ウェーニバル - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ウェーニバル 節を編集

No.914 タイプ:みず/かくとう
通常特性:げきりゅう(最大HPの3分の1以下で、水タイプの技の威力が1.5倍)
隠れ特性:じしんかじょう(相手を倒すと攻撃が1段階上がる)
体重  :61.9kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
水/闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウェーニバル8512080857585530げきりゅう/じしんかじょう
Pケンタロス(ウォーター)751101053070100490いかく/いかりのつぼ/はんすう
自信過剰水アタッカーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウェーニバル8512080857585530げきりゅう/じしんかじょう
ギャラドス95125796010081540いかく/じしんかじょう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ/ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/むし/いわ/あく/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

高い攻撃種族値と水・格闘・飛行・氷の優秀な技範囲を持つ。さらに専用技と特性の自信過剰によりAとSを補強できるため、エース適正が高い。
蜻蛉もあるため拘りアイテムとも相性がいい。

剣舞・挑発・羽休め・バトンもあるため、起点を作りつつ専用技でSを上げてHPを維持しながら後続に繋ぐといった芸当もできる。
環境に上がるであろう強力なパラドックスポケモンやパルデアの準伝説達にタイプ相性で比較的有利をとれる相手が多いのも優秀。
反面、素の素早さと耐久は並程度なためやや不安が残る。

同複合にはPケンタロス(ウォーター)、同じ自信過剰水アタッカーのギャラドスがライバルとなる。
前者はS100族・威嚇込みの物理耐久・壁破壊の専用技・豊富なサブウェポン、後者は弱点の少なさ・竜舞による抜き性能・電磁波などの搦め手とどちらも優秀な性能。
しかし前者は素早さを上げる手段や搦め手に乏しく、後者は一致技にあまり恵まれず4倍弱点のため役割破壊されやすい。
こちらは氷・飛行の安定した性能の技と範囲、蜻蛉や挑発・剣舞・バトンなどのサポート性能で差別化していきたい。



特性考察 節を編集

げきりゅう
HPが1/3以下になるとみず技の威力が1.5倍。お馴染み御三家の専用特性。
耐久が低いので、タスキやみがわりを使用して発動させる。
持ち物も組み合わせれば半減でも受けが成立しないレベルの火力が出る。
じしんかじょう
隠れ特性。攻撃技により相手を倒すと攻撃上昇。抜きエースとして運用する場合に有効。
しかし素早さが低いという欠点もあって、げきりゅうの方が発動機会が多いか。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
わざ電気11070異常30%ここに解説
特殊技タイプ威力命中効果解説
わざ120100異常10%
反動1/3
ここに解説
変化技タイプ命中解説
わざ-ここに解説
-
-
-

テラスタル考察 節を編集

タイプ主な技解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説

型考察 節を編集

型名 節を編集

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:
※確定技・選択技の候補はスラッシュ(/)で区切る。ただし、基本的に同時に覚えさせない、覚えられない技同士はorで区切る(例:なみのりorハイドロポンプ)
※技の選択肢が複数ある場合、なるべく優先したい技が左にくるよう並べるのが望ましい

アタッカー型 節を編集

サポート型 節を編集


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ポケモン名 節を編集

注意すべき点
このポケモンを相手にするときに注意すべき点を記載
対策方法
このポケモンの対策方法を記載

覚える技 節を編集

ポケモン数の増加とともに作業量が膨大になると予想されるため、省略可。
遺伝経路は記述する。

+  レベル技・教え技・技マシンなど

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ここに技名00ノーマル物理0

※配布やXD、PDWで特別に覚えている技を記載。なければ項目自体を削除

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上
孵化歩数----歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件※無ければ項目不要
分岐進化※無ければ項目不要

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
技名レベルポケモン(Lv.XX)/ポケモン系統
レベルアップで覚えるポケモン、および系統を記載する。
系統表記はその系統全てが覚える場合のみ。習得レベルの記載は任意。
技名自力Lv.XX
最新世代で自力で習得する方法を記載する。
技名タマゴポケモン(進化前の種族名)など
タマゴ技として覚えるポケモンをタマゴから生まれる状態の種族名で記載する。
必須の項目ではないが、複数の技を同時遺伝する場合に有用な系統がある場合には特記してもよい。
その性質上全ての系統を列挙しない場合があるため、その際は末尾に「など」と記述する。
技名リレーポケモン系統(タマゴグループ)→ポケモン(進化前の種族名)(タマゴグループ)
技の遺伝元もまたタマゴ技でしか覚えられない場合、自力習得可能な系統まで遡ってその経路を記載する。
直接遺伝させられないことを明示するため、タマゴグループの明記を推奨。
技名マシンポケモン系統(技XX)
技マシンで覚えるポケモンを記載する。マシン番号の併記を推奨。
技名教えポケモン系統(コスト)
教え技で覚えるポケモンを記載する。必要BPなどコストの併記を推奨。
技名スケッチドーブル
スケッチしたドーブルからしか遺伝できないものを記載する。
技名旧自力VC1st:Lv.XX, 世代:技XX, 世代:教え技(XXBP)
技名旧レベル世代:ポケモン系統
技名旧マシン世代:ポケモン系統(技XX), 世代:ポケモン系統(秘0X)
技名旧教え3rd:ポケモン系統(FL, Em:XXBP), 4th:ポケモン系統(Pt:赤X青X黄X緑X), 5th:ポケモン系統(赤XX)
過去作でしか覚えられない技を方法別に記載する。基本的な記法は旧なしと同じ。
旧自力は現在自力で覚えられないもののみ記載。
旧レベルは現在のレベル技から削除されているもののみ記載。
旧マシンは現在の技マシンに存在しないあるいは覚えられないもののみ記載。
旧教えは最新作での覚え方を記載し、それ以前のものは任意。