テツノイバラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

テツノイバラ 節を編集

No.991 タイプ:いわ/でんき
特性:クォークチャージ(ブーストエナジーを持たせたときかEFのとき、一番高い能力が上がる)
体重:303.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
原種&パラドックスHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
テツノイバラ100134110708472570クォークチャージ
バンギラス1001341109510061600すなおこし/きんちょうかん

ばつぐん(4倍)じめん
ばつぐん(2倍)みず/くさ/かくとう
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/でんき/どく
いまひとつ(1/4)ひこう
こうかなし---

パラドックスポケモンの1体で、バンギラスに類似している。アローラゴローニャに続くいわ×でんきの複合。
原種から合計種族値は下がったものの、HP、攻撃、防御は原種と同値であり、低下分はほぼ特攻に割り当てられており無駄の少ない配分となった。
すなおこしではなくなった上に特防そのものの数値が16も低下しているので原種ほどの特殊耐久は無いので注意。
それでも数値上はマリルリ以上であり、比較的高めではある。また、弱点の数はかなり減っているため、不意の大ダメージの心配は減った。

特性は自身のタイプとシナジーがある分、他の未来パラドックスポケモン達よりも活かしやすい。
ただし、物理型のでんきタイプの宿命として火力を出そうとするとワイルドボルトがメイン技になる都合上、せっかくの耐久が削がれてしまう。
反動を嫌うのであればかみなりパンチを採用するか、でんきテラバーストを使うようにしたい。
物理技のレパートリーは原種から多く引き継いでおり、サブウェポンは豊富なので好みに合わせてチョイスしよう。
積み技はりゅうのまいとつるぎのまいがあるため、物理アタッカーとして必要な能力を伸ばせる。最速りゅうのまい1回で最速134族相当になる。

欠点は素の状態だとやや鈍足気味であることと、地面4倍弱点であること。
一応れいとうパンチは覚えるので上が取れる状況であればガブリアスに対抗することも可能ではあるが、
返しの一撃で倒されることを懸念するのであれば弱点をケアできるタイプへのテラスタルも考慮に入れておこう。



特性考察 節を編集

クォークチャージ
隠れ特性は無くこれのみ。
場がエレキフィールドであるか、持ち物がブーストエナジーである時に、HP以外の一番高い能力に補正がかかる。
補正倍率は攻撃、防御、特攻、特防の場合は1.3倍、素早さのみ1.5倍。
ブーストエナジーは消費アイテム扱いなので一度発動するとその後に発動させることはできないが、
発動トリガーはエレキフィールドが優先されるため、エレキフィールド下で繰り出せばブーストエナジーは消費されない。
テツノイバラの場合は攻撃、防御のどちらかを伸ばせる。EF下で攻撃を強化すれば物理でんき技の威力が1.69倍(×一致補正)と凄まじいことに。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1タイプ一致技。対虫・飛行。命中不安。
いわなだれ75(112)90怯み30%タイプ一致技。りゅうのまいやスカーフとあわせれば怯みを狙える。
ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ60(90)95素早さ↓100%タイプ一致技。サポート用に。
ワイルドボルト90(135)100反動1/4タイプ一致技。反動が痛い。
かみなりパンチ75(112)100麻痺10%タイプ一致技。安定性を選ぶならこちら。
特殊技タイプ威力命中効果解説
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退可能。有利対面作りに。
変化技タイプ命中解説
ステルスロック-サポート用。
でんじは90麻痺撒きに。電気、地面タイプには無効。
かいでんぱ100特殊アタッカーの交代を読めれば。

テラスタル考察 節を編集

タイプ主な技解説
解説
解説
解説
一致でんき技を更に強化しつつ弱点をじめんのみに減らす。でんきの一貫を作れれば強力な一手となる。
解説
解説
高いBを活かした鉄壁ボディプレス型で採用することで、耐性が優秀かつ鋼技で弱点を突かれる鋼テラスタルに対して有利に立ち回れる。
解説
解説
本来4倍弱点であるじめん技を無効化できる。EF下の場合、相手の強化されたでんき技が弱点になってしまう点は注意。
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説

型考察 節を編集

型名 節を編集

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:
※確定技・選択技の候補はスラッシュ(/)で区切る。ただし、基本的に同時に覚えさせない、覚えられない技同士はorで区切る(例:なみのりorハイドロポンプ)
※技の選択肢が複数ある場合、なるべく優先したい技が左にくるよう並べるのが望ましい

アタッカー型 節を編集

サポート型 節を編集


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ポケモン名 節を編集

注意すべき点
このポケモンを相手にするときに注意すべき点を記載
対策方法
このポケモンの対策方法を記載

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

9th威力命中タイプ分類PP備考
シンカ1シンカ2シンカ3
111技名00ノーマル物理0
---バレットパンチ40100はがね物理30

遺伝 節を編集

タマゴグループ未発見
性別ふめい
進化条件進化しない