アメモース - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

アメモース [編集]

No.0284 タイプ:むし/ひこう
通常特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)※アメタマの時「すいすい」
隠れ特性:きんちょうかん(相手のポケモンは木の実が食べられなくなる)※アメタマの時「あめうけざら」
体重  :3.6kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
特殊虫/飛行HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アメモース7060621008280454いかく/きんちょうかん
メガヤンマ8676861165695515かそく/いろめがね/おみとおし
ビビヨン805250905089411りんぷん/ふくがん/フレンドガード
蝶舞バトン虫HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アメモース7060621008280454いかく/きんちょうかん
モルフォン706560907590450りんぷん/いろめがね/ミラクルスキン
アブリボン6055609570124464みつあつめ/りんぷん/スイートベール

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

第三世代出身のむし×ひこう複合。種族値は特攻が高めな程度で残りは並かそれ以下。
一方、習得技は多彩かつかなり優秀。特にちょうのまいは自力で活用するのはもちろん、バトンタッチでの引き継ぎも可能。
優秀な設置技であるねばねばネット、進化前がみず複合である恩恵として同複合では珍しいみず、こおり技を覚えるのも見逃せない。
虫・飛行・水の3タイプの技をすべて半減以下にできるポケモンは、現環境ではドラゴン×鋼エンペルトのみ。
ちなみに、ねばねばネット、しろいきり、バブルこうせんはアメタマの時しか習得できないので注意。くろいきりはDLCの技マシンでも習得可能。

第九世代ではねっとう、まとわりつく、どくどく、はねやすめを覚えられなくなった。
新規習得技ではぼうふう、なみのり辺りが有用か。むしのていこうも再習得。イカサマも新たに覚えたが、いかくと相性が悪い。
ほかのみずタイプと同じく、ねっとうの代用として新技のひやみずも獲得している。
DLCではウェザーボール、ダブルウイング、はいよるいちげきを新規習得。

また、ちょうのまいアタッカーとして運用する場合に目の上のたんこぶだったフェローチェも不在。
ビビヨンには素早さで負けるが、習得技の違いで差別化は容易。
DLCでねばねばネットの習得者が多数復帰したものの、相性の良いいかくと唯一両立できる個性があるため、あまり意識しなくていいだろう。



特性考察 [編集]

いかく
場に出たときに相手の攻撃ランクを1段階低下。心許ない物理耐久を間接的に補強できる。虫タイプでは唯一の所持者。
きんちょうかんが扱いづらいのもあって基本的にはこちら。
ただしまけんきかちきはもちろん、第八世代でいかくを無効化する特性が急増した点には注意。
自身は特殊アタッカーなのでトレースされても痛くないが、ダブルで物理アタッカーを相方にする場合は注意。
きんちょうかん
隠れ特性。相手のきのみ消費を制限する。ダブルの味方には影響しない。
半減実や回復系きのみを抑制できるため、アタッカーとして運用する際は相性が良いが、効果がピンポイント。
素の耐久が低いこともあり、汎用性の高いいかくを差し置いて選択する価値は無いため、候補外。

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果解説
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致のメインウェポン。ちょうのまいやしびれごなとあわせれば怯みを狙える。
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致技。命中不安。雨で必中。あまごいを覚える。
むしのさざめき90(135)100特防↓10%タイプ一致のサブウェポン。性能安定。みがわり貫通。
むしのていこう50(75)100特攻↓100%タイプ一致技。追加効果狙いで。ダブルでは全体攻撃。
ハイドロポンプ11080-対炎・岩。高威力・命中不安。
なみのり90100-中威力・命中安定。ダブルでは周囲全体攻撃。
ひやみず50100攻撃↓100%いかくと併せて。追加効果目当てなので低威力は気にならない。
れいとうビーム90100凍り10%ボーマンダガブリアス等の4倍弱点に。
ふぶき11070凍り10%雪と併せて必中。ゆきげしきは覚えない。
こごえるかぜ5595素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。ダブルでは相手全体攻撃。
エナジーボール90100特防↓10%対岩。性能安定。
ギガドレイン75100HP吸収回復効果付き。ちょうのまいと併せて。
シャドーボール80100特防↓20%対ゴースト。鋼にも等倍。
物理技タイプ威力命中効果解説
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。いかくで後続の負担を減らせる。
アクアジェット40100優先度+1先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中解説
ふきとばし-積み技対策。起点化回避に。
しびれごな75妨害技。草は呼びにくいが、電気には注意。
ねばねばネット-アメタマ限定レベル技。サポート用。相手後続の素早さ低下。いかくと相性が良い。
飛行・ふゆう・あつぞこブーツ持ちには無効。いかくと同様にまけんきなどには注意。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ倍増。
ちょうのまい-特攻・特防・素早さ補強。自身にもバトンにも有用。
バトンタッチ-積み技やみがわりと併せて。
てだすけ-使用ターンの味方の攻撃技が1.5倍になる。優先度+5。ダブル用。
+  採用率の低い技

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
はかいこうせん解説
ウェザーボール(晴)
テラバースト
対氷・鋼。岩が一貫する。
ハイドロポンプ
なみのり
ウェザーボール(雨)
対炎・岩。電気とフリーズドライが一貫する。
テラバースト麻痺無効。
ソーラービーム
エナジーボール
ギガドレイン
キノコのほうし等の粉技読みで無償降臨+流しが狙える。
炎・氷・飛行が一貫する。
ふぶき
れいとうビーム
ウェザーボール(雪)
炎と岩が一貫する。
テラバースト飛行が一貫する。
テラバースト解説
テラバースト対岩・電気・鋼。氷が一貫する。
ぼうふう
エアスラッシュ
タイプ一致技の威力が2倍。
テラバースト解説
むしのさざめきタイプ一致技の威力が2倍。通りは悪い。
ウェザーボール(砂嵐)
テラバースト
対炎・氷・飛行。弱点と耐性の多くが入れ替わる。
シャドーボール解説
テラバースト氷が一貫する。
イカサマいたずらごころ耐性の獲得。
テラバースト対岩・氷。耐性は優秀だが、炎が一貫する。
テラバースト解説

型考察 [編集]

ちょうのまい型 [編集]

特性:いかく
性格:おくびょうorひかえめ
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ/ラムのみ
確定技:ちょうのまい
攻撃技:むしのさざめき/エアスラッシュorぼうふう/ハイドロポンプorなみのり/れいとうビームorふぶき/エナジーボール/シャドーボール
変化技:バトンタッチ

ちょうのまいで火力・耐久・素早さを上げて戦う型。特性や豊富なサブウェポンがほかのちょうのまい持ちとの差別化となる。
積んだ後はエアスラッシュで怯みも狙っていけるが、素の耐久は低いほうなので積むタイミングはシビア。積んだ後も過信は禁物。

1回積んだ後の素早さは、最速なら最速ドラパルト抜き。相手が耐久無振りの場合、れいとうビームでギリギリ確1。
準速では最速ファイアローまでしか抜けないうえ、メジャーな相手への確定数もほぼ変わらないので非推奨。

スカーフ型 [編集]

特性:いかく
性格:おくびょうorひかえめ
努力値:CS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:とんぼがえり
選択技:むしのさざめき/エアスラッシュorぼうふう/ハイドロポンプ/れいとうビームorふぶき/エナジーボール/シャドーボール

高い素早さから多彩な技で奇襲する型。
抜ける範囲はちょうのまい型と同じだが、火力は低いのでひかえめも一考。
自分のPTに合わせていずれかの性格をチョイスしたい。

ひかえめ・おくびょうのどちらでも、D4振りガブリアスに対し上かられいとうビームで確1を取れる。
しかし相手もスカーフやタスキ持ちが多いうえ、いかく込みでも無補正A振りがんせきふうじで中乱1なので油断はできない。

とんぼがえりと併せていかくを何度もばらまけるとおいしい。
ただし特性の発動順でスカーフを見抜かれる恐れもある。

先発サポート型 [編集]

特性:いかく
性格:おくびょう/おだやか/ずぶとい
努力値:S252or耐久調整 残りS
持ち物:きあいのタスキ/オボンのみ/半減実/レッドカード
確定技:ねばねばネット
攻撃技:エアスラッシュorぼうふう/むしのさざめき/れいとうビーム/ハイドロポンプ/エナジーボール/こごえるかぜ/とんぼがえり/とびかかる/なみのり
変化技:しびれごな/ふきとばし/パワーシェア

先発で繰り出し、ねばねばネットを設置するサポート型。特にダブルバトルで真価を発揮する。
いかくがあるので遂行性能・流し性能ともに高い。
こごえるかぜで対面の相手の素早さを下げることも可能。飛行タイプへの交代読みでも使える。


相性考察 [編集]

ちくでんランターンとは岩以外のお互いの弱点を半減以下にできる。


対アメモース [編集]

注意すべき点
ハイドロポンプ、れいとうビームなど特殊技のラインナップが豊富で、攻撃範囲が広い。
いかくのほか、ねばねばネットやちょうのまいなど、特性や変化技も優秀。
対策方法
弱点は多く、岩技は4倍。キラフロル等の特殊アタッカーならいかくも怖くない。
素の能力は平均程度なので、先制ちょうはつで変化技を封じるのも有効。

外部リンク [編集]