ファイヤー - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(ソード・シールド)

このページは通常フォームのものです。
リージョンフォームはこちら→ファイヤー(ガラルのすがた)

ファイヤー 節を編集

No.146 タイプ:ほのお/ひこう
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:ほのおのからだ(直接攻撃を受けると30%の確率で相手をやけど状態にする)
体重  :60.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ファイヤーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ファイヤー90100901258590580プレッシャー/ほのおのからだ
ガラルファイヤー90859010012590580ぎゃくじょう
炎/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ファイヤー90100901258590580プレッシャー/ほのおのからだ
ファイアロー7881717469126499ほのおのからだ/はやてのつばさ
リザードン78847810985100534もうか/サンパワー

通常時はねやすめ使用時もえつきる使用時もえつきる+はねやすめ使用時
ばつぐん(4倍)いわ---------
ばつぐん(2倍)みず/でんきみず/じめん/いわでんき/こおり/いわ---
いまひとつ(1/2)ほのお/かくとう/はがね/フェアリーほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリーくさ/むし/かくとう---
いまひとつ(1/4)くさ/むし---------
こうかなしじめん---じめん---

初代出身の準伝説、通称三鳥の一角であり、ほのお×ひこう複合。
同複合にはリザードンファイアロー、禁止級伝説にホウオウが存在。
種族値は手堅く纏まった特殊アタッカーであり、一致技の威力も優れ火力は相応に出る。

メガシンカが廃止されたことで、リザードンとの差別化に悩まされることが無くなった。
あちらはキョダイマックスを習得しているが素の性能では素早さ以外はファイヤーが勝っている。
もえつきるを習得するのでいわ4倍を始めとするほのおタイプの弱点をカバー出来る点も強み。
ダイマックスの登場により、ダイバーンとして使用できることからほのお技をもえつきる一本にするのも選択肢となる。

リージョンフォームも登場したがタイプ・特性・配分全て異なり差別化不要。
同時採用は出来ず、補完枠にあくが必要な編成であれば一応注意。

第八世代ではフレアドライブ、ブレイブバードを獲得。元々攻撃もそれなりにあり、両刀アタッカーも採用圏内。
追加効果の優秀な技としてはマジカルフレイム、しっとのほのお、ねっさのだいち。器用な運用が可能に。
一方でニトロチャージ、おいかぜ、どくどくが没収。めざめるパワーは廃止され、突破できない相手が増えた。
使用者の激減したはねやすめについては、引き続きレベルで習得できる。もえつきる同様、耐性が激変する。
なお、もえつきるでほのおタイプを失っている状態で使うとそのターンだけタイプが「なし」になり、先手で使うと弱点・耐性が共に消滅する[1]

新要素であるダイマックスとの相性はなかなか優秀。命中不安だったり、癖の強いほのお技を必中高火力の技として使用可能。
天候が晴れになるので弱点であるみずを牽制できる他、2回目以降のほのお技も強化されるといい事づくめ。
あまり素で撃たれることはないがかみなりの命中率が低下するのも忘れずに。
一致ダイジェットの強力さは最早言わずもがな。中速に属する都合上、素早さ上昇の恩恵は非常に大きい。
ただしサブウェポンの範囲は広くなく、一致技以外にはそこまで期待できない。
また意外にも豊富な補助技の数々を使用できなくなるので、ダイマックスするかどうかは運用法と相談の上で。

ぼうふうが必中となることから、タイプとしてはアンチシナジーながら雨パで採用することも可能。
雨パの天敵であるナットレイはほのお4倍であり、雨下でも無補正もえつきるでH252振りまでなら十分確定圏内に。
タイプ相性の都合上、補完として優秀であり環境で採用された例も存在。
ウェザーボールを新規習得し、前準備は必要だが威力100(雨補正で150)・命中100のみず技として運用できるのも嬉しい。
じめん技のねっさのだいちも習得したことで、過去作では対抗手段がほぼ存在しなかったヒードランを返り討ちにすることも可能になった。

ステルスロックで半分削れるタイプなので、何か意図が無ければHPは奇数を推奨。無振り・252振りで丁度奇数になる。(個体値V時)


ネタ考察やマイナー考察こちらにあります。



特性考察 節を編集

プレッシャー
通常特性。自分に向けて使われた技のPPを追加で1減らす。
効果そのものよりもアナウンスを利用した対面からの素早さ判定が主な目的。
激戦区に位置する上に一致技の一貫性が高く、先手で動けるかどうかが非常に重要。
反面、スカーフで奇襲を狙う場合は相手に持ち物がバレてしまう為、ほのおのからだが優先。
ほのおのからだ
隠れ特性。接触してきた相手を30%で火傷状態にする。
弱点には非接触の技が多いが、受け出ししやすい草・格闘・鋼技には接触技が多く見極めれば発動チャンスは多い。
特にトップメタであるゴリランダーのグラススライダーに対してファイヤーは何度も受け出しできるので、その度に火傷を狙えるのは大きいだろう。
プレッシャーは盤面に影響を及ぼしづらいので、先発以外ならこちらの優先度が高め。
とくせいパッチ、もしくは過去の配布かVC産で入手可能。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
だいもんじ110(165)85火傷10%やや命中難だが採用しやすい主力技。
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓最高火力のメインウェポン。二刀や撃ち逃げに最適。
もえつきる130(195)100炎タイプ喪失オーバーヒートに並ぶ最高火力。炎タイプがなくなり、耐性が変化する。
自身が炎タイプでないと使用できず、交換しないかぎり再使用できない。
耐性が変化するので、リザードンとの差別化要素として重要。詳細後述。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%命中安定だが威力不足。
マジカルフレイム75(112)100特攻↓100%タイプ一致技。威力は低いが追加効果が優秀。サポート寄りの運用で。
ねっぷう95(142)90火傷10%タイプ一致技。ダブルでは相手全体攻撃。シングルでは中途半端。
しっとのほのお70(105)100同ターン中に
能力が上昇した
相手に火傷100%
タイプ一致技。ダブルでは相手全体攻撃。リザードンは覚えない。
追加効果を有効に使うには速すぎるのが難点。
ぼうふう110(165)70混乱30%対格闘やウルガモス。交代読みで水などに。雨なら必中。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%ぼうふうと選択。追加効果は優秀だが威力は控えめ。
ねっさのだいち70100火傷30%対炎・電・岩。追加効果も優秀。だいちのちからは覚えない。
ソーラービーム120100溜め技炎半減の水・岩に刺さる。にほんばれやダイマックスとセットで。
ほのおのうず35(52)85拘束耐久型の場合の選択肢。最大HPの1/8のダメージを与え続ける。
しめつけバンドと併せると毎ターン1/6、やけどと併せると2割強削ることができる。
げんしのちから60100全能力↑10%ウルガモスリザードンファイアロー対策。岩4倍相手に刺さる有効打。
ウェザーボール50/100
(150)
[225]
100天候で
タイプ変化
晴れ下では火炎放射や熱風より高威力で大文字より安定したメインウェポン。
しかし、天候を変えられるとまったく別の技に変化。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
フレアドライブ120(180)100火傷10%
反動1/3
タイプ一致技。反動が痛い
ゴッドバード140(210)90溜め技
急所率+1
怯み30%
パワフルハーブと併せて。
ブレイブバード120(180)100反動1/3タイプ一致技。反動が痛い。
ダブルウイング40(60)*290-火力は並だが自身のHPを削らず、道具の制限もなく、1ターン相手に渡す事もない。
抜群相手ならタスキを潰した上で倒せる。ゴツメに注意。
とんぼがえり70100自身交代こだわりスカーフと相性◎。オーバーヒートの撃ち逃げなどにも。
はがねのつばさ7090防御↑10%対岩。どちらかというとダイスチルの素材用。
変化技タイプ命中備考
はねやすめ-最大HPの半分を回復、先制時はそのターン飛行タイプを失う。
通常時は地面技が抜群になるが、もえつきている場合「タイプなし」となり全てが等倍になる。
おにび85物理に当てると役割を持てる。はねやすめも欲しい。
みがわり-状態異常を防ぐ。プレッシャーと併せて相手のPP削りにも。
しんぴのまもり-耐久戦で居座りたいときに便利。
まもる-ターン稼ぎや、プレッシャーと併せて。
にほんばれ-自身の決定力向上に。
あまごい-炎タイプでは珍しいあまごい使い。
とんぼがえりと併せ偽装雨パのエースへ。

もえつきるについて 節を編集

習得者では最高の特攻を持つ上に複合タイプであることがポイント。もえつきる使用後も一致特殊飛行技により一定の火力が維持できる。

また、使用すると4倍弱点が一時的に無くなる点も見逃せない。通常は耐久無振りだとA252ガブリアスのがんせきふうじが43.8%の乱1のところを、
もえつきる使用後は同がんせきふうじが中乱数2、A特化ストーンエッジすらも確定耐えと明確に確定数にズレを生じさせることが出来る。
この状態ではねやすめを使うと「タイプなし」の状態になるため弱点がなくなり、耐久型においても固有の戦術を狙うことが出来る。
総じて戦術性の高い技であるため、リザードンとの差別化のためにも積極的な採用が望まれる。

ダイマックス技考察 節を編集

ダイマックス技元にする技威力効果解説
ダイバーンもえつきる140(210)天候:晴れ晴れで2発目から威力1.5倍。
技の反動や命中不安も無視できる。
呼ぶみずタイプの火力半減も。
オーバーヒート
だいもんじ
フレアドライブ
ねっぷう130(195)
かえんほうしゃ
マジカルフレイム
ダイジェットぼうふう140(210)味方:S↑一致技。すばやさの底上げも。
ブレイブバード
ゴッドバード
ダブルウイング130(195)
そらをとぶ
エアスラッシュ
ダイソウゲンソーラービーム140場:GF炎の苦手な相手に刺さるサブウェポン。
素のソーラービームと違い直前に天候を変えられても高威力を保てる。
自身はフィールドの恩恵を受けない。
ダイアースねっさのだいち120味方:D↑対電・岩。
ダイロックげんしのちから110天候:砂嵐対氷。追加効果は自身と噛みあわない。
ダイワームとんぼがえり120相手:C↓炎技と範囲が被り気味。後続のサポートに。
ダイスチルはがねのつばさ120味方:B↑物理耐久を強化できる。
ダイウォール変化技-まもる相手のダイマックスターン切れを狙う。

型考察 節を編集

アタッカー基本型 節を編集

特性:プレッシャー/ほのおのからだ
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252 or 特攻252 素早さ調整 残りHP
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/回復アイテム
確定技:だいもんじorかえんほうしゃorオーバーヒートorもえつきる/エアスラッシュorぼうふう
選択技:ねっさのだいち/げんしのちから/とんぼがえり/おにび/はねやすめ/ソーラービーム

リザードンとは素の耐久の高さやとんぼがえりを覚える点で差別化。
もえつきるは使用後に炎タイプが消え、交換しない限り再使用できないため、搭載時は扱いやすい炎技との両立もあり。また、その性質上こだわりアイテムとも相性がよい。

基本的にはシールド状態のギルガルドをもえつきるで確1にできるひかえめC252がおすすめ。
アイテムや特性に頼らずシールド状態を命中100%技で1撃で突破できる数少ないポケモン。
守られた場合は不発と言う扱いを受け、ほのおタイプは失われない、
最速たべのこしギルガルドにみがわりをされると負ける恐れがあるのでSは最速ギルガルド抜きも推奨(補正なしS112で最速ガルドは抜ける)。
有効打がもえつきるワンウェポンの場合、交代読みでみがわりをされた場合、ハメ殺される可能性もある

スカーフの場合、準速でドラパルトと同速。スカーフを持つ場合最低でもドラパルトを抜いておきたいのでおくびょう推奨。
(ルールによってはザシアンを抜いておきたい)
オーバーヒートであれば無振りザシアンを確定で落とすことができる。だいもんじだと高乱数になってしまうので非推奨。

耐久型 節を編集

性格:ずぶとい/おだやか
特性:ほのおのからだ/プレッシャー
努力値:HP252/防御or特防252残り4又は防御特防調整
持ち物:しめつけバンド/たべのこし
確定技:はねやすめ/ほのおのうず
選択技:おにび/まもる/みがわり

サンダーとほぼ同等の耐久指数を持つ事から耐久型としての運用ができる。
拘束技の定数ダメージによるダメージレースを仕掛けられる。
岩4倍が痛いがストーンエッジはプレッシャーによってまもるやみがわり連打でPPを削りきれる。
HP252振りだけでおにび込みでようきガブリアスのげきりんに対してはねやすめで受け切れる。
いじっぱり相手には無補正で防御に124以上振る必要がある。

型サンプル1:特防特化型

特防特化型
性格 :おだやか
努力値:HD252
技構成:おにび/はねやすめ/みがわり/ほのおのうず

特殊には積み型のアタッカーが少なく、ほのおのうずの高い拘束力と合わさり解除までで1/2を確実に削れる。
物理も先手が取れれば交代際のほのおのうず→みがわり連打でストーンエッジのPPを削り、隙を見ておにび等の対策が可能。
ただしファイヤーより速い物理は相手ができない。具体的にはファイアロー

型サンプル2:防御特化型

防御特化型
性格 :ずぶとい
努力値:HB252
技構成:おにび/はねやすめ/しんぴのまもり/ほのおのうず

物理相手はおにびが入れば安定して回復が間に合い、特殊方面も弱点を突かれなければHP振りだけで時間稼ぎできる。
ただし決定力低すぎて選出しにくい。
状態異常回避にみがわりが欲しい場面が多々あったが、特防に振らないとすぐに破壊されるのでしんぴのまもりで代用。
後続のサポートになる他、ファイアローとの差別化にもなる。

使用感としては、居座って相手を絞め殺すというよりもサイクルを回す上でのクッションに近い。
ほのおのうずで交代読み交代される心配ないのは利点。ゴツゴツメットも持ち物候補か。

物理受け型 節を編集

性格:ずぶとい
特性:ほのおのからだ(推奨)/プレッシャー
努力値:HB252
持ち物:あつぞこブーツ/ゴツゴツメット
確定技:はねやすめ/おにび
選択技:マジカルフレイムorかえんほうしゃorもえつきる/ぼうふうorエアスラッシュ/ねっさのだいち/とんぼがえり/まもる/みがわり

優秀な耐性とおにび+はねやすめで物理受けをしていく。
禁止伝説環境においてはザシアンに対して有利に出られるのも強み。(ただしワイルドボルト持ちには注意。)

もえつきるは使い方次第では弱点をうまく消せるといった強みがあるが、ほのおタイプが無くなるのでザシアン等の相手をする時は注意したい。

特性は接触してきた相手にやけどを狙えるほのおのからだを推奨。


相性考察 節を編集

高めの物理耐久を持つジュラルドンと非常に相性が良く、互いの弱点を完璧に補う事ができる。
そちらが覚えない炎技をファイヤーが扱えるのも利点。


対ファイヤー 節を編集

注意すべき点
こだわりメガネでのオーバーヒートから次のサイクルでだいもんじといった風に火力に物を言わせて押してくることがあり、
そうなると無振りガブリアスヒートロトム程度までは突破されうるため、侮りすぎるとサイクルを破壊されて大きな打撃を被る。
また、補助技とプレッシャーを駆使した耐久型も存在し、素の耐久とおにびによって耐えられる攻撃をみがわりで耐えつつPPを削ってくるため、
本来完封できたはずのヒードランバンギラスが逆に起点にされるという場合も存在する。
耐久もそこそこあるので不一致弱点の技一撃で落とすのは4倍の岩でないと厳しい。
対策方法
岩タイプであれば炎と飛行を両方半減できる。ステルスロックで1/2もの体力が削られるため非常に有効。
ファイヤーは逃げていくことが多いのでファイヤーの後続に負担をかけるように立ち回りたい。
相手の持ち物がこだわりスカーフでないことが確認できたら、より速いポケモンで一気に潰しにかかるのも手。
リザードンやウルガモスの対策ができているならばほぼ同じ手が通用するが物理耐久はややリザードンより高く、ほのおのからだがあるのでやけどに注意。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
1かぜおこし40100ひこう特殊35
1にらみつける-100ノーマル変化30
5ひのこ40100ほのお特殊30
10しんぴのまもり--ノーマル変化25
15つばさでうつ60100ひこう物理35
20こうそくいどう--エスパー変化30
25げんしのちから60100いわ特殊5
30やきつくす60100ほのお特殊15
35エアスラッシュ7595ひこう特殊15
40はねやすめ--ひこう変化10
45ねっぷう9590ほのお特殊10
50にほんばれ--ほのお変化5
55ぼうふう11070ひこう特殊10
60こらえる--ノーマル変化10
65もえつきる130100ほのお特殊5
70ゴッドバード14090ひこう物理5

第3世代~第7世代

3rd4th
5th
6th7th備考
--1-はねやすめ
--1-ぼうふう
--1-ゴッドバード
--1-ねっぷう
1111つばさでうつ
1111ひのこ
13888ほのおのうず
25151515こうそくいどう
37222222こらえる
-292929げんしのちから
49363636かえんほうしゃ
61434343しんぴのまもり
-505050エアスラッシュ
-855757にほんばれ
73646464ねっぷう
-717171ソーラービーム
85787878ゴッドバード
-578585はねやすめ
-92*9292ぼうふう*BW2以降
---99もえつきる

VC第1~2世代

VC1stVC2nd備考
1-つつく×
-1つばさでうつ
-1ひのこ
113ほのおのうず
51-にらみつける
5525こうそくいどう
-37こらえる
-49かえんほうしゃ
-61しんぴのまもり
6073ゴッドバード

■現在覚えられない技

技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技06そらをとぶ9095ひこう物理15
技08はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技09ギガインパクト15090ノーマル物理5
技11ソーラービーム120100くさ特殊10
技13ほのおのうず3585ほのお特殊15
技19しんぴのまもり--ノーマル変化25
技21ねむる--エスパー変化10
技24いびき50100ノーマル特殊15
技25まもる--ノーマル変化10
技30はがねのつばさ7090はがね物理25
技32すなあらし--いわ変化10
技33あまごい--みず変化5
技34にほんばれ--ほのお変化5
技38おにび-85ほのお変化15
技39からげんき70100ノーマル物理20
技40スピードスター60-ノーマル特殊20
技46ウェザーボール50100ノーマル特殊10
技56とんぼがえり70100むし物理20
技76りんしょう60100ノーマル特殊15
技92マジカルフレイム75100ほのお特殊10
技95エアスラッシュ7595ひこう特殊15

過去作技マシン 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技05ほえる--ノーマル変化20
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15剣盾使用不可
技19はねやすめ--ひこう変化10LV
技21やつあたり-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技27おんがえし-100ノーマル物理20剣盾使用不可
技32かげぶんしん--ノーマル変化15
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技43ニトロチャージ50100ほのお物理20
技58フリーフォール60100ひこう物理10剣盾使用不可
技87いばる-85ノーマル変化15
技96しぜんのちから--ノーマル変化20
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技59やきつくす60100ほのお特殊15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘06いわくだき40100かくとう物理15
第5世代
技88ついばむ60100ひこう物理20
第3世代~第4世代
技83しぜんのめぐみ-100ノーマル物理15
秘05きりばらい--ひこう変化15USUM:教え技
VC第1世代
技02かまいたち80100ノーマル特殊10×
技04ふきとばし--ノーマル変化20×
技09とっしん9085ノーマル物理20×
技10すてみタックル120100ノーマル物理153rd:教え技
技20いかり20100ノーマル物理20×
技31ものまね--ノーマル変化103rd:教え技
技33リフレクター--エスパー変化207th:技マ18では覚えない
技34がまん--ノーマル物理10×
VC第2世代
技03のろい--ゴースト変化10×
技08いわくだき40100かくとう物理15XY:技94
技31どろかけ20100じめん特殊104th:教え技
技43みきり--かくとう変化5×

教え技 節を編集

8th威力命中タイプ分類PP備考
しっとのほのお70100ほのお特殊5
ダブルウイング4090ひこう物理10
ねっさのだいち70100じめん特殊10

過去世代

3rd4th5th6th7th威力命中タイプ分類PP備考
Emいびき50100ノーマル特殊15技マ24
ねっぷう9590ほのお特殊10Lv/技レ36
XDHSゴッドバード14090ひこう物理5Lv
HSおいかぜ--ひこう変化30
きりばらい--ひこう変化15DPt:秘05
とぎすます--ノーマル変化30
Emねごと--ノーマル変化10技レ27
はねやすめ--ひこう変化10Lv
Emスピードスター60-ノーマル特殊20技マ40
Emどろかけ20100じめん特殊10
あやしいかぜ60100ゴースト特殊5
エアカッター6095ひこう特殊25
げんしのちから60100いわ特殊5Lv
たつまき40100ドラゴン特殊20
すてみタックル120100ノーマル物理15
みがわり--ノーマル変化10技レ20
ものまね--ノーマル変化10
Em/XDいばる-85ノーマル変化157th:技87
Emこらえる--ノーマル変化10Lv/技レ26

技レコード 節を編集

No.威力命中タイプ分類PP備考
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技15だいもんじ11085ほのお特殊5
技20みがわり--ノーマル変化10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技36ねっぷう9590ほのお特殊10
技43オーバーヒート13090ほのお特殊5
技55フレアドライブ120100ほのお物理15
技66ブレイブバード120100ひこう物理15
技89ぼうふう11070ひこう特殊10

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
じんつうりき80100エスパー特殊20XD
あさのひざし--ノーマル変化5XD

遺伝 節を編集

タマゴグループタマゴ未発見
性別性別不明


[1] ココガラなど元からひこう単タイプのポケモンがはねやすめを使った場合はノーマルタイプになる。混同しないよう注意。もえつきるの処理は厳密にはタイプを完全に失うのではなく、「ほのおタイプの特性を全て失ったほのおタイプ」となっているものと思われる。