ランターン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ランターン 節を編集

No.171 タイプ:みず/でんき
通常特性:ちくでん(受けた電気タイプの技を無効化し、最大HPの25%を回復する)
     はっこう(野生のポケモンに出会いやすくなる)
隠れ特性:ちょすい(受けた水タイプの技を無効化し、最大HPの25%を回復する)
体重  :22.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
水/電HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ランターン1255858767667460ちくでん/はっこう/ちょすい
ウォッシュロトム506510710510786520ふゆう
電気吸収水HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ランターン1255858767667460ちくでん/はっこう/ちょすい
アズマオウ809265658068450すいすい/みずのベール/ひらいしん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/ひこう
いまひとつ(1/4)はがね
こうかなし---

特性「ちくでん」の場合、でんき無効。
特性「ちょすい」の場合、みず無効。


高いHPが特徴のみず×でんき複合。物理耐久はいまいちだが、特殊耐久はまずまず高め。
同複合のウォッシュロトムとは種族値の傾向がかなり異なり、特性も違うので差別化は不要。

何より特筆すべきはその耐性。半減4、1/4が1、弱点2とタイプの時点で優秀だが、ちくでんによりでんきも無効に。
補完の良い組み合わせを同時に半減以下に抑えやすく、強い相手にとことん強い。
特に前述したウォッシュロトムやサンダーは主力技を全てシャットアウト、他のFCロトムもカットロトム以外には有利となる。
弱点はじめんこそ採用率が高いが元々物理技が多く、最初から役割対象外と割り切ってしまえば問題になりづらい。
くさは通りの悪さからサブウェポンとしてはそこまで採用率が高くなく、くさむすびも威力40に抑え、流し性能はかなり高い。

一方、あくまでその耐久は補完に優れたタイプありきであり、特に物理相手は等倍以上でも押し切られやすい。
攻撃範囲、習得技は優秀ながら素の火力が低く、流せても後続に負担をかける手段が少ないのも欠点に。
高速再生もねむるしか覚えないので、一度消耗してしまうと立て直しは難しく、使い捨てになりやすい。
総じて痒いところに手が届かず、良くも悪くも流しつつちまちまと負担をかけ続ける役割重視の運用が基本。

新要素であるダイマックスは、HPの倍増で特殊耐久が更に向上、短所の火力も多少ながら改善される。
しかし能力の上昇するタイプの技はほとんど習得せず、中火力の撃ち合いをこなして終わり、というケースが多め。
変化技を駆使した誤魔化しも効かなくなるので、ダイマックスで強行突破を図る相手をどうしても流したい場合に切るぐらいか。

相手にダイマックスされた場合も、元々タイプ相性での受けが基本なので役割はほとんど変わらない。
ただしダイアシッド、ダイアークで役割対象の特殊アタッカーに強引な突破を狙われる危険性はある。
かいでんぱ、じゅうでんを採用していれば十分対抗できるが、ロトム系列もあくのはどう採用率は増えているので注意。

ランターン
ウォッシュロトム
  • 高い特攻
  • おにびにより物理アタッカー相手に強い
  • ふゆうでじめんを無効化[1]

ランターンはでんき技読みで繰り出しつつダイサンダーで展開されたエレキフィールドを利用できるのもウォッシュロトムにはない利点。
それぞれ優位点や運用傾向も大きく異なるため、同タイプとはいえ差別化の必要性はほぼないと言えるだろう。
なお、でんきタイプに強く出られるみずタイプとしては他に「ひらいしんアズマオウがいるが、こちらも技範囲や運用方法が大きく異なるため差別化は容易である。

これまで同速のポケモンが存在しないのも特徴だったが、今作でアーマーガアが登場。
直接的な意識の必要な相手ではないものの、アーマーガアを意識した調整を施した相手についでに抜かれる。
環境次第では多少調整した方が動かしやすくなる。ちなみに相方としても補完が非常に優秀。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

ちくでん
みずタイプでありながら、でんきタイプに強く出られる。独自の耐性が採用理由に直結するので基本はこれ。
かたやぶりには貫通されるが、それに相当する特性を持つでんきタイプは禁止級のゼクロムのみ。
サブウェポンに目を向けてもゴロンダのかみなりパンチ程度しか該当しないため、ほとんど考慮する必要はない。
はっこう
戦闘用の特性ではない。トレース対策にはなるがランターン自身の性能を大きく損ねる。
そもそも第八世代でトレースを持つのはサーナイトポリゴン2のみ。
前者は後出しされづらく、後者は特性を無力化したところで突破不能。役立つのは初手で対面した時ぐらい。
ちょすい
隠れ特性。第八世代ではウオノラゴンの登場で優先度は上昇した。
ランターン独自の役割を確立することを考えると、基本的にはちくでんが優先される。
ちくでん同様、トレースされると一致技が通らなくなるので一応注意。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
10まんボルト90(135)100麻痺10%命中安定の電気技。
かみなり110(165)70麻痺30%威力重視ならこちら。雨下で必中。雨パを組む時や雨パ対策に。
ボルトチェンジ70(105)100攻撃後交換交代読みや退却に便利だが、地面タイプに注意。こだわり系アイテムと相性がよい。
ほうでん80(120)100麻痺30%威力は低めだが追加効果が優秀。ダブルバトルでは味方を選ぶ。
ハイドロポンプ110(165)80-高火力の水技。
なみのり90(135)100-命中安定の水技。
ねっとう80(120)100火傷30%威力は低いが追加効果が優秀。耐久向け。
れいとうビーム90100凍り10%水とも電気とも相性のよいサブウェポン。
ふぶき11070凍り10%命中不安だが火力を求めるなら。
こごえるかぜ5595相手全体素早↓100%サポート用。ダブルバトル用か。
マジカルシャイン80100-物理エースの多いかくとうあくは基本的に役割対象外。
実質サザンドラピンポイントなため優先度低め。
変化技タイプ命中解説
でんじは90地面タイプや電気タイプには効かない。第7世代で弱体化したため優先度低下。
かいでんぱ100特殊アタッカーを流しやすくなる。
あやしいひかり100交換読みや嫌がらせで。耐久型の選択肢。
みがわり-耐久型だけでなく、アタッカーでも様子見やふいうち回避に有用。
たくわえる-積めるのは3回までだが、物理特殊共に硬くなれる。
ねむる-カゴのみと合わせて。エレキフィールドやミストフィールドに注意。
みずびたし100タマゴ技。相手を単水タイプに変える。よびみずちょすいで無効化される点には注意。
下記で解説。
みずびたしのメリット
  • 電気無効の地面タイプを水タイプにして、電気技を抜群に。
  • まひ無効の電気タイプのタイプ特性を消し、でんじはでまひに。
  • 相手のタイプ一致の主力技を不一致にして火力を下げる。
  • 鋼に毒を通す。ただしギルガルドはバトルスイッチの度にタイプが戻るので注意。また、剣盾のランターンはどくどくは過去作限定。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイストリームハイドロポンプ140(210)天候:雨一致技。2発目から威力1.5倍。
かみなりと相性がいい。
ねっとう130(195)
ダイサンダーかみなり140(210)場:EF一致技。2発目から威力1.3倍。
ねむらなくなるので催眠・あくびからの起点化対策にもなる。
10まんボルト130(195)
ほうでん
ボルトチェンジ120(180)
ダイアイスふぶき140天候:霰ドラゴン。追加のスリップダメージに注意。ダイストリームと相性が悪い。
れいとうビーム130
ダイフェアリーマジカルシャイン130場:MFドラゴン。4倍狙いで。追加効果で麻痺や火傷が撒きにくくなるので非推奨。
ダイサンダーと相性が悪い。
ダイジェットとびはねる130味方:S↑威力は皆無。加速用。最速なら1加速で125族のマニューラ抜き。
ダイウォール変化技-まもる状態フェイントで解除されないが、ダメージは受ける。
相手のダイマックスターン枯らしに。

その他

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイサイコサイケこうせん120場:PFドクロッグピンポイント。
ダイアタックはかいこうせん150相手:S↓特殊技なので威力はダイジェットより上だが、あちらの方が使いやすいか。

型考察 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

特性:ちくでん
性格:ひかえめ
努力値:特攻252 特防252 
持ち物:こだわりメガネ/とつげきチョッキ/たべのこし/オボンのみ
確定技:10まんボルトorかみなり/ハイドロポンプ(推奨)orなみのり
優先技:ボルトチェンジ/れいとうビーム
変化技:みがわり/みずびたし/でんじは

Cに努力値を割き、攻撃技を主体に圧力をかけていくアタッカー型。
基本的な役割は下記受け型とあまり変わらないが、C無振りとC特化では、火力に1.5倍ほどの差がある。
具体的にはC特化ハイドロポンプでH振りシャンデラを75%の中乱1。退かれても相手後続に大きく負荷をかけられる。
耐久面はD振りだけで事足りる場合が多く、たべのこしやオボンのみと併せて役割対象に何度も繰り出せる。

サブ技は草・ドラゴン狙いのれいとうビームが最優先。
電気技一点読みで物理地面が出てくることも多いため、交代読み行動は非常に重要。

HP調整について

基本はCDに厚く振るのでHは調整程度にとどめるが、
みがわりを採用するか、持ち物をたべのこしorオボンのみにするかで、最適の値は変わってくる。
※HP個体値Vを想定

実数値努力値調整の目的
2014定数ダメージで落ちにくくなる(8n+1)+ちきゅうなげ4回耐え
20536みがわりがちきゅうなげで壊れない
20752定数ダメージの割合が最小(16n-1)
20968たべのこしの回復量が1増加(16n+1)

まとめると、
みがわりなし→H201
みがわり+たべのこし以外(オボン)→H205orH207
たべのこし持ち→H209
が最適の値となる。

型サンプル

性格 :ひかえめ
努力値:C252 D252 残りH
持ち物:オボンのみ
技構成:10まんボルト/ハイドロポンプ/れいとうビーム/選択技

特にメタを考慮しない場合のテンプレ。
攻撃技はこの3つを入れておけば範囲で困ることはほとんどなく、C振りの型ではほぼ確定。
最後の選択肢には、高い流し性能を活かしたみがわりやボルトチェンジ辺りが筆頭候補。

電気・水流し型 節を編集

特性:ちくでん
性格:おだやか
努力値:HP252 特防252
持ち物:たべのこし/オボンのみ
確定技:10まんボルトorボルトチェンジ(推奨)/ねっとうorなみのり
優先技:れいとうビーム
選択技:あやしいひかり/みがわり/みずびたし/でんじは

高い特殊耐久+ちくでんを活かし、特殊電気・水に繰り出していく型。
繰り出しによるサイクルを重視して戦う型なので、おだやかHDベースが基本。
Cに振って圧力をかけたいと考えるなら、上記特殊アタッカー型を参照のこと。

電気技は水への遂行、また水技は電気を早めに流すために確定枠。

素早さ種族値は67。無振りや4振りの70族を抜く程度の素早さを振るのもアリ。
4振り70族抜き(実S92)は36振れば可能だが、相手側もそれを見越して振っている事を考えるともっと欲しくなるか。
ただ、相手を流しやすいポケモンなので、基本的に素早さに振るのは無駄が出やすい。
振るならしっかりと目的を定めること。

技考察
  • なみのりorねっとう
    ねっとうなら火傷のスリップダメージが狙えるため、長期戦において優秀なダメージソースになる。
    でんじはを採用したり、仮想敵への確定数が変わる場合はなみのり。
  • れいとうビーム
    一致技で等倍を取れないドラゴンや草への牽制手段。
    ただし物理ドラゴンはそもそも役割対象ではなく、Cに割かない型の構成上威力も控えめ。
    ランターン単騎に処理させるのではなく、相性のよい物理受けナットレイなどの控えで対応できるようにするのが無難だろう。
  • ハイドロポンプ・かみなり
    火力が売りのタイプ一致技だが、そもそも火力を求める型ではなく、負担をかけるなら補助技の方がよい場合も多い。
    特定の仮想敵への速度を意識して採用するならありだが、安定を求めるなら上記確定技の中から選ぶのが得策。
    採用があり得ない訳ではないが、型のコンセプトからは外れるため、選択肢外。
持ち物考察
  • ふうせん
    地面技以外の有効打に乏しいカバルドンドリュウズ辺りは多少Bに振れば水技で押し勝てる。
    あくびや一撃技を避けるためにみがわりがあると心強い。
    ただしふうせんを持たせると回復手段がなくなる上、電気・地面技以外に繰り出しづらくなるため、本来の水・電気受けとしての安定性は下がる。
  • カゴのみ
    ねむるを採用する場合の選択肢。どくどくなどの致命的な状態異常に対してリカバリーが利くようになる。
    どくみがヒードランなどには後出しするだけで役割が持てるため、状況によっては素眠りも十分ありえる。
    ただし遭遇機会の増えたエレキ・ミストフィールド中はねむるが使えなくなるため、以前より使いづらくなっている。
型サンプル1

性格 :おだやか
努力値:H252 D252
持ち物:たべのこし
技構成:10まんボルト/なみのり/でんじは/ボルトチェンジ
10まんボルトを採用したが、ほぼ撃つ機会はなかった。
10まんボルトでは火力不足な面が多く、むしろでんじはで麻痺撒き、麻痺させてボルトチェンジがメイン。
特攻に振ってなくても抜群が取りやすく負担のかかるれいとうビームや積み技の方が使いやすいかもしれない。

防御振り型 節を編集

特性:ちくでん
性格:ひかえめorずぶとい
努力値:防御252 特攻252 または 防御252 体力調整残り特攻
持ち物:シュカのみ/ふうせん/オボンのみ/たべのこし/カゴのみ/こだわりメガネ/じゃくてんほけん
確定技:10まんボルトorかみなり/なみのりorハイドロポンプ/れいとうビームorふぶき
選択攻撃技:ボルトチェンジ
選択補助技:ねむる/みがわり/でんじは

等倍物理や不一致じしんでランターンを倒そうとするポケモンを突破する型。

主な仮想敵は不一致じしんを撃つギャラドスや等倍で押してくるノーマル・飛行あたりだろうか。
シュカの実や風船をもたせると地面タイプも相手にできる。

特防に振らなくても特性のおかげで特殊電気または水タイプにはある程度有利に戦える。
例えばちくでんならサンダースあたりは問題なく相手することができる。


相性考察 節を編集

アーマーガア
ランターンの弱点であるくさが1/4、じめんが無効。
逆にランターン側はアーマーガアの弱点であるほのおを1/2、ちくでんによりでんきを無効にできる。
ランターンはボルトチェンジ、アーマーガアはとんぼがえりとサイクルを回せる技を覚える。

対ランターン 節を編集

注意すべき点
特性を含めて独特の耐性と高耐久を持ち、水・電気・氷などの特殊アタッカーに滅法強い。
物理にはねっとう、サイクル戦ではボルトチェンジ、草やドラゴンにはれいとうビームと攻撃面も優秀。
でんじはやみずびたしのような補助技も。
対策方法
火力をアップさせる積み技や回復技に乏しい。
HPが高いので、やどりぎのタネやギガドレインは効果覿面。高耐久のポケモンならみがわりも壊されにくい。
特防を上げつつ弱点を突けるダイアースも有効。
有利なポケモン(一例)
ちょすいよびみずの地面タイプ(トリトドンガマゲロゲヌオー
電気・水無効で後出しから余裕を持って倒せる。めざめるパワーが無くなったのでより対処しやすくなった。
ナットレイ
攻撃技やでんじはが痛手にならない。ねっとうの火傷には注意。
ヌケニン
めざめるパワーが削除され、どくどくが過去作限定になったので、有効打が非常に少ない。
みずびたし+電気技か、とびはねる程度。
ひらいしんアズマオウ
特性で電気無効、水、氷半減。
みがわりもB特化でなければ無振りメガホーンでも破壊可能、たくわえるでの要塞化にはつのドリルで対応。
1だけだが素でランターンより速いのも利点。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
チョンチーランターン
-1たくわえる--ノーマル変化20
-1のみこむ--ノーマル変化10
-1はきだす-100ノーマル特殊10
-1かいでんぱ-100でんき変化15
11みずでっぽう40100みず特殊25
11ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
41エレキボール-100でんき特殊10
81でんじは-90でんき変化20
1212バブルこうせん65100みず特殊20
1616あやしいひかり-100ゴースト変化10
2020スパーク65100でんき物理20
2424じゅうでん--でんき変化20
-*たくわえる--ノーマル変化20*進化時
-*のみこむ--ノーマル変化10*進化時
-*はきだす-100ノーマル特殊10*進化時
2830ほうでん80100でんき特殊15
3236アクアリング--みず変化20
3642じたばた-100ノーマル物理15
4048とっしん9085ノーマル物理20
4454ハイドロポンプ11080みず特殊5

第6~7世代

XYOA7th備考
チョンチーランターンチョンチーランターンチョンチーランターン
-----1たくわえる
-----1のみこむ
-----1はきだす
-1-1-1かいでんぱ
12121111あわ×
111111ちょうおんぱ
-----1エレキボール
-----1でんじは
-----1*スポットライト*USUMのみ/×
666666でんじは
28309999エレキボール
1112121212みずでっぽう
171717171717あやしいひかり
313520202020バブルこうせん
202023232323スパーク
-27-27-*たくわえる*進化時
-27-27-*のみこむ*進化時
-27-27-*はきだす*進化時
344028292829シグナルビーム×
9931333133じたばた
394734373437ほうでん
232339433943とっしん
425242474247アクアリング
455745514551ハイドロポンプ
476047544754プラズマシャワー×
506450585058じゅうでん

第3~5世代

3rd4th5th備考
チョンチーランターンチョンチーランターンチョンチーランターン
111111あわ×
551111ちょうおんぱ
116666でんじは
13139999じたばた
171712121212みずでっぽう
293217171717あやしいひかり
252520202020スパーク
374323232323とっしん
---27-27たくわえる
---27-27のみこむ
---27-27はきだす
----2830エレキボール
--28303135バブルこうせん
--31353440シグナルビーム×
--34403947ほうでん
--39474252アクアリング
415042524557ハイドロポンプ
496145575064じゅうでん

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技14でんじは-90でんき変化20
技16いやなおと-85ノーマル変化40
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技27こごえるかぜ5595こおり特殊15
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技33あまごい--みず変化5
技35あられ--こおり変化10
技36うずしお3585みず特殊15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技45ダイビング80100みず物理10
技52とびはねる8585ひこう物理5
技55しおみず65100みず特殊10
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技80ボルトチェンジ70100でんき特殊20
技93かいでんぱ-100でんき変化15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15剣盾使用不可
技21やつあたり-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技27おんがえし-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技57チャージビーム5090でんき特殊10
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技70フラッシュ-100ノーマル変化20
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
第3世代~第4世代
技03みずのはどう60100みず特殊20タマゴ/
7th:教え
技34でんげきは60-でんき特殊207th:教え
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
VC第2世代
技03のろい--ゴースト変化10×
技07でんじほう12050でんき特殊5×
秘05フラッシュ-100ノーマル変化206th:技70

タマゴ技 節を編集

2nd3rd4th5th6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
サイケこうせん65100エスパー特殊20
しろいきり--こおり変化30
みずのはどう60100みず特殊207th:教え
みずびたし-100みず変化20
じたばた-100ノーマル物理15Lv
いやなおと-85ノーマル変化40技マ16
ドわすれ--エスパー変化20技レ17
うずしお3585みず特殊15技マ36
こうそくいどう--エスパー変化30技レ12
でんげきは60-でんき特殊207th:教え
しおみず65100みず特殊10技マ55
ちょうおんぱ-55ノーマル変化20Lv

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
ライジングボルト70100でんき特殊20

過去世代

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15技マ24
こごえるかぜ5595こおり特殊15技マ27
アクアテール9090みず物理10
シグナルビーム75100むし特殊15
とびはねる8585ひこう物理5技マ52
HSいやしのすず--ノーマル変化5
でんげきは60-でんき特殊20
みずのはどう60100みず特殊20タマゴ
すてみタックル120100ノーマル物理15
ものまね--ノーマル変化10
でんじは-90でんき変化20Lv/技マ14
みがわり--ノーマル変化10技レ20
Emこらえる--ノーマル変化10技レ26
Emねごと--ノーマル変化10技レ27
E/XDいばる-85ノーマル変化157th:技87
ダイビング80100みず物理10技マ45
ふいうち70100あく物理5

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技03ハイドロポンプ11080みず特殊5
技04なみのり90100みず特殊15
技05れいとうビーム90100こおり特殊10
技06ふぶき11070こおり特殊5
技0810まんボルト90100でんき特殊15
技09かみなり11070でんき特殊10
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技16たきのぼり80100みず物理15
技17ドわすれ--エスパー変化20
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技80エレキボール-100でんき特殊10
技84ねっとう80100みず特殊15
技86ワイルドボルト90100でんき物理15
技92マジカルシャイン80100フェアリー特殊10

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ドわすれ--エスパー変化20PDW
でんげきは60-でんき特殊20PDW

遺伝 節を編集

タマゴグループ水中2
孵化歩数5120歩
性別♂:♀=1:1
進化チョンチー(Lv.27)→ランターン

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
サイケこうせんレベルオクタン系統/カラマネロ系統
しろいきりレベルホエルオー系統
みずのはどうレベルアズマオウ系統/オクタン系統/ホエルオー系統/ナマズン系統
みずびたしレベルアズマオウ系統/オクタン系統/ホエルオー/バスラオ/ヨワシ

VC第2世代

習得方法覚える系統
いやなおとリレーゴルダック系統(水中1/陸上)/オーダイル系統(怪獣/水中1)→テッポウオ(水中1/水中2)


[1] かたやぶり+地面技は無効化できない