ウミトリオ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ウミトリオ [編集]

No.0961 タイプ:みず
通常特性:ぬめぬめ(直接攻撃をしてきた敵の素早さを1段階下げる)
     びびり(ゴースト・虫・悪タイプの技を受けるか、相手の特性いかくを受けると素早さが1段階上がる)
隠れ特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
体重  :5.4kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
高速水物理HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウミトリオ35100505070120425ぬめぬめ/びびり/すながくれ
カマスジョー61123606050136490すいすい/スクリューおびれ
フローゼル85105558550115495すいすい/みずのベール
関連種HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウミトリオ35100505070120425ぬめぬめ/びびり/すながくれ
ダグトリオ35100505070120425すながくれ/ありじごく/すなのちから
Aダグトリオ35100605070110425すなのちから/カーリーヘアー/すながくれ
水連続技HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウミトリオ35100505070120425ぬめぬめ/びびり/すながくれ
連撃ウーラオス100130100636097550ふかしのこぶし
ゲッコウガ72956710371122530げきりゅう/へんげんじざい/きずなへんげ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

ダグトリオの収斂進化の単みずタイプ。
リージョンフォームではないので、ダグトリオと同時に編成することも可能。

種族値配分はダグトリオと完全に同じで、高速紙耐久の物理アタッカー気質。
タイプと主力技はみずに変わったが、ふいうちやおきみやげ等の技は同様に覚える。
しかしダグトリオのメインだったじしんやじわれ、岩技、ステルスロック等は軒並み習得不可。
みずタイプの標準装備であるこおり技も特殊技のみであり、火力や範囲の乏しさはより顕著なものに。

詳細は下記に委ねるが、現状は何をするにも強力な競合相手が多いため、明確な採用意義を見出し難いポケモンである。
それでも採用する場合、差別化を図って奇をてらった構成にするよりも、劣化上等で汎用性重視の構成にした方が望ましいだろう。

藍の円盤の技マシンでうずしお、いたみわけ、だくりゅうを習得。
うずしおはまきつくの互換技、だくりゅうは低い特攻と相性が悪が、いたみわけは受け崩しに使える。
しかしハバタクカミすら下回る物理耐久かつあまえるも覚えないため、回復効果の方は活かしにくい。
残念ながら窮状を覆す技とはならなかったと言えるか。

+  同特徴のみずタイプとの比較

ハチマキトリプルダイブ型の考察はノートにあります。



特性考察 [編集]

ぬめぬめ
接触技を受けると素早さをダウンさせる。Aダグトリオカーリーヘアーと同じ効果。
耐久は紙同然なので発動機会はせいぜい1回、タスキを込みにしても2回が限度だが、後続の補助になる。
びびり
あくむしゴーストタイプの技か、いかくを受けると素早さが上がる。
元々高速なので相対的に恩恵が小さく、またバトンタッチは習得しないため自力で活用する必要がある。
耐久の低さからダブルでふくろだたきを受ける戦法とも相性が悪く、いかくの攻撃低下自体は防げない。
噛み合いが今ひとつ、かつ受動的ということで、明確な採用理由のある他の特性と比べると優先度は下がる。
タスキは必須だが、とんぼがえりで自分より素の素早さが高いアタッカーへ交代された場合でも、一矢報いることができる可能性はある。
すながくれ
隠れ特性。砂嵐状態だと回避率が上昇するが、それよりも砂嵐のダメージを受けなくなる点が重要。
耐久方面は元々タスキ頼りのため、砂嵐でタスキを潰されず、いわ、じめんの多い砂パに有利に立ち回れる。
それらへの対策になる他、ダイマックスの廃止に伴い回避率の上昇も第八世代よりは期待が持てるようになっている。
耐久の低さから1回の行動の価値が高く、他の特性も微妙なので同特性持ちとしては優先度が高い。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
トリプルダイブ30(45)*3953回攻撃専用技。タイプ一致技。タスキ&がんじょう潰しに。接触技。
すいりゅうれんだと同様に、1回目が当たれば3回とも当たる。
アクアブレイク85(127)100防御↓20%タイプ一致技。性能安定。
対接触技特性を強く意識するなら。
アクアジェット40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
じだんだ75/150100技失敗後に
威力2倍
対電気。じしんは覚えない。ふいうち失敗や、トリプルダイブを外した後に。
じならし60100素早↓100%追加効果が優秀な地面技。無効化タイプの無いがんせきふうじは覚えない。
ふいうち70100優先度+1読みが要るが高威力の先制技。
イカサマ95100-対エスパー、ゴースト。相手の攻撃でダメージ計算をする物理技。
デメリット・条件無しではウミトリオ最高威力のサブ物理技。
じごくづき80100音技封じ対エスパー、ゴースト。相手依存のイカサマを嫌うならこちら。
まきつく1590拘束ダメどろかけで命中率の下がった相手を拘束したり、おきみやげとのコンボで。
ずつき70100怯み30%Sが高いためひるみを狙いやすい。回避戦術と合わせて。
ギガインパクト15090行動不可最高火力。ダグトリオと違いきしかいせいを覚えないため、死に際の一発候補はこの技。
特殊技タイプ威力
命中効果解説
ひやみず50(75)100攻撃↓100%威力は低いため、後続へのサポート狙いで。
うずしお35(52)85拘束ダメまきつくと同様。
マッドショット5595素早さ↓100%威力は低いため、後続へのサポート狙いで。
じならしと違い味方を巻き込まない。
どろかけ20100命中率↓100%すながくれとあわせれば1回で被弾率60%に。
飛行タイプやふゆうなどには効かないが、後続のサポートにもなる。
テラバースト80<120>100-テラスタル時にタイプが変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
変化技タイプ命中解説
あまごい-サポート用。
すなあらし-サポート用。すながくれと併せて。
いたみわけ-削り技。低いHPと相性が良い。
おきみやげ100相手の攻撃と特攻を2段階下げる強力な自主退場技。起点作りに。
こらえる-ぬめぬめの試行回数稼ぎに。
まもる-ダブルで相手の技を透かす他、シングルでもすなあらしのスリップダメージ狙いに。
てだすけ-ダブル用。味方の技威力1.5倍。優先度+5なので、ねこだましに先制できる。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
トリプルダイブ
アクアブレイク
アクアジェット
タイプ一致技。雨と合わせて抜き性能を強化する。
テラバーストドラゴン無効。みず半減のドラゴンに一矢報いる。
ずつき
ギガインパクト
かげうち無効。専用技と合わせてミミッキュに強くなる。
テラバースト粉技無効。呼ぶみずに。みずの弱点を両方半減にできるが、その恩恵は感じにくい。
じだんだ
じならし
でんき無効。でんき技を撃ってきた相手から1ターンの猶予がもらえる。
テラバーストしんそく、でんこうせっか無効。
テラバーストみずとの補完に優れる。弱点の多さは紙耐久なので気にならない。
ふいうち
イカサマ
じごくづき
いたずらごころ耐性の獲得。ふいうちを強化しドラパルトを返り討ちに。
+  使用率・採用率の低いテラスタル

型考察 [編集]

アタッカー型 [編集]

特性:ぬめぬめ/すながくれ
性格:いじっぱり/ようき
努力値:A252 S252 or 耐久調整残りS
持ち物:きあいのタスキ/こだわりハチマキ/いのちのたま/こだわりスカーフ
確定攻撃技:トリプルダイブorアクアブレイク/ふいうちorアクアジェット
選択攻撃技:じごくづきorイカサマ/じだんだorじならし
選択補助技:いたみわけ/おきみやげ

種族値に従った基本的なアタッカー型。
純粋なアタッカー性能は種族値・技範囲・威力どれをとってもカマスジョーの劣化。
一応ふいうちを覚えるが、その火力はカマスジョーのアクアジェット>ウミトリオのふいうち。
また主力技が3連攻撃である性質上連撃ウーラオスも比較対象に上がってくる。
技範囲の狭さもあり基本的に火力不足なため、ある程度補助に寄った構成も一考。

特性はどれも有用とは言い難いが、接触技を受けたときに発動するぬめぬめが最有力。
その他はきあいのタスキを採用する場合にすなおこし対策になるすながくれが候補になる程度。

サポート型 [編集]

特性:すながくれ/ぬめぬめ
性格:ようき/わんぱく
努力値:A252 S252 or S252 残り耐久調整
持ち物:きあいのタスキ
確定技:じならし/おきみやげ
優先技:あまごい
攻撃技:トリプルダイブorアクアブレイク/ふいうちorアクアジェット/じごくづきorイカサマ/ひやみず/どろかけ
変化技:すなあらし/いたみわけ/こらえる/まもる

S120を活かして上から100%能力ダウン技とおきみやげを使って起点作りを遂行する型。
おきみやげ使いとしてはハバタクカミに次ぐ速さ。天候特性持ちに対して後から天候を変えやすいのも強み。
ダブルバトルで特に活躍できる型である。

ただし、同速のダグトリオはおきみやげに加え特性ありじごくとステルスロック、無効タイプのないがんせきふうじを持ち優秀。
差別化にはあまごいが有力だが、あまごい+おきみやげ+素早さ低下技という組み合わせもHゾロアークが可能。
一応特性とタイプが異なる上、素早さでは若干勝り、雨を自身の火力強化として使えるという強みはあるが、
そもそもウミトリオは耐久から行動確保に難があり技以外での差別化も難しいため、シンプルに活かしやすい技を選んだ方が動かしやすいだろう。

努力値はアタッカーよりの運用をするならASに、先制技を最大限に警戒するならSと耐久に振る。
特性はすなあらしによるタスキ無効化を警戒するならすながくれ、後続へのサポートを重視するならぬめぬめ


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ウミトリオ [編集]

注意すべき点
高い素早さから3回攻撃のトリプルダイブ。タスキやみがわりでの受けは通用しない。
おきみやげやぬめぬめで後続支援することも。
対策方法
耐久は低く一致技で攻撃すれば一撃で落とせることも。きあいのタスキ持ちが大半を占めるので、連続技であればなおよい。
マスカーニャドラパルトであれば先手を取り、ぬめぬめ無効の非接触技で倒せる。
みず以外はまともな攻撃技を持たないので、ちょすいなどの水無効特性でも対応可能。

外部リンク [編集]