レックウザ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

レックウザ [編集]

No.0384 タイプ:ドラゴン/ひこう
特性:エアロック(互いのポケモンが天候の影響を受けなくなる)
体重:206.5Kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
地面無効禁伝HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
レックウザ105150901509095680エアロック
ホウオウ1061309011015490680プレッシャー/さいせいりょく
ルギア1069013090154110680プレッシャー/マルチスケイル
ギラティナ(オリジン)15012010012010090680ふゆう

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)いわ/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/かくとう/むし
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしじめん

第三世代の禁止級伝説であり、ドラゴン×ひこう複合の一角。
攻撃・特攻が高く、また高性能な専用技ガリョウテンセイ、積み技のりゅうのまい・つるぎのまい等、習得技も攻撃的なものが並ぶ。
ただし、両刀アタッカーの宿命として特色を持たせた運用構想と噛み合いづらい種族値配分をしている。
耐久面は禁止級としては低め(それでも並に毛が生えた程度はある)で、こおり4倍も痛い。
素早さも禁止級の激戦区90を僅かに超えているとはいえ、中速帯で上を取られやすく、上記の耐久もあって禁止伝説では微妙な所。
物理型はひこう技が強い代わりにドラゴン技に癖があり、特殊型はその逆な点も気がかり。
今作から習得したステルスロック・てだすけをはじめでんじは、おいかぜ、なげつけるといった搦め手も習得可能だが、上記のような能力傾向とは少々かみ合わせが悪い。
特性により伝説では唯一天候を無効化できる点も個性であるが、晴れパ以外には弱点を突かれやすい。
同複合且つ似たステータス配分のボーマンダとは特殊耐久の差などでうまく差別化していきたい。

第九世代ではダイマックス廃止によって天候が変動する機会が減少したが、こだいかっせいの登場によりエアロックが有効な場面は増加。
コライドングラードンを筆頭とした晴れ始動ポケモンが増えた中、こだいかっせいによる能力ブーストを阻止できるのは非常に大きい。

火力こそ相変わらず高く魅力的であるが、それを押しつけるには工夫が必要。
また物理・特殊片方だけならレックウザに比肩、或いは上回るポケモンも禁止級には多く、単純なアタッカーとしては器用貧乏感が否めない。
天敵のザシアンムゲンダイナ、しんそく無効の黒バドレックスが続投した中、新たな禁止級の高速ドラゴンであるコライドンミライドンが登場。
しかし、コライドンに対してはエアロックで特性を無効化でき、専用技を半減できる。

技方面では、ワイルドボルト、とんぼがえり、ステルスロック、てだすけを新規習得。DLC碧の仮面でほえる、スケイルショットを再習得。
藍の円盤でドラゴンエールを新規取得。うずしお、ワイドブレイカー、メテオビームを再習得。

新要素であるテラスタルとの相性も良好。
4倍弱点を解消したり、更なる高火力の押し付けが可能になったのは追い風。両刀が可能なので、テラバーストが物理と特殊のどちらに転んでも有効に使える。
一致しんそくの為にノーマルテラスタルを採用しやすいのも、黒バドレックスが強力な禁止級環境では個性となる。

主要な過去作限定技(廃止技除く)
アイアンテール/アクアテール/かげぶんしん/コスモパワー/じこあんじ/しめつける/つめとぎ/Vジェネレート(BW配布)


特性考察 [編集]

エアロック
専用特性だが、効果はノーてんきと同じ。自分が出ている間、場の全員に対する天候の影響を無効化する。
特に晴れによるこだいかっせいの発動を封じられるのは大きく、禁伝環境では相手が晴れ始動ポケモンと組んでいる場合、
古代パラドックスポケモンがあまりブーストエナジーを持っていないため、特にハバタクカミトドロクツキのSブーストを抑制可能。
(データ上シングルバトルではハバタクカミのブーストエナジー所持率が禁伝解禁前後では67.1%から30%台に減少している)
なお、既にこだいかっせいで能力が上昇している場合は後出ししても能力は下がらない点に注意したい。
また、従来の様にカイオーガのしおふきの威力を軽減したり、オーロラベールの展開を阻止したり、すいすい等の特性を発動させなかったりなど恩恵が多い。
天候による技威力や命中率の変動、一部溜め技の即位発動、防御や特防の上昇効果を無くし、砂嵐によるスリップダメージも受けなくなる。
天候に依存したパーティに対して特に有用だが、自身らも天候の恩恵を一切受けられないことは覚えておきたい。
天候を消滅させるわけではないので、天候ターン自体は進行し、自身が場を離れると影響が復活することにも留意。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
ガリョウテンセイ120(180)100BD↓タイプ一致専用技。並程度の耐久が下がるが、強力なメインウェポン。
命中安定で非常に使いやすいため、特殊型においても両刀採用が十分考えられる。
げきりん120(180)100行動固定
+終了後混乱
タイプ一致技。やや扱いづらい物理メインウェポン。フェアリーで止まる。
ドラゴンクロー80(120)100-タイプ一致技。リスクなしだが物足りない威力。げきりんと選択。
ドラゴンテール60(90)90優先度-6
相手交代
タイプ一致技。積み技対策に。
スケイルショット25*2~5
(37*2~5)
90防御↓
素早さ↑
タイプ一致技。みがわり対策。攻撃しつつS補強もできるが、Bが下がる。
期待値は3発。いかさまダイスなら4~5発に。
しんそく80100優先度+2唯一にして強力な先制技。他の禁止伝説ドラゴンにない強み。
じしん100100-一致技を半減・しんそくを無効する鋼に有効で、範囲・命中ともに優れる。
ダブルバトルでは、味方を巻き込むので注意。
ワイルドボルト90100反動1/4唯一の物理電気技。カイオーガなどに刺さる。
ストーンエッジ10080急所率+1氷相手に抜群。4倍狙いでホウオウにも。
いわなだれ7590怯み30%命中安定。りゅうのまいとセットで怯みも狙える。ストーンエッジと選択。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。
ちょうはつされても使えたり、無効化されるタイプが無い点が優れる。
かみくだく80100防御↓20%対エスパー・ゴースト。シャドークローと違いボイスメロエッタにも有効。
シャドークロー70100急所ランク+1威力を考えるとルナアーラバドレックス黒馬ピンポイント。
アイアンヘッド80100怯み30%対妖だが、ダメージは等倍ガリョウテンセイより低い。
相性補完面ではじしんで事足りるため、
耐久維持+積み技無し状態でのハバタクカミ対策を重視する場合や、
アローラキュウコンディアンシーピンポイント。
アローラキュウコン相手には雪補正を無視して殴れる。
かわらわり75100壁破壊壁対策に。サイコファングは覚えない。
たきのぼり80100怯み20%対地・岩。りゅうのまいとの相性が良い。
特性により、晴れ・雨による威力の変動はない。
とんぼがえり70100自分交代新規習得。攻撃しつつ撤退する。こだわり系との相性が良い。
特殊技タイプ威力命中効果解説
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。特殊技では最高火力。
若干命中不安だが、げきりんに比べれば十分扱いやすく、両刀採用の有用性が高い。
いのちのたま持ちC44振りでHP252振りブリジュラス確1。
持ち物無しC特化でも高乱数1(81.3%)。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。命中安定で能力低下も無いが、威力は控えめ。
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致技。命中が不安定だが高威力。
特性により晴れ・雨による命中の変動はない。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。威力は控えめだが命中率が高い。
りゅうのまいかでんじはがあれば怯みの範囲が広がる。
ハイドロポンプ11080-対炎、地面、岩。威力重視で命中不安。ダブルでも扱いやすい。
無補正C252振りいのちのたまでH252振りグラードンを高乱数1発。
特性により晴れ・雨による威力の変動はない。
なみのり90100-対炎、地面、岩。ダブルだと味方を巻き込む点に注意。
特性により晴れ・雨による威力の変動はない。
オーバーヒート13090特攻↓↓両刀型や撃ち逃げに最適。特性により晴れ・雨による威力の変動はない。
だいもんじ11085火傷10%オーバーヒートとの選択。居座り重視ならこちら。
かみなり11070麻痺30%命中が不安定だが高威力。特性により晴れ・雨による命中の変動はない。
10まんボルト90100麻痺10%同上。命中安定。
だいちのちから90100特防↓10%対鋼岩電。飛行技との相性補完に優れる。
れいとうビーム90100凍り10%ドラゴンにしては珍しい氷技。同族やランドロスなどに。
ふぶき11070凍り10%高威力だが命中不安。特性により雪での命中補強もできない。
こごえるかぜ5595素早↓100%追加効果が優秀。ダブルで味方も速くしたいなら。
エナジーボール90100特防↓10%カイオーガグラードンに。くさむすびは覚えない。
きあいだま12070特防↓10%鋼や岩に。H252振りディアルガにいのちのたま以上なら確1。
メテオビーム12090溜め技
特攻↑
対炎、飛行。数少ない特攻上昇手段。パワフルハーブ前提。
ハイパーボイス901002体攻撃身代わり貫通技。対グライオン。ノーマルテラスすれば負担をかけられる。
テラバースト80<120>100タイプ変動テラスタル時にタイプが変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
変化技タイプ命中解説
りゅうのまい-速度と火力の補強になる。全抜きを狙うなら。
つるぎのまい-素早さより攻撃に重点を置くなら。しんそくとあわせて。
ビルドアップ-能動的に防御力を上げる数少ない選択肢。ガリョウテンセイとの相性は悪い。
でんじは90高速アタッカーの弱体化に。ただしアタッカーの場合は技スペースが足りない。
おいかぜ-4ターンの間、味方の素早さを強化。サポート用。
みがわり-シングルで相手の交代を読んで様子見に。
ステルスロック-でんじはと併せた起点作りに。
ほえる-不利対面の解消や相手の積み技対策に。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
げきりん
ドラゴンクロー
スケイルショット
りゅうせいぐん
りゅうのはどう
一致技及び最大火力を強化し、電気対面やステルスロックの耐性を強化。
ガリョウテンセイ
ぼうふう
エアスラッシュ
通りの良い飛行技を強化。
ドラゴン・フェアリー弱点が消える代わりに、電気が弱点になる。
しんそく
ハイパーボイス
カイリューより強力なしんそく使い。
ギラティナ黒馬バドレックス対策の悪・ゴースト技もあるとよい。
オーバーヒート
だいもんじ
かえんほうしゃ
テラバースト
弱点と火傷対策。鋼テラスタルしたドラゴンにも。
ただし地面耐性はなくなり、岩が一貫する。
シャドークロー
テラバースト
レックウザやアルセウスのしんそく無効。
アイアンヘッド
テラバースト
弱点をすべて半減。
たきのぼり
ハイドロポンプ
なみのり
氷を半減し、他の弱点も等倍、炎と水の耐性も維持。連撃ウーラオスに。
じしん
だいちのちから
ミライドン意識。H4振り程度なら補正なしA252じしんで確1。氷が一貫する。
ワイルドボルト
かみなり
10まんボルト
補正なしA252ワイルドボルトでH4カイオーガを確1。麻痺無効。
テラバースト伝説に多いドラゴン対策に。鋼テラスタル対策の地面・炎技もあると尚良い。
かわらわり
きあいだま
テラバースト
岩半減だが、フェアリーが一貫する。
ストーンエッジ
いわなだれ
メテオビーム
テラバースト
耐性面では鋼に軍配が上がる。
イベルタルは不在で特に撃ちたい相手は多くない。
また、エアロックのせいで砂の特防強化も受けられない。
ステラテラバースト素の耐性を維持しつつ各タイプの技を1回ずつ強化。
技範囲が広く撃ち逃げ向きの技も複数持つ為相性良好。
+  使用率・採用率の低いテラスタル

型考察 [編集]

物理型 [編集]

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252 H4
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/シルクのスカーフ/イカサマダイス/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/ラムのみ
確定技:つるぎのまいorりゅうのまい/ガリョウテンセイ
優先技:しんそく/じしん
選択技:げきりん/アイアンヘッド/たきのぼり/かみくだく/スケイルショット/とんぼがえり
テラスタイプ:ドラゴン/飛行/ノーマル/鋼

一致技やしんそくの威力を強化して戦う。
ノーマルテラスタル+しんそくの威力はカイリューを上回り、一度つるぎのまいを積んでしまえば全抜きも視野に入る。

A252+ノーマルテラス+つるぎのまい+しんそくで無振りコライドンを確1に持っていくには、いじっぱりならシルクのスカーフ以上、ようきなら珠かノーマルジュエルが必要。

特殊型 [編集]

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:CS252 H4
持ち物:いのちのたま/こだわりメガネ/こだわりスカーフ/パワフルハーブ
確定技:ぼうふうorエアスラッシュ/りゅうせいぐんorりゅうのはどう
選択技:だいもんじorオーバーヒート/だいちのちから/なみのりorハイドロポンプ/れいとうビーム/メテオビーム

様々なタイプの特殊技を駆使して戦う。
技のバリエーションは優秀だが、特攻上昇の手段がメテオビーム、じゃくてんほけんしかなく、エアロックにより雨でぼうふうの命中を補えないのが難点。

両刀型 [編集]

性格:せっかちorむじゃき/さみしがりorやんちゃ/おっとりorうっかりや
努力値:S252 A252orC252 H4
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりスカーフ
確定技:ガリョウテンセイ/りゅうせいぐん
選択技:だいもんじorオーバーヒート/じしん/なみのり/しんそく/とんぼがえり

物理竜技・特殊飛行技に癖があるため、扱いやすいガリョウテンセイ・りゅうせいぐんを主軸にしたサイクル戦向きの型。
積み技は上記の物理・特殊に特化した型のほうが扱いやすいため、こちらでは搭載しない。

こだわりスカーフを持たせる場合、準速でもザシアンザマゼンタを追い抜ける。
火力を少しでも上げたいなら性格補正も有用。

カイオーガに後出しも可能であるが、むじゃきの場合C252しおふきは高乱2。相手がスカーフ持ちであれば役割遂行できなくなる。
一方せっかちの場合は先制技のダメージ増が気になるところ。
参考として、剣盾ランクマッチではむじゃきのほうが使用率は高かった。


対レックウザ [編集]

注意すべき点
攻撃・特攻がともに非常に高いため、初見では物理型・特殊型・両刀型の判別がつかない。技範囲の広さも相まって、安易な受けを許さない。
物理型はりゅうのまいやつるぎのまいにより抜き性能を高めることが可能。無対策だと剣舞しんそくでの全抜きをされる危険性も。
エアロックにより砂嵐でタスキを壊せず、天候に頼った戦術は無効化される。
対策方法
氷技で4倍弱点を突く。
氷の先制技をもったパオジアンなどが使えればかなり楽だが、しんそくには注意。
ダイマックス廃止により特殊飛行技の扱いにくくさが顕在化したことやノーマルテラスタルしんそく型の登場により、やけどの有用性は上がっている。
素早さ上昇を逆手にとるトリックルームも有効。タスキ持ちだとより安定。
しんそくでの全抜きに対しては霊・鋼タイプで牽制できる。高速ポケモンに前述タイプのテラスを仕込んでおくのも非常に有効。
また、素の耐久自体は並み程度で禁止伝説としては物理特殊双方低めであり、専用技ガリョウテンセイでさらに耐久は低下しがち。
上記対策と合わせて攻撃をいなしつつ上手く隙をついて処理したい。
スカーフメタモン
りゅうのまいorつるぎのまいの採用率は高いので、スカーフメタモンの採用も候補。
ただしテラスタイプ次第では不利になりかねない点には注意。
また、しんそくの存在やガリョウテンセイの耐久低下状態もコピーしてしまうなど、状況により純粋に打ち負けたり択を強いられる可能性も高い。
できればある程度体力を削った状態で対面させたい。
+  有効な戦術

外部リンク [編集]