サニーゴ(ガラルのすがた) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

このページはリージョンフォームのものです。
通常フォームはこちら→サニーゴ

サニーゴ(ガラルのすがた) 節を編集

No.222 タイプ:ゴースト
通常特性:くだけるよろい(物理技を受けると防御ランクが1段階下がり、素早さランクが2段階上がる)
隠れ特性:のろわれボディ(30%の確率で受けた技をかなしばり状態にする)
体重  :0.5kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
原種/リージョンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
Gサニーゴ60551006510030410くだけるよろい/のろわれボディ
(160)(160)しんかのきせき(無振り)
(176)(176)しんかのきせき(全振り)
サニゴーン60955014513030510くだけるよろい/ほろびのボディ
サニーゴ655595659535410はりきり/しぜんかいふく/さいせいりょく
(107)(462)はりきりA特化
耐久霊HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
Gサニーゴ60551006510030410くだけるよろい/のろわれボディ
(160)(160)しんかのきせき(無振り)
(176)(176)しんかのきせき(全振り)
デスカーン58501459510530483ミイラ
ヨノワール451001356513545525プレッシャー/おみとおし
サマヨール
(きせき無振り)
4070(205)60(205)25(605)プレッシャー/おみとおし

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)どく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしノーマル/かくとう

サニーゴリージョンフォームサニゴーンとは運用法も異なり、完全に別物。
アタッカー寄りのサニゴーンに対しこちらは耐久型として運用される場合が多い。

サニゴーンと違い攻撃性能は無いが防御、特防が高く、しんかのきせきを持たせることで高耐久を得られる。
低HPかつ単タイプ故に耐性は乏しいが、高い耐久数値に加えてちからをすいとる、ねっとう、おにび等を習得する。
特殊耐久も種族値換算だと物理と同じであり、ミラーコートも習得するのであく以外の特殊アタッカーは返り討ちに遭いかねない。
更にのろわれボディにより有効打を縛ってしまい、高速再生も合わせ本来は受けられない相手も流してしまうこともあり、
単なる受け一辺倒に留まらず、耐久型としても起点作り型としても非常に高い完成度を持つ。
耐性は少ない一方で弱点も2タイプと少なく、しかも高威力の技が少ないゴースト、あくというのも拍車をかける。
ただし環境はドラパルトミミッキュを筆頭とした高火力ゴーストや一撃ウーラオスなど高火力あくタイプも多いため注意。
特に耐久を削るダイホロウ、ダイアークはモロに抜群で食らってしまうためそういった相手は厳しい。

一方でじこさいせい等の安定した回復は習得せず、場持ちはちからをすいとる、つまり相手のステータス依存。
吸収技を軸にする都合上ヘドロえきドククラゲには基本的に手も足も出ない。
また、しんかのきせきを軸にするポケモン全般に言えることだがはたきおとすに弱く、みがわりに対処する手段も限られる。
HP実数値が204以上のみがわりに対してはナイトヘッドも確2になってしまい、起点にされてしまう。

欠点もあるが環境初期は物理アタッカーが大半であったことも合わせ、高い採用率を誇った。
現在も当時ほどではないが一定の採用が見られ、対処法の無い相手を一方的に嵌め続ける性能は相変わらずである。
プレシャスボール入りの個体は隠れ特性がバレるが、ガラルサニーゴの場合はまずのろわれボディの個体なので全く問題なし。

サニゴーンが覚えてサニーゴが覚えない技
リベンジ・きゅうけつ・ミサイルばり・はかいこうせん・ギガインパクト・ほろびのうた・ポルターガイスト・しっとのほのお

ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

くだけるよろい
アタッカー運用には向かず、重要な耐久を削ってしまう事がデメリットにしかならないため論外。
のろわれボディ
進化前はこの隠れ特性。輝石耐久型と相性が良く、かなしばり効果+ちからをすいとるのセットで物理アタッカーを追い詰める。
通常特性がサニーゴと相性最悪なこともあり、こちらで確定。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ナイトヘッド-100レベル分ダメージ定数50ダメージ。性能安定。
シャドーボール80(120)100D↓20%一致技。瞑想とあわせて。
たたりめ65/130
(97/195)
100状態異常相手に
威力倍
一致技。鬼火とあわせて。
ねっとう80100やけど30%削りつつやけど狙い。
うずしお3585拘束4~5ターン拘束で定数ダメージ。
ギガドレイン75100HP1/2吸収攻撃しつつ回復。瞑想とあわせて。
げんしのちから60100全能力↑10%運が絡むが全能力upを狙える。使うならPPは8にしておく。
ミラーコート-100優先度-5受けた特殊技を倍返し。透かしてくる上、ゴーストに出されやすい悪タイプに注意。
じばく200100自分瀕死退場際に。だいばくはつは覚えない。
変化技タイプ命中備考
ちからをすいとる100A1↓させつつ実数値分回復する。Aが下がる度に回復量減少。必須技。じこさいせいは覚えない。
特性あまのじゃくに使うと回復はできるが逆に攻撃が上がってしまう。
また、特性ヘドロえき相手に撃つと甚大な被害が出る。
くろいきり-積みで強引に突破しようとする相手に有効。
おにび85物理アタッカーを機能停止させる。たたりめを採用するならこちら。
てっぺき-防御↑↑ 物理耐久をさらに強化。
ドわすれ-特防↑↑ 特殊耐久をさらに強化。
めいそう-特攻↑特防↑ 受けながら反撃を狙う。
ひかりのかべ-特殊耐久強化。後続サポート。
リフレクター-物理耐久強化。後続サポート。
ステルスロック-後続のサポートに。

型考察 節を編集

しんかのきせき基本型 節を編集

特性:のろわれボディ
持ち物:しんかのきせき
性格:ずぶとい
努力値:HB252
確定技:ちからをすいとる
優先技:ステルスロック/ナイトヘッド/ねっとうorおにび
選択技:ミラーコート/くろいきり/ドわすれ

サニゴーンという進化が追加されたことを利用し、しんかのきせきで受ける。
ステルスロックを撒きつつ、アタッカーを流す。ちょうはつを強く誘うので1ウエポンあると良い。

はたきおとすの習得者が激減したことは追い風だが、万が一習得するポケモンとかち合った場合は要注意。
メガストーンやZクリスタルの廃止により、トリックやすりかえの通りが良くなったことも考慮しておきたい。

ナイトヘッドは火力が出ないサニーゴの貴重な固定技で、ねっとうは挑発を打たれても出せて、3割のやけどを期待出来るので優先技に。
くろいきりにより相手の積みを無に還すこともできるが、回復技のちからをすいとるとはいまいち噛み合いが良くない。

めいそう型 節を編集

特性:のろわれボディ
持ち物:しんかのきせき
性格:ずぶとい
努力値:HB252
確定技:めいそう/シャドーボールorたたりめ
優先技:ちからをすいとるorギガドレイン
選択技:ねっとう/だいちのちから/げんしのちから/しぜんのちから/ミラーコート/おにび

物理相手に出して特殊への流しを誘い、その隙に高耐久を活かして瞑想を積む型。
うまくゆけば要塞化しつつ特殊アタッカーになれる。
対面以外なら挑発されても腐りにくい点がメリット。

回復技はどちらも癖が強い。
ちからをすいとるは初動で回復しやすい点がメリットだが、特殊相手に回復しにくい。
ギガドレインは積めば補完技として使えそれなりの回復量になる。草半減以下相手にはあまり回復できない。

切り返し型 節を編集

特性:のろわれボディ
持ち物:しんかのきせき
性格:ずぶとい
努力値:HB252
確定技:ちからをすいとる/のろい
優先技:ステルスロック
選択技:ナイトヘッド/ねっとうorおにび/ミラーコート/くろいきり/ドわすれ

運用方法は上記の基本型とほぼ同じ。
従来通り物理受けをこなしながら、サニーゴを起点にしようとしてくるみがわり持ちや特殊アタッカーをのろいで逆に強引に後続の起点にする型。例えばHP204調整を施したダルマモードGヒヒダルマのはらだいこを許さない(みがわり1/4+のろい1/4の時点ではらだいこ不可)。半端な物理アタッカーならのろいを撃った後でもまた一発耐えて回復出来るだけの耐久力がある。
また、のろいのスリップダメージを嫌って退く相手に刺さるステルスロックもほぼ確定で良い。
結局ちょうはつには弱い点に注意。毒やはたきおとすにも勿論弱いが、のろいの存在により自身の役割を放棄することも選択できるので、そのサニーゴの起点化リスクも軽減出来る。


対ガラルサニーゴ 節を編集

注意すべき点
しんかのきせきによりBD種族値160相当の超耐久を備えている。
格闘無効のゴーストタイプであり、おにび、ちからをすいとるの搭載率の高さもあって、物理での突破は困難。
かといって特殊技で攻めるとミラーコートで返されることも。
初期対応を誤ると鬼火のスリップダメージとナイトヘッドの定数ダメージで徐々に削られる。場合によってはそこに呪いまで乗せられることも。
対策方法
正攻法で突破するなら特殊アタッカーの悪技、霊技で攻める。
補助中心の構成になりやすい為ちょうはつが有効。
はたきおとす・トリックでしんかのきせきを奪えば大幅な弱体化を狙える。
遂行速度はかなり遅いため、どくどくや一撃必殺技のじわれ、ぜったいれいども有効(つのドリル、ハサミギロチンはタイプ相性でそもそも無効)。
サザンドラにナイトヘッドくらいしか有効打がないため、みがわりを出せば積みの起点にすることができる。
ちからをすいとるは1ランクダウンなので、つるぎのまいを積む、もしくはあまのじゃくで受けることで毎ターン1ランクアップはすることができる。ただし鬼火には弱い。
ヘドロえきのドククラゲならばちからをすいとるそのものがダメージソースになるため、選出の抑制にもなる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1たいあたり40100ノーマル物理35
1かたくなる--ノーマル変化30
5おどろかす30100ゴースト物理15
10かなしばり-100ノーマル変化20
15うらみ-100ゴースト変化10
20げんしのちから60100いわ特殊5
25たたりめ65100ゴースト特殊10
30のろい--ゴースト変化10
35ちからをすいとる-100くさ変化10
40パワージェム80100いわ特殊20
45ナイトヘッド-100ゴースト特殊15
50おんねん--ゴースト変化5
55ミラーコート-100エスパー特殊20

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技15あなをほる80100じめん物理10
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技17ひかりのかべ--エスパー変化30
技18リフレクター--エスパー変化20
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技20じばく200100ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技27こごえるかぜ5595こおり特殊15
技28ギガドレイン75100くさ特殊10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技32すなあらし--いわ変化10
技33あまごい--みず変化5
技34にほんばれ--ほのお変化5
技35あられ--こおり変化10
技36うずしお3585みず特殊15
技38おにび-85ほのお変化15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技51つららばり25100こおり物理30
技54ロックブラスト2590いわ物理10
技55しおみず65100みず特殊10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技77たたりめ65100ゴースト特殊10
技81じならし60100じめん物理20
技98じだんだ75100じめん物理10

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
あやしいひかり-100ゴースト変化10
くろいきり--こおり変化30
みちづれ--ゴースト変化5
しぜんのちから--ノーマル変化20
みずのはどう60100みず特殊20
もろはのずつき15080いわ物理5

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
メテオビーム12090いわ特殊10

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技03ハイドロポンプ11080みず特殊5
技04なみのり90100みず特殊15
技05れいとうビーム90100こおり特殊10
技06ふぶき11070こおり特殊5
技10じしん100100じめん物理10
技11サイコキネシス90100エスパー特殊10
技17ドわすれ--エスパー変化20
技18きゅうけつ80100むし物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技33シャドーボール80100ゴースト特殊15
技46てっぺき--はがね変化15
技49めいそう--エスパー変化20
技63パワージェム80100いわ特殊20
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技76ステルスロック--いわ変化20
技84ねっとう80100みず特殊15
技95じごくづき80100あく物理15
技98アクアブレイク85100みず物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中1/水中3
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:3
進化条件Gサニーゴ(Lv38)→サニゴーン

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
あやしいひかりレベルラプラス/ユレイドル系統
くろいきりレベルヌオー系統
しぜんのちからレベルルンパッパ系統
みずのはどうレベルカメックス系統/ゴルダック系統/ドククラゲ系統/ヤドラン系統/Gヤドラン系統/ラプラス/ヤドキング/Gヤドキング/オクタン系統/マンタイン/ラグラージ系統/ペリッパー系統/ミロカロス/トリトドン系統/ドラミドロ系統/ブロスター系統/インテレオン系統
みちづれリレーハリーセン(水中2)→マーイーカ(水中2/水中1)
もろはのずつきレベルジーランス/カジリガメ