シャンデラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

シャンデラ [編集]

No.0609 タイプ:ゴースト/ほのお
通常特性:もらいび(炎技を受けるとそれを無効にし、交代するまで炎技の威力が1.5倍になる)
     ほのおのからだ(接触技を受けると30%の確率で相手をやけど状態にする)
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・オーロラベール・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)
体重  :34.3kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
特殊炎/霊HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
シャンデラ6055901459080520もらいび/ほのおのからだ/すりぬけ
Hバクフーン7384781198595534もうか/おみとおし
ラウドボーン104751001107566530もうか/てんねん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/どく/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)むし
こうかなしノーマル/かくとう

特性もらいびの場合、ほのお無効


突出した特攻が特徴のゴースト×ほのお複合。
他の数値は並程度だが、多耐性・多弱点もあってサイクル戦に強いのが特徴。
一致技も威力の高いほのお、等倍範囲の広いゴーストで本人の性質と相性が良好。

今作では同複合が一気に増えたが、ズガドーン不在により高い特攻を個性として活かしやすくなっている。
技方面もマジカルフレイムを失ったが元の超火力アタッカーとして重要な技はほぼ変化無し。打点重視の特殊アタッカーとしての活躍が可能。
ダイマックスの廃止でちいさくなる型も復権の兆しが見られる。
新要素のテラスタルとも相性は良く、もらいびで弱点を潰せるようになったり、耐性をマイルドにして居座りの選択肢を追加できる。

一方、複合を構成するタイプについてはそれぞれ強力な特殊アタッカーが多数追加されている。
特にゴーストはハバタクカミサーフゴーがトップメタに君臨しており、差別化はもちろん対策も必須。



特性考察 [編集]

もらいび
ちいさくなる型などで起点化できる相手を増やせる。
アタッカー型でも繰り出し性能が上がり、炎技の強化を狙えるので有用。
炎技は高威力なものが多いため、無効と半減の差は大きい。マジカルフレイム等も追加効果ごと無効化できる。
対面からでは発動を狙いにくいが、今作ではテラスタルすることで独自の耐性を得られるため活用の幅が広がった。
ただし環境に多いかまどオーガポンはかたやぶりで特性を貫通してくる。半減とはいえ高火力なので注意。
トレースされるとほのお技が通らなくなる。サーナイトはゴーストで弱点を突けるが、ポリゴン2だと格闘テラバースト以外の有効打がなくなってしまう。
ほのおのからだ
発動すれば物理アタッカーを機能停止させられるが、弱点の物理技はじしんやいわなだれなど非接触が多く、逆に接触が多いノーマル・格闘は無効なので発動機会が少ないのがネック。
とけるを覚えるとはいえ、回復技はいたみわけ程度で物理受けは厳しい。
相手依存かつ確率発動で不安定なため、明確な役割を持たせられる他ふたつと比べると優先度は低い。
すりぬけ
隠れ特性。壁やみがわりに強いのは、アタッカーとして大きな利点。
豊富な変化技もみがわりを気にせず使えるので、相性は抜群によい。

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果解説
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発には向かない。撃ち逃げ向き。
だいもんじ110(165)85火傷10%タイプ一致技。高威力・命中不安。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%タイプ一致技。中威力・命中安定。
シャドーボール80(120)100特防↓20%タイプ一致技。炎技とあわせて全18タイプに等倍以上。
たたりめ65/130
(97/195)
100-タイプ一致技。状態異常の相手に威力倍増。
おにびとあわせて。
ソーラービーム1201001ターン溜め対水・岩。炎技との相性補完に優れる。
晴れかパワフルハーブが前提。
エナジーボール90100特防↓10%対水・岩。炎技との相性補完に優れるが威力は控えめ。
サイコキネシス90100特防↓10%炎/格闘や水/毒等に。
クリアスモッグ50必中能力変化解除積み技対策。すりぬけならみがわりを貫通できるが鋼には効果無し。
テラバースト80<120>100タイプ変動テラスタル中はテラスタイプの技になる。実数値が攻撃>特攻なら物理技に変わる。
物理技タイプ威力命中効果解説
ニトロチャージ50(75)100素早↑100%タイプ一致技。追加効果が優秀。威力はタスキ潰し程度。もらいび等に注意。
くさわけ50100素早さ↑殴りつつ加速。そうしょくに通らないが、炎技で対処できる。
変化技タイプ命中解説
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょう持ち格闘は呼びにくいので撃ちやすい。
すりぬけならみがわり貫通。もらいびねつこうかんには注意。
のろい-ダメージ源。まもる・みがわり貫通かつ必中。テラスタルで積み技としても。
ふういん-ダブル向き。まもるやトリックルームとあわせて。
ちいさくなる-回避率強化。
メタ技はあるが、殆どが半減以下なのでデメリットは小さい。
めいそう-特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
とける-防御を強化。物理に滅法強くなる。
くろいきり-起点回避技。相手の積みとオーバーヒートでのCダウンをまとめてリセットできる。
いたみわけ-削り技兼回復技。低めのHPと相性がよい。
ちょうはつ100変化技対策。撃たれる前に撃てれば強力。
みがわり-補助技対策や様子見。耐性は多いのでチャンスがある。
トリック100メガネやスカーフとあわせて。
トリックルーム-サポート用。のろいやおきみやげで退場可能。
おきみやげ100オーバーヒート後の退場、起点作りに。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
テラバーストゴースト同士の撃ち合いに。弱点は格闘のみなので、耐性のスイッチとしては優秀。
オーバーヒート
だいもんじ
かえんほうしゃ
ねっぷう
ゴーストあくを弱点から消して一致技及び最大威力を強化。
テラバーストほのおじめんいわ。テラバースト採用することで苦手な相手に切り返せる。
特に自身の技が半減されやすい炎を想定するなら。
テラバースト呼ぶみずに刺さるが、地面が一貫する。草テラスタルの方が使いやすいか。
エナジーボール
ソーラービーム
呼ぶみずに。もらいびなら炎が効かないので耐性も優秀に。
テラバースト解説
テラバースト解説
クリアスモッグ
テラバースト
耐性は優秀だが地面弱点が一貫。
テラバーストテラバースト採用でヒードラン、テツノドクガなどに有効。
水の一貫は無視できないが、エナジーボールである程度抗える。
テラバースト解説
サイコキネシスゴーストあくの弱点は据え置きだが、格闘耐性を維持しつつドオードヒドイデに切り返しとして。
テラバースト解説
テラバースト解説
シャドーボール
たたりめ
メジャーどころの弱点を消しつつ一致技の一貫性を高められる。
テラバースト解説
あくのはどう解説
テラバーストもらいびと相性の良いタイプ。元がゴーストなので格闘に弱くなり辛い。
テラバースト格闘耐性を維持しつつ、テラバーストで一撃ウーラオスなどの悪へ切り返す。

型考察 [編集]

スカーフ型 [編集]

特性:すりぬけ(推奨)/もらいび
性格:おくびょう(推奨)/ひかえめ
努力値:CS252ベース
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:かえんほうしゃorだいもんじ/シャドーボール
選択技:オーバーヒート/エナジーボール/サイコキネシス/テラバースト
補助技:トリック/おきみやげ
テラスタイプ:ほのお/ゴースト/くさ/みず、じめん等(テラバースト採用時)

スカーフを持たせて上から叩ける相手を増やす型。
ひかえめだとS全振りでも最速ハバタクカミに届かないので、性格はおくびょうを推奨。
ただし相手が耐久無振りでも低乱1。Sブーストやタスキの可能性も高いので、抜いただけではまず勝ち目がない。

特殊アタッカー型 [編集]

特性:すりぬけ/もらいび
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:HC252ベースS調整
持ち物:きあいのタスキ/こだわりメガネ/ふうせん/いのちのたま/とつげきチョッキ/じゃくてんほけん
確定技:かえんほうしゃorだいもんじorオーバーヒート(オバヒ採用時は左記のいずれかと両立可)/シャドーボールorたたりめ(おにび採用時)
優先技:エナジーボール
選択技:サイコキネシス/テラバースト/ニトロチャージ
補助技:トリック/おきみやげ/いたみわけ/おにび
テラスタイプ:ほのお/ゴースト/くさ/エスパー/はがね/フェアリーなど

豊富な耐性を活かして繰り出し、高火力な炎技・一貫性の高い霊技で負担をかけていくアタッカー型。
BDはそこそこだがHPが低いため、繰り出し回数を稼げるよう耐久にある程度振るのがおすすめ。
Sは激戦区の80族なので、無振りや4振りのポケモンを抜けるようそちらに少し振ってもよい。
特性はひかりのかべ貫通のすりぬけが基本だが、型に応じてもらいびもアリ。

ちいさくなる回避型 [編集]

特性:もらいび
性格:おくびょう/すぶとい/おだやか
努力値:H204 S調整 残りBCD
持ち物:たべのこし
確定技:ちいさくなる/みがわり
優先技:シャドーボール
攻撃技:かえんほうしゃ/ほのおのうず
補助技:おにび/のろい/とける/ちょうはつ/いたみわけ

独特の耐性を活かして流し際にちいさくなるを積み、みがわりから展開していく。
みがわりを搭載することで相手に2回の攻撃ヒットを強制でき、状態異常も防ぎやすいので便利。

HPはたべのこし効率が良くなるH204振りにしたい。
先手でみがわりをするべく最速ベースを選びたくなるが、近年では高速高火力アタッカーが続出している為、耐久重視の調整も手。

特性は起点にできる相手を増やすため、もらいび。
後は削り手段を選ぶところだが、元々のC種族値が高いため、のろいやおにびで頑張らなくとも一致技で何とかなりやすい。

サポート型 [編集]

特性:もらいび/すりぬけ
性格:れいせい/ひかえめ/おくびょう
努力値:HC252 or HS252
持ち物:きあいのタスキ/ふうせん/シュカのみ
確定技:おきみやげorのろい
優先技:トリックルーム
攻撃技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ/シャドーボール
変化技:おにび/ちょうはつ/いたみわけ

独自の耐性と自主退場技を活かした起点作り型。
超火力なアタッカー型の存在があるため、ちょうはつを誘いづらく展開しやすい。

Sが中途半端な値のため、どちらかと言えばスイッチトリパやダブル向けの展開要員。
特性は耐性強化できるもらいび推奨。炎タイプを起点にトリックルームを展開できる。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対シャンデラ [編集]

注意すべき点
特攻が高く、特にほのお技は威力も高いので数値受けは困難。
サブには相性補完に優れるエナジーボールもある。
特性もテラスタルと相性の良いもらいび、壁やみがわりを貫通するすりぬけと優秀。
すりぬけの場合は豊富な搦め手もみがわり貫通で使えるので注意。
特攻以外も低くなく、耐久に厚く振ってのサイクル戦や最速スカーフでの速攻など運用方法も様々。
対策方法
耐性が多いと同時に弱点も多い。サブウェポンで抜群を取り、上から叩くのが一番手っ取り早い。
火力こそ凄まじいが中速のため、タスキを持たせたアタッカーなら真正面から競り勝つことも可能。
一致技+草に耐性があり、素早さで勝るイーユイサザンドラなどは優位に立てる。

外部リンク [編集]