スコヴィラン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

スコヴィラン [編集]

No.0952 タイプ:くさ/ほのお
通常特性:ようりょくそ(天気が「ひざしがつよい」の時に素早さが2倍になる)
     ふみん(ねむり状態にならない)
隠れ特性:ムラっけ(ターン終了時にどれか1つの能力が2段階上がり、他のどれかの能力が1段階下がる)※カプサイジのとき「ぶきよう」
体重  :15.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
ムラっけHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性特徴
スコヴィラン65108651086575486ようりょくそ/ふみん/ムラっけムラっけ最高の攻撃・特攻、豊富な攻撃技、
耐性優秀、火傷・粉技無効、対物理受け専用技
オニゴーリ808080808080480せいしんりょく/アイスボディ/ムラっけムラっけ最高の耐久かつ最速、
フリーズドライ、一致ぜったいれいど

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/いわ/どく
いまひとつ(1/2)でんき/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

初のくさ×ほのお複合。粉技無効の特性、耐性により、くさタイプに非常に強い。
弱点もいわ以外はダイマックス廃止の影響もあってサブウェポンに選ばれづらいタイプで比較的優秀。
反面、種族値は元々控えめな数字を二刀流気味に配分した結果、全体的に不足気味。
技威力は十分ながら中速低耐久であり、サブウェポンも豊富とは言い難いので一致技に依存しがち。
双方を半減以下に抑えるほのお相手の有効打はじだんだのみで、押し負けやすいのは難点。

最大の個性は特性にあり、ようりょくそとしては現時点、唯一のほのおタイプ。
テラスタルの権利を切らずに、高速・かつ一致で晴れ補正つきの火力を発揮できるのはスコヴィランのみ。
また現環境では他にオニゴーリしかいないムラっけ持ちでもあり、ギガドレイン、やどりぎのタネと回復ソースを所持。
どちらも採用理由に直結する要素であり、種族値の割に明確な採用意義を備えたポケモン。

ちなみに専用技のハバネロエキスは、対象の攻撃を2段階上昇、防御を2段階低下させる変化技。
メリット・デメリットを同時に備えるので、活用するのであればダブルでの採用になるだろう。
その場合、スコヴィランの種族値でサポートを担当させるだけの価値があるかどうかは熟考しておきたい。
味方に使うことも想定される技のためか、命中率が設定されておらず無効化されなければ確実に当たるのも強み。



特性考察 [編集]

ようりょくそ
晴れ状態では素早さが2倍。ほのお複合のため、一致技の威力を上げる役にも立つ。
元が中速・低耐久なので相性が良く、高めの火力を押しつけることが可能。
第九世代のひでり持ちは、禁止級を除けば現時点でコータスのみ。
いわ弱点が被るものの、大半が物理攻撃なので高い防御を誇るコータスは相方として有効。
ふみん
眠らない。効果自体は悪くはないが、元々ねむりごな、キノコのほうしは無効。
あくびによるループを回避するなら採用意義はあるが、他の特性の方がスコヴィランならではの強みは活かしやすい。
ムラっけ
隠れ特性。ターンごとにランダムな能力が2段階上昇、別の能力が1段階低下。
ビーダル、オクタン、ドーブルが未解禁で、現時点では他にオニゴーリしか持たない希少特性。
晴れパ以外であれば基本的にこちら。中速低耐久で試行回数が稼ぎづらいので、選出は相手を見て決めよう。
トレースにも注意。相手にサーナイトがいたら警戒しよう。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
ほのおのキバ65(97)95火傷10%
怯み10%
タイプ一致技。低威力だが物理炎技はこれのみ。
タネばくだん80(120)100-タイプ一致技。安定重視。
タネマシンガン25(37)^2~5100-タイプ一致技。威力不安定だが襷や特性ばけのかわに強く出れる。
くさわけ50(75)100素早さ100%↑微妙な素早さを補う。ムラっけの運に左右されたくないときに。
じだんだ75/150100前ターン技失敗で
威力2倍
威力は控えめだが相性補完は優秀。
だいもんじなどと組み合わせれば外しをカバーできることも。
かみくだく80100防御20%↓主にドラパルトへの打点。
特殊技タイプ威力命中効果解説
エナジーボール90(135)10010%特防↓安定したタイプ一致技。
ギガドレイン75(112)100HP吸収攻撃しながら回復可能。ムラっけとの相性がいい。
リーフストーム130(195)90100%特攻↓↓最大火力。ムラっけの能力上昇が噛み合えば、低デメリットで打てる。
ソーラービーム120(180)100溜め技タイプ一致技。ようりょくそで晴れとあわせて。
かえんほうしゃ90(135)10010%火傷命中安定。火傷の追加効果はムラっけ戦法と好相性。
だいもんじ110(165)8510%火傷タイプ一致技。威力重視。ムラっけ型の場合PP数が少ないのが懸念点。
オーバーヒート130(195)90100%特攻↓↓最大火力。ムラっけの能力上昇が噛み合えば、低デメリットで打てる。
テラバースト80100タイプ変動テラスタル中はテラスタイプの技になる。
実数値が攻撃>特攻なら物理技、攻撃<特攻なら特殊技になるため、ムラっけとも好相性。
変化技タイプ命中解説
ハバネロエキス-A↑↑&B↓↓。物理型で物理受け・特殊相手の強行突破に。
ダブルバトルではイカサマ持ちの相方のサポートに。
いかりのこな-相手の技を引き付けるが自身の耐久は低い。
序盤で突撃後、続く展開の囮役に。
やどりぎのタネ90ムラっけ型において回復量の増加に。
ねをはる-用途は上記と同様だが、こちらは強制交代技を無効化でき、交代されても回復が持続する。
おにび90物理相手にムラっけの試行回数を稼ぎやすくなる。まもみがするだけでスリップダメージを稼げる。
まもる-ムラっけの試行回数を稼ぐ。
みがわり-まもると合わせてムラっけの試行回数を稼ぐ。
せいちょう-攻撃・特攻を補強。晴れ下では効果倍増。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
はかいこうせん テラバースト解説
ほのおのキバ かえんほうしゃ オーバーヒート対こおり・むし
解説
テラバースト対ひこう
タネばくだん タネマシンガン くさわけ エナジーボール ソーラービーム リーフストーム解説
テラバースト対ひこう・じめん・ドラゴン
解説
解説
じだんだ対どく
解説
しねんのずつき テラバースト解説
解説
解説
テラバースト葉緑素型で障害となるラウドボーンに。テラス神速カイリューからも上をとらせない。
解説
かみくだく テラバーストいたずらごころからのみがまも妨害を防ぐ。
解説
対ドラゴン

型考察 [編集]

アタッカー型 [編集]

特性:ようりょくそ
性格:ようき/おくびょう/せっかち/むじゃき
努力値:S252 A252orC252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま
確定技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃorほのおのキバ/リーフストームorソーラービームorくさむすびorエナジーボールorタネマシンガン
選択物理技:くさわけ/しねんのずつき/かみくだく/じたんだ
選択特殊技:テラバースト/はかいこうせん
選択補助技:にほんばれ/せいちょう
テラスタイプ:くさ/ほのお/ドラゴン/フェアリー

素早さを高めて攻めまくる型。
しかし、一致技以外の選択肢に乏しく、ほのおタイプやドラゴンタイプが相手だと止まってしまう恐れがある。

出来ればテラバーストで相手の弱点を衝いたり、せいちょうで一気に強化して押し切りたい。

晴れパメガネ型 [編集]

特性:ようりょくそ
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:こだわりメガネ
確定技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ(並立可)
選択特殊技:ソーラービームorエナジーボール/はかいこうせん
テラスタイプ:ほのお

主にコータスとのコンビで活躍する型。
晴れ下+タイプ一致+メガネ+テラスタルから繰り出されるオーバーヒートやだいもんじは半減でもかなりのダメージが入る。
ソーラービームを溜め無しで打てるのも嬉しい。

相性考察 [編集]

同時に登場したモトトカゲミミズズと相性がいい。
両者はしっぽきりでみがわり生成+交代で特にムラっけ型での起点作りに役立つ。
前者はさいせいりょくでのサイクル戦が可能であり、後者はスコヴィランの弱点を全て半減・無効にできる。


対スコヴィラン [編集]

注意すべき点
タイプの構成上、火傷・粉技が通用しない。
専用技のハバネロエキスで特殊アタッカーの物理耐久を削ってくる。
特に物理アタッカー・イカサマ持ちの味方と組んで突破してくることも。
回復ソースのギガドレイン・やどりぎのタネも習得するためムラっけ型だと不利な状況になる。
ようりょくそアタッカーとしても高い特攻と一致炎のシナジーを備え、高いパフォーマンスを発揮する。
対策方法
ムラっけ型ではオニゴーリとは違って一撃必殺技を覚えない、
上述同様の戦術の対策をとれば容易に突破できる。
草・炎タイプの技を半減・無効にできるポケモンで攻めれば有利。
ボーマンダなどのドラゴンタイプなら有効打はほぼ無い。
ただし、氷やフェアリーのテラスタル・テラバーストで奇襲してくる点は注意。

覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

9th威力命中タイプ分類PP備考
カプサイジスコヴィラン
11技名00ノーマル物理0
--バレットパンチ40100はがね物理30

遺伝 [編集]

タマゴグループ植物
孵化歩数----歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件カプサイジ(ほのおのいし)→スコヴィラン

遺伝経路 [編集]

習得方法覚える系統
いかりのこなレベルモロバレル系統
やどりぎのタネレベルワタッコ系統/キマワリ/キノガッサ系統/ノクタス系統/アップリュー/タルップル/オリーヴァ系統