オーロンゲ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

オーロンゲ [編集]

No.0861 タイプ:あく/フェアリー
通常特性:いたずらごころ(使用する変化技の優先度が+1されるが、相手があくタイプだと技は必ず失敗する)
     おみとおし(自分が場に出た時、相手の持ち物がわかる)
隠れ特性:わるいてぐせ(自分が道具を持っていない時、直接攻撃を受けた相手から道具を盗む)
体重:61.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
いたずらごころ悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
オーロンゲ9512065957560510いたずらごころ/おみとおし/わるいてぐせ
ヤミラミ507575656550380するどいめ/あとだし/いたずらごころ
ヤミカラス608542854291405ふみん/きょううん/いたずらごころ
(73)(73)(467)しんかのきせき・BD無振り
(89)(89)(499)しんかのきせき・BD全振り

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)はがね/どく/フェアリー
いまひとつ(1/2)ゴースト
いまひとつ(1/4)あく
こうかなしドラゴン/エスパー

第8世代で登場したあく×フェアリーの固有タイプ。
いたずらごころによる先制補助技が持ち味。壁張りによる味方エースのサポート、電磁波・挑発・トリックによる妨害が主な仕事となる。
A120からの一致ふいうち・固有技・豊富なサブウェポンなどそれなりの攻撃性能も持ち合わせており、
同じあくタイプのいたずらごころ持ちであるヤミラミと大きく異なる点となっている。
いたずらごころ持ちでありながら、あくタイプ故に相手のいたずらごころに耐性を持つ点、
及びフェアリー複合のおかげであくタイプに対しても強く出られる点もオーロンゲの強さと言える。

新規習得技では念願の自主退場技「すてゼリフ」を習得。
いたずらごころ対象技なので先制交代にはなるが、後続の負荷を抑えつつ交代出来る。
一方で攻撃技はDDラリアット、じごくづき、ばかぢから、パワーウィップと有用性の高いものを多めに失っている。
元々アタッカー型は少なかったが、攻撃面では弱体化が目立つ。

今作では、いたずらごころ持ちのあくタイプは他にヤミラミヤミカラスがいる。
しかし、ヤミカラスは両壁を使えず、ヤミラミは両壁とでんじはを新規習得したものの、種族値と複合タイプの違いから差別化は不要。

変化技無効のサーフゴーには注意。
両壁の展開は出来るものの、すてゼリフを無効化されると自主退場にも失敗してしまい、逆に相手の起点にされかねない。

またどんな相手でもテラスタルで悪タイプになられると変化技が通らなくなってしまう。
現状いたずらごころ対策での悪テラスタルの利用はメジャーではないが一応注意。

ほぼ確実に仕事をこなせるその性能から、第8世代では環境や流行に左右されず常に高い採用率を維持し続けていた実績がある。
しかし今作では上記のサーフゴーが替えのきかない強力なポケモンとしてトップメタに君臨しており、
てんねんラウドボーンヘイラッシャが環境に多く、オーロンゲがサポートすべき積みエースがそもそも苦しい立場にある。
以上の要因が重なり、環境初期の現段階では前世代ほど採用機会に恵まれない。



特性考察 [編集]

いたずらごころ
シングル・ダブル問わず基本的にこれ。補助技を先制で撃てるオーロンゲの要。
あくタイプには無効となるが、そのあくタイプ相手には相性上有利に立ち回れる点も良い。
ちなみに壁や積み技など相手を対象としない技はタイプやサイコフィールド関係なく使用可能。
おみとおし
相手の持ち物が分かる。ダブルだと2体見られるためさらに強力。
これ自体は優秀な特性ではあるが、オーロンゲの場合は相手に「いたずらごころではない」と知られるディスアドバンテージが大きい。
フルアタ構成のアタッカーにせよサポーターだと偽装しておいたほうが動きやすい。後攻ですてゼリフを使用し後続の負担を減らしたい、ダブルでおんみつマント持ちかどうか判断してねこだましを撃ちたいなどの理由があるなら採用の余地はある。
わるいてぐせ
隠れ特性。自分が道具を持っていない状態で相手から接触攻撃を受けるとアイテムを奪う。
条件が受動的、かつリターンも相手依存。他の特性が優秀なため、戦術上は候補外。
ただこちらは登場時アナウンスが入らないため特性バレしない。消極的な理由だが、いたずらごころと偽装しつつフルアタ運用したり、あくタイプ相手に補助技を撃ちたい場合の選択肢。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
じゃれつく90(135)90攻撃↓10%一致技。命中不安。
ソウルクラッシュ75(112)100特攻↓100%一致技。命中安定。特防の低さを補える。後続のサポートにも。
イカサマ95(142)100相手の攻撃利用一致技。A無振りでも使える。サポート型などで。
どげざつき80(120)必中-一致技。必中。
かみくだく80(120)100防御↓20%一致技。追加効果期待。
ふいうち70(105)100優先度+1鈍足を補える一致先制技。読みが必要。
アームハンマー10090素早↓耐久低下を嫌うなら。すばやさ低下は大して痛くない。
かわらわり75100壁破壊壁張りミラー対策。
ドレインパンチ75100半分吸収与えたダメージの半分回復。
きゅうけつ80100半分吸収与えたダメージの半分回復。
パワーウィップ12085-対水地。4倍狙いでドサイドンガマゲロゲに。
ほのおのパンチ75100火傷10%対草鋼。4倍狙いでナットレイアイアントに。
れいとうパンチ75100凍り10%対飛地。4倍狙いでフライゴンタルップルに。
かみなりパンチ75100麻痺10%対飛水。4倍狙いでギャラドスペリッパーに。
じだんだ75/150100技失敗後威力2倍対毒鋼炎。ふいうちと好相性。地面技はこれのみ。
ねこだまし40100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しやダブルでのコンボ崩しに。
特殊技タイプ威力命中効果解説
マジカルシャイン80(120)100-一致技。主にダブルバトル用だが、撃たれやすいおにびに強い。
ドレインキッス50(75)1003/4吸収一致技。物理技とは一長一短。
あくのはどう80(120)100怯み20%一致技。でんじはやこわいかおと相性が良い。
きあいだま12070特防↓10%命中難だがデメリット無し。岩や鋼にはこちらの方が刺さる事も。
変化技タイプ命中解説
すてゼリフ100念願の自主退場技だが悪やクリアチャーム持ちに無効。
いちゃもん100同じ技を連発できなくする。みがわりやまもるとあわせて。
ちょうはつ100耐久型や積み技対策に。
いたずらごころだと悪に無効化され、どんかんアロマベール等には技そのものが無効。
ビルドアップ-AB↑。いたずらごころなら防御アップも生きやすい。
わるだくみ-C↑↑。両刀もできる。
でんじは90低いすばやさを補う。後続にも生きやすい。
こわいかお100素早↓↓。ダブルでの縛りの解除に。でんじはと選択。
ひかりのかべ-先手で張って耐久アップ。
リフレクター-同上。
パワースワップ-いたずらごころ持ちで唯一覚える。積みアタッカーやバトンパへの奇襲に。
こちらが下げられた能力を押し付けるのにも使える。
ちなみにガードスワップは覚えない。
みがわり-交代読みやターン稼ぎに。いたずらごころなら使いやすい。
トリック100厄介な道具を奪ったりこだわりアイテムを押し付けたり。おみとおしとも好相性。
いたずらごころなら先制してこうこうのしっぽを押し付けられる。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
解説
ほのおのパンチ本来の弱点であるはがねフェアリーを半減。アタッカー型ならやけどにならないのも利点。
ひやみず解説
かみなりパンチ解説
くさわけ解説
れいとうパンチ解説
ドレインパンチ解説
解説
じだんだ解説
解説
解説
きゅうけつ解説
解説
シャドークロー解説
解説
ふいうち一致ふいうちを強化。奇襲用。
本来の弱点3つを全て半減以下にできる。
ソウルクラッシュ解説

型考察 [編集]

壁張り型 [編集]

特性:いたずらごころ
性格:わんぱくorしんちょう
努力値:H252 B252orD252or耐久調整
持ち物:ひかりのねんど/レッドカード
確定技:ひかりのかべ or リフレクター(両立可)
優先技:ソウルクラッシュ/すてゼリフ
選択技:でんじは/ふいうち/イカサマ/かわらわり/ちょうはつ

主に積みエースと組み、確実性の高い壁張りを行う。相手を対象にしない技はあく相手でも無効にされない。
第九世代ですてゼリフを獲得し、壁を張った後の自主退場手段を得た。こちらはあく相手やサーフゴーに使ってしまうと退場も失敗するので注意。
当然、すてゼリフも先手で使ってしまうが壁+能力の低下により後続の負担は大きく低下する。

基本的には両壁を展開するが、エースによってはどちらかを削ってでんじは・ちょうはつ等を採用してもよい。

Hに84以上振るとH>B+Dとなるため、HBorHD特化以外の場合はH≒B+Dとなる調整が推奨。

妨害型 [編集]

特性:いたずらごころ
性格:わんぱくorしんちょう
努力値:H252 B252orD252or耐久調整
持ち物:こうこうのしっぽ等
優先技:でんじは/トリック
攻撃技:ふいうち/イカサマ/ソウルクラッシュ/かわらわりorドレインパンチ
補助技:ちょうはつ/リフレクター/ひかりのかべ/すてゼリフ

こうこうのしっぽトリックや電磁波で相手エースを機能停止にさせたり、挑発で起点作りを阻止する型。
こうこうのしっぽを持たせていても補助技やふいうちは先攻可能なため、デメリットはほぼないようなもの。
相手によってトリックを温存したり死に際に押し付けたりと器用な動きが見込める。
オーロンゲミラーを意識したかわらわりは後攻の方が機能しやすい。

物理アタッカー型 [編集]

特性:いたずらごころ/おみとおしorわるいてぐせ(フルアタ用)
性格:いじっぱり
努力値:A252 残り耐久
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/くろいメガネ/じゃくてんほけん/こだわりハチマキ/オボンのみ/ラムのみ/きあいのタスキ
確定技:ふいうち/じゃれつくorソウルクラッシュ
選択攻撃技:どげざづきorかみくだく/ドレインパンチorかわらわり/ほのおのパンチ/かみなりパンチ/れいとうパンチ/じだんだ/ねこだまし
選択変化技:ちょうはつ/みがわり/でんじは/ビルドアップ/トリック/すてゼリフ

種族値に沿ったアタッカー型だが、オーロンゲとしては奇襲の類。
一致技の威力が低く、爆発的な火力は無いが等倍範囲が広く、同時に半減される相手は限られる。
ふいうちで素早さで勝る相手にも圧をかけられる。1.2倍以上の火力強化アイテムで、H4ドラパルトが確1。
アーマーガア等の積みアタッカー、回復技相手はいたずらごころ+ちょうはつである程度対策可能。

基本的には多少変化技を搭載しておいた方が立ち回りやすい。
とはいえサブウェポンも豊富ではあるため、範囲を広げる目的ならばフルアタにするのも選択肢となる。
この場合、弱点を突ける点を活かしてたつじんのおびを持たせておくと奇襲性が向上する。

フルアタ構成の場合、特性についてはどれも一長一短。
おみとおしは確実に情報アドバンテージを得られるが型バレしやすく、変化技読みの受け出しを誘発しづらい。
わるいてぐせは型バレしづらいが発動条件がやや厳しく、また奪えてもデメリット付きの道具のリスクもある。
いたずらごころは実質特性無しになるが、型バレはしづらく余計な持ち物を奪うこともないので、フルアタでも選択肢。
自身があくということでトレースにも強い。ただしサーナイト相手は普通に相性が不利。

こだわりスカーフ型 [編集]

特性:おみとおしorいたずらごころ
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:どげざづきorかみくだく/じゃれつくorソウルクラッシュ
選択攻撃技:ドレインパンチ//ほのおのパンチ/かみなりパンチ/れいとうパンチ/じだんだ
選択変化技:でんじは/ちょうはつ/トリック/すてゼリフ

他と運用方法がかなり異なるので通常アタッカーから分離。
先発サポートや鈍足アタッカーのイメージが強いオーロンゲのイメージを覆し奇襲を行う。
すばやさは最速で116族(エンニュートの1つ下)相当。アイアントサザンドラなどを無傷で倒せる。
サポート役として偽装する事を考えると先発推奨。

特性はおみとおしといたずらごころから選択。
前者は相手のスカーフ持ちを見極める事で事故を防止でき、トリックとも相性が良い。
後者は型バレしにくく、自分より速い相手にも先手ででんじはやトリックすてゼリフを仕掛けられる。

【ダブル】サポート型 [編集]

特性:いたずらごころ
性格:いじっぱりorわんぱくorしんちょう
努力値:H252 ABD調整
持ち物:ひかりのねんど/オボンのみ/メンタルハーブ/こだわりスカーフ/くろいてっきゅう/かえんだま/どくどくだま/だっしゅつボタン
優先技:リフレクター/ひかりのかべ
攻撃技;ソウルクラッシュ/ふいうち/イカサマ/ねこだまし/かわらわり/けたぐり
変化技:でんじは/ちょうはつ/いばる/いちゃもん/うそなき/こわいかお/トリック/ビルドアップ

ねこだまし、トリック、いばるイカサマ、両壁張りなどダブルでの基本的な技が揃っている。
いたずらごころのおかげで先制して補助技を使うことができるのが特筆点。
トリックはかえんだまやくろいてっきゅう等のデメリットアイテム押し付けに。
さらに、エルフーンなどの他のいたずらごころ持ちからの、ちょうはつを筆頭とした変化技を無効化できるのも大きな個性。

イカサマのおかげで耐久に努力値が振ったうえで、壁張りもできるので場持ちはよい。
ある程度Aに振っていれば、ソウルクラッシュで負担を与えつつ特攻を下げたりふいうちで相手を縛ったりもできる。

Sに52振ることでS4ハッサムを抜ける。
バレットパンチを撃たれる前に変化技を使えるようになるので、特にだっしゅつボタンを持たせる場合は一考の余地がある。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対オーロンゲ [編集]

注意すべき点
いたずらごころによる壁張り、でんじは。
いたずらごころによって、どれだけ対策しても最低限の仕事をされやすい。
本来対策として機能するはずのサイコファングはオーロンゲに無効、自身はいたずらごころによる妨害を受けない、あくタイプやすりぬけ持ちの多くにタイプ相性上有利であるなど、メタに対するメタ要素が多い。
補助技しか能がないわけでもなく、攻撃種族値、攻撃範囲も優秀。一致「ふいうち」「ソウルクラッシュ」の技も厄介。
対策方法
攻撃種族値が高く等倍範囲も広いが、抜群範囲はそこまででもなく、また技威力も全体的に低め。
積み技も「ビルドアップ」のみで、回復技の「ドレインパンチ」はタイプ不一致で威力が乏しい。
本領は本人よりも「でんじは」や両壁から現れるエースの存在。

最も楽なのは後続へ「かわらわり」などを叩きこんで壁を破壊する、或いはすりぬけを持つポケモンの採用。
かわらわりが無くともほとんどの場合オーロンゲ自体の火力は高くなく、自主退場技も持たないため、壁の効果が切れるまで時間稼ぎできるポケモンがいると良い。壁を張る隙に積み技を使い壁の上から潰せる火力を持たせても良い。

サーフゴー
おうごんのからだの効果でサポート型なら有効打はほぼない。
ただし、交代読みで変化技無効後のじだんだで奇襲してくるアタッカー型に注意。

ストリンダー
電磁波無効、高火力音技、一致毒技。壁を張られてもほっぺすりすりで時間稼ぎ&後続を呼びにくくできる。

ドドゲザン
いたずらごころ無効、一致鋼技。ソウルクラッシュに後出しすれば攻撃2段階上昇。
かわらわりがあれば壁も破壊できる。たまにいる純粋なアタッカー型の格闘技に注意。


覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

8th威力命中タイプ分類PP備考
ベロバーギモーオーロンゲ
--1ソウルクラッシュ75100フェアリー物理15
-11どげざつき80-あく物理10
--1ビルドアップ--かくとう変化20
111ねこだまし40100ノーマル物理10
111ないしょばなし--ノーマル変化20
411かみつく60100あく物理25
811おだてる-100あく変化15
121212うそなき-100あく変化20
161616ダメおし60100あく物理10
202020いばる-85ノーマル変化15
242424ふいうち70100あく物理5
282828いちゃもん-100あく変化15
-*-どげざつき80-あく物理10*進化時
333535あくのはどう80100あく特殊15
364040わるだくみ--あく変化20
--*ソウルクラッシュ75100フェアリー物理15*進化時
404648じゃれつく9090フェアリー物理10
445256イカサマ95100あく物理15
--64アームハンマー10090かくとう物理10

技マシン [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01とっしん9085ノーマル物理20
技03うそなき-100あく変化20
技06こわいかお-100ノーマル変化10
技07まもる--ノーマル変化10
技12けたぐり-100かくとう物理20
技18どろぼう60100あく物理25
技20くさわけ50100くさ物理20
技22ひやみず50100みず特殊20
技25からげんき70100ノーマル物理20
技37ドレインキッス50100フェアリー特殊10
技39ローキック65100かくとう物理20
技43なげつける-100あく物理10
技47こらえる--ノーマル変化10
技58かわらわり75100かくとう物理15
技61シャドークロー70100ゴースト物理15
技62イカサマ95100あく物理15
技64ビルドアップ--かくとう変化20
技66のしかかり85100ノーマル物理15
技67ほのおのパンチ75100ほのお物理15
技68かみなりパンチ75100でんき物理15
技69れいとうパンチ75100こおり物理15
技70ねごと--ノーマル変化10
技73ドレインパンチ75100かくとう物理10
技74リフレクター--エスパー変化20
技75ひかりのかべ--エスパー変化30
技79マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技80ゆびをふる--ノーマル変化10
技82でんじは-90でんき変化20
技84じだんだ75100じめん物理10
技85ねむる--エスパー変化10
技87ちょうはつ-100あく変化20
技89ボディプレス80100かくとう物理10
技92ふういん--エスパー変化10
技94あくのはどう80100あく特殊15
技95きゅうけつ80100むし物理10
技103みがわり--ノーマル変化10
技108かみくだく80100あく物理15
技109トリック-100エスパー変化10
技127じゃれつく9090フェアリー物理10
技139ミストフィールド--フェアリー変化10
技140わるだくみ--あく変化20
技152ギガインパクト15090ノーマル物理5
技158きあいだま12070かくとう特殊5
技163はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技171テラバースト80100ノーマル特殊10

タマゴ技 [編集]

なし

教え技 [編集]

8th威力命中タイプ分類PP備考
しっとのほのお70100ほのお特殊5
うっぷんばらし75100あく物理5

技レコード [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技07けたぐり-100かくとう物理20
技13きあいだめ--ノーマル変化30
技14ゆびをふる--ノーマル変化10
技18きゅうけつ80100むし物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技32かみくだく80100あく物理15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技37ちょうはつ-100あく変化20
技38トリック-100エスパー変化10
技39ばかぢから120100かくとう物理5
技48ビルドアップ--かくとう変化20
技58あくのはどう80100あく特殊15
技64きあいだま12070かくとう特殊5
技68わるだくみ--あく変化20
技72パワーウィップ12085くさ物理10
技81イカサマ95100あく物理15
技90じゃれつく9090フェアリー物理10
技92マジカルシャイン80100フェアリー特殊10
技93DDラリアット85100あく物理10
技95じごくづき80100あく物理15
技99ボディプレス80100かくとう物理10

遺伝 [編集]

タマゴグループ妖精/人型
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂のみ
進化条件ベロバー(Lv32)→ギモー(Lv42)→オーロンゲ

遺伝経路 [編集]

習得方法覚える系統
すてゼリフハーブオトシドリ