ヒードラン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

ヒードラン 節を編集

No.485 タイプ:ほのお/はがね
通常特性:もらいび(炎技を受けるとそれを無効にし、交代するまで炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:ほのおのからだ(接触技を受けると30%の確率で相手をやけど状態にさせる)
体重  :430.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
能力値HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヒードラン919010613010677600もらいび/ほのおのからだ

ばつぐん(4倍)じめん
ばつぐん(2倍)みず/かくとう
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/エスパー/ドラゴン
いまひとつ(1/4)くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
こうかなしどく

特性もらいびにより、ほのお無効


唯一のほのお×はがね複合タイプを持つ準伝説ポケモン。
もらいび込みで弱点3・半減以下11という堅牢な補完を誇り、耐性11タイプのうち実に5タイプを1/4、2タイプを無効に。
特にもらいびにより、はがね対策をほのお技に頼り切っているポケモン・PTを1匹で詰ませられる点は特筆に値する。
また、一貫性の高いフェアリーを4分の1にできる点も強力。
反面、メイン・サブ双方で採用率の高いじめん4倍は無視できる弱点ではない。
が、ひこうふゆうで無効化出来るので、一点読みで裏に無償降臨させられる。
繰り出し性能・流し性能に優れ、補完に優れた相方候補も多い、サイクル戦適性の塊とも言えるポケモン。

第八世代ではめざめるパワーが廃止。こおり技は失うことに。
反面、てっていこうせん、しっとのほのお、ねっさのだいち、ボディプレスと有用な攻撃技を多数習得。
範囲はあまり変わらないが追加効果が有用だったり、威力が高かったりとそれぞれ採用理由が存在する。
また、めざめるパワーの廃止はマイナスばかりでもなく、多くのポケモンがじめん技を失った。
多くのフェアリーにほのお技のマジカルフレイムが配られたことで多くのはがねタイプが返り討ちにされる危険性が増えた中で、
もらいびにより無効にできるので多くのフェアリーに対して変わらずに役目を持てるのも大きい。
結果、有利な相手にとことん有利なヒードランの性質が強調され、採用理由の増加に繋がっている。
ただし、本来役割対象のほのおタイプの多くにねっさのだいちが配られたことで、対ほのおタイプとしての性能は低下気味。

新要素のダイマックスはダイアース、ダイスチルと耐久を向上させられ、
火力をダイバーンで上げつつみずが実質等倍になる、となかなか相性は良い。
ただしヒードラン自身が元々サイクル向けの性能で居座り向けではないこと、
および素早さを補強する手段が無く鈍足なことは変わらないなど、短所をカバーしきるには至らない。
役割はほとんど変わらず、対面性能を向上させる目的のダイマックスになることには留意。


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

もらいび
相手の炎技を無効にし、自身の炎技を強化できる。
ヒードラン以外の鋼は全て弱点、相殺できていたとしても炎等倍だが、この特性でほのお技が無効になるのが大きい。
基本的にはこの特性を選択。
トレースには注意。ラスターカノンで弱点をつけるサーナイトはともかく、ポリゴン2は高火力オーバーヒート・拘束できるマグマストームなど有用な炎技が無効化されてしまう。
またエースバーンのキョダイカキュウは無効化できないためダイマックスしそうなシチュエーションの時は注意。
ほのおのからだ
隠れ特性。とくせいパッチによってようやく解禁されたが、ヒードランに対してよく使われるじしんや特殊水には意味がなくダイマックス技も無意味。
何より、等倍の炎が無効にできないとヒードランの役割ができなくなる。
メタモンやトレースポリゴン2に炎技を通すために僅かながら使用例が見られるが、
もらいびの汎用性に及ばずいかんせん消極的な採用理由であるため数が少ない。

ほのおのからだが実用性に足るかに関する議論

↑なんかメタモン対策に僅かながら使われてますけど。
↑メタモンが増える以前のシリーズ13でも2.50%もいたのか ポリゴン2のトレース対策かな 実用性があるのでは
↑↑変身されても炎技を通るようにするためってこと?だいちのちから覚えさせてたらどのみち無理だしメタモン対策にはならないのでは?
そもそもピンポイント過ぎて発動機会が少ないうえに3割が絡んで、さらに炎読みの受け出し性能ができなくなるデメリットに対して釣り合いが取れるとは思えない。
一応ネタポケをよく使う実況者が触ってたのを一回だけ見たことはあるけど、もらいびでも有利不利がそう変わらん試合ばかりでやはりネタの域は出てなかった。
↑↑自分も意外と使用率が高いのは気になった。ただポリ2を仮想敵に据えるとしても今のトレースの採用率って3割程度。大半がダウンロードだからやはりピンポイント過ぎる気がする。

横槍入れるようで悪いけどメタモンで変身したら大地の力覚えておらず、こちらが躊躇してるのをいい事に炎技で倒される事が割と多いのが少し気になる。
弱点に非接触技が多いだけで、いざ実戦では交代とかでこいつに接触する機会も多いから炎の体も無駄にならないだろうし。
「消極的」というよりは昔でいう初手ドータクンの耐熱みたいな感じで、「読まれ過ぎて不遇な方の特性に可能性が生まれた例」じゃないかな。
↑ラス一でガモスと対面したとき、バレてなければ相手が降参するくらいの採用率から来る圧がある一方
実質受け出し専用で、上位には格闘なり地面技を仕込んだ炎ポケもいるから
それならミミッキュ、カイリュー、ゴリランダー、ナットレイあたりに対してやけどを入れられる可能性を持つのもアリだとは思う。

ダイマ禁止の環境で4.10%と割と増えてるね、多分ザシアン相手に火傷ワンチャン狙うためかな?
↑もうこの議論は終わりで。主観でしかない。
↑↑むしろ巨大火球廃止で貰い火の需要が爆上がりしたと思いますけど?
↑↑↑ちなみに使用率が4%以上に増えたのはダイマのあったシーズン19から。シーズンを重ねるごとに徐々に使用率が上がり、今の状況にある。
ダイマ禁止とは特に関係ないと思われる。


技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
ふんえん80(120)100火傷30%タイプ一致技。威力は低めだが抜群相手の遂行には十分。
役割対象外への追加効果の発動にも期待するための技。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%タイプ一致技。命中安定だが威力は抑えめ。
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。高威力で負荷をかけられる。撃ち逃げ向き。
マグマストーム100(150)75拘束ダメタイプ一致技。定数ダメージとサイクル妨害が優秀だが命中の低さが玉に瑕。
からぶりほけんやじだんだでフォロー可能。
ねっぷう95(142)90火傷10%タイプ一致技。ダブル用。相手全体攻撃。
しっとのほのお70(105)100該当ターンで能力が上がった
相手火傷100%
タイプ一致技。自身より素早いダイマックス相手に使いやすい。
ラスターカノン80(120)100特防↓10%タイプ一致技。フェアリーへの遂行技。岩にも抜群。
てっていこうせん140(210)95最大HP半分減少タイプ一致技。最大火力。ダイマックス前提。
または散り際、ラス1にも。
だいちのちから90100特防↓10%対炎・岩。ヒードランミラーにも強くなる。
ねっさのだいち70100火傷30%追加効果が優秀。だいちのちからと選択。
ソーラービーム120100溜め攻撃対水・岩・地面。ダイマックスや交代読みで。
あくのはどう80100怯み20%対霊・超。スカーフでの怯みや、ダイマックス時の撃ち合いで役立つ。
りゅうのはどう85100-対竜。範囲は狭いがフェアリーを呼ばない点は好相性。
げんしのちから60100全能力↑10%ほぼ4倍ピンポイント。
物理技タイプ威力命中効果解説
アイアンローラー130(195)100フィールド破壊タイプ一致技。グラスフィールドの破壊に注意。
がんせきふうじ6095素早↓100%物理技。追加効果が優秀。
変化技タイプ命中解説
ステルスロック-サポート用。高い流し性能を活かして。
おにび85物理アタッカー対策。交代読みで。
まもる-ターン稼ぎに。たべのこしとあわせて。
みがわり-補助技対策。まもるとあわせて。
ちょうはつ100変化技を封じる。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイバーンオーバーヒート140(210)天候:晴一致技。晴れで2発目から威力1.5倍。
呼ぶみずタイプの火力半減も。
ふんえん
マグマストーム
かえんほうしゃ
ねっぷう
130(195)
ダイスチルてっていこうせん140(210)味方:B↑一致技。てっていこうせんの場合、反動を無視できる。
また物理耐久の底上げができる。
ラスターカノン130(195)
ダイアースだいちのちから130味方:D↑特殊耐久のさらなる底上げ。
ねっさのだいち120
ダイソウゲンソーラービーム140場:GF素のソーラービームと違い相手に天候を奪われても隙なく高威力を保てる。
地震威力半減も美味しい。
ダイドラグーンりゅうのはどう130相手:A↓ドラゴン。物理耐久を補強。
ダイアークあくのはどう130相手:D↓特殊受けを崩す。
ダイロックげんしのちから110天候:砂嵐ほぼ4倍ピンポイント。スリップダメージ狙いでも。
ただしダイバーンの晴れを上書きしてしまう。
ダイアタックはかいこうせん150相手:S↓等倍範囲が広く追加効果も優秀だが技スペースが厳しいか。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックス切れを狙う。

型考察 節を編集

こだわりメガネ型 節を編集

特性:もらいび
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:C252 S調整 余りH
持ち物:こだわりメガネ
確定技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃorマグマストーム(いずれかの併用可)
選択技:ラスターカノン/だいちのちから/あくのはどう/げんしのちから/りゅうのはどう/はかいこうせん/おにび/ステルスロック

相手後続への負荷を最大限に高めるためのメガネ。高い繰り出し性能・流し性能と非常に噛み合う。
命中安定のかえんほうしゃと瞬発火力があるオーバーヒートの両立も検討される。
他の型と違い、等倍ラスターカノンや抜群だいちのちからの負担が段違いである。
炎技・ラスターカノン・だいちのちから以外の攻撃技にはやや乏しい。

こだわりスカーフ型 節を編集

特性:もらいび
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CSベース
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:オーバーヒート/だいちのちから
優先技:だいもんじorかえんほうしゃ
選択技:てっていこうせんorラスターカノン/あくのはどう/りゅうのはどう/はかいこうせん
補助技:おにび/ステルスロック

相手を流しやすく自身も流されやすいヒードランとこだわりアイテムは噛み合っている。
一方で、的確に「一般的なヒードランでは抜けない相手」を上から狩っていかないと展開が不利になりやすい欠点がある。

オーバーヒートは先手で確定~乱数圏内に持ち込める相手が多いため、奇襲で確実に倒していく性質上ほぼ確定。
一致技との相性補完に優れただいちのちからも命中安定で扱いやすく、外す理由はない。
連発できるようだいもんじなどの炎技をツーウェポンにしておくと、一貫が取れた終盤で役立つ。

炎・地が通らず鋼のみが通る高速ポケモンは意外と少ない。鋼技の仮想敵はプテラボーマンダサザンドラなど。
りゅうのはどうはほぼピンポイントだが炎を半減するドラゴン全般に安定して通る。

最速スカーフの実数値は211。130族周辺はあらかた抜けるが最速ドラパルトの213には及ばない。
一方でカプ・コケコをとんボルで逃げられる前に先手オーバーヒートで高乱数1を取れる点は魅力。あくのはどうがあればレイスポスも確1。
準速でオンバーン抜き。一見微妙な素早さだがカミツルギゲンガーなど120族未満に仮想敵が多いので選択肢としてはあり。
ただ、火力を重視しても確定数には大差がなく、めぼしいのはH4ボルトロスへのオーバーヒート(乱1)が1割→7割の乱数に変わる程度。

サイクル重視食べ残し型 節を編集

特性:もらいび
性格:おくびょうorおだやか
努力値:H212(16n+1調整)おくびょう:S252 残りC/おだやか:D調整 残りS
持ち物:たべのこし
確定技:ふんえんorマグマストームorかえんほうしゃ
攻撃技:だいちのちからorねっさのだいちorげんしのちからorラスターカノン
補助技:まもる/ちょうはつ/みがわり/ステルスロック/おにび

優秀な耐性とそれによる有利不利の分かりやすさを活かし、サイクル回しを重視する構成。
居座りと長いサイクルを重視するために持ち物はたべのこしが基本。

とつげきチョッキ型 節を編集

特性:もらいび
性格:ひかえめ/おだやか/おくびょう
努力値:HCベース(ひかえめ)/HDベース(おだやか)/CSベース(おくびょうorひかえめ)
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:ラスターカノン
優先技:だいちのちからorねっさのだいち
選択技:かえんほうしゃorだいもんじorマグマストームorふんえん/あくのはどう/りゅうのはどう
仮想敵とする特殊アタッカーとの撃ち合い性能の高い型。
他の型では切ることもあるラスターカノンだが、とつげきチョッキを持たせる場合は必ず仮想敵にカプ・テテフが入ってくるため、遂行技として確定で採用する。

【ダブル】基本型 節を編集

特性:もらいび
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:C252 S調整 余りH
持ち物:シュカのみ/いのちのたま
確定技:まもる/だいちのちから/ねっぷう
攻撃技:オーバーヒートorかえんほうしゃ/ソーラービーム(晴れ)/ラスターカノン
補助技:みがわり

耐性優秀なアタッカーとして運用する。
炎技を無効化しつつ晴れともらいびで強化された炎技を返せる性質から晴れパに強い。
ランドロスカプ・レヒレに注意。


相性考察 節を編集

グラスメイカー
  • カプ・ブルル
    シングル・ダブルを問わず7世代よく組まれた。
    お互いの弱点を完全にカバーし、ドラゴンに強く、いわゴースト以外の攻撃は全て半減以下にできる。
    フィールド展開中の回復により耐久力・サイクル性能が底上げされる。
    たべのこしと重複させた場合には毎ターン1/8回復するようになり、HPを減らさずみがわり×まもるが選択可能となる。
    また、致命傷であるじしんのダメージを半分に抑え、不一致のものならば余裕を持って耐えられるようになる。
  • ゴリランダー
    かくとう以外のお互いの弱点をフォローできる。
    前作で登場したカプ・ブルルと違い、かくとうやあくが一貫してしまうという欠点はあるが、ゴリランダーはドラムアタック、とんぼがえり、はたきおとすとヒードランの有利対面を作る数多くの技を覚えるため、劣化にはならない。

対ヒードラン 節を編集

注意すべき点
炎と毒が無効、鋼やフェアリーが1/4の強靭な耐性を持ち、繰り出し性能・流し性能が高い。
流し際のみがわりからマグマストーム・まもるを展開。C130からの一致炎技や鋼技も侮れない。
他にもこだわりメガネでの撃ち逃げやふうせんを持たせてのサポートなど型も豊富で読みづらい。
対策方法
やはり4倍のじめん技が有効。
素早さも中程度、みずタイプにも弱めで縛るのは容易いが、後続に相性補完に優れた相方がいることが多い。
カプ・ブルルorゴリランダーとヒードラン(+水枠)の場合、ランドロスボーマンダなど飛行技を覚えるポケモンが増えたため後続の草に強く地面技を使えるポケモンならなお良い。地震はダイアースにすればグラスフィールドで弱体化されない。
また、エースバーンのキョダイカキュウならもらいびを無視して一貫性を取れる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1ほのおのうず3585ほのお特殊15
1にらみつける-100ノーマル変化30
6メタルクロー5095はがね物理35
12げんしのちから60100いわ特殊5
18ほのおのキバ6595ほのお物理15
24こわいかお-100ノーマル変化10
30アイアンヘッド80100はがね物理15
36かみくだく80100あく物理15
42ふんえん80100ほのお特殊15
48きんぞくおん-85はがね変化40
54だいちのちから90100じめん特殊10
60ねっぷう9590ほのお特殊10
66ストーンエッジ10080いわ物理5
72マグマストーム10075ほのお特殊5

過去世代

4th
5th
6th
7th
威力命中タイプ分類PP備考
-1マグマストーム10075ほのお特殊5
-1ねっぷう9590ほのお特殊10
-1だいちのちから90100じめん特殊10
-1アイアンヘッド80100はがね物理15
-1ほのおのうず3585ほのお特殊15
11げんしのちから60100いわ特殊5
99にらみつける-100ノーマル変化30
1717ほのおのキバ6595ほのお物理15
2525きんぞくおん-85はがね変化40
3333かみくだく80100あく物理15
4141こわいかお-100ノーマル変化10
4949ふんえん80100ほのお特殊15
5757ほのおのうず3585ほのお特殊15
6565アイアンヘッド80100はがね物理15
7373だいちのちから90100じめん特殊10
8181ねっぷう9590ほのお特殊10
8888ストーンエッジ10080いわ物理5
9696マグマストーム10075ほのお特殊5

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技11ソーラービーム120100くさ特殊10
技13ほのおのうず3585ほのお特殊15
技15あなをほる80100じめん物理10
技20じばく200100ノーマル物理5
技21ねむる--エスパー変化10
技22いわなだれ7590いわ物理10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技26こわいかお-100ノーマル変化10
技31メロメロ-100ノーマル変化15
技34にほんばれ--ほのお変化5
技38おにび-85ほのお変化15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技48がんせきふうじ6095いわ物理15
技57しっぺがえし50100あく物理10
技68ほのおのキバ6595ほのお物理15
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技81じならし60100じめん物理20
技98じだんだ75100じめん物理10

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15剣盾使用不可
技21やつあたり-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技27おんがえし-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技41いちゃもん-100あく変化15
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技64だいばくはつ250100ノーマル物理5
技87いばる-85ノーマル変化15
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20orasのみ
秘04かいりき80100ノーマル物理15
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第4世代
技78ゆうわく-100ノーマル変化20
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
てっていこうせん14095はがね特殊5
アイアンローラー130100はがね物理5
しっとのほのお70100ほのお特殊5
ねっさのだいち70100じめん特殊10

過去世代

4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
いびき50100ノーマル特殊15技マ24
さわぐ90100ノーマル特殊10技レ35
アイアンヘッド80100はがね物理15Lv/技レ74
だいちのちから90100じめん特殊10Lv/技レ67
てっぺき--はがね変化15技レ46
ねっぷう9590ほのお特殊10Lv/技レ36
HSむしくい60100むし物理20
ステルスロック--いわ変化20技レ76
りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10技レ62
じだんだ75100じめん物理10技マ98
げんしのちから60100いわ特殊5Lv
どろかけ20100じめん特殊10
HSずつき70100ノーマル物理15
あくのはどう80100あく特殊15技レ58
ねごと--ノーマル変化10技レ27

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01のしかかり85100ノーマル物理15
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技10じしん100100じめん物理10
技15だいもんじ11085ほのお特殊5
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技32かみくだく80100あく物理15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技36ねっぷう9590ほのお特殊10
技37ちょうはつ-100あく変化20
技43オーバーヒート13090ほのお特殊5
技46てっぺき--はがね変化15
技58あくのはどう80100あく特殊15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技67だいちのちから90100じめん特殊10
技70ラスターカノン80100はがね特殊10
技74アイアンヘッド80100はがね物理15
技75ストーンエッジ10080いわ物理5
技76ステルスロック--いわ変化20
技79ヘビーボンバー-100はがね物理10
技88ヒートスタンプ-100ほのお物理10
技99ボディプレス80100かくとう物理10

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ふんか150100ほのお特殊5ポケモンレンジャー 光の軌跡で配信

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別♂:♀=1:1