エンペルト - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

エンペルト [編集]

No.0395 タイプ:みず/はがね
通常特性:げきりゅう(HPが1/3以下のときに水タイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:かちき(相手に能力を下げられた時、特攻が2段階上がる)※第八世代までは「まけんき」
体重  :84.5kg(けたぐり・くさむすびの威力:80)

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/かくとう/じめん
いまひとつ(1/2)ノーマル/みず/ひこう/エスパー/むし/いわ/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/4)こおり/はがね
こうかなしどく

第四世代の水御三家で、唯一のみずはがね複合タイプ。
第九世代ではDLC「碧の仮面」にて復帰。

素早さは低いが特攻が高め、その他のステータスもまずまずバランスが良い。
はがね複合枠としては4倍弱点がない上に炎が等倍、一致水技の存在により攻撃面では地面にも有利。
サブウェポンも定番の氷から草、飛行など幅広く、豊富な耐性も合わせて打ち合いやサイクル戦への適性も感じさせる。
あくびやステルスロック、クイックターンを習得するため起点作りにも長けており、単純な特殊ATの枠にとどまらず器用な動きが望める。

反面、水枠としては鋼技で半減範囲を補えず、攻撃面での相性はイマイチ。
耐性面でも本来有利なほのお等倍・じめん弱点であり、後出しはもちろん対面不利な場面も多い。
耐性ははがね寄りだが攻撃面はみず寄りという性質から、メジャーポケモンとの有利不利の関係も独特であり、やや癖の強い性能をしている。
なお、キョジオーンのしおづけによるスリップダメージは、
水・鋼複合の自身に対しても最大HPの1/4で据え置きである。

第九世代では隠れ特性がまけんきからかちきに変更され、種族値に沿った形になったのが追い風。
技方面ではねっとうの没収が痛いものの、しんくうは、クイックターン、エアスラッシュ等小技やサブウェポンの充実は嬉しい。
環境面でははがねタイプ特殊アタッカーとしてサーフゴーHヌメルゴンブリジュラスなどの多数のライバルが登場。
いずれも優秀な種族値や特性、耐性を持ち、採用枠を争うことになる。
主な差別化要素としては上述の固有耐性と隠れ特性による独自の強みを活かせるところか。


特性考察 [編集]

げきりゅう
通常特性。HPが減ると水技の威力が上がる。
耐久、耐性に優れるため一撃で落とされることは少なく、発動機会は多い。
一方でそれゆえに発動圏内までいかないことも多く、調整は難しい。
クイックターンやアクアジェット等、メイン以外の水技も採用するなら。
かちき
隠れ特性。相手に能力を1つ下げられるたびに特攻が2段階上昇。
ダブルで飛び交ういかくやバークアウトを牽制可能。
シングルでもムーンフォース等による能力ダウンに強くなる。
なお、BDSPでまけんきの個体もSVに移すとかちきに変更される。逆も然り。

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果解説
ハイドロカノン150(225)90行動不能タイプ一致技。威力は絶大だがデメリットも大きい。
ハイドロポンプ110(165)80-タイプ一致技。高威力・命中不安。
なみのり90(135)100-タイプ一致技。中威力・命中安定。
ひやみず50(75)100攻撃↓100%タイプ一致技。攻撃しつつ物理アタッカーを弱体化。
うずしお35(52)85拘束拘束技。有利な相手を拘束。拘束は霊には無効。
みずのちかい80(120)100-誓い技。ダブルでは安定性能の水単体技としても。
ラスターカノン80(120)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。テツノツツミパルシェンハバタクカミ等に。
てっていこうせん140(210)95最大HPの1/2
反動ダメージ
タイプ一致技。はがねテラスで威力280の高火力技になるが、自滅しやすい。
起点づくり後の退場技としても。
れいとうビーム90100凍り10%対草・ドラゴン。水定番のサブウェポン。
ふぶき11070凍り10%対草・ドラゴン。サンダーボルトロスにも。命中不安だが雪で必中。
こごえるかぜ5595素早↓100%追加効果が優秀だが十分に生かすには調整必須。
スカーフやりゅうのまいに強くなる。交代読みでも。
くさむすび20~120100-対水。一致技を両方半減する水に刺さるが威力不安定。
ヘイラッシャに有効だが、テツノツツミウォッシュロトムにはあまり刺さらない。
エアスラッシュ7595怯み30%対草・格闘。稀に外れるので注意。ウーラオスオーガポン水にも。
怯みを狙うならスカーフやトリックルームとあわせて。
しんくうは40100優先度+1特殊先制技。アクアジェットと選択。霊に無効なのが難点。かちきと相性が良い。
テラバースト80<120>100-テラスタル時にタイプが変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
つるぎのまいを積んだ後なら物理技にもなり得る。
物理技タイプ威力命中効果解説
アクアジェット40(60)100優先度+1タイプ一致の先制技。しんくうはと選択。げきりゅうと相性が良い。
クイックターン60(90)100交代タイプ一致技。高い流し性能・低いすばやさを活かし、有利対面づくりを狙う。
かわらわり75100壁破壊相手の壁を破壊したいなら。先発向け。
変化技タイプ命中解説
こうそくいどう-素早さ強化。半減が多いので積みやすい。
つるぎのまい-攻撃を強化。アクアジェットとあわせて。
てっぺき-防御を強化。はねやすめとあわせて。
フェザーダンス-攻撃を弱化。呼ぶ物理アタッカーに交代読みで。
あくび-起点作りに。ステルスロックとあわせて。
みがわり-補助技対策や、げきりゅうの発動に。
ステルスロック-サポート用。あくびやほえるとあわせて。
はねやすめ-HP1/2回復。最大PP8。飛行テラス時もタイプ変化なし。
ほえる-起点化回避手段やステルスロックのダメージ稼ぎとして。
くろいきり-起点化回避手段。ぼうおんやじごくづき相手でも使用できる。かちきと相性が悪い。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
ハイドロポンプ
なみのり
ウェーブタックル
アクアジェット
クイックターン
一致技火力上昇。耐性は減るが、ある程度役割関係を維持できて弱点も2つなので無難。
水ポケモンとして炎や地に弱みを見せなくなるのも大きい。ただしフリーズドライには注意。
ラスターカノン
てっていこうせん
一致技火力上昇。多くの耐性を維持できるが、元の役割対象との役割関係は失い炎弱点も痛い。
エアスラッシュ弱点の地面と格闘を半減以下に。電気弱点の一貫に注意。
地面技を撃つ相手に余裕を持って切り返したいなら。
テラバースト対格闘及び一部のドラゴン。元のタイプとは弱点が大きく変わる。
テラス後の弱点のうち毒は無効、鋼は4分の1なので耐性の切り替えとしては優秀。
しんくうは
テラバースト
先制技の火力上昇に。
じしん
テラバースト
でんじは無効かつ、電気タイプへの切り返しに使える。
特殊型の場合、弱点を突くならテラバーストが必須。
テラバースト麻痺無効。テラバースト採用であれば対水や対飛行に。
一方で、耐性面では地面が一貫してしまう。
くさむすび
テラバースト
対地面・電気・草。水への打点も強化し粉技無効。
くさむすびが刺さる相手は多いが、弱点も増えてしまう。
テラバースト対草。炎にも強めになる一方、地面が一貫し他のタイプと範囲が被りがち。
テラバースト地面・格闘を半減にしつつ電気も等倍に。炎・岩は呼びづらい為飛行にだけ注意。
テツノツツミなどを対面処理する余地を残したい場合に。
テラバースト格闘無効。無効タイプの存在により、起点作成がしやすくなるので、サポート型に向く。
ステラテラバースト耐久型とはあまり嚙み合わない。
+  使用率・採用率の低いテラスタル

型考察 [編集]

とつげきチョッキ型 [編集]

特性:かちき/げきりゅう
性格:ひかえめ
努力値:HC252をベースに調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:ラスターカノン/なみのりorハイドロポンプ
優先技:れいとうビームorふぶき/アクアジェットorしんくうは
攻撃技:くさむすび/エアスラッシュ/クイックターン

高めの特攻・特防と、鋼の耐性を活かすチョッキ型。
受け出し能力を高めつつCに努力値を割けるとつげきチョッキとの相性はかなりよい。
特殊フェアリーを中心に後出しし、弱点の鋼技や後続に一貫しやすい水技でサイクルに負荷をかけていく。
ムーンフォースに受け出してかちきが発動すれば儲けもの。

基本アタッカー型 [編集]

特性:かちき(推奨)/げきりゅう
性格:ひかえめ/れいせい
努力値:HC252ベースで耐久調整、余りS
持ち物:オボンのみ/たべのこし/こだわりメガネ/半減実/ふうせん/きあいのタスキ
確定技:ハイドロポンプorなみのり/ラスターカノン
優先技:れいとうビームorふぶき/アクアジェットorしんくうは
攻撃技:こごえるかぜ/くさむすび/エアスラッシュ/クイックターン
変化技:あくび/ステルスロック/みがわり

基本的な特殊アタッカー型。こちらもサイクル戦向き。
オボンやたべのこしはチョッキに比べ物理にも強く、補助技も使える。
火力補強ならメガネで早期にサイクル崩壊を狙いたい。

じしんには弱いが、ガブリアス等それしか有効打の無い相手にはふうせんを持つことで強く出られる。
タスキで耐えられてもしんくうはで対処可能。

スカーフ型 [編集]

特性:かちき/げきりゅう
性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:なみのりorハイドロポンプ/れいとうビームorふぶき
攻撃技:ラスターカノンorてっていこうせん/くさむすび/クイックターン/エアスラッシュ
変化技:ステルスロック

スカーフ持ちの場合115族まで抜け、スカーフ以外のドラゴンに先制できる。
耐性の多い鋼タイプなので繰り出せる場面も多いが、後出し時にりゅうのまいやスケイルショットを積まれないよう注意。

エンペルトの弱点の1つである、素早さの低さをその場で補えるのはやはり大きい。
おかげで後出しで狩れる相手も大幅に増える。
サブウェポンで弱点を突ける技を持ってる相手は大抵居座る事が多く、そのまま返り討ちにできる。

高速移動型 [編集]

特性:かちき/げきりゅう
性格:ひかえめ
努力値:C252 S調整 残りH
持ち物:ヤタピのみ/ふうせん/きあいのタスキ/いのちのたま/ラムのみ/半減実
確定技:こうそくいどう/なみのりorハイドロポンプ
攻撃肢:ラスターカノン/れいとうビーム/くさむすび/エアスラッシュ
変化技:みがわり

スカーフに比べ速攻性がなく攻撃範囲も狭くなりがちだが、その他のアイテムで火力・耐久を補強できる点、スカーフも抜ける点が優秀。
特性はかちきを推奨。CS双方が2段階上がれば3タテも夢ではない。
一方で高速移動時の被弾で発動を狙えるげきりゅうも捨てがたい。

ステロ撒き型 [編集]

特性:かちき/げきりゅう
性格:ずぶとい/おだやか
努力値:H252 残り耐久
持ち物:ふうせん/オボンのみ/きあいのタスキ
確定技:ステルスロック/あくび/クイックターン
優先技:てっていこうせん
選択技:ハイドロポンプorなみのり/こごえるかぜorれいとうビーム/ラスターカノン/かわらわり
変化技:ほえる

先発に出し、ステルスロックを撒いてあくびで起点作りする型。
ラグラージカバルドンと比べ耐性が多く、ちょうはつも受けにくい。
かちきのおかげでいかく+とんぼがえりやすてゼリフ持ちの選出も牽制できる。
一方耐久種族値で劣り、電気が通るためボルトチェンジで対策される。

かわらわりを追加。先発で鉢合わせしがちな壁構築への対抗手段として。

クッション型 [編集]

特性:かちき/げきりゅう
性格:のんき/なまいき/ずぶとい/おだやか
努力値:H252 残り耐久orCS微調整
持ち物:ふうせん/オボンのみ/とつげきチョッキ
確定技:クイックターン
優先技:あくび
攻撃技:ひやみずorなみのり/うずしお/ラスターカノン/こごえるかぜorれいとうビーム
変化技:ステルスロック/はねやすめ

優秀な耐性による高い流し性能と低いすばやさを活かし、クイックターンにより有利対面を作っていく型。
後攻でクイックターンを撃つため、すばやさは最遅推奨。
こごえるかぜによるS操作も搭載する場合はS調整も検討。

特殊に対するクッション性能を高めるため、とつげきチョッキを採用するのも面白い。
ただし、その場合技の選択肢は攻撃技のみとなり運用の自由度は下がる。

耐久指数は中の上程度なので、等倍以上の場合は超高火力の特殊技で押し切られる恐れも。
具体的にはD特化でもC振りイーユイのメガネオーバーヒートが超低乱1(6.25%)。
ステロダメージ蓄積やS調整に耐久削りがあれば確1圏内に持ち込まれるため過信は禁物である。
当然ながらでんき技持ちにも分が悪い。

鈍足クイックターンによる対面操作は水タイプによく多い型で、他にはラグラージママンボウなどが名を連ねる。
エンペルトの場合他耐性が活かせるが、どのポケモンを採用するかはパーティとよく相談する必要がある。


相性考察 [編集]

唯一無二の独特なタイプ故、相性補完となるポケモンは多い。
以下、一例。

  • ロトム:こちらも弱点を補えるが、悪・ゴーストタイプが通りやすい。

対エンペルト [編集]

注意すべき点
鋼由来の優秀な耐性と、通りの良い一致水技。炎は不利で地面も出しにくい。
チョッキアタッカーからステロ昆布、対面操作とやれることが多い。
かちきも厄介。特殊フェアリーはマジカルフレイムで抗うこともできずに流される。
ダブルでもいかくやバークアウト持ちの選出を牽制されてしまう。
対策方法
鈍足なので上から叩く。弱点も地面や格闘等メジャー。
ただし耐久は低くないので、耐えられてかちきやげきりゅうを発動されないよう注意。
こちらが削れている場合は先制技にも警戒しよう。
一致技は水に半減。ウォッシュロトム水オーガポンには有効打少なめ。

外部リンク [編集]