タルップル - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

タルップル 節を編集

No.842 タイプ:くさ/ドラゴン
特性:じゅくせい(きのみの効果が2倍になる)
   くいしんぼう(本来、HPが最大HPの1/4以下の時に使用するきのみを、HPが最大HPの半分以下の時に使うようになる)
隠れ特性:あついしぼう(ほのおタイプとこおりタイプの攻撃技のダメージを半減する)※カジッチュの時「ぼうだん」
体重:13.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
鈍足草竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
タルップル11085801008030485じゅくせい/くいしんぼう/あついしぼう
Aナッシー95105851257545530おみとおし/しゅうかく

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)どく/ひこう/むし/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)じめん
いまひとつ(1/4)みず/でんき/くさ
こうかなし---

※特性「あついしぼう」の場合、ほのおこおり半減


鈍足特殊アタッカーのくさドラゴン複合ポケモン。
合計種族値はアップリューと同じだが、こちらは素早さを極限まで切り詰めており、
それによって平均以上の耐久と最低限の攻撃・特攻を両立している。

多弱点が災いして居座りには不向きなように思えるが、優秀な特性によって独特な立ち回りが可能。
隠れ特性のあついしぼうを採用する場合、くさでありながらほのおを半減に抑える稀有な特徴を持つ。
4倍弱点であるこおりも2倍にまで抑え、不一致ぐらいなら余程火力の高い相手でなければ耐えられるようになる。

攻撃性能では分岐進化のアップリューや、同タイプのAナッシーに遅れを取るものの、それらより優れた耐久力を持つので差別化は不要。

通常特性はきのみの効果を強化、或いは発動を早めるもので、耐久の高めなタルップルとの相性は良い。
特に準専用特性、じゅくせいはアッキのみ、タラプのみを強化して要塞化することも出来る。
じこさいせい、リサイクル、やどりぎのタネ等、居座りに有効な技を多数習得、耐久型として高い完成度を持つ。
てっぺき、のろい、ドわすれと耐久面の積み技も豊富であり、積みアタッカーによる強引な突破も難しい。
とはいえこの手のポケモン全般に言えることだが、急所で崩される可能性がある点には注意。

特攻もアタッカーとして運用可能な程度にはあるが、一致技以外のサブウェポンに乏しい。
専用技、りんごさんは相手の特防を確実に低下させる効果であり、決定力不足によるじり貧は回避できるが、
のろいを習得し、物理技は特殊よりも範囲がかなり広いので、物理型として運用するのも候補に入る。

どの道多弱点であることには変わりないので、上から削られることは覚悟するか、トリックルーム下で運用したい。
ただし、トリパエースとしては持続火力が少なく、連発できる高威力技に恵まれていない。
ダブルであれば、サポートを兼ねた運用を行うことで差別化も容易。キョダイマックス技もダブルとの相性が良い。
シングルでも、致命的な状態異常を回復できるので想定する状況によっては十分採用圏内。



キョダイマックス 節を編集

キョダイマックス技
キョダイマックス技変化する技タイプ解説
キョダイカンロくさ攻撃と同時に状態異常を治す。ダブルでは味方全体を治す。
考察及びダイマックスとの比較
ダイソウゲンと違ってグラスフィールドにできなくなるが、攻撃しつつ状態異常を回復できる。
猛毒、火傷などで機能停止に陥る心配がなくなるのはありがたい。

味方にも効果があり、麻痺に弱い高速アタッカーや、火傷に弱い物理アタッカーの横に並べる事でそれらを恐れず戦える。
3ターン制限の都合上、アタッカー以外の相棒として使用するのはそこまで推奨できない。
ダイマックスの詳細

特性考察 節を編集

じゅくせい
きのみの効果が2倍になる。重火力アタッカーであるタルップルと相性が良い。
回復実なら回復量が倍増し、確定数を安定して大きくずらす。
半減実は1/4となる。多弱点なので汎用性は低いが、役割対象を明確に想定するなら十分に候補。ただ、ヤチェのみを持たせるならあついしぼうでいい。
アッキ、タラプは防御(特防)が2段階上昇し、自動で1回積み技を使用した分の能力上昇が手に入る。
リサイクルとの相性も抜群。ただしじこさいせいを覚えるので、回復実以外と合わせた方が無駄は少ない。
オボンは半分、混乱実は2/3回復になるので、混乱実を持たせるならラグはあるものの効果量は大きくなるが。
なお、たべのこしもきのみ扱いとなったので反応はするが、効果は据え置きなのでメリットは無い。
くいしんぼう
ピンチに発動するきのみの発動を早める。混乱実ではじゅくせい+オボンの下位互換になってしまう。
能力上昇系のきのみを活用するなら。防御面はアッキ、タラプ+じゅくせいがあるので、基本的に攻撃性能を高めたい場合に。
イバンのみが解禁されたことで、起点作成後に一度だけ先手で動くことも可能。
両壁ややどりぎのタネ、りんごさんと後続補助技を多数習得し、こおり以外なら余程の相手でなければ一発程度は耐える。
場持ちが良くなる訳ではないので、基本的に使い捨てと割り切って運用することになるのは注意。
あついしぼう
隠れ特性。ほのお、こおりのダメージを半減する。くさタイプとしてはほのおを半減するのはタルップルのみ。
ほのおタイプに採用されやすいサブウェポンにも耐性を持つことが多く、こおりが2倍に抑え込まれることでみずへの役割遂行も可能に。
耐性と特性を考慮した役割では、特殊流しに向いているか。
独自の受け性能を獲得できるので差別化・実用面両方で有用だが、きのみを用いたコンボ性能は失う。かたやぶりに貫通されるのも忘れずに。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
りんごさん80(120)100特防↓100%専用技。タイプ一致技。追加効果が優秀。
ギガドレイン75(112)100HP吸収1/2タイプ一致技。攻撃しつつ回復。
ソーラービーム120(180)100溜め技タイプ一致技。晴れ下またはダイマックス前提。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致最高火力。流されやすいので撃ち逃げに。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。性能安定。
はかいこうせん15090行動不可トゲキッスエルフーンなど一部の妖タイプには最大打点になる。
りんしょう60/120100-ダブルバトル用。素早い味方と組ませるかトリパで始動役に。
物理技タイプ威力命中効果解説
タネばくだん80(120)100-タイプ一致技。性能安定で非接触。のろいを積む型なら一考。
タネマシンガン25(37)*2~5100-タイプ一致技。タスキやがんじょう潰しに。期待値はタネばくだんと近い。
グラススライダー70(105)100GF時優先度+1タイプ一致技。ダイソウゲン使用後などに活かせるか。
げきりん120(180)100行動固定タイプ一致技。受け向きな性能と相性が悪く、ダイマックス前提になりがち。
他の物理ドラゴン技は覚えない。
ばかぢから120100攻撃&防御↓対氷、鋼。耐久型には不向き。
ボディプレス80100-耐久型でも火力を期待できる。てっぺきやアッキのみとのコンボにも。
じしん100100-一致技との補完に優れ、鋼、炎、毒への役割破壊として。
10まんばりき9595-じしんと選択。グラスフィールドの干渉を受けない。
じならし60100素早↓100%後続サポートを意識するなら。ダブルなら味方の弱点保険の発動にも。
ころがる3090-じゃくてんほけん・ダイロック前提。相性補完に優れる。
ジャイロボール1~150100-対妖。鈍足なので高威力を出しやすい。のろいとシナジーがある。
ふいうち70100優先度+1貴重な先制技。襷破壊や止めに。
変化技タイプ命中解説
リサイクル-きのみの再利用に。用途多数。
やどりぎのタネ90流しやサポートに。草に無効。
じこさいせい-安定の回復技。こうごうせいは覚えない。
こらえる-じゅくせい型で。混乱実をリサイクルする戦術と好相性。ダイマックス対策にも。
せいちょう-攻撃・特攻強化。晴れ下で二段階強化に。
のろい-攻撃・防御を補強。もともと遅いのでデメリットは小さく、ふいうちで補える。
てっぺき-防御を二段階強化。
ドわすれ-特防を二段階強化。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。

テラスタル考察 節を編集

タイプ主な技解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説

型考察 節を編集

じゅくせいアッキタラプ型 節を編集

特性:じゅくせい
性格:すぶといorのんきorなまいき
努力値:HB252 or HD252
持ち物:アッキのみ/タラプのみ
確定技:じこさいせい
優先技:てっぺきorドわすれ
選択物理技:ボディプレス/ジャイロボール/じしん/ふいうち
選択特殊技:りんごさん/りゅうのはどう
選択補助技:やどりぎのタネ/こらえる

1ターンでBDいずれかを4段階orBD両方を2段階ずつ上げて一気に突破しづらくさせる型。
環境が物理偏重なのでB特化型のほうが使いやすいか。
B特化すると素の状態でも陽気ドラパルトの持ち物なしドラゴンアローは確定耐えできる。

積みを無効化にしてくるドヒドイデに対抗すべく、S35族抜きに素早さ44振りを加えるのも手。

B上昇を選べばボディプレスで火力面は補えるが、もう1ウェポンが竜技だとミミッキュで詰んでしまう。
無効化され難いりんごさん、もしくはジャイロボールがおすすめ。

のろい積み型 節を編集

特性:あついしぼうorじゅくせい
性格:すぶといorのんきorなまいき
努力値:H252 or H188, B252 or D252
持ち物:たべのこし/アッキのみ/オボンのみ/混乱実
確定技:のろい/じこさいせいorリサイクル(回復実採用時)
選択物理技:タネばくだん/じしん/ボディプレス/ジャイロボール/ふいうち
選択特殊技:りんごさん
選択補助技:やどりぎのタネ

積んで居座る要塞型。
特性は炎を起点にでき不一致氷を耐えられるようになるあついしぼうのほうがコンセプトに合致するか。
じゅくせいの場合は積み始めの素早い回復が優秀。
性格・努力値配分は、のろいによる上昇で物理を受けきる防御か、耐性的に役割を持ちやすい特防かはパーティと要相談。

また、じこさいせいとたべのこしを両立する場合、H188振りで16n-1となり回復効率が良くなる。

草技はのろいのA上昇を活かせるタネばくだんか、数を重ねれば強引な突破が見込めるりんごさんから選ぶ。
相性補完のじしんの他、ボディプレス・ジャイロボールといったのろいと相性の良いサブウェポンが揃っている。
ダイマックスする場合にも、ダイナックル(A↑)・ダイスチル(B↑)・ダイアース(D↑)のいずれとも追加効果が活きやすい。

物理竜技はげきりんしかなく、鈍足ゆえに対竜は不得手。
なのでこの型における竜技の採用は少ない。

サイクル型 節を編集

特性:あついしぼうorじゅくせい
性格:ひかえめorれいせいorゆうかんorのんきorなまいき
努力値:H252 or H188 残りABCD調整
持ち物:こだわりメガネ/こだわりハチマキ/とつげきチョッキ/イバンのみ/半減実/たべのこし/オボンのみ/混乱実
選択物理技:タネばくだんorタネマシンガン/じしん/ばかぢからorボディプレス/ジャイロボール/ふいうち
選択特殊技:りんごさんorギガドレイン/りゅうのはどうorりゅうせいぐん
選択補助技:やどりぎのタネ/リフレクターorひかりのかべ/じこさいせいorリサイクル(回復実採用時)

上記の型と違い、積まずに戦う型。
りゅうせいぐんやばかぢから等、打ち逃げ目的の技を取り入れやすいのが利点。
ただし、素の火力は平凡な為、有利な相手に上手いこと繰り出し続ける事が必要。
拘りアイテムや回復系アイテムで打ち合いを制したい。

C252振りベースで残りを特殊耐久に特化させるなら、H12-D244振りが最も効率良い。
HP実数値も187となり、奇数調整も実現できる(特殊耐久値24497)。
これにチョッキを持たせればひかえめサザンドラの持ち物無しりゅうせいぐんを耐えて返り討ちに出来る。
じこさいせいを採用するなら持ち物をハバンの実にするのもアリ。

また、特殊アタッカーとしての育成では技範囲が狭い為、りんごさんとギガドレインを併用するのも手。 
ほのおタイプに強くするならじしんの採用も視野に入る。
例として、れいせいA164振りダイアース(じしん)でH244振りヒードラン確1。

ベタな戦法だが、じこさいせいとやどりぎのタネで何度も回復するのも嫌らしい。


相性考察 節を編集

あついしぼうなら草タイプでありながら、炎技を半減する性質を持つことから鋼タイプと弱点を補完しあえる。
具体的にはギルガルドアーマーガア等。


対タルップル 節を編集

注意すべき点
特性とリサイクルのシナジーによってきのみの扱いに長けており、能力強化やHP回復を高効率で繰り返してくる。
素の火力は高くないものの、専用技りんごさんの追加効果であれよあれよと特殊耐久を削られる。
あついしぼう型の場合、ほのおタイプのメイン・サブを軒並み半減以下に抑えられる危険がある。
総じて積みと回復による遅滞戦術でダイマックス等を流しに来るポケモン。
対策方法
弱点は多いので上から素早く処理してしまいたい。
ドータクンアーマーガアといった浮いている鋼や、草耐性を持つタイプと複合のフェアリーに対してはほとんど有効打がなく、これらなら流しやすい。
補助技を使う事も多いのでちょうはつも有効。偶に積まずに殴る相手もいるが、弱点さえ衝かれなければ積みの起点に狙える。
猛毒状態にしてしまえるならそれが一番手っ取り早いが、キョダイマックス解禁ルールではキョダイカンロで復帰される可能性に注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

カジッチュ
8th威力命中タイプ分類PP備考
1からにこもる--ノーマル変化40
1おどろかす30100ゴースト物理15
タルップル
8th威力命中タイプ分類PP備考
*ずつき70100ノーマル物理15*進化時
1ずつき70100ノーマル物理15
1リサイクル--ノーマル変化10
1からにこもる--ノーマル変化40
1おどろかす30100ゴースト物理15
1せいちょう--ノーマル変化20
1あまいかおり-100ノーマル変化20
4のろい--ゴースト変化10
8ふみつけ65100ノーマル物理20
12やどりぎのタネ-90くさ変化10
16まもる--ノーマル変化10
20タネマシンガン25100くさ物理30
24じこさいせい--ノーマル変化10
28りんごさん80100くさ特殊10
32のしかかり85100ノーマル物理15
36てっぺき--はがね変化15
40りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
44エナジーボール90100くさ特殊10

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技11ソーラービーム120100くさ特殊10
技17ひかりのかべ--エスパー変化30
技18リフレクター--エスパー変化20
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技28ギガドレイン75100くさ特殊10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技34にほんばれ--ほのお変化5
技39からげんき70100ノーマル物理20
技50タネマシンガン25100くさ物理30
技57しっぺがえし50100あく物理10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20

タマゴ技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
まるくなる--ノーマル変化40
ころがる3090いわ物理20
リサイクル--ノーマル変化10Lv
ふいうち70100あく物理5

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
グラススライダー70100くさ物理20

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技10じしん100100じめん物理10
技17ドわすれ--エスパー変化20
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技39ばかぢから120100かくとう物理5
技46てっぺき--はがね変化15
技52ジャイロボール-100はがね物理5
技59タネばくだん80100くさ物理15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技65エナジーボール90100くさ特殊10
技77くさむすび-100くさ特殊20
技79ヘビーボンバー-100はがね物理10
技9410まんばりき9595じめん物理10
技99ボディプレス80100かくとう物理10

遺伝 節を編集

タマゴグループ植物/ドラゴン
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件カジッチュ(あまーいりんご)→タルップル
分岐進化アップリュー(すっぱいりんご)

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
ころがるレベルダーテング系統
ふいうちレベルダーテング系統/マラカッチ/ドラパルト
まるくなるリレーピッピ/ピクシー/トゲデマル(妖精)→チェリンボ(妖精/植物)
リサイクル自力Lv.1
レベルアップリュー