ゴウカザル - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ゴウカザル [編集]

No.0392 タイプ:ほのお/かくとう
通常特性:もうか(HPが1/3以下のときに炎タイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:てつのこぶし(パンチ系の技の威力が1.2倍になる)
体重  :55.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
炎/闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ゴウカザル761047110471108534もうか/てつのこぶし
バシャーモ80120701107080530もうか/かそく
エンブオー110123651006565528もうか/すてみ
Pケンタロス(炎)751101053070100490いかく/いかりのつぼ/はんすう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/あく/はがね
いまひとつ(1/4)むし
こうかなし---

第四世代のほのお御三家にしてほのお×かくとう複合タイプの一角。DLC碧の仮面で解禁。
今作では同複合が揃って登場、Pケンタロス(炎)が追加されたが、それぞれ異なる強みを持つので差別化は不要。

攻撃・特攻・素早さの三拍子揃ったポケモンであり、使いやすいタイプ一致高威力技はもちろんサブウェポンも豊富。
優秀な補助技も多数覚えるためアタッカーからサポートまで何でもこなせる器用さがウリ。
その受けづらさから第四世代ではトップメタとして活躍した実績を持ち、現在でも広い範囲への崩しを狙えるポケモン。
ただ、過去世代から指摘されてはいたが、全体的な数値のインフレにより攻撃、素早さ共に現環境では足りていないのが現状。

第九世代でだいふんげき、はどうだん、しねんのずつき、うちおとす、はたきおとすなどといった技を習得し、物理・特殊技範囲が広がったのは追い風。
失った技に重要なものは無い。



特性考察 [編集]

もうか
通常特性。ピンチ時かつ炎技のみだが、1.5倍と大きく強化。
特殊炎技の他、今作ではだいふんげきを覚えるので、タスキを持たせた場合でも反動ダメージやゴツメを気にせず高火力の炎技を撃てる。
てつのこぶし
隠れ特性。常時発動し、癖が無く使いやすい。もちろん、パンチグローブとの相性も抜群。
ただし技威力、倍率共に低く、この特性とパンチ技ばかりだと火力不足になりがちなので、使うなら技構成の工夫が必要だろう。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力
[鉄拳]
命中効果解説
だいふんげき120(180)100行動固定タイプ一致技。新規習得の炎版げきりん。
行動固定が痛く、もらいび等で起点にされないように注意。
他の行動固定技や物理炎技と違い非接触なのは利点。
フレアドライブ120(180)100火傷10%
反動1/3
タイプ一致技。威力は高いが反動が痛い。
ほのおのパンチ75(112)
[135]
100火傷10%タイプ一致技。威力は低いが反動は無い。てつのこぶし対象技。
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致技。タスキなら耐久低下は気にならない。
ドレインパンチ75(112)
[135]
100HP吸収1/2タイプ一致技。回復効果付き。てつのこぶし対象技。
マッハパンチ40(60)
[72]
100優先度+1タイプ一致技。先制技。てつのこぶし対象技。
かみなりパンチ75
[90]
100麻痺10%対水・飛行。
てつのこぶし対象技だが、2倍では等倍インファイト・フレアドライブと同等。
はたきおとす65/97100道具排除対エスパー・ゴースト。交代読みで撃ちやすい。
メガストーン・Zクリスタル廃止で通りが良い。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎・飛行。高威力・命中不安。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%命中安定、サポートにも。
ダストシュート12080毒30%対フェアリー。バシャーモとの差別化にも。
じしん100100--対毒。水/毒など一致技双方を半減する相手に。
とんぼがえり70100自分交代対エスパー。攻撃しつつ撤退。不利対面回避に。
インファイト・ねこだまし・オーバーヒートと相性が良い。
ねこだまし40100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
フェイント30100優先度+2タスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。
カウンター--100--高速アタッカーを覆すわざで、相手を返り討ちにできる。きあいのタスキ必須級。
カイリューのような相性上不利な相手にも倒すのが望める。変化わざ注意。
はやてがえし65(97)100優先度+3
怯み100%
先制攻撃技を使う相手にのみ成功。主に鈍足アタッカーの先制技を読んで使う。
優先度が高くても攻撃技以外が選ばれると失敗する。
怯み効果もせいしんりょく、おんみつマントなどで無効化されるので注意。
この技自体が先制技のため、先制技無効特性の前には無力。
特殊技タイプ威力命中効果解説
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発は効かない。両刀・撃ち逃げ向き。
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。高威力・命中不安。
きあいだま120(180)70特防↓10%タイプ一致技。高威力・命中不安。
はどうだん80(120)必中-タイプ一致技。物理受けに。性能安定。
しんくうは40(60)100優先度+1タイプ一致技。特殊先制技。タスキ潰しに。
くさむすび20~120100-対水。威力不安定。
テラバースト80<120>100-テラスタル時にタイプが変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
変化技タイプ命中解説
ちょうはつ100補助技対策。素早いので使いやすい。
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょうに注意。
つるぎのまい--攻撃を強化。マッハパンチとあわせて。
わるだくみ--特攻を強化。しんくうはとあわせて。
アンコール100起点作りに。素早いので使いやすい。遺伝技。
みがわり--補助技対策や、もうかの発動に。
ステルスロック--サポート用。高い素早さ・読まれにくさを活かして。
すりかえ-新規習得技。こだわりアイテムとあわせて。
メガストーンやZクリスタルが廃止されたので通りやすくなった。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
テラバースト対霊。ただし、格闘が一貫する。
フレアドライブ
だいふんげき
オーバーヒート
火力アップに。火傷無効も維持。
テラバースト解説
かみなりパンチ対水、飛行。麻痺無効もうれしい。
くさむすび対水、地。粉技耐性。
テラバースト対草。ただし、炎は一貫する。
インファイト
ドレインパンチ
弱点は減るが火傷耐性を失う。
ダストシュート解説
じしん解説
アクロバット解説
テラバースト解説
とんぼがえり解説
ストーンエッジ飛行対策。弱点は増える。
シャドークローエスパー対策。
テラバースト御三家対策。ただし、妖は一貫する。
はたきおとす対超、霊。いたずらごころ耐性。
テラバースト解説
テラバースト対格闘。ただし、毒や鋼が弱点に。

型考察 [編集]

アタッカー型 [編集]

特性:もうかorてつのこぶし
性格:ようきorせっかちorむじゃき
努力値:ASベースでC調整
持ち物:きあいのタスキ/こだわりスカーフ/いのちのたま/たつじんのおび/パンチグローブ
確定技:インファイト/フレアドライブorだいふんげきorだいもんじorオーバーヒート
物理技:とんぼがえり/ダストシュート/かみなりパンチ/ストーンエッジ/フェイントorマッハパンチ/ねこだまし/はたきおとす
特殊技:くさむすび/しんくうは
補助技:おにび/アンコール/ちょうはつ/つるぎのまい/みがわり/すりかえ

スタンダードなアタッカー型。
基本的にはインファイト軸の物理ベースだが、炎は特殊技も候補。
もうか発動時なら下降補正無振りだいもんじでもH振りメタグロスをぴったり確1。
仮想敵やサブウェポン次第でC調整、かみなりパンチやマッハパンチを使うならてつのこぶし等各自選択。

バシャーモの存在が気にかかるが、加速なしでも抜ける範囲が広く、まもるを入れる必要がないので技スペースに余裕があることが利点。
バシャーモが覚えず、フェアリーに刺さるダストシュートや不利対面の撤退に使えるとんぼがえりも魅力。
より差別化を意識するなら豊富な変化技や先制技等も取り入れるとなお良い。

持ち物によって確定数や動き方がかなり変わる。
きあいのタスキはこちらより速い相手に返しの一撃を食らわせると同時にもうかを確実に発動できる。
こだわりスカーフも好相性。とんぼがえりやすりかえも活かせる。

先発ステルスロック型 [編集]

特性:もうか
性格:ようき/せっかち/むじゃき
努力値:素早さ252 残りAC調整
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ステルスロック
攻撃技:インファイト/オーバーヒートorだいもんじorフレアドライブ/がんせきふうじ/マッハパンチorしんくうは/ねこだまし/カウンター/はたきおとす/とんぼがえり
補助技:おにび/ちょうはつ/アンコール/ほえる

炎としては最速、格闘としてはコバルオンテラキオンと並んで最速タイのステロ撒き。
がんせきふうじやちょうはつでのサポートの他、インファイトやもうかフレアドライブで高負荷をかけつつ退場できる。
確実な役割遂行のため最速かつタスキ安定。

【ダブル】サポーター兼アタッカー型 [編集]

特性:もうか
性格:ようき/せっかち/むじゃき
努力値:S252 AorC252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/たつじんのおび
確定技:インファイト/ねこだまし/オーバーヒートorだいもんじorねっぷうorフレアドライブ
攻撃技:フェイント/いわなだれ/マッハパンチ/しんくうは/くさむすび/かみなりパンチ/はたきおとす
補助技:ファストガード/まもる/アンコール/ちょうはつ

ダブルではねこだましに加えフェイント、ファストガード等でのサポートに長ける。
シングル同様アタッカー性能の高さも魅力。


対ゴウカザル [編集]

注意すべき点
ACSがいずれも100超えで速攻に優れる。
高威力の一致技に加え火力補強の特性を持ち、サブウェポンや先制技も充実。
ステルスロックやアンコール等を駆使して起点作りをする型もある等、型の読みにくさも強さの一つ。
対策方法
耐久は並以下で、インファイトやフレアドライブの反動も相俟って脆い。ただしタスキ持ちが多く、速攻低耐久アタッカーは返り討ちにあいやすい。
ちょうはつやアンコール、とんぼがえり等の小技にも注意。
スカーフ水ラオスやハチマキドラパルトなら連続技で先制確1。
がんせきふうじで素早さを下げつつタスキを潰すのも良い。

外部リンク [編集]