつばさ7090はがね物理25
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技33あまごい--みず変化5
技34にほんばれ--ほのお変化5
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技56とんぼがえり70100むし物理20
技57しっぺがえし50100あく物理10
技58ダメおし60100あく物理10
技73クロスポイズン70100どく物理20
技74ベノムショック65100どく特殊10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技77たたりめ65100ゴースト特殊10
技78アクロバット55100ひこう物理15
技95エアスラッシュ7595ひこう特殊15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技06どくどく-90どく変化10Lv
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第5世代
技88ついばむ60100ひこう物理20
第3世代~第4世代
技49よこどり--あく変化107th:教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15タマゴ
VC第1世代(ゴルバット時)
技02かまいたち80100ノーマル特殊10×
技04ふきとばし--ノーマル変化20タマゴ
技09とっしん9085ノーマル物理20×
技10すてみタックル120100ノーマル物理153rd:教え技
技20いかり20100ノーマル物理20×
技21メガドレイン40100くさ特殊15×
技31ものまね--ノーマル変化103rd:教え技
技34がまん--ノーマル物理10×
VC第2世代
技03のろい--ゴースト変化10タマゴ
技43みきり--かくとう変化5×

タマゴ技 節を編集

2nd3rd4th5th6th
7th
8th威力命中タイプ分類PP備考
でんこうせっか40100ノーマル物理30
かぜおこし40100ひこう特殊35
ふきとばし--ノーマル変化20
のろい--ゴースト変化10
さいみんじゅつ-60エスパー変化20
きりばらい--ひこう変化154th:秘05
つばさでうつ60100ひこう物理35
おいうち40100あく物理20
だましうち60-あく物理20
わるだくみ--あく変化20技レ68
しねんのずつき8090エスパー物理15技レ69
ブレイブバード120100ひこう物理15技レ66
ギガドレイン75100くさ特殊10技マ28
はがねのつばさ7090はがね物理25技マ30
ベノムトラップ-100どく変化20技レ91

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ダブルウイング4090ひこう物理10

過去世代

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15技マ24
しねんのずつき8090エスパー物理15技レ69
さわぐ90100ノーマル特殊10技レ35
ねっぷう9590ほのお特殊10技レ36
HSいかりのまえば-90ノーマル物理10
HSおいかぜ--ひこう変化30Lv
HSゴッドバード14090ひこう物理5
ギガドレイン75100くさ特殊10技マ28
よこどり--あく変化10
きりばらい--ひこう変化15タマゴ/
DPt:秘05
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね--ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技レ20
Emこらえる--ノーマル変化10技レ26
E/XDいばる-85ノーマル変化157th:技87
Emねごと--ノーマル変化10技レ27
Emスピードスター60-ノーマル特殊20技マ40
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
エアカッター6095ひこう特殊25Lv
たつまき40100ドラゴン特殊20
あくのはどう80100あく特殊15技レ58
はねやすめ--ひこう変化107th:技19

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技18きゅうけつ80100むし物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技22ヘドロばくだん90100どく特殊10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技32かみくだく80100あく物理15
技33シャドーボール80100ゴースト特殊15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技36ねっぷう9590ほのお特殊10
技37ちょうはつ-100あく変化20
技58あくのはどう80100あく特殊15
技60シザークロス80100むし物理15
技66ブレイブバード120100ひこう物理15
技68わるだくみ--あく変化20
技69しねんのずつき8090エスパー物理15
技89ぼうふう11070ひこう特殊10
技91ベノムトラップ-100どく変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループ飛行
孵化歩数3840歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2048歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ズバット(Lv.22)→ゴルバット(なつき度220以上+レベルアップ)→クロバット

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
かぜおこしレベルケンホロウ系統/ココロモリ系統/シンボラー/オンバーン系統
きりばらいレベルウォーグル系統/ネギガナイト系統
旧自力4th:秘05/7th:教え技(8BP)
さいみんじゅつレベルヨルノズク系統/シンボラー
つばさでうつレベルプテラ/エアームド/ペリッパー系統/アーケオス系統/ウォーグル系統/ルチャブル/オンバーン系統
でんこうせっかレベルペリッパー系統/ケンホロウ系統/アーケオス系統/ファイアロー系統
のろいリレーコータス(陸上)→カモネギ/Gカモネギ(飛行/陸上)
ふきとばしレベルシンボラー/ウォーグル系統/オンバーン系統

VC第2世代

習得方法覚える系統
おいうちレベルオニドリル系統/ドードリオ系統/ヤミカラス
タマゴポッポ/プテラ/エアームド
かぜおこしレベルピジョット系統
だましうちレベルヤミカラス
タマゴポッポ/オニスズメ/ドードー/ホーホー/ネイティ
でんこうせっかレベルピジョット系統
タマゴオニスズメ/カモネギ/ドードー/ネイティ/ヤミカラス
ふきとばしレベルピジョット系統
旧自力VC1st:技04