ヤレユータン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ヤレユータン [編集]

No.0765 タイプ:ノーマル/エスパー
通常特性:せいしんりょく(ひるまない・特性いかくを無効化する)
     テレパシー(ダブルバトルで味方の攻撃に当たらない)
隠れ特性:きょうせい(道具を失った味方に自分の道具を渡す)
体重  :76.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ノーマル/エスパーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヤレユータン9060809011060490せいしんりょく/テレパシー/きょうせい
イエッサン6065551059595475せいしんりょく/シンクロ/サイコメイカー
イエッサン7055659510585475マイペース/シンクロ/サイコメイカー
リキキリン12090701107060520はんすう/テイルアーマー/そうしょく
きょうせいHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヤレユータン9060809011060490せいしんりょく/テレパシー/きょうせい
フラージェス78656811215475552フラワーベール/きょうせい

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)むし/あく
いまひとつ(1/2)エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

第七世代出身のノーマル×エスパー複合タイプ。
同複合はイエッサンが続投しているほか、キリンリキが進化したリキキリンが登場。それぞれ特性で差別化は容易。
ヤレユータンの場合は高めの耐久、きょうせいやさいはいによるダブルバトルでのサポーターとして適性が高い。

第九世代ではサイドチェンジ、ワイドフォースを喪失。最大火力はやや落ちた。
獲得した技はスキルスワップ、ハイパーボイス辺りが採用圏内。せいしんりょくを物理アタッカーの味方に渡すなどが可能に。
もちろん自身も怯まずにトリックルームを展開できるなど、引き続きダブルバトルでの活躍が期待される。

元の耐性がサポーターとしては優秀で火力も低めなので、テラスタルを自分で切る利点は少ない。
せいぜいいたずらごころ+変化技を弾ける点を重視してあくになる選択肢がある程度か。

りんしょうが使用できないため、【ダブル】弱点保険りんしょう型はノートにあります。



特性考察 [編集]

せいしんりょく
怯みといかくを無効化。後者はヤレユータンには特に意味はない。
シングルで効果のある特性はこれのみなので、シングル想定の場合は必然的にこれで確定。
ダブルにおいても採用率の高いねこだましに妨害されなくなり、役割遂行を最優先にする場合は優先度が高い。
スキルスワップを習得したため、相方に渡していかく・怯み対策をすることが可能。
自身がメンタル技に弱いため、どんかんを自分に持ってくる選択肢もある。
かたやぶりには貫通される。ねこだましと両立できるデカヌチャンがいたら警戒しよう。
テレパシー
味方からの攻撃を受けない。じしん等の高威力全体技を気にせず撃つことができるようになる。
エースに全体攻撃を持たせたい場合は優先順位が高い。
さいはいにより全体攻撃を連発させることが可能なので、最も能動的に役割を持たせやすい。
こちらもかたやぶりで貫通される。相方選択の際は忘れないように注意。
きょうせい
隠れ特性。道具を消費した味方に自分の道具を渡す。ダブル専用特性。
消費アイテムを持たせたエースに更に強化アイテムを渡せるが、強制発動な点は注意。
こだわり系により突破力を向上させる、回復きのみで確定数をずらす等、用途は広い。
トリックを習得可能であり、一度発動した後に相手の道具を奪い、もう一度相方にパスするという芸当も可能。
スキルスワップで相手に渡すと、その相方が道具を消費する必要はあるが道具に依存する戦術を滅茶苦茶にできる。
第九世代ではブーストエナジーを持たせたパラドックスポケモンと相性が良い。

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果解説
サイコキネシス90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
サイコショック80(120)100-タイプ一致技。特防の高い相手を意識するなら。
サイコノイズ75(112)1002ターン回復封じタイプ一致技。威力は控えめだが相手の回復動作を封じられる上にみがわり貫通。
のどスプレーと併用可能。
アシストパワー20(30)100-味方の積み技+じこあんじ、味方のなげつける+じゃくてんほけん、
めいそうなど自身の積み技とあわせて。
ゆめくい100(150)100HP吸収タイプ一致技。クセはあるが、貴重な回復技。
あくびとの併用が必要。
はかいこうせん150(225)90次ターン
行動不能
タイプ一致技。反動が痛い。
ハイパーボイス90(135)100-一致技。みがわり貫通。
きあいだま12070特防↓10%対岩・鋼・悪。広範囲・命中難。はどうだんは覚えない。
シャドーボール80100特防↓20%対ゴースト・エスパー。
エナジーボール90100特防↓10%みずじめんいわトリトドン等に。
10まんボルト90100麻痺10%みずひこうギャラドスペリッパーに。
テラバースト80<120>100-自身のテラスタルのタイプに変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
物理技タイプ威力命中効果解説
イカサマ95100-対エスパー・ゴースト。攻撃無振りでも使える攻撃技。
はたきおとす65/97100道具排除追加効果が優秀。
じならし60100全体S↓100%サポート用。ダブルでは味方を巻き込むので注意。
かわらわり75100壁破壊壁破壊に。
変化技タイプ命中解説
さいはい-専用技。ダブル用。対象のポケモンが直前に使用した技をもう一度使わせる。
アンコールとは異なり、その場で同じ技を再使用させる。溜め技・行動不能技は失敗するので注意。
対象の回避ランクが上がっていても、それによって「さいはい」自体が失敗することはない。
トリックルーム-トリパ用。せいしんりょくならねこだましで妨害されない。
アンコール100起点作りに。アロマベールやメンタルハーブ等に注意。
あくび-起点づくりに。ふみんやラムのみ等に注意。
ちょうはつ100補助技対策。素早さが中途半端なので少々使いづらい。
リフレクター-味方の防御を強化。
ひかりのかべ-味方の特防を強化。
おさきにどうぞ-ダブル用。相方の素早さ補助。優先度±0。
わるだくみ-自身の特攻を強化。
めいそう-自身の特攻・特防を補強。
じこあんじ-主にダブル用。積み技を連発させてコピー。
じゅうりょく-味方の命中率補助。
スキルスワップ-せいしんりょくを味方物理アタッカーに渡したり、不要になったきょうせいを相手に押し付けるなど。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
ハイパーボイス
はかいこうせん
一致技の強化。
テラバースト解説
テラバースト解説
10まんボルト解説
エナジーボール解説
テラバースト解説
きあいだま
テラバースト
解説
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
サイコキネシス
サイコショック
アシストパワー
一致技の強化。
テラバースト解説
テラバースト解説
シャドーボール解説
テラバースト解説
イカサマ
テラバースト
いたずらごころ耐性の獲得。
テラバースト解説
テラバースト元のタイプの弱点である虫、悪の両方を半減にできる

型考察 [編集]

【シングル】特殊アタッカー型 [編集]

特性:せいしんりょく
性格:ひかえめ/れいせい
努力値:C252 残り耐久
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/たつじんのおび/とつげきチョッキ
確定技:サイコキネシス
優先技:イカサマ/きあいだま
攻撃技:ハイパーボイス/はかいこうせん/シャドーボール/10まんボルト/エナジーボール
補助技:トリックルーム/めいそうorわるだくみ/ひかりのかべ/リフレクター/あくび/アンコール

主にシングル用、ゴーストに強いエスパーアタッカー。
リキキリンとはきあいだまで差別化。

【ダブル】トリルさいはい型 [編集]

特性:せいしんりょく/テレパシー/きょうせい
性格:なまいき/のんき
努力値:S調整 残りHBD
持ち物:メンタルハーブ/混乱実/オボンのみ/ぼうじんゴーグル/ラムのみ/こだわりスカーフ/ルームサービス
確定技:さいはい
優先技:トリックルーム/ちょうはつ
攻撃技:イカサマ/サイコキネシス
変化技:まもる/リフレクター/ひかりのかべ/あくび/アンコール/トリック/スキルスワップ

トリックルーム後は基本的にエースを対象にさいはい連打。
特性はエースの攻撃技と相談。周囲全体攻撃技ならテレパシー、それ以外ならせいしんりょく
Sはエースより遅く行動できるよう、トリル採用/非採用に応じて調整すること。
むし/あく共に物理技寄りのタイプなので物理耐久寄りの耐久調整が無難か。HBDVの無補正H252B244D4振りで物理特殊耐久が同値となる。

サポート要員ではだいばくはつやだっしゅつボタンを用いてエースを素早く場に出すものや、サポートとエースを兼ねられるポケモンとあわせて用いたい。
ユニークな所ではトリックルームを発動してもさいはいを用いることで縛りを解除せずにすむため、高速の高火力をトリックルームの発動サポートとして使う事もできる。

単純に高火力エース、特に全体技持ちを2回行動させるだけでもかなり強力である。
以下はダブル補正(0.75倍)込みの確定数目安。

味方(備考)攻撃技仮想敵確定数
ワルビアル(A特化こだわりハチマキ)じしん
ペリッパー(雨下C特化こだわりメガネ)なみのり
ニンフィアフェアリースキンC特化こだわりメガネ)ハイパーボイス
コータス(晴れ下&無傷 C特化こだわりメガネ)ふんか無補正H振りガブリアス高乱2(80%)

コータスは半減600族でも無振りで受けるのは困難だろう。
ワルビアルなどは初期火力こそ低いが、1匹でも倒せば特性により受けるのは困難になっていく。ただし、2段階上昇でやっとコータスの晴れ噴火を超える程度。

高火力全体攻撃を撃てるアタッカーなら基本的に誰とでも組み合わせられるため、組み込めるパーティは多いだろう。
ラランテスなど行動回数が火力に直結するエースも相性が良い。
ワイドガード対策はしっかりしておくこと。その点ではちょうはつの必要度は高い。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ヤレユータン [編集]

注意すべき点
トリックルームやさいはい、両壁等を覚え、ダブルでのサポートに長ける。
高めの耐久とせいしんりょくでの怯み無効によりコンボを防ぎにくい。
対策方法
変化技が主体なのでちょうはつが有効。ただしメンタルハーブ持ちも多い。
ヤレユータンか相方、どちらかを集中攻撃して落とせばさいはいコンボを防げるが、相方を集中して落とす場合、物理アタッカーはイカサマに注意。

外部リンク [編集]