イルカマン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

イルカマン 節を編集

No.934 タイプ:みず
特性:マイティチェンジ(引っ込めるとマイティフォルムに変化する)
体重:60.2kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
イルカマン(ナイーブ)10070725362100457マイティチェンジ
イルカマン(マイティ)1001609710687100650マイティチェンジ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第九世代で登場した単みずタイプのポケモン。
元の状態ではHPと素早さ以外だいぶ控えめな種族値だが、一度引っ込むと特性「マイティチェンジ」によりスーパーヒーローになって戻ってくる。
フォルムチェンジ後の物理攻撃力は今作に登場するポケモンではトップタイになり、ケッキングと同等の160まで上昇する。
FCする単みずタイプという点でヨワシに近いが、向こうとは違いフォルムチェンジ後の種族値バランスが良好で、さらにHPが減っても解除されることが無い。
一方で、登場瞬時に特性が発動しFCするあちらと違い、こちらは一度交代するという工程を挟む必要があり、相手に1ターン渡すデメリットがある。
それでもクイックターンを習得するおかげで、タスキを削りつつFCできるため、覚えさせておけば完全に1ターン無駄になるというわけではない。

攻撃種族値160から放たれる一致ウェーブタックルは圧巻の威力。反動でHPは削られるが、HPも高めなため相性自体は悪くない。
専用技のジェットパンチは強化版アクアジェット。先制で威力60(一致補正込みで90)の水技を叩き込めるのでこちらも強力な一手。
ただし、水技以外の火力は思ったほどは出ず、サブウェポンも氷、闘、超、竜、鋼と選択肢はそこまで多くは無い。
水技を止められるときつくなるので、できるだけ水の一貫性を作ってから大暴れさせたいところ。

一応特攻も106まで上昇するため特殊型も無しではないが、自身でCを上げる積み技を覚えないこともあり、
意表を突く目的でなければ他の特殊型水ポケモンを使った方が無難か。



特性考察 節を編集

マイティチェンジ
隠れ特性は無くこれのみ。
一度引っ込むとマイティフォルムにチェンジして種族値が大幅に強化される。
一度発動すれば、以降はマイティフォルムのままなのでもう一度引っ込む分には問題なし。
発動後は実質特性無しで戦わないといけなくなる点は留意。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
クイックターン60(90)100交代タイプ一致技。マイティチェンジの発動用に。
ジェットパンチ60(90)100優先度+1タイプ一致専用技。アクアジェットより高威力。
たきのぼり80(120)100怯み20%タイプ一致技。性能安定。怯みも狙える。
アクアブレイク85(127)100防御↓20%タイプ一致技。性能安定。
アクアテール90(135)90-タイプ一致技。命中率が若干不安。
ウェーブタックル120(180)100反動1/3タイプ一致技。高威力だが反動に注意。
れいとうパンチ75100凍り10%安定のサブウェポン。
アクロバット55/110100-消費アイテム必須。
ダブルバトルでじゃくてんほけんを持たせる場合は味方のほうでんによって能動的に発動できる。
インファイト120100BD↓火力・命中共に申し分ないが、耐久が下がる。
ドレインパンチ75100HP吸収回復効果付き。ビルドアップと相性が良い。ウェーブタックルの反動のケアにも。
きあいパンチ150100優先度-3かなりの威力だが読みが必要。
消費アイテムを使えば、同時にアクロバットの威力を上げられる。
きしかいせい20~200100残HPで威力変化きあいのタスキと併せて。
しねんのずつき8090怯み20%怯みも狙える。
アイアンヘッド80100怯み30%フェアリー対策に。怯みも狙える。
げきりん120100行動固定
+混乱
やや扱いづらい。フェアリーで止まる。
のしかかり85100麻痺30%性能安定。麻痺も狙える。
からげんき70/140100状態異常で威力倍火傷や麻痺対策に。
テラバースト80<120>100-テラスタル時にタイプが変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
カウンター-100優先度-5きあいのタスキと併せて。自身の素早さや先制技と相性が良い。タマゴ技。
特殊技タイプ威力命中効果解説
ハイドロポンプ110(165)80-タイプ一致技。高威力・命中不安。
なみのり90(135)100-タイプ一致技。性能安定だが、ダブルバトルでは味方を巻き込む。
ひやみず50(75)100攻撃↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
ふぶき11070凍り10%高威力だが命中不安。
れいとうビーム90100凍り10%性能安定。
こごえるかぜ5595素早さ↓100%追加効果が優秀。
ばくおんぱ140100みがわり貫通ダブルでは周囲全体攻撃。タマゴ技。
ハイパーボイス90100みがわり貫通ダブルでぼうおんテレパシー持ち以外の味方を巻き込みたくない場合にのみ採用。
はどうだん80必中-対鋼。
きあいだま12070特防↓10%高威力・命中不安。
くさむすび20~120100-対水。
ドレインキッス50100HP吸収3/4回復量が多い。特殊技だが接触技である点に注意。
変化技タイプ命中解説
てだすけ-ダブルバトル用。味方の火力を補助。
アンコール100後続のサポートや自身の特性の発動のチャンスを作る。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。HP吸収技と合わせたビルドレイン戦法も。

テラスタル考察 節を編集

タイプ主な技解説
解説
解説
ウェーブタックル
ジェットパンチ
タイプ一致補正が1.5から2倍に。
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説

型考察 節を編集

型名 節を編集

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:
※確定技・選択技の候補はスラッシュ(/)で区切る。ただし、基本的に同時に覚えさせない、覚えられない技同士はorで区切る(例:なみのりorハイドロポンプ)
※技の選択肢が複数ある場合、なるべく優先したい技が左にくるよう並べるのが望ましい

アタッカー型 節を編集

サポート型 節を編集


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ポケモン名 節を編集

注意すべき点
このポケモンを相手にするときに注意すべき点を記載
対策方法
このポケモンの対策方法を記載

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

9th威力命中タイプ分類PP備考
シンカ1シンカ2シンカ3
111技名00ノーマル物理0
---バレットパンチ40100はがね物理30

遺伝 節を編集

タマゴグループ陸上/水中2
孵化歩数----歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ナミイルカ(マルチプレイ+Lv38)→イルカマン

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
カウンターレベルケッキング系統/ルカリオ/ルガルガン(夕)/バンバドロ系統/エースバーン系統/ヨクバリス系統/コノヨザル
ばくおんぱレベルゴリランダー/ノココッチ