ウルガモス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ウルガモス [編集]

No.0637 タイプ:むし/ほのお
通常特性:ほのおのからだ(接触技を受けると30%の確率で相手をやけど状態にする)
隠れ特性:むしのしらせ(HPが1/3以下のときに虫タイプの技の威力が1.5倍になる)
体重  :46.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
高速特殊炎HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウルガモス856065135105100550ほのおのからだ/むしのしらせ
イーユイ558080135120100570わざわいのたま
197632特性込み・C252振り
原種/パラドックスHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウルガモス856065135105100550ほのおのからだ/むしのしらせ
テツノドクガ807060140110110570クォークチャージ
チヲハウハネ85135798510581570こだいかっせい

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)みず/ひこう
いまひとつ(1/2)こおり/かくとう/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

第五世代出身のむし×ほのお複合。今作では固有タイプ。
高水準かつ無駄のない種族値と、強力な積み技ちょうのまいを持つ特殊アタッカー。
素の特防・素早さの高さから単体で起点化できる相手も多く、高火力の炎技に加えみがわり貫通のむしのさざめき、回復技のギガドレイン、あさのひざしと優秀な技を多数習得。
その他のサブウェポンは癖が強い、先制技やステルスロックに滅法弱いといった欠点はあるものの、登場以降積みアタッカーの代表格として一定の活躍をし続けてきた。

第九世代ではエアスラッシュを習得。ぼうふうと比較して命中は比較的安定、天候の影響も受けないが威力は控えめ。
他はテラバースト程度ではあるが、テラスタルと組み合わせることでサブウェポンの狭さをカバー、4倍弱点を潰すことも可能。
おいかぜ、あさのひざしを再習得しており、特殊相手には複数回積む余裕を作れるようになったのも追い風。
失った技はマジカルフレイム程度。元々特殊アタッカーとの撃ち合いは得意なので、技方面では比較的恵まれている部類。

一方で環境にはラウドボーンヘイラッシャといった強力なてんねん持ちのポケモンが登場。
両方とも素のタイプ面でも不利なため、積むことに成功しても後出しされたら基本的に退くしかなくなる厄介なストッパー。
悪複合の4災が追加された後も、他のフェアリータイプで事足りるので、わざわざウルガモスを採用する意義は薄く、相変わらず環境に恵まれていない。

パラドックスポケモンにチヲハウハネテツノドクガが登場したが、複合からして異なり、特に前者は役割面でも全くの別物。
後者もアイデンティティになるちょうのまいを覚えないので、特に意識せずとも差別化は容易。



特性考察 [編集]

ほのおのからだ
通常特性。
物理アタッカーの弱体化を狙えるが、発動するにしても運次第で受動的になる。
非接触の岩技が4倍、じしんも等倍で通るため、これらの技で対処される事も多い。
虫技を切る場合、むしのしらせは無意味になるのでこちら。
むしのしらせ
隠れ特性。
タスキやみがわりなど発動は能動的に狙える。
本作は強力な悪タイプが増えている為、虫技の通りは若干改善されており、生かせる機会も増えている。

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果解説
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発には向かない。撃ち逃げ向き。
ちょうのまいを採用しないこだわり型ならこちら。
てんねん持ちが相手なら連発可能。
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。高威力・命中不安。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%タイプ一致技。中威力・命中安定。
ほのおのまい80(120)100特攻↑50%タイプ一致の準専用技。命中安定で追加効果が優秀。
ねっぷう95(142)90火傷10%タイプ一致技。ダブルでの範囲攻撃に。
むしのさざめき90(135)100特防↓10%タイプ一致技。むしのしらせで威力202。みがわり貫通。
現環境では刺さる相手が増えている。
むしのていこう50(75)100特攻↓100%タイプ一致技。二体攻撃なので基本的にダブル用。補助技感覚で。
ギガドレイン75100HP吸収1/2対水・岩。回復効果付き。ちょうのまいと相性がよい。
炎技との相性補完に優れるが、虫技と半減範囲が被る。
ソーラービーム120100溜め攻撃対水・岩。晴れとあわせて。
ぼうふう11070混乱30%対格闘。炎にも等倍。高威力・命中難。
雨下で必中なので、雨パ対策にもなる。逆に晴れでは命中が50に減るので非推奨。
エアスラッシュ7595怯み30%ぼうふうより命中安定だが火力は低め。技範囲は炎技と被る。
サイコキネシス90100特防↓10%対毒・格闘。炎半減の炎/格闘や水/毒に。
テラバースト80<120>100備考参照テラスタル時にタイプ変化。
物理技タイプ威力命中効果解説
ニトロチャージ50(75)100素早さ↑タイプ一致技。殴りつつ加速。
ミミッキュを採用目的とする場合、ばけのかわ剥がしに有用。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。むしのしらせで威力157。
攻撃しつつ撤退できるが、ちょうのまいと相性が悪い。最速で叩き逃げした方が良い。
とびつく50(75)100素早さ↓100%タイプ一致技。命中安定の虫版がんせきふうじ。
変化技タイプ命中解説
ちょうのまい-特攻・特防・素早さを補強。積んで全抜きを狙う。
おいかぜ-サポート用。4ターン味方の素早さ2倍。
あさのひざし-回復技。晴れ下では効果増大。天候上書きに注意。タマゴ技。
ねむる-回復技。状態異常も全回復。ちょうのまい、カゴのみとあわせて。
みがわり-補助技対策や、むしのしらせの発動に。
おにび85物理アタッカー対策。ほのおのからだよりも確実。
ひかりのかべ-特殊アタッカー対策。リフレクターは覚えない。
ふきとばし-積み技対策や、交代読みで。
いかりのこな-ダブル用。ぼうじんに無効化されるのは忘れずに。
いとをはく95相手全体の素早さを2段階低下。ほぼダブル用。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
ほのおのまい
だいもんじ
かえんほうしゃ
オーバーヒート
ねっぷう
一致火力重視。弱点や攻撃範囲は補われず、積みやすくなったりはしない。
控えめにすれば特化オーバーヒートでH振りラウドボーンを確定2発。
むしのさざめき
とんぼがえり
同上。むしのしらせと積みを合わせた火力は凄まじいが、炎以上に攻撃範囲が鬼門。
ソーラービーム
ギガドレイン
対水。弱点は増えるが、仮想敵のヘイラッシャマリルリ等に有利になり、粉技対策もできる。
岩の弱点も突け、氷は炎技が刺さるため呼びにくいが、炎が鬼門となる。
テラバーストドラゴンへの打点強化。耐性も悪くない。
元のタイプが鋼を呼ばない為相性が良い。
テラバースト炎、地面、岩にまとめて刺せる上に弱点もガラッと変わる。草も呼びにくいのも強み。
テラバースト対岩。水は一貫するが、炎をはじめ多くのタイプの弱点を突きやすくなる。弱点となる草は元タイプゆえ呼びにくい。
テラバースト弱点が地面だけになり、特殊相手に舞いやすくなる。呼びやすい水にも刺さる。
テラバーストドラパルトラウドボーン等に刺さる。しんそくを無効にできる一方、かげうちやふいうちが痛手になる。
テラバーストドラパルトラウドボーンへの打点として。積みを妨害してくるいたずらごころ対策にも。
テラバースト対岩。耐性が多くなり積みやすくなるが、受けに来る炎や水への打点がない。
テラバースト耐性がガラッと変わり積みやすくなる。竜の苦手な氷鋼妖は元タイプの炎で牽制できる。
ステラテラバーストタイプはそのままに、各技の威力を1度だけ強化する。
虫技を採用するなら優先度高め。
+  採用率の低いテラスタル

型考察 [編集]

ちょうのまい型 [編集]

特性:ほのおのからだorむしのしらせ
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252をベースに調整
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ラムのみ/あつぞこブーツ/じゃくてんほけん/オボンのみ/混乱実
確定技:ちょうのまい/だいもんじorかえんほうしゃorほのおのまい
攻撃技:むしのさざめき/ぼうふう/ギガドレイン/サイコキネシス/テラバースト(フェアリーなど)
変化技:あさのひざし/みがわり
テラスタイプ:ほのお/みず/くさ/フェアリー

CDS同時上昇と破格の性能を持つちょうのまいを積み、全抜きを狙う型。
サイコフィールドやミストフィールドを展開しておくと積む際の安定感が増す。

起点にできるメジャーな相手
ゲンガー・特殊型ルカリオサザンドラなど。

メインウェポンは炎タイプに両方半減以下にされる。

むしのさざめきは通りが悪く、サブウェポンを2つ搭載したい場合は不採用も考えられる。
とはいえ命中安定、対悪・エスパー、みがわり貫通などのメリットもあるので仮想敵やパーティと要相談。
無補正C252振りC1段階↑いのちのたま持ちむしのさざめきでH244振りのディンルー確1。

こだわり型 [編集]

性格:おくびょうorひかえめ
特性:ほのおのからだorむしのしらせ
努力値:C252 S252or調整 余りH
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりメガネ
確定技:だいもんじorオーバーヒート
選択技:むしのさざめき/ぼうふう/サイコキネシス/ギガドレイン/とんぼがえり
テラスタイプ:ほのお/くさ/フェアリー

ちょうのまい読みで出てきた相手に撃ち逃げして負担をかける。
てんねん持ちの相手が増えたので有用性が相対的に上がっている。
オーバーヒートとの相性もよく、範囲も広く持てる。
とんぼがえりはこだわりと相性はよいが、ダメージが少ない上に相手に持ち物を感付かれるデメリットもある。

とつげきチョッキ型 [編集]

特性:むしのしらせorほのおのからだ
性格:ひかえめ
努力値:HCベースS調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:ほのおのまいorだいもんじorかえんほうしゃorオーバーヒート(両立可)
優先技:むしのさざめき/ギガドレイン
攻撃技:サイコキネシス
テラスタイプ:ほのお/くさ/フェアリー

高めの特殊耐久と元々の高火力から、とつげきチョッキを持つことで抜き性能の代わりに高いサイクル性能を得る。

炎技考察
ほのおのまい:高耐久回復技持ちに大幅に強くなる。
だいもんじ・かえんほうしゃ:単純に瞬間火力を出したい場合に。Cを削る場合は確定数考慮でこちらにしたい。
オーバーヒート:特殊は流しやすいので、交代先に負担をかけたいなら。

おにび物理受け型 [編集]

特性:ほのおのからだ
性格:ずぶとい(推奨)orおくびょう
努力値:HBorBSベース
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/カゴのみ/ヨロギのみ/アッキのみ/オボンのみ/混乱実
確定技:おにび/ちょうのまい
攻撃技:だいもんじorかえんほうしゃorほのおのまい/むしのさざめき/ぼうふう/サイコキネシス/ギガドレイン
変化技:みがわり/あさのひざし

ウルガモスはアタッカーが主流な上、物理耐久の低さから物理アタッカーを呼びやすい。
おにびと回復技によって出てきた物理アタッカーを機能停止させ、ちょうのまいを積み特殊にも対応していく。

基本的な流れ
従来のちょうのまい型と同じく、起点にできそうな特殊アタッカーに繰り出す→相手交代、こちらはちょうのまい→先制おにび。
岩技はおにびをいれても流石に厳しいが、Aにあまり振っていない水技程度なら充分受けきれる。

【ダブル】基本型 [編集]

特性:ほのおのからだ/むしのしらせ
性格:ひかえめ(推奨)orおくびょう
努力値:C252 HS調整
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/きあいのタスキ
攻撃技:ねっぷうorほのおのまいorかえんほうしゃorだいもんじ/むしのさざめき/ぼうふう/サイコキネシス/ギガドレイン/オーバーヒート/むしのていこう/とんぼがえり
補助技:ちょうのまい/おにび/まもる/みがわり/いかりのこな/にほんばれ/おいかぜ/いとをはく/あさのひざし/ひかりのかべ

シングルと同じように特殊アタッカーとして運用可能。
タイプ一致ねっぷうという高威力範囲打点を持ち、ちょうのまいでさらに火力アップが可能。
とは言えダブルではいわなだれがメジャーなので、ちょうのまいを積んでいる暇がない事も。
相方でサポートするか、撃ち逃げをメインに運用するかはパーティ次第。

相手二体のS↓↓のいとをはく、攻撃を自身に誘導して引き受けるいかりのこな等、ダブルで有用な補助技もあるので、サポートでも活躍できる。
高い攻撃性能やちょうのまいの存在から、サポート一辺倒にならずこなせる役割も多い。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ウルガモス [編集]

注意すべき点
強力な積み技ちょうのまいによる抜き性能。素の能力も高く、積みを阻止しにくい。
相性有利な相手はもちろん、低火力の耐久水すら起点にしてしまう。
物理技で攻めようにも、接触技ではほのおのからだで火傷する恐れも。
対策方法
岩技が4倍。ステルスロックで1/2削れるためウルガモスが重そうなら優先して撒いておきたい。
種族値は高水準だが物理耐久は並以下。カイリューマリルリなどの高火力の先制技を持つポケモンなら対処しやすい。
また特防に厚く振ったてんねんラウドボーンヘイラッシャはタイプ相性面でも有利で、ちょうのまいを積まれた後でも後出し可能。

外部リンク [編集]