オーガポン(かまどのめん) - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

このページはかまどのめんのものです。
みどりのめんはこちら→オーガポン(みどりのめん)
いどのめんはこちら→オーガポン(いどのめん)
いしずえのめんはこちら→オーガポン(いしずえのめん)

オーガポン(かまどのめん) [編集]

No.1017
タイプ:くさ/ほのお
通常特性:かたやぶり(相手の特性の効果を無視して攻撃することができる)
テラ特性:おもかげやどし(テラスタル化した時と、テラスタル化した状態で場に出ると攻撃が1段階上がる)
体重  :39.8kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
オーガポン(竈)80120846096110550かたやぶり
オーガポン(井戸)ちょすい
オーガポン(礎)がんじょう
オーガポン
(井戸、竈、礎)
15476600(めん補正A252・C0振り換算)
14882600(めん補正C252・A0振り換算)
オーガポン(碧)12060550まけんき
同複合HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
オーガポン(竈)80120846096110550かたやぶり
154584めん補正A252振り換算
スコヴィラン65108651086575486ようりょくそ/ふみん/ムラっけ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/いわ/どく
いまひとつ(1/2)でんき/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

第九世代のDLC「碧の仮面」にて登場した準伝説枠のポケモンの一体。
他の準伝説と比較するとウーラオスと同じく合計種族値は550と控えめだが、
攻撃と素早さに重点を置き、特攻は抑え、耐久にはほぼ均等に割り振られているため種族値配分の無駄は少なめ。

各数値は準伝説としてはもう一声欲しいところではあるが、多種多様なフォルムと特性により数値や耐性を補うことができるのが特徴。
なお、いずれのフォルムも種族値とくさタイプは変化なし。
本ページでは「かまどのめん」について記載する。他のフォルムについてはページ冒頭のリンク先を参照。

かまどのめんを持たせた状態だとこのフォルムになる。タイプは草と炎の複合に変化するが、持ち物が固定。
ただしかまどのめんの隠し効果にてオーガポンの使う全ての技の威力が1.2倍になるという破格の性能をもつ。
同複合はスコヴィランのみの珍しい複合。向こうは両刀配分且つ特性による戦法の観点から差別化を意識する必要性は薄い。
この複合タイプは互いの弱点を相殺し合うため耐性は少ないが、攻撃面ではくさを軽減するくさむしはがねに抜群が取れ、
逆にほのおを軽減するみずいわに対して草で抜群が取れるなど、攻撃面の補完として優秀。
専用技のツタこんぼうはほのおタイプに変化する。ほのおタイプとして見ると威力・命中共に安定しデメリットの無い炎物理技は非常に貴重。
くさタイプの一致技もパワーウィップ、ウッドハンマー、ウッドホーンから選択できるため問題なし。
変化技もやどりぎのタネ、アンコール、ニードルガード、こうごうせい、このゆびとまれ、てだすけなど優秀なものが揃っている。

オーガポンはテラスタル時に持っている仮面に応じておもかげやどしで上昇する能力が変わる特徴を有している。
かまどのめんでは攻撃が上昇し、炎技(ツタこんぼう)に関してはテラスタルの一致補正と合わせて一気に2倍の火力になる。
全フォルムの中でも特に攻撃性能に特化しており、草と炎の両方を軽減するほのおドラゴン以外での受けは難しい。

ただし、全フォルム共通でテラスタイプを変更できないという無視できない弱点が存在する。
これにより耐性を変えて苦手なタイプの技を無理矢理受けたり、他のタイプのテラバーストで範囲を補うという芸当ができず、
加えて相手側にもテラスタイプがバレるという複数のデメリットがある。
このデメリットを常に意識した上での慎重な運用が求められる。

なお、かまどのめんの場合はテラスタルによりくさタイプを隠すことで、等倍のほのお技などを半減に抑え込むといった芸当は可能。
一方でほのおドラゴンに対してはまともな打点がサブウェポンのじだんだやじゃれつくに限られ、
これらを搭載しないと足止めを食らいかねないので、ダメージレースで勝てる相手かどうかの見極めが重要となる。

シンプルな高速超火力エースという分かりやすく強い性能をしており、環境に存在するオーガポンの約6割を占める。
特にはがね技半減、高速、高火力一致ほのお技を持ち、かたやぶり、トリック無効と、環境トップメタであるサーフゴーに対して徹底して強く、スカーフシャドーボール以外に後出しから対処出来るというのが大きい。



特性考察 [編集]

かたやぶり
隠れ特性は無くこれのみ。
相手の特性を無視して攻撃することができる。
これにより特性がんじょうを無視して一撃で倒したり、特性そうしょくに対してやどりぎのタネを仕掛けるといった芸当が可能。
また、特性もらいびに邪魔されず炎技を通すことも可能でありヒードラン相手にツタこんぼうを通す事が出来る。
数値以外の面でも攻撃性能を補強してくれた上でサポート面にも磨きがかかる優秀な特性である。
ただし、第九世代に登場したとくせいガードを持ったポケモンにはかたやぶりが適用されないので過信は禁物。
また、準速時やS調整している場合に同時対面時の相手の特性によっては素早さがバレる場合がある。
特にアローラキュウコンは初手対面しやすく、確実に最速かそうでないかがばれてしまうため注意。
おもかげやどし
テラスタルした際に発動する特性で、持っている仮面に応じた能力が1段階上昇する。一度交代して再び場に出た際にも発動する。
かまどのめんの場合、上昇する能力は攻撃。第八世代におけるザシアンふとうのけんと同様の効果。
直接的に攻撃性能を高められる効果であり、攻撃252振りの場合、特性発動で種族値206相当になる。
ほのお技(ツタこんぼう)はテラスタル前と比較し威力が2倍になるので、ほのお技で既に相手のHPを元の1/3以上削れているなら、
次のターンで一撃で仕留められるようになるほどの瞬間火力を発揮できるようになる。
一方で素早さは補強されないため、予めくさわけを積むなどの方法で補強したい。
特性が変化する都合上かたやぶりがなくなるので、テラスタルを切るタイミングにも注意したい(特にヒードランが敵パーティにいる場合)。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
ツタこんぼう100(150)100急所ランク+1一致専用技。命中・威力共に安定で急所に当たりやすい効果持ち。
パワーウィップ120(180)85-一致技。命中がやや不安。威力は求めるが反動は嫌う場合の選択肢。
ウッドハンマー120(180)100与ダメージの
1/3反動
一致技。反動が痛い。威力と命中を求める場合の選択肢。
ソーラーブレード125(187)100溜め技一致技。パワフルハーブは持てないが、
晴れ下なら溜め無しかつデメリット無しの高威力命中安定技。
ウッドホーン75(112)100与ダメージの
半分回復
一致技。威力は控えめだが回復効果あり。
耐久・居座り重視の場合の選択肢。
タネマシンガン25(37)1002~5回連続攻撃一致技。5回当たればパワーウィップ等を超える威力に。
くさわけ50(75)100自分素早さ↑100%一致技。威力は控えめだが追加効果が優秀。
がんせきふうじ6095相手素早さ↓100%範囲と追加効果が優秀だが威力は控えめ。
ローキック65100相手素早さ↓100%同上。無効化されないことを取るか命中安定を取るかで選択。
ばかぢから120100自分AB↓対鋼。高威力だが反動が痛い。インファイトは覚えない。
けたぐり20-120100相手の体重依存対鋼。耐久を削らないが威力は相手依存で不安定。
かわらわり75100壁破壊対鋼。どちらかというと追加効果が目当て。
しねんのずつき8090怯み20%対毒。イイネイヌキチキギスに。
じだんだ75100前ターン技失敗で
威力2倍
同上。鋼への打点も意識するならこちら。10まんばりきは覚えない。
とんぼがえり70100攻撃後交代撃ち逃げ用。
じゃれつく9090相手攻撃↓10%対竜。ほぼ唯一のドラゴン相手にまともに通る技。
反面、一致技共々炎に軽減される。
はたきおとす65100相手道具喪失
道具持ち相手に
威力1.5倍
通りの良いサブウェポン。
こだわりスカーフを無効化できればテラ特性が活かしやすくなる。
じごくづき801002ターン音技封じ通りの良いサブウェポン。
ラウドボーンのフレアソングを封じられれば美味しい。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。タスキ潰しに。GF下を考慮するならグラススライダーも覚える。
カウンター-100優先度-6物理技を倍返し。
変化技タイプ命中解説
つるぎのまい-攻撃を2段階上げる。テラ特性と合わせて突破性能を大幅に強化。等倍の相手は大抵倒れる。
きあいだめ-急所率を2段階上げる。ツタこんぼうが確定急所になり、
壁や能力変化の無視という攻撃アップと違った突破力上昇が可能。
やどりぎのタネ90相手に種を植え付けてHPを吸収。かたやぶりなのでそうしょくにも通る。耐久ベース型で。
ニードルガード-様子見や、やどりぎの時間稼ぎに。相手のタスキを潰せればおいしい。
こうごうせい-自身のHPを最大値の半分回復。天候により回復量が変動する。耐久ベース型で。
ちょうはつ1003ターン変化技を封じる。速いので使いやすい。
アンコール1003ターン同じ技しか出せなくする。速いので使いやすい。
このゆびとまれ-ダブル専用。元の種族値が高い上に、鋼やフェアリーに耐性があるので活用機会は多い。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
ツタこんぼうテラスタイプは変更できずこのタイプのみ。
くさタイプとしての耐性を消す代わりにほのおタイプとしての耐性を強化し、
特性の効果でツタこんぼうの威力を実質2倍に引き上げる。(お面の効果も合わせると2.4倍)

型考察 [編集]

アタッカー型 [編集]

特性:かたやぶり → おもかげやどし
性格:ようき(推奨)or いじっぱり
努力値:AS252 BorD4
持ち物:かまどのめん(固定)
確定技:ツタこんぼう/ウッドホーンorウッドハンマーorパワーウィップ
選択攻撃技:じゃれつく/はたきおとす/でんこうせっか/くさわけ/とんぼがえり/がんせきふうじ/ばかぢから/じだんだ
選択変化技:つるぎのまい/アンコール/やどりぎのタネ
テラスタイプ:炎(固定)

種族値に沿った高速アタッカー型。
専用アイテムにより強化された一致技の威力は凄まじく、特性かたやぶりも相まって素早さが下の相手に対して圧力をかけやすい。
テラスタルを切る前であればとくせいガード持ち以外のヒードランで止まらないことも大きい。
テラスタルを切る→おもかげやどし発動により更に攻撃力を高めることが可能。無振りガブリアス程度ならA+1パワーウィップで確定一発。
耐久型に対してもちょうはつ、アンコール等、対抗手段を持つ。

一方でテラスタイプおよび持ち物固定、炎および竜への対抗手段に乏しい、スカーフ持ちによる奇襲を受けやすいなどの弱点を持つ。
これらの弱点を選択技や味方ポケモンでカバーしていくことが運用上必須となる。
竜に対してはじゃれつく、炎に対してはがんせきふうじ、じだんだと一応の対抗技があるため、対抗できる相手を予め絞って採用したい。
格闘技はいしずえオーガポンへの最大打点となるばかぢから推奨。草技が読まれやすいためテラスは切られにくい。
やどりぎのタネはパオジアンなどのふいうちを透かしながら倒せる。

努力値振りは明確な調整が無い限りはAS特化でよい。
AS特化する場合、余った4はHPに振ると実数値が156(4n)となりステルスロックの定数ダメージが1増えてしまうため、BかDに振るとよい。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対オーガポン(かまどのめん) [編集]

注意すべき点
全フォルム共通だが、アタッカーとして優れたステータスと優秀な技範囲を持つ。
特にかまどのめんでは草+炎の広い技範囲を有するので、攻撃範囲でなら各フォルム中でもダントツ。
しかも特性かたやぶりにより、がんじょう、ばけのかわでの時間稼ぎが通用しない。
テラスタルされると、おもかげやどしのAアップにより更に火力が上昇する。
サブウエポンもそこそこあり、流し際にはたきおとすで道具を喪失させてくる可能性がある。
かと言って攻め一辺倒というわけでもなく、受け相手にはやどりぎのタネやアンコールなど耐久型を狩る技も持っている。独自の耐性や並程度の耐久のおかげで高火力高速のイメージに反し一撃では落としにくい。
対策方法
テラス前と後で岩タイプが一貫して弱点なのでがんせきふうじはかなり有効。
また、炎タイプには有効打が薄め。ドラゴンタイプはじゃれつくに注意。
事実上アイテムは持てないため、素直にS110より上から等倍の高火力を押し付けるのもあり。
  • ウガツホムラ
    最安定。炎と草が両方1/4。
    耐久に振れば特化テラスタルツタこんぼうは低乱4に抑え、特化テラスタルツタこんぼう+がんせきふうじも岩封急所以外確定耐え。
    また、特化テラスタルツタこんぼう+じだんだでようやく低乱1に。
    こちらからのストーンエッジはA特化帯以上で無振りが、鉢巻でH振りが確1。
  • ヒードラン@とくせいガード
    とくせいガードを持たせればもらいびを貫通されない。
    そして現在ばかぢからの搭載率は10位以内に入っていない。
    等倍炎技(+マグマストーム定数ダメージ)で、テラスタル後はだいちのちからで削る。
    ただしアンコールを覚えるため、おにびやステルスロック時に後出しされたら真っ先にアンコールを疑うこと。はたきおとすにも注意。
  • オーガポンより素早いポケモンで固める、強力な先制技を持つポケモンを使う
    オーガポンはスカーフやタスキは持てない上に先制技がでんこうせっか程度なので、
    すばやさ種族値110より速いポケモンや先制技が強力なポケモンで固めて
    極力オーガポンに上から叩かれないようにするのも立派な対策。

外部リンク [編集]