ジャラランガ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ジャラランガ 節を編集

No.784 タイプ:ドラゴン/かくとう
通常特性:ぼうだん(たまやばくだんが当たらない)
     ぼうおん(音に関係する技が無効になる)
隠れ特性:ぼうじん(天候によるダメージを受けない、粉系の技、及び特性「ほうし」を無効化)
体重  :78.2kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
両刀竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ジャラランガ7511012510010585600ぼうだん/ぼうおん/ぼうじん
ヌメルゴン901007011015080600そうしょく/うるおいボディ/ぬめぬめ
ドラパルト881207510075142600クリアボディ/すりぬけ/のろわれボディ
ジュラルドン70951151205085535ライトメタル/ヘヴィメタル/すじがねいり

ばつぐん(4倍)フェアリー
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/こおり/ドラゴン
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/くさ/でんき/むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

唯一のドラゴン×かくとう複合。合計種族値は600族に属するが、配分は平坦。
良くも悪くも特徴が無く、初見では型がバレづらい。多彩な積み技により広くカスタマイズが可能な点が魅力。
物理・特殊の両方が存在するので、対策技を初手で撃たれづらく、特性も特定の技を無効化と優秀、かつ見分けが付きづらい。
反面、平坦な配分故の器用貧乏感は否めず、HPの低さから耐久は中の上程度、素早さも中速帯と明確な強みが少ない。

また、タイプ的な問題も大きい。多少勢力としては数を減らしたがミミッキュトゲキッス等の強力なフェアリーが健在。
ダイジェット用にひこう技をサブウェポンに搭載したポケモンも多く、そもそもかくとうというタイプ自体が逆風気味。
かくとうを透かし、高速で上から一致ドラゴン技を叩き込んでくるドラパルトが登場し、新たな強敵として活躍中。
こおりも相変わらずサブウェポンとして人気が高く、2倍とはいえ微妙に半端な耐久もあり何度も受けるのは現実的でない。
耐性上ウーラオスの専用技、バンギラスナットレイなどには強いため起点にするならこれらの相手を仮想敵としたい。

第八世代では専用Zワザ、ブレイジングソウルビートを失い、積みながら高い火力を発揮する手段が消滅。
代わりに新たな専用技としてソウルビートを習得したが、HPを削る上、攻撃を同時に行うことは出来ない。
前述の通り環境的な逆風も加わり、第七世代後期のような対面からの積みエースとしての運用は難易度が高い。
一方で音技なので新アイテムであるのどスプレーを発動可能、かつ自身を対象にした変化技なのでフェアリーに透かされない。
下準備が必要ではあるが、従来以上の突破性能を獲得したとは言える。

新たにはどうだん、ワイドブレイカー、ばくおんぱ、ボディプレス、スケイルショット、コーチングと有用な技を多数習得。
技範囲はほとんど広がっていないが、物理・特殊共に新たな選択肢を獲得したのは間違いなく、
スケイルショットは素早さ関連の積み技として、ソウルビートよりリスクを小さく保って使用出来る。
ボディプレスは高い防御種族値と一致補正により、全ポケモン中最大火力として運用することが可能。サポーター運用の場合のメインウェポンに。
ほえる、どくどく、つばめがえし、ダブルチョップなど失った技も多いが、一貫性は高まったと言えるか。
なおスカイアッパー、めざめるパワーは技そのものが消滅した。尤も、技範囲は広いのでそこまで気になることは無いだろう。

新要素のダイマックスとの相性はなかなか。単純に耐久を増強出来る上、技範囲が広く追加効果を選びやすい。
弱点が目立つが耐久力があるのも、じゃくてんほけんとの相性が良いとも言える。
ただしダイナックルは初動の威力が低く、特殊型には無意味な追加効果。育成段階から運用方針は確立させておきたい。
また相手にダイマックスされると、特性のぼうだん・ぼうおんが実質無意味になってしまう点は注意が必要。
ゲンガー等、前世代では完封出来る可能性のあった相手でも、ダイマックスで容易に突破を許すようになってしまった。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

3種類の特性はそれぞれ何らかの技・ダメージを無効化するもの。
どれを選んでも、特性が見抜かれるまでは3種すべての適用技に対して擬似的な耐性を持つ格好となる。
そのため、対面を想定するよりは、どのような技に受け出したいかを考えて選択するとよい。
滅多にないが、全てかたやぶりで貫通される点は一応忘れずに。
対戦でよく見るであろう技を赤字で表示してあるので参考までに

ぼうだん
たま・ボール系の技を無効化。
意外にも範囲は広く、環境においてよく使われるシャドーボール・ヘドロばくだん・ジャイロボール・きあいだま・今作で増加したウェザーボールなどに無償降臨が可能となる。
ゲンガーギルガルドナットレイなど具体的な役割対象の拡大に繋げやすいが、ダイマックスされると無効化出来ないので注意が必要。
特にシングルにおいては、迷ったらこれを選択すればよいと言える。
適用技は以下の通り。
ボール系アイスボール、ウェザーボール、エナジーボール、エレキボール、ジャイロボール
シャドーボール、ミストボール、きあいだまたまなげかえんボール
砲弾系オクタンほう、がんせきほう、でんじほう、かえんだん、はどうだんタネマシンガンロックブラスト
くちばしキャノン
爆弾系かふんだんご、タネばくだん、タマゴばくだんどろばくだんヘドロばくだん、アシッドボム、マグネットボム
ぼうおん
音技を無効化。攻撃技だけでなく、ほえるやほろびのうたといった補助技も防げる。
役割対象はニンフィアストリンダーバクオング等だが、ぼうだん同様ダイマックスされると特性で防げなくなる点は注意。
特にニンフィアは無効化が一転、4倍弱点になってしまう。
メジャーな音技使いでもアシレーヌはムーンフォースがあるので相手に出来ない。
スケイルノイズも防げるためジャラランガミラーには強くなる。
ちなみに一見するとトレース持ちに弱そうだが、ポリゴン2には格闘技が通り、サーナイトは元からスケイルノイズは無効。
影響はサーナイトに対するばくおんぱ程度で、相性関係はほぼ変化しない。

適用技は以下の通り。

攻撃技いびき、さわぐ、うたかたのアリア、エコーボイス、おしゃべり、スケイルノイズ
チャームボイス、バークアウトハイパーボイス(〇〇スキンを含む)、ばくおんぱ、ぶきみなじゅもん、むしのさざめき、りんしょう
補助技いやしのすず、いやなおと、うたう、おたけび、きんぞくおん、くさぶえ、すてゼリフ、
ちょうおんぱ、ないしょばなし、なきごえ、ほえるほろびのうた
ぼうじん
隠れ特性。こな系の技やほうし、あられやすなあらしのダメージを無効化。
まひやねむりによる機能停止や、天候ダメージによるタスキ潰しを防げる。
キノコのほうし・ねむりごな等も無効にできるので、ちょうはつやみがわりをせずとも相手に1ターン無駄にさせる事が出来る利点があり、採用率の低さからぼうじんを警戒させづらい。
他2つと比べ全体的な汎用性には欠けピンポイント気味ではあるが、ジャラランガの耐性とよく噛み合った優秀な特性である。
また、タスキ型ではメジャーなタスキ対策である砂や霰を無効化できるため強力。
ジャラランガ自体はこな系の技を使わないのでトレース対策としてはコレが最も被害が少ない。
8世代ではキノコのほうしや粉技の使い手がへり、トレースも相性が悪いサーナイトなのであまり意識する必要がないので優先度は下がるか。
適用技は以下の通り。
いかりのこな、キノコのほうし、しびれごな、どくのこな、ねむりごなふんじん、まほうのこな、わたほうし
その他あられ、すなあらしのダメージを受けない。特性「ほうし」が発動しない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
ワイドブレイカー60(135)100相手全体
攻撃↓100%
タイプ一致技。サポート用。
スケイルショット25(56)*2~590B↓S↑タイプ一致技。メリットとデメリットを意識して運用するべき。
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致技。高威力だがデメリットが痛い。
スケイルノイズやボディプレスとの両立は厳しい。
ドレインパンチ75(112)100HP吸収1/2タイプ一致技。回復効果付き。
威力は低いが積み技で強化すると回復性能をより活かせる。
ボディプレス80(120)100-タイプ一致技でデメリット無し。全ポケモンの中でこの技の最高火力を出せる。
スケイルノイズとは相性が悪いが、てっぺき等の積み技とのコンボが可能。
いわなだれ7590怯み30%リザードンマルヤクデを警戒するなら。ダブルではひるみが役立つ。
ストーンエッジは覚えない。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%追加効果が優秀。相手の素早さを下げて後続サポート。
アイアンヘッド80100怯み30%フェアリーへの役割破壊技。怯みも狙える。
どくづき80100毒30%対フェアリー。ぼうじんでの草への遂行技。
シャドークロー70100急所率+1対ゴースト。威力は低いが格闘技と併せて等倍以上を確保。
じしん100100-対毒・鋼。ぼうだんでのゲンガーへの遂行技。
かみなりパンチ75100麻痺10%ギャラドス。ダイジェットの起点にしてくることも多いので、刺さる場面も多い。
れいとうパンチ75100凍り10%ドラゴン技と範囲こそ被るが弱点を突きやすい。
がむしゃら-100-サポート型で。
けたぐり20~120
(30~180)
100-ダブルバトルのみ。耐久を維持して高威力格闘技を使う。
特殊技タイプ威力命中効果解説
スケイルノイズ110(165)100防御↓タイプ一致技。連発可能だが、防御低下が痛い。みがわり貫通。
りゅうのはどう85(127)100-性能安定。デメリットを嫌うなら。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓ダイマックスならデメリットを踏み倒せる。
ブレイジングソウルビートがなくなったので、通常では特殊最高火力。
はどうだん80(120)-必中タイプ一致技。性能安定。必中効果付き。
きあいだま120(180)70特防↓10%高火力・広範囲だが命中難のため、つめとぎ等との併用が望ましい。
ダイマックスでは命中率は解消するが威力が下がる。
かえんほうしゃ90100火傷10%対虫・鋼。ぼうじんでの草への遂行技。だいもんじは覚えない。
ラスターカノン80100特防↓10%対フェアリー。交代読みで。対面では厳しい。
ばくおんぱ140100音技タイプ相性に注意だが、優秀な威力と自身へのデメリット無しでみがわりも貫通。
ダイマックス下でも高威力が活きる。ダブルバトルでは、ハイパーボイスと選択。
変化技タイプ命中解説
ソウルビート-HPを最大HPの1/3消費し、全能力ランク+1。
AS型にはりゅうのまいがある為、こちらは耐久に厚く振るか特殊型で採用したい。
りゅうのまい-攻撃・素早さを補強。火力と抜き性能を確保。
ちょうはつ100補助技対策。起点化回避に。
みがわり-全抜きストップとなる変化技から守る。
あくび等の流し技とがんせきふうじのS↓狙い等に刺さる。
ステルスロック-サポート用。
はらだいこ-攻撃を超強化・HP半減。ロックカットやカムラのみ、加速バトン等と合わせたい。
ボディパージ-素早さ強化。けたぐりのダメージを減らせるが、ヘビーボンバーのダメージが増える。
てっぺき-防御を強化。スケイルノイズと相性が悪いが、ボディプレスとは好相性。
こらえる-がむしゃらやきしかいせいと相性が良い。相手のダイマックス消費にも。
ソウルビートに関して
HPが満タンの状態であれば実質的な耐久は変化しない。それよりもHPが減少していれば耐久は減少することになる。
耐久が意味をなさない定数ダメージやスリップダメージに対しては弱くなる上途中で交代すればより不利になる。
食べ残しや木の実、ドレインパンチとの相性は良い。
HPが減少しているほど実質的な耐久が目減りすることから上から打ちたいところだが、そもそもの種族値バランスが悪く素早さも半端なジャラランガでは調整が難しい。
相手の交代際に打つのがベスト。

採用率が低い技

物理技タイプ威力命中効果解説
げきりん120(180)100行動固定タイプ一致技。行動固定が痛い。撃ち逃げしたいが交代不可。
ドラゴンクロー80(120)100-タイプ一致技。持ち物や積み技での火力補強が欲しい。
ダブルチョップ40(60)100-タイプ一致技。タスキやがんじょう潰しになるが、相手の持ち物や特性に注意。
ばかぢから120(180)100攻撃防御↓タイプ一致技。インファイトと選択。
こちらは特防の代わりに攻撃が下がるので特殊技メインなら選択肢に入る。
きしかいせい~200(300)100-タイプ一致技。爆発力なら最大。みがわりやこらえると合わせたい。
きあいパンチ150(225)100優先度-3きしかいせいを除いたタイプ一致最高火力。みがわりと合わせて。
カウンター-100優先度-5高い物理耐久を活かして倍返し。
アイアンテール10075防御↓30%フェアリーへの役割破壊技。命中不安だが高威力。ダイマックスの方が使いやすいか。
アクアテール9090-ダイマックスでは環境を変えて味方のサポートにもなる。
ほのおのパンチ75100火傷10%ナットレイハッサムに。かえんほうしゃで良い。
特殊技タイプ威力命中効果解説
ハイパーボイス90100音技ばくおんぱの下位互換に近いが、ダブルバトルでは味方を巻き込まない。
みずのはどう60100混乱20%追加効果狙い。ダイマックスでは環境を変えて味方のサポートにもなる。
でんげきは60-必中でんきタイプの特殊技だが威力が低い。
変化技タイプ命中解説
つるぎのまい-攻撃を強化。全抜きを狙うなら素早さ補強も欲しい。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。火力と耐久を確保。
ふるいたてる-攻撃・特攻を補強。両刀型の火力確保に。
つめとぎ-攻撃・命中率を強化。アクアテールやアイアンテールやきあいだまやいわなだれ等をダイマックス以外でも使う前提で。
おたけび100相手の火力弱化。みがわり貫通。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイドラグーンりゅうせいぐん140(210)相手:A↓一致技。先制で使えば疑似物理耐久アップ。
りゅうせいぐん・スケイルノイズの反動やげきりんの行動不能を嫌う場合に。
げきりん
スケイルノイズ
ドラゴンクロー130(195)
スケイルショット
ダイナックルきあいパンチ100(150)味方:A↑一致技。各種高威力技の使いづらさを解消できるが威力は下がる。
物理型の場合は火力補強としても。
きしかいせい
けたぐり
インファイト95(142)
ばかぢから
きあいだま
かわらわり90(135)
はどうだん
ダイスチルアイアンテール130味方:B↑フェアリー。追加効果が優秀。
アイアンヘッド
ラスターカノン
ダイロックいわなだれ130天候:砂嵐むしひこう。格闘との補完に優れる。防塵で砂嵐無効。
がんせきふうじ110
ダイバーンほのおのパンチ130天候:晴れむし。ほか、ギルガルドアーマーガアに。
かえんほうしゃ
ダイアイスれいとうパンチ130天候:霰ひこうじめんくさなど4倍狙いで。防塵で霰無効。
ダイサンダーかみなりパンチ130場:EFひこうギャラドスアーマーガアに。
あくびでのソウルビートの流しを阻止する際にも。
でんげきは110
ダイホロウシャドークロー120相手:B↓ゴースト。追加効果で物理受け流し。
ダイアースじしん130味方:D↑どく、ギルガルド。格闘技と範囲が被りがち。追加効果は優秀。
ダイアタックばくおんぱ140相手:S↓S調整すれば抜ける相手は多め。
がむしゃら130
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックス切れを狙う。

採用率の低い技

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイストリームアクアテール130天候:雨ドサイドンピンポイント。過去作限定技。
ダイアシッドどくづき90味方:C↑フェアリー。現環境ではダイスチル優勢。
追加で特攻が上がるが物理型とミスマッチ。
ダイワームシザークロス130相手:C↓他技と範囲が被りがち。
ダイアークぶんまわす110相手:D↓特殊受け流しに使えるが悪技が物理のみ。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:ぼうだん/ぼうじん/ぼうおん
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252orA252、素早さ調整、他耐久
持ち物:いのちのたま/こだわりスカーフ/ラムのみ/きあいのタスキ
確定技:インファイトorドレインパンチ
優先技:りゅうのまいorソウルビートorつるぎのまい
選択攻撃技:げきりんorスケイルショット/どくづきorアイアンヘッド/じしん/いわなだれorがんせきふうじ/かみなりパンチ/れいとうパンチ
選択補助技:みがわり/ちょうはつ

基本的に積んで殴る物理アタッカー。Sが足りないため、なるべくりゅうのまいを用意したい。
ソウルビートも強そうだが、耐久にあまり振らないこの型では、HPを減らして積んだ返しに倒されてしまう恐れもある。

どくづきよりは、ばけのかわが剥がれたミミッキュに撃てるアイアンヘッド、もしくは対フェアリーを完全に捨ててじしんの方が安定する。

型サンプル:

特性:ぼうおん
性格:いじっぱり
努力値:H212 A188 S108(実数値:177-169-145-×-125-119)
持ち物:たべのこし
技:ドレインパンチ/攻撃技/ソウルビートorりゅうのまい/みがわり

叩き台として作成。
身代わりと特性ぼうおんによりS5現在流行中のストリンダーに理論上滅法強い。先手でみがわりを張れればそのまま無双体制に入れる。黒い霧や呪いなどを考慮しなければ耐久型も相手取ることも出来る。
Hは16n+1、SはS+1でアイアントまで抜けるライン。
攻撃技枠にはドラゴン技、地面技以外を推奨。この型ではドラパルトやミミッキュは役割対象外であるうえ、ロトムやバンドリらには格闘技で十分。範囲を考えるなら炎のパンチか雷パンチ辺りか。

耐久振り物理型 節を編集

特性:ぼうだん/ぼうじん/ぼうおん
性格:ようき
努力値:HS252をベースに各自調整
持ち物:オボンのみ/半減実
確定技:ドレインパンチ/ソウルビート
選択攻撃技:れいとうパンチ/じしん/どくづきorアイアンヘッド/いわなだれorがんせきふうじ
選択補助技:ちょうはつ/みがわり

りゅうのまいやソウルビートを積んでも抜き性能は高くないことから、割り切って耐久重視にした型。
先手ソウルビートで攻撃兼ステータスアップも強力だが、後手ソウルビート→先手ドレパンで受けたダメージを取り戻す流れも強力。
元々強く立ち回れる相手には圧倒的な場持ち性能を誇るが、対フェアリー性能は皆無となる。

サイクル物理型 節を編集

特性:ぼうだん/ぼうじん/ぼうおん
性格:いじっぱり/やんちゃ/ゆうかん
努力値:HA252をベースに各自調整
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/たつじんのおび
確定技:インファイトorばかぢから
優先技:ドラゴンクローorげきりんorりゅうせいぐんorスケイルノイズ/かえんほうしゃ
選択攻撃技:じしん/アイアンヘッドorアイアンテール/いわなだれorがんせきふうじ/かみなりパンチ
選択補助技:ちょうはつ/みがわり

積み技は豊富だが技やタイプは撃ち逃げの方に適性がある。
バンギラスやFCロトムなどの役割対象に繰り出し、捨てか後続への負担の二択を迫るのが仕事。
フェアリーを強く呼ぶので、打点となる鋼技や起点化防止の挑発は搭載しておきたい。
ヌルアントの並びに強くなる為にもかえんほうしゃの優先度は高いが、ダイマックスアイアントを一撃で倒すにはいじっぱりの場合帯以上の道具は欲しい。
はっきりと捨てられるステータスが無い為、素早さ下降補正も考えられる。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:ぼうだん/ぼうじん/ぼうおん
性格:ひかえめ/おくびょう/うっかりや/むじゃき
努力値:C252 他耐久調整
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/きあいのタスキ/のどスプレー
確定技:はどうだんorきあいだま/スケイルノイズorりゅうせいぐん
優先技:かえんほうしゃ
選択攻撃技:ラスターカノン/ばくおんぱ/じしん
選択補助技:ソウルビート/ちょうはつ/みがわり

今作ではどうだんを習得した為、安定した特殊アタッカーとして運用出来るように。
ただし特殊ドラゴンアタッカーとしての役割は対電気性能くらいであり、特殊格闘アタッカーとしての役割が強い。
かえんほうしゃはギルガルドなど格闘等倍以下の鋼に対して。

鉄壁ボディプレス型 節を編集

特性:ぼうおん/ぼうだん
性格:ようき/おくびょう
努力値:S252 + HB調整
持ち物:たべのこし/オボンのみ/混乱実/カゴのみ
確定技:てっぺき/ボディプレス
攻撃技:ドラゴンクローorりゅうのはどう/アイアンヘッドorラスターカノン/シャドークロー/ドレインパンチ
変化技:ねむる/ちょうはつ/みがわり

巷で流行の鉄壁ボディプレスを取り入れた型。
実はジャラランガは全ポケモン中1位の火力のボディプレスを放つことができる。

アーマーガアクレベースなども同じ戦法が存在するがこちらは先手で積むことで結果的に固くなるので基本は最速推奨。速さは固さである。
ボディプレスを活かすためにBに振りたいところだが、Hに振ったほうが物理面特殊面ともに硬くなるため要調整。例としてB252より、H108残りBのほうが物理耐久指数は高くなる。

サブウェポンについて
スケイルノイズは反動がこの型との相性が悪いため候補外。竜技ならドラゴンクローやりゅうのはどうが無難。
呼ぶ霊に刺さるシャドークローは相性補完に優れるが威力が低い。そもそも搭載したところで環境に多いドラパルトミミッキュには勝てないため控えで対応したほうがいい。
鋼技は呼ぶ妖に刺さるが、一撃で倒すのは難しい。

特性は苦手な特殊技の範囲を狭められ、ほえるやほろびのうたによる流しを阻止することができるぼうおんが優先。本来のタイプ相性では絶対に勝てないニンフィアに勝ち筋が見える場合も。
他の2つもそれぞれメリットがあるため候補外ではない。

タスキ起点作り型 節を編集

特性:ぼうじん(推奨)/ぼうだん/ぼうおん
性格:ようき/せっかち/むじゃき
努力値:S252 AC調整
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ステルスロック/がんせきふうじ
優先技:ちょうはつ
選択技:スケイルノイズorドラゴンクロー/インファイトorきしかいせい/どくづきorアイアンヘッド/がむしゃら

主に先発でがんせきふうじ→ステロを撒く型。
Sの低い起点作り型ポケモンを相手にする場合はちょうはつから入る事で起点化を阻止しつつ一方的に起点を作れる。
起点化回避としても使えるが、自身より早い相手には効果が薄い。

はらだいこ型 節を編集

特性:ぼうだん/ぼうおん/ぼうじん
性格:いじっぱりorようき
努力値:HP・耐久・素早さ調整 残りA
持ち物:カムラのみ
確定技:はらだいこ/ドレインパンチ(推奨)orインファイト/ボディパージorみがわり(カムラのみ)orスケイルショット
優先技:れいとうパンチ/いわなだれ
選択技:げきりん/じしん/どくづき

火力と抜き性能を両立するための型。
これだけだと自分より速い相手に弱いため、S上昇手段まで確定になる。

ジャラランガはフェアリー技以外なら一撃は耐えることが大半なため、壁込みならこの流れを成功させやすい。

カムラのみの場合、みがわり→はらだいこでSを上昇させるのが狙い。
鎧の孤島DLCに伴い、新たに教え技としてスケイルショットを習得。
期待値としてはドラゴンクロー未満なものの連続攻撃ゆえみがわりやタスキに強く、
Sを一段階上げられる。Bが低下するため先制技に弱くなる点には注意。

【ダブル】スケイルノイズ基本型 節を編集

性格:ひかえめ/おくびょう/やんちゃ/うっかりや/むじゃき
特性:ぼうおん(推奨)/ぼうだん/ぼうじん
努力値:CS252or調整
持ち物:のどスプレー/こだわりメガネ/いのちのたま/ラムのみ/オボンのみ/じゃくてんほけん
確定技:スケイルノイズ
優先技:かえんほうしゃ/まもる
特殊技:はどうだんorきあいだま/ばくおんぱorハイパーボイス/ラスターカノン/りゅうせいぐんorりゅうのはどう
物理技:ボディプレスorインファイトorけたぐりorドレインパンチorかわらわり/ワイドブレイカー/どくづき/いわなだれ
変化技:ソウルビート/てっぺき/ボディパージ/みがわり/ちょうはつ

Z技の廃止により、第7世代のジャラランガZ型が成立しなくなったので改訂。
相手2体に当たる優秀な専用技スケイルノイズを主軸に攻めていく特殊アタッカー型。
のどスプレーを使えば1回音技を使用するだけで特攻を上げることができる。

今作では必中技のはどうだんや高いBを活かせるボディプレスも習得し格闘技を扱いやすくなった。
広範囲・高威力・広めの等倍範囲のサブウェポン"ばくおんぱ"もなかなか便利。

隙をみてソウルビートを積めば無双できるが、集中攻撃されやすいためなかなか難しいのが現実。
サイドチェンジやこのゆびとまれを無視するすじがねいりジュラルドンの新登場も気がかり。

弱点であるフェアリーの処理は毒鋼炎等の味方にまかせるのがセオリー。


相性考察 節を編集

ネイティオ
特性マジックミラーによって相手の変化技をシャットアウトし、味方のSを倍化させるおいかぜも使える。

対ジャラランガ 節を編集

注意すべき点
攻撃面では両刀可能な種族値を持ち、格闘とドラゴンで攻撃範囲も広い。
防御面も一致2倍弱点でもそれなりの火力が無いと耐えられる。3種の防御特性はいずれも有能。
これに加え耐性自体も水、炎、草、電気、岩と多く持ちそれらのタイプで強力なエースや霰以外の天候パに対する強力なメタになり得る。
型を読めずに対処に手間取ると、豊富な積み技から全抜きの恐れも。特性ぼうおんによりほえるやほろびのうたでの処理も通用しない。
対策方法
フェアリータイプは4倍弱点を突けるうえ一致技半減以下なため攻守ともに有利。
やれることは多いが性能そのものは控えめなので、狙いが推測できれば早期対応可能。

てんねんピクシー:積み技を無力化するフェアリータイプ。どく技やはがね技には注意。

ジャラランガ:ぼうおん持ちかつスケイルノイズ以外の竜技を採用すれば一方的に打点を持てる。ただし、相手もそれを意識して二重対策をしていることもある。

ミミッキュ:一致技両方無効。ばけのかわで行動保証もあるが、はがね技には一応注意しておこう。


覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

7th8th威力命中タイプ分類PP備考
ジャラコジャランゴジャラランガジャラコジャランゴジャラランガ
--1--1スケイルノイズ110100ドラゴン特殊5
--1--1はらだいこ--ノーマル変化10
-11-11ボディパージ--はがね変化15
111111たいあたり40100ノーマル物理35
-11111にらみつける-100ノーマル変化30
-11411まもる--ノーマル変化10
---811ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
212121121212こわいかお-100ノーマル変化10
252525161616ずつき70100ノーマル物理15
292929202020ふるいたてる--ノーマル変化30
333333242424いやなおと-85ノーマル変化40
373838282828てっぺき--はがね変化15
414343323232ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
454851363838おたけび-100ノーマル変化30
495359404444りゅうのまい--ドラゴン変化20
--*--*スケイルノイズ110100ドラゴン特殊5*進化時
535867445052げきりん120100ドラゴン物理10
-6375-5660インファイト*120100かくとう物理5*USUM以降
-----68ソウルビート-100ドラゴン変化5
-----76ばくおんぱ140100ノーマル特殊10
-11---スカイアッパー8590かくとう物理15
-11---がまん--ノーマル変化10
555---にらみつける-100ノーマル変化30
999---がまん--ノーマル変化10
131313---まもる--ノーマル変化10
171717---ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
-*----スカイアッパー8590かくとう物理15*進化時

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技00メガトンパンチ8085ノーマル物理20
技01メガトンキック12075ノーマル物理5
技03ほのおのパンチ75100ほのお物理15
技04れいとうパンチ75100こおり物理15
技05かみなりパンチ75100でんき物理15
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技26こわいかお-100ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技32すなあらし--いわ変化10
技39からげんき70100ノーマル物理20
技42リベンジ60100かくとう物理10
技43かわらわり75100かくとう物理15
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技57しっぺがえし50100あく物理10
技59なげつける-100あく物理10
技63ドレインパンチ75100かくとう物理10
技65シャドークロー70100ゴースト物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技94みねうち40100ノーマル物理40
技97ぶんまわす60100あく物理20
技98じだんだ75100じめん物理10
技99ワイドブレイカー60100ドラゴン物理15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技69ロックカット--いわ変化20
技82ドラゴンテール6090ドラゴン物理10Lv
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20

タマゴ技 節を編集

7th8th威力命中タイプ分類PP備考
カウンター-100かくとう物理20
りゅうのいぶき60100ドラゴン特殊20
きあいパンチ-100かくとう物理157th教え
きしかいせい-100かくとう物理15技レ21

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
スケイルショット2590ドラゴン物理20
コーチング--かくとう変化10
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5

過去世代

7th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
いびき50100ノーマル特殊15
れいとうパンチ75100こおり物理15
かみなりパンチ75100でんき物理15
ほのおのパンチ75100ほのお物理15
アイアンヘッド80100はがね物理15
アクアテール9090みず物理10
がむしゃら-100ノーマル物理5
げきりん120100ドラゴン物理15Lv
さわぐ90100ノーマル特殊10
てっぺき--はがね変化15Lv
ばかぢから120100かくとう物理5
けたぐり-100かくとう物理20
アイアンテール10075はがね物理15
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
ドレインパンチ75100かくとう物理10
ステルスロック--いわ変化20
ダブルチョップ4090ドラゴン物理15
ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
きあいパンチ150100かくとう物理20タマゴ
みずのはどう60100みず特殊20
でんげきは60-でんき特殊20
じだんだ75100じめん物理10
とぎすます--ノーマル変化30

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技00つるぎのまい--ノーマル変化20
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技07けたぐり-100かくとう物理20
技10じしん100100じめん物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技21きしかいせい-100かくとう物理15
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技37ちょうはつ-100あく変化20
技39ばかぢから120100かくとう物理5
技42ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
技46てっぺき--はがね変化15
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技48ビルドアップ--かくとう変化20
技51りゅうのまい--ドラゴン変化20
技53インファイト120100かくとう物理5
技56はどうだん80-かくとう特殊20
技57どくづき80100どく物理20
技60シザークロス80100むし物理15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技64きあいだま12070かくとう特殊5
技70ラスターカノン80100はがね特殊10
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技76ステルスロック--いわ変化20
技85ふるいたてる--ノーマル変化30
技99ボディプレス80100かくとう物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループドラゴン
孵化歩数10240歩
性別♂:♀=1:1
進化ジャラコ(Lv.35)→ジャランゴ(Lv.45)→ジャラランガ

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
カウンターリレーケッキング系統/ルガルガン(夜/黄昏)/ルカリオ(陸上/人型)/バンバドロ系統(陸上)→ズルッグ(陸上/ドラゴン)
きあいパンチレベルズルズキン系統
りゅうのいぶきレベルチルタリス/ボーマンダ系統/サザンドラ系統/ヌメルゴン系統/ジジーロン