ガブリアス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ガブリアス [編集]

No.0445 タイプ:ドラゴン/じめん
通常特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:さめはだ(接触技を受けると相手に最大HPの8分の1のダメージを与える)
体重  :95.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ガブリアス108130958085102600すながくれ/さめはだ

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/どく/いわ
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

攻撃面の一貫性に優れたじめん×ドラゴン複合タイプを持つ、第四世代出身の600族。
攻防速の揃った優秀なステータスに加え、豊富な技の選択肢も併せ持った同世代を代表する物理エース。
世代ごとに多少の変化はあれど、扱いやすさも兼ねた基本スペックの高さから常に一定以上の採用率を維持し続けている強豪である。
第四~第六世代の10年もの間、シングル対戦環境のトップに君臨していたことは特筆に値する。

第九世代ではフライゴンがいないため固有タイプであり、タイプ面でも替えが利かないポケモンとしての地位を確立。
一致技を双方半減以下にするポケモンはアーマーガアふゆうドータクンどしょくミミズズのみということもあり、総じて強力なポケモンであることは間違いないが、一致技に双方とも無効相性が存在し、また変化技をほとんど覚えずアタッカー以外の役割はこなしにくい点、及びこおりが4倍弱点である点が短所として挙げられる。
特にじめんタイプの技を無効に出来る特性持ちにフェアリーテラスタルされるだけで一致技両方が封印されてしまうのは問題である。
ドラゴン及び600族の中では耐性もそれほど優れてはいないので、基本的に耐性など気にせず絶妙な素早さにとことん頼る必要が出てくる。
スケイルショットを覚えられなくなった上、マシン技となってもなお相変わらずりゅうのまいを習得できないため、自力で素早さを強化する事が出来なくなったのは痛手。
一方で、ドラパルト等の一部の超高速ポケモンは点在するものの、環境全体の素早さが落ち着いたため、環境上位にガブリアスより速いポケモンが少なくなり、S102を生かしやすくなったのは嬉しい。

氷物理連続技のトリプルアクセルは第九世代では覚えるポケモンがいないためヤチェやタスキを貫通される心配はなくなったが、新たな氷物理技のアイススピナーが登場したこと、また氷テラスタルからのテラバーストなど、前作以上に不意の氷技が飛んできやすくなった。
不意を突かれてもケアできるヤチェやタスキの重要度は増したといえよう。
一方で自身もテラスタルを使用することで耐性を覆すこともでき、元々の一致等倍範囲の広さから種族値の暴力を押し付けやすくなっている。
耐性を覆す鋼や炎もいいが、テラスタルにするならいっそドラゴンにして、電気無効がなくなる(それでも半減だが)代わりに水・草も受けられ、氷4倍を消しつつドラゴン技を強化させる使い方がベターか。
岩・毒の耐性が消えるが、毒のアタッカーは元々少なくマイナスは実質岩だけなので、元の役割対象をあまり損なわずに受け出す事も可能になるだろう。



特性考察 [編集]

すながくれ
通常特性。天気がすなあらしのときに受ける技の命中率が0.8倍になる。
ひかりのこなを合わせると相手の命中率が0.72倍に。
運に左右されるが、行動の価値が高いガブリアスであれば採用圏内。
素の耐久指数も高めなので、こおり技でなければ相手の技を避ける機会も増える。
ダイロックで攻撃しながら特性発動、という流れは取れなくなったため、前作よりは扱いにくくなっている。
一応、すなあらしのダメージを無効にする効果もある。テラスタルでじめんタイプを失っても平気。
さめはだ
隠れ特性。接触技を受けた際に相手に割合ダメージを与える。
受動的ではあるが、物理アタッカーに対し優位に立ちやすくなり、ほとんどの先制技も牽制できる。
仮想敵以外にも思わぬ勝ち筋を引き寄せることが多く、基本的にはこちらが優先。
トレースには注意。とはいえ現在のトレース持ちはサーナイトのみなので被弾がかさむ機会は少ない。

技考察 [編集]

攻撃技タイプ威力命中効果解説
じしん100(150)100-タイプ一致技。高威力・広範囲。ダブルでは周囲全体攻撃。
じだんだ75/150
(112/225)
100-タイプ一致技。主にダブルでの単体攻撃用に。グラスフィールド下で半減されない。
ドラゴンダイブなどの技が外れたり無効にされた後には高火力。
すなじごく35(52)85-拘束技。ガブリアスに有利なポケモンをキャッチし、テラスタルで相性を覆し起点にするなど。
げきりん120(180)100行動固定タイプ一致技。行動固定が痛い。フェアリーに起点化される恐れも。
ドラゴンクロー80(120)100-タイプ一致技。デメリットは無いが威力不足。基本的にはげきりんが使いづらいダブル用。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。命中安定。
いわなだれ7590怯み30%S振りやこだわりスカーフなら怯みを狙える。ダブルでは相手全体攻撃。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対虫・飛行。地面定番のサブウェポン。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
炎4倍の鋼や鋼/飛行への打点。
どくづき80100毒30%対草・フェアリー。2倍では等倍じしんと大差無い。
ダブルなら単体2倍どくづき>複数等倍じしん
アイアンヘッド80100怯み30%対フェアリー。S振りやこだわりスカーフなら怯みを狙える。
アクアブレイク85100防御↓20%新規習得。対地面。メインの地面技と範囲が被りがち。
テラバースト80<120>100-自身のテラスタルのタイプに変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-攻撃を強化。きあいのタスキやみがわりとあわせて。
ステルスロック-サポート用。がんせきふうじやほえるとあわせて。
まきびし-サポート用。ステロまきびし、さめ肌の強い起点作成。
みがわり-補助技対策。
+  採用率の低い技
ほのお技について
主な仮想敵となるのはアーマーガアどしょくミミズズなどの地面が通らない鋼。
つるぎのまいで補強できるほのおのキバか、非接触のだいもんじ・かえんほうしゃからの選択。
 

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
のしかかり すてみタックルかげうちを持つミミッキュなどゴーストを強く意識するなら選択肢になり得るが基本的に候補外。弱点を突かれる要因になりやすい。
ほのおのキバ だいもんじやけど無効、こおり・フェアリー半減。威力不足になりがちな炎技の威力も補える。アーマーガアハッサムに。
アクアブレイク なみのり氷半減。弱点の電気・草は呼びにくく、来ても地震や炎技が刺さる。テラスタル前にも刺さるフリーズドライ持ちには要注意。
かみなりのキバまひ無効になるがもともと地面複合ででんじはをはじめとするまひ技は受けにくく、恩恵は小さい。
テラバーストで苦手なマリルリアーマーガアヘイラッシャに打点を持てる。
粉技無効はありがたいが、氷弱点は消えずそのほかの耐性も微妙。最近は草タイプも虫技を覚えている。
テラバーストミラーや4倍相手を強く意識するなら。だが基本的には2倍竜技で事足りる。
かわらわり氷相手に強いがフェアリーに弱いのは変わらないため注意。
どくづき対フェアリー。はがねと違いかくとう半減だが、自身がもともと持っていた耐性と特に相性が良いわけではない。
じしん・じだんだメインウエポン強化とドラゴンとしての弱点を消せる。水が抜群になるので注意。
解説
解説
解説
がんせきふうじ いわなだれ ストーンエッジサブウェポンの火力補強。耐性は劣化しがち。
シャドークローすばやさを補強できず先制技も習得できないガブリアスの天敵であるマッハパンチやしんそくといった先制技を無効化する。ただしかげうちに弱くなる。
げきりん・ドラゴンクロードラゴン技の火力を強化したいなら。耐性も実質ドラゴン・地面の強化版になる。弱点のメリットはまずまずと言った所。ただし強力な分無効化されやすい。
かみくだくいたずらごころ無効。
アイアンヘッド弱点だった竜、氷、妖を半減しつつサブの鋼技の威力も上がり有利不利が逆転する。強力ではあるが竜→鋼へのテラスタルは読まれやすい。フェアリーのまま対戦されてもマジフレ持ちが多い。(ニンフィアはマジフレ剥奪)
ドラゴン同士のミラーに強くなる。毒、鋼は地面技の通りが良いので呼びにくく相性は悪くない。テラバーストの必要性は低め。

型考察 [編集]

基本アタッカー型 [編集]

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:AS252 BorD4
持ち物:ヤチェのみ/きあいのタスキ/こだわりハチマキ/ラムのみ/いのちのたま
確定技:じしん/げきりん
選択技:がんせきふうじorいわなだれorストーンエッジ/ほのおのキバ/どくづき/アイアンヘッド
変化技:みがわり/つるぎのまい/ステルスロック

一般的なアタッカー型ガブリアス。高い素早さと威力・範囲共に優秀な一致技が武器。
相手にフェアリーがいるならげきりんを撃つタイミングは注意すること。

余った努力値4をHPに振ると実数値が8nの184となる。
やどりぎのタネや拘束技などのダメージが最大になってしまい、非効率なので防御か特防に振ること。

第七世代ではガブリアスのタイプ一致技両方に強い耐性を持つカプ・ブルルの登場により、どくづきの需要が増した。
ただし無補正A振りではH振りカプ・ブルルを確1にできない。
また、地面/ドラゴン/岩/毒という技タイプ構成にするとテッカグヤカミツルギナットレイへの有効打がなくなってしまう。

きあいのタスキ
見えている氷技に対しての保険をかけられる。
明らかに耐えられないとわかっている攻撃に対しても確実に行動できる点は他の耐久上昇アイテムにはない長所。
この持ち物を持たせる場合は、タイマン性能を高めるがんせきふうじや、102族未満への抜き性能が期待できるつるぎのまいの優先度が高まる。
無補正A振りガブリアスのストーンエッジ耐え調整のボルトロスもがんせきふうじで高乱2、がんせきふうじ→げきりんで確定撃破。ラス1同士などの場面は安定行動にできる。
ラムのみ
汎用アイテム。げきりんの混乱や、相手の状態異常技による機能停止を防げる。
ミストフィールドと異なり、ドラゴン技が妨害されないのが利点。
特に「あくび」にはあくびを使わせるターンと、あくびが「うまくきまらなかった」になるターンの2ターン分アドを取れる。

こだわりスカーフ型 [編集]

特性:さめはだ
性格:ようきorいじっぱり
努力値:AS252 BorD4/A252 素早さ耐久調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:げきりん/じしん
選択技:がんせきふうじorいわなだれorストーンエッジ/ステルスロック/アイアンヘッド/どくづき/ねごと

素早さ種族値で負けるポケモンとの対面を制する目的で採用するアイテム。
終盤の全抜き性能も高い。火力補強のために性格いじっぱりも選択肢に入る。
ただし禁止級をランクマッチで使う現在、ようきA252振りのじしんでは無振りザシアンを確1にできない。
A200(いじっぱり252振り)のじしんでザシアンを100~119%のぴったり確1。
(耐久に振ったザシアンも多いが、参考までに)
Sランク+1の相手を死に出しから処理する場面もあるため、ようきも捨てがたい。
第6世代以前はいじっぱりが基本だったが、素早さインフレにより現在はようきの個体が多く占めている。
カプ・コケコアーゴヨン等、刺さる相手が多く採用率が伸びているが、それゆえに読まれやすいので注意。

ステルスロックは余裕のある序盤に撃ち逃げする。
使用後は必ず引かなければならないデメリットはあるが、サイクル戦で岩抜群ポケモンの繰り出し回数を制限できるため有用。

起点作り型 [編集]

特性:さめはだ
性格:ようき/むじゃき
努力値:S252 AorC252(りゅうせいぐん採用時)
持ち物:きあいのタスキ/でんきだま
確定技:じしん/ステルスロック/なげつける(でんきだま時)
優先技:がんせきふうじ
選択技:げきりんorりゅうせいぐん/だいもんじ

スタンダードな起点作り型。
素早いじめんタイプの起点作り役としてはランドロスダグトリオもいるが、
前者にはS種族値、後者には耐久で勝っており、役割破壊の特殊炎技・特殊竜技がある。

トップメタだった時期はやや奇襲的な型だったが、環境の推移によりアタッカーとしての採用が落ちてきてからは
「カバルドンより高い特殊耐久でサンダーより素早い」という独自の立ち位置故にこの型の需要が増えている。

【ダブル】基本アタッカー型 [編集]

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/ゴツゴツメット/ヤチェのみ/こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/いのちのたま
確定技:ドラゴンクロー/じしんorじだんだ
選択技:いわなだれ/ほのおのキバ/まもる/つるぎのまい/どくづき

ダブル用のアタッカーの基本型。

ドラゴン技
ダブルのげきりんは対象がランダムなため、まもるを使った相手やフェアリーに無駄撃ちする危険がある不安定なわざとなる。
ドラゴンクローなど威力が劣るが扱いやすい技が選択されるのが基本。
ドラゴンクロー:威力80・命中100。威力が物足りないが命中安定技。PGL統計よりドラゴン技の中では最も採用率が高い。
なお、ダブルのみがわりは攻撃を重ねられると無力のためマイナー気味。
その為ダブルチョップは候補外。
じしん
こちらも味方に当たる・威力が下がるデメリットがあり、ダブルでは使いにくい技。
グラスフィールドやワイドガードにも弱いのも難点。
じだんだ
じめんの単体技。威力はダブル補正時のじしんと同じだが、まもる以外で技が外れたり無効化されて失敗した場合は次の威力が二倍になる。
じしんの弱点を克服しているが、接触技なのは注意。霊獣ランドロスは覚えないため、差別化になる点の一つ。
いわなだれ
主に飛行ポケモン・浮いてる炎ポケモン対策。
リザードンサンダーなど多くのメジャーポケモンに刺さるため、持っておきたい。
怯みも狙えるが、じしん諸共ワイドガードで凌がれてしまう点に注意。
まもる
こだわりアイテムでなければほぼ確定なダブルの基本技。
ただしフェイントで貫通されるので注意。

対ガブリアス [編集]

注意すべき点
A130からのタイプ一致げきりん・じしん。高火力かつ相性補完に優れる。
岩・炎などのサブウェポンや、くさ/フェアリー複合対策のどくづきも完備。
持ち物もきあいのタスキやこだわりスカーフなど幅広く受けにくい。
激戦区100族を抜ける素早さを持ち、地面タイプによりでんじは無効。
無振りでもH振りFCロトムを上回るほどの耐久があるため、不一致氷技も調整次第で耐えられる。
速攻アタッカー型が大半だが、ステルスロック撒きも可能。
対策方法
一致技のドラゴン、地面には両方無効タイプが存在する。パーティ構築時点で地面、ドラゴンに一貫性を持たせないようにしておけばよい。
耐性も少なく、後出しもあまり効かないのでほぼ死に出しでしか出られない。
タイマンで勝てるポケモンを複数用意し、釘付けにするのが最善の方法であろう。
相手がつるぎのまいやがんせきふうじを使用してスカーフでないのを確認できたならS102以上のポケモンやスカーフ持ちで弱点を突くか高火力一致技で負担をかけられる。
+  対策可能なポケモン

覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

8th威力命中タイプ分類PP備考
フカマルガバイトガブリアス
--1かみくだく80100あく物理15
-11ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
111すなじごく3585じめん物理15
111たいあたり40100ノーマル物理35
611すなかけ-100じめん変化15
1211りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
181818じならし60100じめん物理20
252727かみつく60100あく物理25
303434きりさく70100ノーマル物理20
364242ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
--*かみくだく80100あく物理15*進化時
425052あなをほる80100じめん物理10
485862すなあらし--いわ変化10
546672とっしん9085ノーマル物理20
607482ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10
+  第7世代
+  折りたたみ

技マシン [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技15あなをほる80100じめん物理10
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技26こわいかお-100ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技32すなあらし--いわ変化10
技33あまごい--みず変化5
技34にほんばれ--ほのお変化5
技36うずしお3585みず特殊15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技43かわらわり75100かくとう物理15
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技49すなじごく3585じめん物理15
技53マッドショット5595じめん特殊15
技59なげつける-100あく物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技68ほのおのキバ6595ほのお物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技94みねうち40100ノーマル物理40
技97ぶんまわす60100あく物理20
技98じだんだ75100じめん物理10
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

過去作技マシン [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15剣盾使用不可
技21やつあたり-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技27おんがえし-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 [編集]

4th5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
たつまき40100ドラゴン特殊204th教え
すてみタックル120100ノーマル物理15
あばれる120100ノーマル物理10
メタルクロー5095はがね物理35
りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20Lv
げきりん120100ドラゴン物理10技レ24
こわいかお-100ノーマル変化10技マ26
すなじごく3585じめん物理15Lv/技マ49
のしかかり85100ノーマル物理15技レ01
アイアンヘッド80100はがね物理15技レ74
HSマッドショット5595じめん特殊15技マ53
ロッククライム9085ノーマル物理20
アイアンテール10075はがね物理15技レ31

教え技 [編集]

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
ねっさのだいち70100じめん特殊10
スケイルショット2590ドラゴン物理20
+  過去世代

技レコード [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
技00つるぎのまい--ノーマル変化20
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技04なみのり90100みず特殊15
技10じしん100100じめん物理10
技15だいもんじ11085ほのお特殊5
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技32かみくだく80100あく物理15
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技57どくづき80100どく物理20
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技76ステルスロック--いわ変化20

遺伝 [編集]

タマゴグループ怪獣/ドラゴン
孵化歩数10240歩
性別♂:♀=1:1
進化条件フカマル(Lv.24)→ガバイト(Lv.48)→ガブリアス
経験値Lv.50 = 156,250
Lv.100 = 1,250,000

遺伝経路 [編集]