ガブリアス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ガブリアス 節を編集

No.445 タイプ:ドラゴン/じめん
通常特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:さめはだ(接触技を受けると相手に最大HPの8分の1のダメージを与える)
体重  :95.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
地面物理HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ガブリアス108130958085102600すながくれ/さめはだ
フライゴン80100808080100520ふゆう
ランドロス(化身)891259011580101600すなのちから/ちからずく
ランドロス(霊獣)89145901058091600いかく

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/どく/いわ
いまひとつ(1/4)---
こうかなしでんき

第四世代出身、じめん×ドラゴン複合の600族。弱点3、半減以下4の安定した耐久を持つ。
高い合計種族値、恵まれた技、優秀な攻撃範囲から、初登場から第六世代まで、シングルにおいてトップメタとして君臨し続けた。
前世代ではフェアリーに押され逆風気味だったものの、それでも一定の採用が見られた。

第八世代ではメガシンカが廃止。とはいえ元々異なる運用がされていたので、実質的に選択肢が減った程度。
同時にカプ神が復帰したものの、フィールドの倍率低下、新たなメタによりカプ・レヒレ以外は採用率が低下気味。
他のフェアリーも第七世代よりは落ち着いており、本人の運用は変わらないまま前世代より動きやすくなっている。
めざめるパワーの廃止に伴い、予想外のところからこおり技が飛んでこなくなったのもプラス要素。電気の一貫切りとしての役割も果たしやすくなっている。
一方で新たなトップメタドラパルトや、環境に合致しているカイリュー等、ドラゴン枠の争奪戦はより激しさを増している。
新たな連続技として相性が最悪のトリプルアクセルが追加され、本人の性能は変わらないが周囲の環境の変化で採用率はやや落ち着いた。
それでも決定的に順位を落としてはおらず、シンプルなアタッカーとしての完成度は相変わらずの高さ。

第八世代ではドラパルト、レジエレキの登場により素早さの二極化は更に開いている一方で、
ウーラオスサンダーといった中速帯にも強豪が集結し、これらを上から叩けるガブリアスの需要は高い。
一致技の等倍範囲が広いのも大きく、サブウェポンも豊富であり、その受けづらさは随一。
ただし、一致技双方に無効タイプがあることはアタッカーとして無視できない欠点。
カプ・レヒレ、ミミッキュランドロスなど未だメジャー級であり、シビアな読み合いを要求されることも多い。

新技としてスケイルショット、ワイドブレイカーを習得。どちらも威力ではなく追加効果に期待する技。
前者は数少ない素早さを上昇させる手段として一定の採用率を誇る一方、後者はガブリアスで採用する意義にはやや欠ける。
アクアテール、つばめがえし、どくどくが剥奪。ダイジェットを使用出来ない点も採用率の低下に関わっているか。
特攻も役割破壊には十分な数値で、じめん等倍以下のはがねに対する有効打としてほのお技を習得するのは相変わらず。

新要素のダイマックスとの相性はなかなか。単純に火力・耐久の底上げにより、アタッカーとしての性能を上昇させられる。
特に癖の強いドラゴン技を安定技として運用できる点が大きく、サブウェポンの命中不安や威力不足も解消される。
特別に役割対象が増加する訳ではないが、元の性能が高い分シンプルに突破力が向上するのが強み。
ただし前述の通りダイジェットは使えず、素早さの補強はスケイルショット頼り。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

どちらもダイマックスに対して非常に相性が悪い。

すながくれ
通常特性。運に依存するので安定はしないが、1回の行動によるリターンが大きいガブリアスなら十分に候補。
第8世代ではダイロックにより、単独で能動的に発動できるようになった。ダイマックス技は全て必中なので注意。
さめはだ
隠れ特性。接触技を受けた際に相手にスリップダメージを与える。トリプルアクセルが接触技なので発動機会はある。
とはいえ倒されることを防ぐことはできず、またダメージ源としては少々不安な数値。
ダイマックス技が非接触というのもあり、採用は砂パ以外、かつ相手の砂にも期待しない場合か。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
じしん100(150)100-タイプ一致技。高威力・広範囲。ダブルでは周囲全体攻撃。
げきりん120(180)100行動固定タイプ一致技。行動固定が痛い。フェアリーに起点化される恐れも。
スケイルショット25*2~5
(37*2~5)
90防御↓素早さ↑タイプ一致技。攻撃しつつS補強もできるがBは下がる。期待値は3発。
デメリットは少々痛いがガブリアスにとっては初となるS上昇技。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。命中安定。
いわなだれ7590怯み30%S振りやこだわりスカーフなら怯みを狙える。ダブルでは相手全体攻撃。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対虫・飛行。地面定番のサブウェポン。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
炎4倍の鋼や鋼/飛行への打点。
どくづき80100毒30%対草・フェアリー。2倍では等倍じしんと大差無い。
ダブルなら単体2倍どくづき>複数等倍じしん
アイアンヘッド80100怯み30%対フェアリー。S振りやこだわりスカーフなら怯みを狙える。
じだんだ75/150
(112/225)
100-タイプ一致技。主にダブルでの単体攻撃用に。グラスフィールド下で半減されない。
ドラゴンダイブなどの技が外れたり無効にされた後には高火力。
ドラゴンクロー80(120)100-タイプ一致技。デメリットは無いが威力不足。基本的にはげきりんが使いづらいダブル用。
ワイドブレイカー60(90)100攻撃↓100%タイプ一致技。ダメージを与えつつ相手二体の攻撃ダウン。ダブル向け。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-攻撃を強化。きあいのタスキやみがわりとあわせて。
ステルスロック-サポート用。がんせきふうじやほえるとあわせて。
みがわり-補助技対策。

採用率の低い技

攻撃技タイプ威力命中効果解説
ダブルチョップ40(60)*290-タイプ一致技。命中不安だが、きあいのタスキやみがわりに強い。
この技でタスキまで到達することは稀。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。物理受け対策。連発は効かない。
アイアンテール10075防御↓30%高威力・命中不安。
かみくだく10080防御↓20%バドレックス黒馬への奇襲。
だいもんじ11085火傷10%ナットレイへの非接触と特防の低いエアームド意識。
かえんほうしゃ90100火傷10%命中率・PP安定だが、威力が低いため採用率は低め。
なげつける10~130100持ち物による主にでんきだまを投げつける起点作り型で採用。麻痺無効の電気は呼びづらい。
変化技タイプ命中備考
こらえる-さめはだやゴツゴツメットと合わせて。
かつてはさめはだと両立するにはPDW産が必須だったが、剣盾では技レコードで習得可。
ほのお技について
鋼/飛行のテッカグヤエアームドアーマーガア、草/鋼のナットレイカミツルギ、および虫/鋼を意識した技。
過去の環境においてはエアームド・ナットレイに有効なだいもんじが優先されることが多かった。
第七世代では技スペの不足と、下降補正だいもんじでは確二にもできないテッカグヤの登場でだいもんじはほとんど採用されなくなった。
一方ほのおのキバの採用は一定数存在する。つるぎのまい後のほのおのキバでHB特化テッカグヤを確二、HB特化ナットレイを高乱一となり、積んだあとに鋼に受けられる事態を阻止できる。
 
つるぎのまい+ほのおのキバ以外では、たとえこだわりハチマキだとしても役割破壊したい仮想敵には火力不足。
H252ハッサムやH4カミツルギなら素のほのおのキバでも相手できなくもないが、この2匹はガブリアスで相手する必要は薄い。
 
つるぎのまいを採用しない場合の炎技は、ハッサム、カミツルギ、エアームド、ナットレイに十分な打点となるだいもんじが優先させる。
とはいえ他に採用したい技が多いガブリアスにおいてだいもんじを採用したい場面はそう多くなく、だいもんじ/かえんほうしゃの採用率は低い。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイアースじしん
じだんだ
130(195)味方:D↑一致技。Dが一段階上がればC252グレイシアのれいとうビームを耐える。
ダイドラグーンりゅうせいぐん
げきりん
140(210)相手:A↓一致技。先制で使えば疑似物理耐久アップ。
りゅうせいぐんの反動やげきりんの行動不能を嫌う場合に。
ドラゴンダイブ
ドラゴンクロー
スケイルショット
ダブルチョップ
130(195)
ワイドブレイカー110(165)
ダイロックストーンエッジ
いわなだれ
130天候:砂嵐自力ですながくれを発動できるが、ダイマックス技は必中なことに注意。
がんせきふうじ110
ダイバーンだいもんじ140天候:晴れアーマーガア等地面が通らない鋼や4倍狙い。2発目は威力1.5倍。
かえんほうしゃ130
ほのおのキバ120
ダイスチルアイアンテール
アイアンヘッド
130味方:B↑対フェアリー。
先手を取れるので対面であればミミッキュに優位を取れる。
ダイアシッドどくづき90味方:C↑威力が低いうえにガブリアスには恩恵が殆どない。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン枯らしに。

型考察 節を編集

基本アタッカー型 節を編集

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:AS252 BorD4
持ち物:ヤチェのみ/きあいのタスキ/こだわりハチマキ/ラムのみ/いのちのたま
確定技:じしん/げきりんorスケイルショット
選択技:がんせきふうじorいわなだれorストーンエッジ/ほのおのキバ/どくづき/アイアンヘッド
補助技:みがわり/つるぎのまい/ステルスロック

一般的なアタッカー型ガブリアス。高い素早さと威力・範囲共に優秀な一致技が武器。
相手にフェアリーがいるならげきりんを撃つタイミングは注意すること。

余った努力値4をHPに振ると実数値が8nの184となる。
やどりぎのタネや拘束技などのダメージが最大になってしまい、非効率なので防御か特防に振ること。

第7世代ではガブリアスのタイプ一致技両方に強い耐性を持つカプ・ブルルの登場によりどくづきの需要が増した。
ただし無補正A振りではH振りカプ・ブルルを確1にできない。
また、地面/ドラゴン/岩/毒という技タイプ構成にするとテッカグヤカミツルギナットレイへの有効打がなくなってしまう。

きあいのタスキ
見えている氷技に対しての保険をかけられる。
明らかに耐えられないとわかっている攻撃に対しても確実に行動できる点は他の耐久上昇アイテムにはない長所。
この持ち物を持たせる場合は、タイマン性能を高めるがんせきふうじや、102族未満への抜き性能が期待できるつるぎのまいの優先度が高まる。
無補正A振りガブリアスのストーンエッジ耐え調整のボルトロスもがんせきふうじで高乱2、がんせきふうじ→げきりんで確定撃破。ラス1同士などの場面は安定行動にできる。
ラムのみ
汎用アイテム。げきりんの混乱や、相手の状態異常技による機能停止を防げる。
ミストフィールドと異なり、ドラゴン技が妨害されないのが利点。
特に「あくび」にはあくびを使わせるターンと、あくびが「うまくきまらなかった」になるターンの2ターン分アドを取れる。

こだわりスカーフ型 節を編集

特性:さめはだ
性格:ようきorいじっぱり
努力値:AS252 BorD4/A252 素早さ耐久調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:げきりん/じしん
選択技:がんせきふうじorいわなだれorストーンエッジ/ステルスロック/アイアンヘッド/どくづき/ねごと

素早さ種族値で負けるポケモンとの対面を制する目的で採用するアイテム。
終盤の全抜き性能も高い。火力補強のために性格いじっぱりも選択肢に入る。
Sランク+1の相手を死に出しから処理する場面もあるため、ようきも捨てがたい。
第6世代以前はいじっぱりが基本だったが、素早さインフレにより現在はようきの個体が多く占めている。
カプ・コケコアーゴヨン等、刺さる相手が多く採用率が伸びているが、それゆえに読まれやすいので注意。

ステルスロックは余裕のある序盤に撃ち逃げする。
使用後は必ず引かなければならないデメリットはあるが、サイクル戦で岩抜群ポケモンの繰り出し回数を制限できるため有用。

起点作り型 節を編集

特性:さめはだ
性格:ようき/むじゃき
努力値:S252 AorC252(りゅうせいぐん採用時)
持ち物:きあいのタスキ/でんきだま
確定技:じしん/ステルスロック/なげつける(でんきだま時)
選択技:げきりんorりゅうせいぐん/がんせきふうじ/だいもんじ

スタンダードな起点作り型。
素早いじめんタイプの起点作りのランドロスは多少は気に留めておきたい。
「なげつける」は使用可能。
また、ガブリアスにはS種族値の差や役割破壊の特殊炎技・特殊竜技がある。

ガブリアスがトップメタだった環境においては、強力なアタッカー性能を盾に起点作り型への対処をさせづらくしていたが、現環境のガブリアスはアタッカー型の圧力が弱まり、相対的にこの型を使う理由もやや弱体化した。

【ダブル】基本アタッカー型 節を編集

特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/ゴツゴツメット/ヤチェのみ/こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/いのちのたま
確定技:ドラゴンクローorワイドブレイカー/じしんorじだんだ
選択技:いわなだれ/ほのおのキバorだいもんじ/まもる/つるぎのまい/どくづき

ダブル用のアタッカーの基本型。

ドラゴン技
ダブルのげきりんは対象がランダムなため、まもるを使った相手やフェアリーに無駄撃ちする危険がある不安定なわざとなる。
ドラゴンクローなど威力が劣るが扱いやすい技が選択されるのが基本。
ドラゴンクロー:威力80・命中100。威力が物足りないが命中安定技。PGL統計よりドラゴン技の中では最も採用率が高い。
ワイドブレイカー:威力60・命中100。相手2匹同時に攻撃し、攻撃1ランクダウン。ワイドガードに防がれやすい。
なお、ダブルのみがわりは攻撃を重ねられると無力のためマイナー気味。
その為ダブルチョップは候補外。
じしん
こちらも味方に当たる・威力が下がるデメリットがあり、ダブルでは使いにくい技。
グラスフィールドやワイドガードにも弱いのも難点。
じだんだ
じめんの単体技。威力はダブル補正時のじしんと同じだが、まもる以外で技が外れたり無効化されて失敗した場合は次の威力が二倍になる。
じしんの弱点を克服しているが、接触技なのは注意。霊獣ランドロスは覚えないため、差別化になる点の一つ。
いわなだれ
主に飛行ポケモン・浮いてる炎ポケモン対策。
リザードンサンダーなど多くのメジャーポケモンに刺さるため、持っておきたい。
怯みも狙えるが、じしん諸共ワイドガードで凌がれてしまう点に注意。
まもる
こだわりアイテムでなければほぼ確定なダブルの基本技。

対ガブリアス 節を編集

注意すべき点
A130からのタイプ一致げきりん・じしん。高火力かつ相性補完に優れる。
岩・炎などのサブウェポンや、くさ/フェアリー複合対策のどくづきも完備。
持ち物もきあいのタスキやこだわりスカーフなど幅広く受けにくい。
激戦区100族を抜ける素早さを持ち、地面タイプによりでんじは無効。
耐久も高く、不一致氷技も調整次第で耐えられる。
速攻アタッカー型が大半だが、ステルスロック撒きも可能。
対策方法
一致技のドラゴン、地面には両方無効タイプが存在する。パーティ構築時点で地面、ドラゴンに一貫性を持たせないようにしておけばよい。
耐性も少なく、後出しもあまり効かないのでほぼ死に出しでしか出られない。
タイマンで勝てるポケモンを複数用意し、釘付けにするのが最善の方法であろう。
相手がつるぎのまいやがんせきふうじを使用してスカーフでないのを確認できたならS102以上のポケモンやスカーフ持ちで弱点を突くか高火力一致技で負担をかけられる。

対策可能なポケモン

きあいのタスキ持ちのパルシェンマンムー
つららばり、こおりのつぶてにより相手がきあいのタスキ、ヤチェのみを持っていようが有利。
特にタスキパルシェンはあらゆる技、持ち物やステータス調整を考慮しても安定して役割を遂行できる。
S102以上の弱点タイプ
具体的には、マニューラフェローチェAキュウコンなど。
上から弱点を突く。きあいのタスキ、こだわりスカーフ持ちが多いのでそれを見越して行動するように。不一致氷技の場合はヤチェのみに注意。
こだわりスカーフ持ちのサザンドラオノノクス
スカーフ持ちで先制して弱点を突く。もちろん最速スカーフガブリアスには先手を取られる。
その場合、後続にミミッキュギルガルドなどげきりんを起点にできるポケモンがいると望ましい。
マリルリアシレーヌ
一発耐えて弱点を突く。どくづきに注意。
クレセリアポリゴン2スイクンヤドランバルジーナカプ・レヒレ
数値で受ける。積みの起点にされないように氷技やイカサマなどは必須。
ただしそれを見越して後出しを許さないいじっぱり+こだわりハチマキもいるので注意。
地面等倍以下のはがね、フェアリータイプ
具体的には、ふうせんヒードランエアームドハッサムテッカグヤトゲキッスカプ・ブルルエルフーンなど。
タイプ一致技を半減以下に押さえ込むことで受ける。ガブリアスがこだわりアイテムを持っている場合に非常に有効。
しかしサブウェポンにより役割破壊されやすく、ハッサムエアームドは炎技に、トゲキッスカプ・ブルルエルフーンはどくづきやストーンエッジに要注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
フカマルガバイトガブリアス
--1かみくだく80100あく物理15
-11ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
111すなじごく3585じめん物理15
111たいあたり40100ノーマル物理35
611すなかけ-100じめん変化15
1211りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
181818じならし60100じめん物理20
252727かみつく60100あく物理25
303434きりさく70100ノーマル物理20
364242ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
--*かみくだく80100あく物理15*進化時
425052あなをほる80100じめん物理10
485862すなあらし--いわ変化10
546672とっしん9085ノーマル物理20
607482ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10

第7世代

7th威力命中タイプ分類PP備考
フカマルガバイトガブリアス
--1かみくだく80100あく物理15
-11ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
--1ほのおのキバ6595ほのお物理15
111たいあたり40100ノーマル物理35
-11すなかけ-100じめん変化15
-11りゅうのいかり-100ドラゴン特殊10
--1すなあらし--いわ変化10
333すなかけ-100じめん変化15
777りゅうのいかり-100ドラゴン特殊10
131313すなあらし--いわ変化10
151515とっしん9085ノーマル物理20
191919すなじごく3585じめん物理15
-*-ダブルチョップ4090ドラゴン物理15*進化時
252828きりさく70100ノーマル物理20
273333ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
314040あなをほる80100じめん物理10
--*かみくだく80100あく物理15*進化時
374955ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10

第4~6世代

4th5th
6th
備考
フカマルガバイトガブリアスフカマルガバイトガブリアス
--1--1ほのおのキバ
111111たいあたり
333333すなかけ
777777りゅうのいかり
131313131313すなあらし
151515151515とっしん
191919191919すなじごく
----2424ダブルチョップ
252828252828きりさく
273333273333ドラゴンクロー
314040314040あなをほる
--48--48かみくだく
374955374955ドラゴンダイブ

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技15あなをほる80100じめん物理10
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技26こわいかお-100ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技32すなあらし--いわ変化10
技33あまごい--みず変化5
技34にほんばれ--ほのお変化5
技36うずしお3585みず特殊15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技43かわらわり75100かくとう物理15
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技49すなじごく3585じめん物理15
技53マッドショット5595じめん特殊15
技59なげつける-100あく物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技68ほのおのキバ6595ほのお物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技94みねうち40100ノーマル物理40
技97ぶんまわす60100あく物理20
技98じだんだ75100じめん物理10
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15剣盾使用不可
技21やつあたり-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技27おんがえし-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

タマゴ技 節を編集

4th5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
たつまき40100ドラゴン特殊204th教え
すてみタックル120100ノーマル物理15
あばれる120100ノーマル物理10
メタルクロー5095はがね物理35
りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20Lv
げきりん120100ドラゴン物理10技レ24
こわいかお-100ノーマル変化10技マ26
すなじごく3585じめん物理15Lv/技マ49
のしかかり85100ノーマル物理15技レ01
アイアンヘッド80100はがね物理15技レ74
HSマッドショット5595じめん特殊15技マ53
ロッククライム9085ノーマル物理20
アイアンテール10075はがね物理15技レ31

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
ねっさのだいち70100じめん特殊10
スケイルショット2590ドラゴン物理20

過去世代

4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
アイアンヘッド80100はがね物理15技レ74
アクアテール9090みず物理10
いびき50100ノーマル特殊15技マ24
げきりん120100ドラゴン物理15技レ24
だいちのちから90100じめん特殊10技レ67
アイアンテール10075はがね物理15技レ31
ステルスロック--いわ変化20技レ76
ダブルチョップ4090ドラゴン物理15Lv
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10技レ62
じだんだ75100じめん物理10技マ98
とぎすます--ノーマル変化30
どろかけ20100じめん特殊10
スピードスター60-ノーマル特殊20技マ40
たつまき40100ドラゴン特殊20タマゴ
HSずつき70100ノーマル物理15
ねごと--ノーマル変化10技レ27

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技00つるぎのまい--ノーマル変化20
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技04なみのり90100みず特殊15
技10じしん100100じめん物理10
技15だいもんじ11085ほのお特殊5
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技32かみくだく80100あく物理15
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技57どくづき80100どく物理20
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技76ステルスロック--いわ変化20

遺伝 節を編集

タマゴグループ怪獣/ドラゴン
孵化歩数10240歩
性別♂:♀=1:1
進化条件フカマル(Lv.24)→ガバイト(Lv.48)→ガブリアス
経験値Lv.50 = 156,250
Lv.100 = 1,250,000

遺伝経路 節を編集