ハラバリー - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ハラバリー [編集]

No.0939 タイプ:でんき
通常特性:でんきにかえる(攻撃を受けるとじゅうでん状態になる。)※ズピカのとき「マイペース」
     せいでんき(接触技を受けると30%の確率で相手をまひ状態にさせる)
隠れ特性:しめりけ(じばく、だいばくはつ、ビックリヘッド、ミストバースト、ゆうばくを無効にする)
体重  :113.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
鈍足電気HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ハラバリー10964911038345495でんきにかえる/せいでんき/しめりけ
デンリュウ9075851159055510せいでんき/プラス

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/はがね/ひこう
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第九世代から登場した単でんきポケモン。でんきタイプとしては珍しい傾向の鈍足高耐久タイプのステータス。
最大の特徴は専用特性でんきにかえる。攻撃を受けることでじゅうでん状態となり、返しのでんき技の威力が2倍になる。
その耐久性能と特性から「耐えて殴る」が基本コンセプトとなるポケモン。
特に吸収技であるパラボラチャージの習得が大きく、でんき技が通る相手には相当のしぶとさが期待できる。

反面、でんきタイプらしくサブウェポン範囲はかなり狭めであり、まともな威力のものに限ればみずノーマル程度しかない。
一応じめん特殊技も習得するが、マッドショット止まり。そのためでんき(+みず)が通らない相手はかなり厳しい。
みずびたしを覚えるため強引に突破することもできるが、テラスタル中はタイプ変更を受け付けてくれないので注意。



特性考察 [編集]

でんきにかえる
ハラバリーの専用特性であり要。攻撃を受けるとじゅうでん状態となり、次に放つでんき技の威力が2倍になる。
これによりでんき技に限ってはとても高い火力で放つことができる。他の特性が微妙な上、ハラバリーの採用理由に直結するためこれで確定。
なお、技のじゅうでんを使うわけではないので、特防一段階上昇は起こらない。
トレースされると相手の電気技を強化させかねないので注意。

なお第九世代からじゅうでん状態は次に電気技を撃つまで持続するようになっている。ただしでんじはのような変化技も対象に含まれ、使った時点でじゅうでん状態は切れる。
せいでんき
直接攻撃をしてきた相手を30%の確率でまひ状態にする。
耐久が高いハラバリーであれば試行回数を稼ぎやすいため相性自体は悪くないが、でんきにかえると違い確率発動であったり、
まひさせたところでこちらがだいぶ遅いせいで抜ける相手もあまりおらず、でんきにかえるを差し置いてまでこちらを選ぶ理由に乏しいので候補外。
しめりけ
隠れ特性。爆発系の技が不発する。
主に役割遂行後の自主退場を封じるための特性であるが、ピンポイント過ぎる上にハラバリーをこの役目に置く理由にも乏しいため基本候補外。
どうしてもダブルバトルで相手に爆発系の技を使わせたくない場合にかろうじて候補になる程度。

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果解説
パラボラチャージ65(97)100HP吸収一致メインウェポン。でんきにかえると合わせて実質吸収量は多い。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代でんきにかえるで高威力で交代。鈍足のため後手交代しやすい。
10まんボルト90(135)100麻痺10%ダメージを重視するなら。
だくりゅう9085命中
↓30%
電気技を受けにきた地面に。やや命中不安。なみのりは覚えない。
ひやみず50100攻撃
↓100%
対物理アタッカーに。
アシッドボム40100特防
↓↓100%
ダメージ補助に。無効に注意。
マッドショット5595素早
↓100%
電気の通り辛い相手に。Sを下げても抜ける相手は少ない。
ハイパーボイス90100-
物理技タイプ威力命中効果解説
ふいうち70100優先度+1どうしても先制技が欲しいなら。ダメージは期待できない。
変化技タイプ命中解説
みずびたし-相手のタイプを単みずタイプに上書き。じめんも突破可能となるが、テラスタルには無効。
なまける-HP回復に。今作からPPが減ったので注意。
かいでんぱ-
でんじは-

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
ハイパーボイス解説
解説
だくりゅう
ひやみず
じめん
10まんボルト
ボルトチェンジ
パラボラチャージ
電気をさらに強化。
テラバーストウォッシュロトムを意識するなら。また、地面タイプの攻撃を受けつつ地面タイプに弱点を突きたい場合に。
テラバースト解説
解説
アシッドボム解説
マッドショット解説
テラバーストドオーサダイジャバンバドロ対策。
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説

型考察 [編集]

型名 [編集]

特性:
性格:
努力値:
持ち物:
確定技:
選択技:
※確定技・選択技の候補はスラッシュ(/)で区切る。ただし、基本的に同時に覚えさせない、覚えられない技同士はorで区切る(例:なみのりorハイドロポンプ)
※技の選択肢が複数ある場合、なるべく優先したい技が左にくるよう並べるのが望ましい

アタッカー型 [編集]

特性:でんきにかえる
性格:ひかえめ
努力値:HC252ベース or 素早さ調整
持ち物:オボンのみ/とつげきチョッキ
確定技:パラボラチャージorボルトチェンジor10まんボルト(複数可)
選択攻撃技:アシッドボム/ふいうち/だくりゅうorひやみず/テラバースト(氷/フェアリー)
選択変化技:でんじは/みずびたし

でんきにかえるで強化された電気技で戦っていくアタッカー型。
充電状態の2倍というのは補正としては最高の物で、単純に強力。

反面、電気技にしか効果が無い点からタイプ受けをされやすく、
攻撃技でダメージを受けないと発動しない点から、搦め手にも弱い。
これらへの対策は運用していくうえで必須となる。

電気技はそれぞれ用途が異なり、でんきにかえるが強力な為、複数搭載を推奨。

でんじはを撃った場合でも充電状態が解けてしまう点は留意。

サポート型 [編集]


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ハラバリー [編集]

注意すべき点
でんきにかえる+パラボラチャージで粘り強い。
相性不利な相手もみずびたしで突破を狙える。
対策方法
でんきに強いテラスタイプや、ちくでん持ちには有効打がない。
よびみずトリトドンやちょすいドオーならみずびたしも無効でほぼ完封。

覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

9th威力命中タイプ分類PP備考
シンカ1シンカ2シンカ3
111技名00ノーマル物理0
---ふいうち70100あく物理5

遺伝 [編集]

タマゴグループ水中1
孵化歩数----歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ズピカ(かみなりのいし)→ハラバリー

遺伝経路 [編集]

習得方法覚える系統
だくりゅうレベルヌオー系統/トリトドン系統/ブロスター系統
ハーブシャワーズ/ナマズン系統/ヌメルゴン系統/シャリタツ
パラボラチャージハーブデデンネ/ミライドン
みずびたしレベルゴルダック系統/ペリッパー/アメモース系統/フローゼル系統/ママンボウ
ハーブラブカス/ネオラント系統/バスラオ/ヘイラッシャ/シャリタツ