テッカニン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

テッカニン 節を編集

No.291 タイプ:むし/ひこう
通常特性:かそく(毎ターン素早さが1段階上がる)※ツチニンのとき「ふくがん」
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)※ツチニンのとき「にげあし」
体重  :12.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
かそくバトンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
テッカニン6190455050160456かそく/すりぬけ
ペンドラー60100895569112485どくのトゲ/むしのしらせ/かそく
バシャーモ80120701107080530もうか/かそく

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

第三世代出身のむし×ひこう複合。合計種族値は低いが、実に3分の1以上を素早さに回した配分が特徴。
素早さ160という全ポケモン中でも群を抜いた数値を持ち、初登場から第七世代まで、長きにわたり一般ポケモン最速を維持してきた。
しかし、今作では新登場したレジエレキの素早さ200に大きく水をあけられてしまい、アイデンティティに影が差している。

とはいえ、テッカニンは特性かそくにより素早さを更に伸ばすことができ、S無補正でも44だけ振っておけばS+1で最速レジエレキを追い抜ける。
火力・耐久に難があるのは相変わらずとはいえ、テッカニン最大のお家芸であるバトンタッチも健在であり、今も加速バトンの代名詞的存在であり続けている。

今作で本人が剥奪された有用な技はバトン用のつめとぎ程度。はねやすめ、どくどくの剥奪はもともとの低耐久もあって然程痛くは無いだろう。
アクロバット、はいよるいちげき、ダブルウイングといった優秀な技を複数習得したが、攻撃は然程高くなく、アクロバットはともかく他は技の威力も控えめ。
ダブルウイングはダイジェットにするとひこう技最大火力になるのだが、元があまりに高速なのでダイジェットの恩恵は大きくない。
高い素早さと相性の良いとんぼがえり、いのちがけは引き続き習得可能なので、今世代においても偵察・バトンを軸にする運用は変わらない。

第八世代では高速ポケモンのドラパルトがトップメタとなり、高速ポケモンの素早さインフレは更に激化。
準速だと最速ドラパルトに初動で追い抜かれ、必然的にドラパルトを意識した調整の他のポケモンにも抜かれてしまう。
ダイマックス技がまもる貫通、元が紙耐久なので大きく削られやすい。更に天候起動が容易になったことですいすい等も発動しやすくなった。
相対的にではあるが、環境的にかそくバトンの必然性はやや薄れており、成功率も低下傾向にある。
プラス要素として、ダイマックスの追加によりあなをほるがダイアースに。特防を上昇させつつはがねへの有効打として活用可能。

BDが非常に低いので耐久に努力値を回す場合、Hに振りすぎると耐久指数に無駄が出る。
一例として、努力値をAかSに振りきった余り252または256を振り分けるなら、H124残りBDと振るのが最も硬くなる。
尤も、どの道紙耐久であることには変わりなく、いのちがけを採用するならば極振りも普通に候補。
なお極振り、および124振りはどちらも実数値が8nとなるので、ステロなどを考慮すると更に調整が必要。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

かそく
テッカニンの要。圧倒的な素早さ種族値を誇っても素早さインフレの激しい現環境における採用価値は高い。
それなりにターンがかかれば積み技やおいかぜ、こだわりスカーフをもってしても敵わない素早さになる。
他のかそく持ちや天候エースにも先手を取れるものの、先制技やトリックルームには注意。
すりぬけ
隠れ特性。素早さが十分、もしくはアタッカー型なら一考。まもる読みのみがわり・リフレクターを貫通できる。
つるぎのまいとあわせれば高い攻撃性能を得られる。但し「ばけのかわ」を貫通することはできない。
また、どくどくが過去作限定となってしまったのは残念。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
きゅうけつ80(120)100HP吸収1/2タイプ一致技。回復効果付きだが、いのちがけのHP確保には厳しい。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。不利対面回避に。
はいよるいちげき70(105)90C↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
ダブルウイング40(60)*290-タイプ一致技。みがわりに強く扱いやすいがたまに外れる。
アクロバット55/110
(82/165)
100-タイプ一致技。持ち物が無い時威力2倍。タスキと好相性。
つばめがえし60(90)必中-タイプ一致技。状況に左右されず安定。高い素早さでトドメにも。
つじぎり70100急所ランク+1対ゴースト。鋼にも等倍。
どろぼう60100持ち物奪取バトン型できのみを食べた後に使用。スキを狙って。
あなをほる80100溜め技対炎・電気・毒・岩・鋼。自身のダイマックスや、相手のダイマックス対策に。
ひこうタイプなので潜ってる間のじしんも怖くない。
じたばた~200100-こらえると併せて。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。怯み狙い。
ギガドレイン75100HP回復1/2ダイソウゲン前提またはDが低めの4倍弱点ピンポイント。
ソーラービーム120100溜め技ダイソウゲン前提または晴れで。
シャドーボール80100特防↓20%ダイホロウ前提。
りんしょう60/120100身代わり貫通ダブルでの開始役に。
どろかけ20100命中率↓100%かげぶんしんと選択。
いのちがけ-100自分瀕死最大168ダメージ(4振りサザンドラまで)。先制技に注意。ゴーストには無効。
変化技タイプ命中備考
まもる-様子見や、かそくの発動に。乱用、ダイマックス技に注意。
みがわり-補助技対策や、かそくの発動に。音技や連続技に注意。
バトンタッチ-かそくや積み技、みがわりとあわせて。
つるぎのまい-攻撃を強化。抜き性能の向上に。自身にもバトンにも有用。
かげぶんしん-回避率補強。重ねがけしないと効果は薄い。主にバトン用。
にほんばれ-天候始動・上書きに。あまごいは覚えない。
いやなおと85身代わり貫通。サポート用
こらえる-相手依存だがじゃくてんほけんを発動させつつかそくできる場合がある。じたばたとの併用も。
自身の強化はつるぎのまいで十分なため、バトン用やダイマックス枯らし用。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイワームきゅうけつ130(195)相手:C↓一致技。特攻低下がうまく作用すれば不一致抜群程度なら耐える。
とんぼがえり120(180)
ダイジェットダブルウイング130(195)味方:S↑一致技。使えば加速も相まって前人未到のすばやさに。
アクロバット110(165)
つばめがえし
ダイナックルいのちがけ100味方:A↑特殊技のみ。追加効果で攻撃アップ。バトンタッチ用。
ダイスチルメタルクロー110味方:B↑対妖岩氷。防御アップが美味しい。
ダイアースあなをほる130味方:D↑対炎電毒鋼岩。呼ぶ相手にピンポイントで刺さる。特防アップも美味しい。
ダイアークつじぎり120相手:D↓対霊。特防低下で後続のサポートに。
ダイホロウシャドーボール130相手:B↓対霊。防御低下で後続のサポートに。
ダイソウゲンソーラービーム140場:GFグラスフィールド展開で後続のサポート。
自身は恩恵を受けられないので注意したい。
ダイアタックきりさく120相手:S↓等倍範囲の広い技。追加効果はS低下だが抜く相手がいない。
ダイウォール変化技-まもるダイマックス技から通常時のバトンタッチに繋ぐ際の時間稼ぎ。
ほか、かそくの発動やシンプルに守りの手段としても。

型考察 節を編集

剣舞バトン型 節を編集

特性:かそく
性格:ようき/いじっぱり/わんぱく
努力値:HBS調整 残りA
持ち物:きあいのタスキ/ひかりのこな/じゃくてんほけん
確定技:つるぎのまい/みがわりorまもる/バトンタッチ
選択技:きゅうけつ/とんぼがえり/つばめがえしorダブルウイング/いのちがけ/にほんばれ/かげぶんしん/こらえる

かそくや積み技による能力上昇をバトンタッチする、テッカニンのメジャーな型。
バシャーモペンドラーが解禁され同一の戦法をとれるようになった。
強力なストッパー性能を持つミミッキュに対し、とんぼがえりでばけのかわを剥ぎつつ撤退できるのも強み。

ダイマックスバトン型 節を編集

特性:かそく
性格:ようき/いじっぱり
努力値:H252or244 A252or236 残りS
持ち物:いのちのたま/じゃくてんほけん/ひかりのこな/ラムのみ
確定技:バトンタッチ/いのちがけorメタルクローorあなをほる(両立可)
選択技:きゅうけつ/とんぼがえり/つばめがえしorダブルウイング/まもる

かそくとダイマックス技による能力上昇をバトンタッチする、ダイマックスを活用した型。
従来の剣舞バトンと異なり、攻撃しながら積むことができる。
ダイマックス前程なので、足りない耐久はHP上昇でカバーでき、
ダイスチル(B↑)やダイアース(D↑)は、じゃくてんほけんとの相性がよい。
一致技との補完にも優れるので、バトンせずそのまま殴るのもあり。
いのちがけはダイナックル(A↑)としても、HP振りを活かした奇襲としても使える。

バトン先エースの選択肢は広いようで狭い。
ダイマックスを必要とせず、ABD+S上昇を活かせ、かつ相性の良いポケモンとなるとウオノラゴンパッチラゴンあたりか。
DSアップをバトンしたいなら同複合のバタフリーもちょうのまいバトンを使えるが、ダイマックスの有無や攻撃性能の違いから全くの別物といえる。

ダイワームは積み技ではなく、ダイジェットは素早さが過剰になりがち、まもるはダイウォールで代用できる為、
タイプ一致技やまもるは入りづらいが、一応候補に。

努力値は、H244でHP奇数、いじっぱりA236でA11n、ようきS20振りで130族抜き。

物理アタッカー型 節を編集

特性:かそく/すりぬけ
性格:いじっぱり
努力値:A252 S調整 残り耐久
持ち物:いのちのたま/こだわりハチマキ/きあいのタスキ/ラムのみ
確定技:つばめがえしorアクロバットorダブルウィング
攻撃技:きゅうけつ/とんぼがえり/いのちがけ/つじぎり/あなをほる
補助技:バトンタッチ/つるぎのまい/まもる

圧倒的な素早さとかそくにより、先制技以外ではまず抜かれない。
準速全振りでは素早さ140族抜きの初速度が出せる。ようりょくそ持ちを上から叩ける。

攻撃種族値、技の威力ともに低いので、持ち物やつるぎのまいで補強したい。
まもる読みで相手が攻撃してこないことも多く、舞うチャンスはある。
すりぬけならみがわりやリフレクターを張られても貫通できる。

晴れ始動型 節を編集

特性:かそく/すりぬけ
性格:ようき
努力値:S252 HA調整
持ち物:あついいわ
確定技:にほんばれ/バトンタッチorとんぼがえりorいのちがけ(複数両立可)
選択技:きゅうけつ/つばめがえし/むしくい/まもる

ちょうはつに妨害されにくい始動役。いたずらごころには注意。
使用後はバトンタッチやいのちがけで撤退できる。


対テッカニン 節を編集

注意すべき点
圧倒的素早さと特性かそくにより、先手を取られるのは必至。
バトンタッチやとんぼがえりで撤退されると仕留めるのは困難。
いのちがけで思わぬダメージを受けることも。
対策方法
一致技半減の鋼タイプや、いのちがけ無効のゴーストタイプ。
かそくを発動されても、先制技やいたずらごころ持ちなら抜かれず、トリックルームを仕掛ければ逆効果にできる。
バトン対策にはほえる・くろいきり・のろい等が有効。耐久力がかなり低いため、先制技持ちであればバトンされる前に倒せることも。
ダイロックを撃ち込めば交代されていない場合確実に潰せる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ツチニンテッカニン
-1かげぶんしん--ノーマル変化15
-1いやなおと-85ノーマル変化40
-1れんぞくぎり4095むし物理20
-1バトンタッチ--ノーマル変化40
-1つばめがえし60-ひこう物理20
151どろかけ20100じめん特殊10
251メタルクロー5095はがね物理35
401あなをほる80100じめん物理10
11すなかけ-100じめん変化15
11ひっかく40100ノーマル物理35
51かたくなる--ノーマル変化30
101みねうち40100ノーマル物理40
-15こうそくいどう--エスパー変化30
-*かげぶんしん--ノーマル変化15*進化時
-*いやなおと-85ノーマル変化40*進化時
-*れんぞくぎり4095むし物理20*進化時
2123すいとる20100くさ特殊25
-29むしくい60100むし物理20
3036みだれひっかき1880ノーマル物理15
3543こころのめ--ノーマル変化5
-50きりさく70100ノーマル物理20
-57つるぎのまい--ノーマル変化20
-64シザークロス80100むし物理15

過去世代

3rd
~XY
OA7th備考
ツチニンテッカニンツチニンテッカニンツチニンテッカニン
-----1かげぶんしん
-----1れんぞくぎり
-----1いやなおと
-1*-1-1むしくい*DP以降
111111ひっかく
111111かたくなる
-1-1--きゅうけつ
-----1すいとる
-1-1-1すなかけ
5555--きゅうけつ
----55すいとる
999999すなかけ
141413131313みだれひっかき
31-17-17-どろかけ
-38-17-17こうそくいどう
38-21-21-メタルクロー
-20-20-かげぶんしん
-20-20-れんぞくぎり
-20-20-いやなおと
-31-23-23きりさく
191925292529こころのめ
--29-29-がまん
25-33-33-みねうち
-45-35-35バトンタッチ
45-37-37-あなをほる
-25-41-41つるぎのまい
-52*-47-47シザークロス*DP以降

※進化したときに覚える。

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技11ソーラービーム120100くさ特殊10
技15あなをほる80100じめん物理10
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技21ねむる--エスパー変化10
技23どろぼう60100あく物理25
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技28ギガドレイン75100くさ特殊10
技32すなあらし--いわ変化10
技34にほんばれ--ほのお変化5
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技56とんぼがえり70100むし物理20
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技78アクロバット55100ひこう物理15
技94みねうち40100ノーマル物理40
技95エアスラッシュ7595ひこう特殊15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15剣盾使用不可
技19はねやすめ--ひこう変化10
技21やつあたり-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技27おんがえし-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技32かげぶんしん--ノーマル変化15LV
技40つばめがえし60-ひこう物理20LV
技45メロメロ-100ノーマル変化15
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技76むしのていこう50100むし特殊20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
第4世代まで
技62ぎんいろのかぜ60100むし特殊53rd~7th:タマゴ
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化157th:教え

タマゴ技 節を編集

3rd4th5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
かぜおこし40100ひこう特殊35
つじぎり70100あく物理15
むしくい60100むし物理20Lv
いのちがけ-100かくとう特殊5
じたばた-100ノーマル物理15
こらえる--ノーマル変化10技レ26
だましうち60-あく物理20×
ぎんいろのかぜ60100むし特殊5×/4th:技62
むしのさざめき90100むし特殊10技レ61

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ダブルウイング4090ひこう物理10
はいよるいちげき7090むし物理10

過去世代

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15技マ24
うらみ-100ゴースト変化10
さわぐ90100ノーマル特殊10技レ35
HSむしくい60100むし物理20Lv
ギガドレイン75100くさ特殊10技マ28
きりばらい--ひこう変化15
とぎすます--ノーマル変化30
FL/Emつるぎのまい--ノーマル変化20Lv
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね--ノーマル変化10
みがわり--ノーマル変化10技レ20
Emこらえる--ノーマル変化10技レ26
Emどろかけ20100じめん特殊10Lv
E/XDいばる-85ノーマル変化157th:技87
Emねごと--ノーマル変化10技レ27
Emスピードスター60-ノーマル特殊20技マ40
Emれんぞくぎり4095むし物理20Lv
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
エアカッター6095ひこう特殊25
HSいとをはく-95むし変化40
はねやすめ--ひこう変化107th:技19

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技00つるぎのまい--ノーマル変化20
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技18きゅうけつ80100むし物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技29バトンタッチ--ノーマル変化40
技33シャドーボール80100ゴースト特殊15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技60シザークロス80100むし物理15
技61むしのさざめき90100むし特殊10

遺伝 節を編集

タマゴグループむしグループ
孵化歩数4080歩
性別♂:♀=1:1
進化条件ツチニン(Lv.20)→テッカニン
分岐進化ヌケニン

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
いのちがけレベルアギルダー系統
かぜおこしレベルバタフリー/ミツハニー♂/ウルガモス
じたばたレベルイワパレス系統/シュバルゴ系統
つじぎりレベルドラピオン系統
むしくい自力テッカニンLv1