サーフゴー - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

サーフゴー [編集]

No.1000 タイプ:はがね/ゴースト
特性:おうごんのからだ(変化技を受けない)
体重:30.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
サーフゴー8760951339184550おうごんのからだ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/じめん/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)くさ/こおり/エスパー/いわ/ひこう/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)むし
こうかなしノーマル/かくとう/どく

はがね×ゴースト複合のポケモン。ギルガルドがパルデア不在のため現状唯一の複合タイプ。
特攻が高く攻撃を捨てて他は均等に割り振ったバランスの良い配分で、合計値が550もあり全体的に高水準。
自身に対する変化技をシャットアウトする固有特性おうごんのからだも非常に強力で、
半減以下12の恵まれた耐性と併せて隙の少ない強力なポケモンに仕上がっている。

固有特性のおうごんのからだマジックミラーの調整版のような効果で、
疑似的な状態異常耐性、ちょうはつ対策など、その用途は多岐に渡る。見せ合いに居るだけでも相手の変化技を抑制できる。
キノコのほうし、あくび、やどりぎのタネはもちろん、マジックミラーでは防げない呪いやおきみやげ、ほろびのうた、トリックといった強力かつ厄介な技を特性一つで纏めて対策出来るのは強力。
耐性の多さもあり、ワンウェポンのみのサポーターはサーフゴー相手に詰んでしまうことも珍しくない。
ただしかたやぶり持ちの変化技や、ステルスロックのような場に対する変化技、技の追加効果などは通してしまう。

特攻種族値133に加え、専用技「ゴールドラッシュ」は鋼版のオーバーヒートとでも言うべき性能で、瞬間火力も申し分ない。
高火力の鋼特殊技は珍しく、これとシャドーボールである程度の技範囲は取れている。

優れた複合タイプに必要十分な種族値、技範囲、強力な特性を併せ持ち、今作初期環境においてトップメタの一角に君臨している。

一方で耐久面の数値は並より少し高めといった程度で、耐性を抜きにして突っ張れるほどの強固さはない。
素早さも微妙な中速帯であり、上から弱点を一致で突いてくる相手は基本的に逃げた方が無難。
弱点もメジャーどころであり、サザンドラなどの相性が良い引き先を用意してのサイクル戦が本分であることに留意したい。

なお、おうごんのからだは「てだすけ」などの味方からの変化技も無効化してしまうので注意。
ただしタギングルの「うつしえ」は「特性の参照元になる相手」を対象にする技なので、無効化せずに受ける。
つまり、おうごんのからだをうつしえすることは出来ないが、うつしえでおうごんのからだを上書きすることは可能。
「みちづれ」は使用者対象なのでこれも無効にできない。

A種族値が偶数のため最小実数値58にできるのは0か1のみ。
混乱は特性で対策することを前提とする場合、イカサマのダメージ計算上は実数値60(個体値5)まで妥協可能。
一般ポケモンではあるがタマゴ未発見グループのため、固定シンボルで厳選する必要がある点に注意されたい。



特性考察 [編集]

おうごんのからだ
専用特性。相手の変化技の効果を受けない。簡単に言えば反射効果の無くなった調整版マジックミラー
単にマジックミラーの下位互換というわけではなく、防げる範囲に微妙に違いがある。
状態異常やあくび展開を止める事が出来、優秀な耐性と相まって多くの相手を詰ませる事が出来る。
あくまでサーフゴー自身が変化技の効果を受けないだけなので、自身や場に対する変化技には効果が無い。
また技の追加効果も防げず、かたやぶりにも貫通される。
変化技無効という性質上、特性の書き換え・無効化が困難。現時点で特性を変える手段は、
サーフゴーが接触技をとれないにおい持ちの相手に行使する、かたやぶりデカヌチャンからスキルスワップを受ける、かたやぶりルチャブルからなかまづくりを受ける、ダブルで味方のタギングルがうつしえを行使する、のどれかになる。
変化技の種類備考
防げるおにび、でんじは、やどりぎのタネ、ほえる、ふきとばし、ちょうはつ
トリック、スキルスワップマジックミラーでは防げない。
のろい(ゴースト)、おきみやげマジックミラーでは防げない。発動者側のデメリット(HP減少)も発生しない
ほろびのうたマジックミラーでは防げない。発動自体は防がないので自身以外は効果を受ける
すてゼリフ相手は交代しない。マジックミラーは能力ダウンを反射したうえで自身が交代してしまう。
相手のマジックミラーで反射された変化技マジックミラーでは防げない
味方が使用した相手を対象とする技(てだすけ等)マジックミラーは味方しか選べない技は防がない、相手も選べる技は技による
敵が使用したうつしえ味方が使用するうつしえは有効
防げない自分を対象とする技(みちづれ、みがわり等)
自分の場を対象とする技(リフレクター、おいかぜ等)
相手の場を対象とする技(ステルスロック等)マジックミラーでは反射可能
かたやぶりからの変化技とくせいガードを持たせれば防げる
技の追加効果(がんせきふうじの素早さダウン、ほうでんのまひなど)おんみつマントを持たせれば防げる
味方が使用したうつしえ敵が使用するうつしえは無効

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果解説
ゴールドラッシュ120(180)100自身の特攻↓タイプ一致専用技。デメリットと威力を抑えた鋼版オーバーヒート。
ダブルだと相手全体対象。特攻が下がるが、
次発もラスターカノンと同等の威力を出るため2発目までなら影響は少なめ。
てっていこうせん140(210)95最大HPの
1/2反動
タイプ一致技。最大火力だが代償は大きい。自主退場目的での採用。
シャドーボール80(120)100特防↓20%タイプ一致技。安定性能。
たたりめ65/130
(97/195)
100状態異常相手に
威力2倍
タイプ一致技。自己完結させるならでんじはとの併用が必要。
パワージェム80100-対炎。主にゴースト半減のイーユイヘルガーに。
10まんボルト90100まひ10%対水。ギャラドスペリッパーに。
かみなり11070まひ30%同上。威力は高いが命中不安。雨下で必中。
きあいだま12070特防↓10%対鋼。ジバコイルドドゲザンに。命中不安だが補完としては優秀。
サイコキネシス90100特防↓10%対闘、毒。テツノカイナウェーニバルに。
キノコのほうしが効かないことを盾にモロバレルキノガッサの処理速度を早めたい場合にも。
サイコショック80100-同上。自分の特攻、相手の防御でダメージを計算する。
マジカルシャイン80100-対悪。相手全体対象。
水or電/悪ピンポイント気味且つ、現状未解禁なので撃つ相手がいるかは疑問。
ダブルバトルなら機会があるか。
テラバースト80100テラスタイプに
連動
技範囲を補う目的での採用。タイプによっては元々の優秀な耐性を失う点に注意。
変化技タイプ命中解説
わるだくみ-特攻2段階上昇。ゴールドラッシュを2回分、特攻低下を気にせず使うことができるように。
でんじは90起点作りやたたりめの威力上昇のトリガーに。おにびは覚えない。
リフレクター
ひかりのかべ
-起点作りに。ちょうはつは元より、かわらわりも無効なので整えやすい。
おきみやげ100相手の攻撃性能を削いで退場。ちょうはつで邪魔されない点から、起点作成や自主退場手段として。
じこさいせい-最大HPの半分回復。優秀な耐性を活かして交代際に使えれば美味しい。
トリック100こだわりアイテムと合わせて。ちょうはつが効かないので決めやすい。
相手からのトリックは受けないので返品される心配はない。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
弱点である霊技を無効化。
解説
解説
10まんボルト かみなり解説
解説
解説
きあいだまドドゲザンサザンドラなど。きあいだまの命中不安を嫌うならテラバーストでの運用になる。
解説
解説
テラバースト弱点の地面を無効化。物理受け型などで。
サイコキネシス サイコショック解説
解説
パワージェム解説
シャドーボール たたりめシャドーボールの威力強化。また地面・炎の弱点を打ち消したい場合に。
解説
解説
ゴールドラッシュ てっていこうせん鋼技を強化しつつ霊や悪を等倍に抑える。格闘耐性は失うので注意。
マジカルシャイン対悪。ドラゴンも同時に対象範囲に加えるなら格闘より優先されるか。

型考察 [編集]

アタッカー型 [編集]

特性:おうごんのからだ
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:HBCS調整
持ち物:おんみつマント/たべのこし/ふうせん/いのちのたま
確定技:ゴールドラッシュ/わるだくみ
選択技:シャドーボール/じこさいせい/みがわり/おきみやげ/でんじは/テラバースト/マジカルシャイン/10まんボルト/パワージェム/きあいだま
テラスタイプ:ひこう/ノーマル

キノガッサキョジオーンなど中低速ポケモンを起点にする型。
おんみつマントはキノガッサのじならし・がんせきふうじやキョジオーンのしおづけに対するメタとなる。
テラスタイプはじわれ対策にもなるひこうやゴースト技を無効にするノーマルが主流。

ひかえめ244振りorおくびょう148振りで最速キノガッサ抜きとなる。
Sを削って耐久に回し、何らかのアタッカーの攻撃を耐える調整を施されている個体も存在する。

こだわり型 [編集]

特性:おうごんのからだ
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252ベース
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりメガネ
確定技:ゴールドラッシュ/トリック
選択技:シャドーボール/じこさいせい/テラバースト/マジカルシャイン/10まんボルト/パワージェム/きあいだま
テラスタイプ:ひこう/ノーマル

火力や素早さをアイテムで増強しつつ、受けポケモンに対してこだわりトリックして機能停止する型。

準速こだわりスカーフは最速ドラパルトを抜けないため注意。

【ダブル】アタッカー型 [編集]

特性:おうごんのからだ
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:C252 S252orHS調整
持ち物:こだわりメガネ/こだわりスカーフ/いのちのたま
確定技:ゴールドラッシュ/シャドーボール
選択技:マジカルシャイン/10まんボルト/パワージェム/トリック
テラスタイプ:はがね

ダブルバトルにおいて高火力で相手2体を攻撃できるゴールドラッシュを主軸にした型。
性格は火力増強アイテム持ちなら少しでも火力を上げるため控えめで確定。
素早さは中速帯であるため準速に留め、おいかぜなどのサポートに頼ったほうが良い。

こだわりスカーフの場合はドラパルトを抜くために臆病にした方が良い。

黄金の体は変化技を無効にできるため
攻撃技の追加効果以外では状態異常やステータス減にならない点も強い。
てだすけなどの味方のサポートも無効化するので注意。

ゴールドラッシュは一度打つと特攻が一段階ダウンするものの
火力アップアイテムやテラスタイプ込なら2発までゴリ押ししても問題ない火力が出る。
特攻が高めとはいえ他の種族値は並程度なので、ゴールドラッシュを等倍以上で通せない場面は無理せず引く。
あくまで他の攻撃技は終盤に残った相手を想定したものとなる。
またワイドガードを持つ相手には最大限注意すること。

テラスタイプは鋼を推奨。
格闘技が通ってしまうが、テラスタルする前に打たれる心配はない上、霊や悪技のほうが厄介。
何より主力技の火力が1.33倍になるので、他に考えていなければ使わない手はない。

C特化メガネ鋼テラスタルの火力はダブル補正込で無振りガブリアスを確1にする。
等倍以上は2回で倒せるため、苦手な炎、水、電気、鋼を先に倒す立ち回りを心がけよう。

確実な追い風を期待するならファイアローにおんみつマントを持たせるのも手。
よりサポート性能に特化するならワタッコも良いだろう。

ヤミカラスいたずらごころと追い風を併せ持ち
黒い霧による相手の積み技無効化、特攻ダウン帳消しと非常に相性が良い。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対サーフゴー [編集]

注意すべき点
特性おうごんのからだで変化技が効かず、タイプ耐性も非常に優秀。
専用技ゴールドラッシュの破格の性能。ダブルでは2体範囲攻撃となり無効のない鋼タイプの技で制圧してくる。
またじこさいせい、トリック、わるだくみといった補助技も揃っており受けを崩す手段に非常に長けている。
テラスタルでノーマルタイプになる場合も多々あるのでゴースト技を打つときは要注意。
対策方法
変化技が効かない以上、基本的には正攻法で叩くしかない。
ただしかたやぶり持ちのポケモンなら変化技も有効になる。
以下、具体的な対策ポケモン。
  • ドドゲザン
    高耐久且つはがね・ゴースト半減。一致ふいうち。
    きあいだまに注意。
  • トドロクツキ
    特殊耐久・素早さ・火力ともに文句なしの悪タイプ。きあいだまに注意。
  • マスカーニャ
    A補正有のはたきおとすで確定1発。無補正でも高乱数で倒せる。強化アイテムがあればより確実。

覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

9th威力命中タイプ分類PP備考
シンカ1シンカ2シンカ3
111技名00ノーマル物理0
---ゴールドラッシュ120100はがね特殊5

遺伝 [編集]

タマゴグループ未発見
孵化歩数----歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別ふめい
進化条件ポケモンの落とし物「コレクレーのコイン」を999枚集めた状態でレベルアップ。
※一度進化させるとコインは無くなる。持ちきれなかった分はチャンプルタウンのおじさんに話しかけると渡してくれる。