シザリガー - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

シザリガー [編集]

No.342 タイプ:みず/あく
通常特性:かいりきバサミ(相手に攻撃を下げられない)
     シェルアーマー(攻撃を急所に受けない)
隠れ特性:てきおうりょく(タイプ一致による威力の補正が1.5倍から2倍になる)
体重  :32.8kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
てきおうりょく水HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
シザリガー6312085905555468かいりきバサミ/シェルアーマー/てきおうりょく
イダイトウ♂12011265807578530すいすい/てきおうりょく/かたやぶり
イダイトウ♀12092651007578530すいすい/てきおうりょく/かたやぶり

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)むし/でんき/かくとう/くさ/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

第三世代出身のみず×あく複合。耐久は低いが、てきおうりょくによる高い決定力が持ち味。
アクアジェットの破壊力はマリルリ以上、いざとなればハサミギロチンでワンチャンスに賭けることも可能。
つるぎのまい・りゅうのまいといった積み技も備え、種族値以上に攻撃性能が高く、尖った強みを持つポケモンといえる。

とはいえ、鈍足・低耐久の負の掛け算に加え、耐性も一切補完せず多弱点。
耐性も多めではあるが耐久が低く、特殊耐久については半減ですら普通に痛いレベル。
そのままだと行動回数を確保出来ず、タスキで耐え、一度殴り、アクアジェットをかまして終了、という刹那的な運用になりがち。
嵌まりさえすれば全抜きも可能な突破力を誇るので、おいかぜ・両壁・トリックルームなど、パーティ全体で補佐してやるとよいだろう。

第九世代ではダイマックスが廃止。能動的に雨にする手段があまごいに逆戻りし、シザリガーの耐久では自力で降らすのは現実的ではない。
HPを倍増させて強引に耐えて強引に突破することも不可能になったが、対面のHPが突然倍増する心配も消滅。
新要素のテラスタルは耐性の変化で確定数をずらされる危険も出てきたが、前述の通り一致技の通りは良いので読みでカバーできる範疇。
自身がテラスタルした場合、てきおうりょくはテラスタル後のタイプに依存し、不一致テラスタルなら2倍、元からの一致補正が重なると2.25倍まで打点が伸びる。
元のタイプを失うので一致技の撃ち分け時に威力が低下するリスクもあるが、突破力を更に向上させたり、役割対象を無理矢理変更する選択肢を得た。

技方面では復帰当初は幾つかの技を失っていたが、藍の円盤でねっとうを除いて技マシンに復活、再習得した。
とはいえ、シザリガーは元々超火力の一致技を用いたアタッカーが基本運用のため、それら搦め手寄りの技はどちらにせよ採用されないケースも多い。
新技についてはほぼ全てのポケモンが覚え、テラスタルと合わせ役割対象を大きく変化させるテラバースト、まともな威力が出るはがね技のハードプレス。
特に目立った強化・弱体化は無く、良くも悪くも前世代から然程役割は変わりない。

一方、採用機会の面ではライバルとしてイダイトウが登場。
複合は異なるものの、あくとゴーストは範囲が近め、シザリガーの短所である耐久・素早さは完全に上回られている。
種族値の上ではシザリガーの方が攻撃が高いが、こちらはイダイトウの覚えるウェーブタックルを覚えない。
物理みず技の威力では♀と同等、♂には完敗。逆に最大火力が同じくハイドロポンプの特殊方面では、種族値で♀に劣る。
単純な火力では少々見劣り気味のため、あちらが覚えないはたきおとす、つるぎのまい等の搦め手・変化技を活かして差別化したいところ。
素早さの低さを逆用して、トリックルームで運用する場合もシザリガーを優先する理由に繋がるだろう。



特性考察 [編集]

かいりきバサミ
攻撃ランクが下がらない。物理アタッカーとの相性は良いが、能動的に火力を底上げするてきおうりょくが優先される。
かたやぶりに貫通されるが、大抵は攻撃ランクを下げる暇があれば直接攻撃してくる相手なので、意識はあまり必要無い。
シェルアーマー
急所に当たらなくなる。だが元が低耐久であり、耐久調整を施すことが少ないシザリガーとは相性が悪い。
試行回数が少なく、そもそも一致等倍でも容易に突破されてしまうので恩恵を受けることはほとんど無い。
特殊型だとしてもてきおうりょくに勝るメリットがあるとは言い難く、基本的に候補外。
てきおうりょく
隠れ特性。タイプ一致技の倍率が1.5倍から2倍に上昇する。
適用技の上昇倍率はちからずくを超え、シザリガーの採用理由に直結するため基本的にはこれ。
テラスタルは本来の一致タイプと異なるタイプの技も2倍で撃てるようになり、元と同じタイプになると2.25倍になる。
一方で元のタイプを失うため、元のタイプの技についてはテラスタイプと一致しない限りは普段よりも威力が落ちる。
なお、テラスタル中も元のタイプの技はタイプ一致とは無関係に1.5倍を維持できるので、てきおうりょくが直接仇になることは無い。
トレースされると相手のタイプ一致技が超強化されるので注意。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力
[適応力]
命中効果解説
クラブハンマー100(150)
[200]
90急所ランク+1一致水技。高威力だが命中不安。急所ランクが高く大ダメージを狙いやすい。
アクアブレイク85(127)
[170]
100防御↓20%一致水技。命中安定。追加効果も優秀。
アクアジェット40(60)
[80]
100優先度+1一致水技。火力が高く素早さが低いのであると大きく変わる。
対面性能を強化。りゅうのまいを採用しないならほぼ必須。
はたきおとす65/97
(97/145)
[130/195]
100道具排除一致悪技。一撃目の威力が高く、追加効果も強力。基本はこれ。
かみくだく80(120)
[160]
100防御↓20%一致悪技。性能安定。耐久型との撃ち合いにも強い。
なげつける-100持ち物消費一致悪技。一度だけだがシザリガーの最高威力。
トリックルーム下でのくろいてっきゅうなどが候補。
インファイト120100防御・特防↓対悪。サザンドラや草/鋼に。耐久低下はさほど気にならない。
がむしゃら-100-削り技。タスキやアクアジェットとあわせて。
遅いので有効に使うには読みが必要。
ハサミギロチン-30一撃必殺有効打の無い相手に。ゴーストは呼びにくく、がんじょうは水弱点が多い。
特殊技タイプ威力
[適応力]
命中効果解説
テラバースト80<120>
[160]
100-テラスタル時にタイプが変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
テラスタル時にてきおうりょくが適用される。
変化技タイプ命中解説
りゅうのまい-攻撃・素早さ補強。最速で106族、準速で93族抜き。
つるぎのまい-攻撃を強化。アクアジェットとあわせて。
ちょうはつ100補助技対策。鈍足なので使いにくい。
すりかえ100ハチマキやスカーフとあわせて。
+  採用率の低い技

テラスタル考察 [編集]

テラスタル後はテラスタイプ以外の技にてきおうりょくが反映されないのは注意。

タイプ主な技解説
すてみタックルてきおうりょく込みで物理最大火力。
テラバースト解説
クラブハンマー
アクアブレイク
たきのぼり
アクアジェット
てきおうりょくで更に火力上昇が見込める。
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト
ゆきなだれ
解説
インファイトてきおうりょく込みで物理最大火力。
ヘドロばくだん対草・フェアリー
テラバースト
あなをほる
電気対策。
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
はたきおとす
なげつける
かみくだく
一致技の強化。いたずらごころ無効が継続。
テラバースト解説
テラバースト解説
ステラテラバーストてきおうりょくがどの技にも乗らなくなる。基本的には相性×。

型考察 [編集]

物理アタッカー型 [編集]

特性:てきおうりょく
性格:いじっぱり/ようき/ゆうかん
努力値:A252 HorS252
持ち物:下記で考察
技:持ち物と要相談
テラスタイプ:水/悪

等倍範囲の広い水・悪のメインウェポンとアクアジェットでタイマンを制する基本構成。
比較的メジャーなポケモンで一致技が双方通らないのはマリルリ水ウーラオストドロクツキなど。

持ち物考察 [編集]

いのちのたま [編集]

性格:いじっぱりorようき
努力値:HA252ベースでS調整
確定技:アクアジェット/はたきおとす
優先技:インファイト/クラブハンマーorアクアブレイク
選択技:すてみタックル/ハサミギロチン

基本となる物理アタッカー。役割遂行率を高めるため、火力アップさせる。

きあいのタスキ [編集]

性格:ようきorいじっぱり
努力値:AS252推奨
確定技:アクアジェット/はたきおとす
選択技:クラブハンマーorアクアブレイク/インファイト/ハサミギロチン/がむしゃら
補助技:つるぎのまい/りゅうのまい

きあいのタスキを持たせることで行動回数を確保し、積みやすくする。
ようきならりゅうのまい。最速りゅうのまいで106族まで抜け、鈍足をカバーできる。
いじっぱりならつるぎのまい。つるぎのまい+てきおうりょくで、アクアジェットもかなりの威力に。

こだわりハチマキ [編集]

性格:いじっぱり推奨
努力値:A252 S調整 残り耐久
確定技:アクアジェット/はたきおとす
選択技:クラブハンマーorアクアブレイク/インファイト/すてみタックル/すりかえ

こだわりハチマキで火力を補強する型。
しんかのきせき頼りの耐久ポケモンや、アクアジェットが確定圏内の炎タイプ、鈍足エスパーなど対面で流せるポケモンは意外と多い。
流し際に全ポケモン中最高威力のはたきおとすやクラブハンマーを入れるだけで、等倍なら大抵のポケモンは1発で落とせる。

こだわりスカーフ [編集]

性格:ようきorむじゃき
努力値:A252 S252or調整 残りC
確定技:たきのぼりorクラブハンマーorアクアブレイク/かみくだくorはたきおとす
物理技:ばかぢからorインファイト/ハサミギロチン
特殊技:れいとうビームorふぶき
補助技:すりかえ

りゅうのまいと同じく106族まで抜ける。撃ち逃げには適している型なので1ターン目から攻撃できるのは小さくないメリット。
スカーフを巻くのでアクアジェットの優先度は下がる一方、Cに下降補正をかけずにれいとうビームを採用する選択肢が生まれる。

くろいてっきゅう [編集]

性格:ゆうかん/いじっぱり
努力値:HA252 S個体値調整
確定技:たきのぼりorクラブハンマーorアクアブレイク/なげつける
優先技:アクアジェット
選択技:かみくだく/ばかぢからorインファイト/すてみタックル/ハサミギロチン

トリックルームでのサポートを前提とした型。
一度だけしか使用できないものの、適応力補正の乗った威力130の悪技の破壊力はすさまじい。
素早さは無補正無振り個体値Vだと鉄球込みで実数値36になる。これは無振り20族より遅い値。
あえてSに補正をかけないことで、トリックルームの終了直前や相手にあわせて鉄球を投げ柔軟にSを操作する戦い方も考えられる。

ちなみに素早さを下げたくない時は、でかいきんのたまを持たせるとくろいてっきゅうと同じ威力が出せる。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対シザリガー [編集]

注意すべき点
てきおうりょくにより強化された一致技で攻めてくる。あく技は無効化する手段が無く、一貫性も高い。
物理火力に目が行きがちだが特殊も高めで、両刀に仕上げられている可能性もあり受けは成立し難い。
先制技のアクアジェット、役割放棄のハサミギロチンといった技も習得し、誤魔化しも効きづらい。
対策方法
低耐久かつ弱点も多め、かつ鈍足。殴れれば倒しきるのは簡単。
行動保障はタスキに頼る場合が多いので、タネマシンガンならば何もさせずに落とすことも可能。
トリックルームで鈍足を逆用されると無償突破は困難になる。併用しているようなら起点を潰しておくのがベスト。
張られてしまった場合はシザリガーもまともな連続技を覚えないので、いたずらごころ+みがわりでの時間稼ぎが有効。
特性に依存するアタッカー全般に言えることだが、特性を無効化すれば火力は常識の範疇に収まる。

外部リンク [編集]