アラブルタケ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

アラブルタケ [編集]

No.0986 タイプ:くさ/あく
特性:こだいかっせい(天気が晴れの間、またはブーストエナジーを持って場に出てから交代するまで、一番高い能力が上がる)
体重:21.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
草/悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アラブルタケ11112799799955570こだいかっせい
ノクタス70115601156055475すながくれ/ちょすい
マスカーニャ76110708170123530しんりょく/へんげんじざい
チオンジェン85851009513570570わざわいのおふだ
キノコのほうしHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アラブルタケ11112799799955570こだいかっせい
キノガッサ6013080606070460ほうし/ポイズンヒール/テクニシャン
モロバレル1148570858030464ほうし/さいせいりょく
リククラゲ80706580120100515きんしのちから

ばつぐん(4倍)むし
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/かくとう/どく/ひこう/フェアリー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

パラドックスポケモンの一角で、モロバレルに似た姿が特徴。
種族値配分は特に共通点らしきものは無く、せいぜい高めのHPと低めの素早さがやや近い程度か。
タイプはくさ×あく複合で互いに一切カバーしないので多耐性・多弱点。
耐久は物理・特殊ともに高い部類ながら、サブウェポンに採用されるタイプも多く不安定さは目立つ。

習得技についても癖が強く、パワーウィップを覚えられないので一致技の威力が不足気味。
積み技もせいちょうのみと貧弱なため、アタッカーとして運用するのであればこだいかっせいでの補強が欲しい。
上手く数値の上昇に成功すれば、凄まじい破壊力のふいうちで対面を叩き潰すことも可能。

姿の似たモロバレル同様、変化技についてもそこそこ優秀なため、必要に応じて妨害もこなす重火力アタッカーとしての適性を持つ。
キノコのほうしに目が行きがちだが、ダブルではいたずらごころ無効の耐性といかりのこなも相性が良い。



特性考察 [編集]

こだいかっせい
ブーストエナジーを所持、或いは晴れ状態の時に最も実数値+ランク補正の高い能力が上昇。
通常は攻撃が上昇するが、ある程度調整すれば防御、特防に補正をかけることも可能。
とはいえ耐性が不安定なのもあって、シングルではアタッカーとしての役割が優先されるだろう。
なお、Lv50の実数値は攻撃最低値>素早さ最高値なので、バトンやくさわけを絡めないと素早さは補強不能。
かそくバトンはクエスパトラしかできないし、大抵はバトン時点で十分な素早さを得られる。
耐性が不安定なアラブルタケでくさわけ→にほんばれと2ターン費やすのも非現実的なので、シングルでは考慮しなくてよいだろう。
狙うならくさわけ→より鈍足な相方でにほんばれと繋ぎ、1ターンで実現可能なダブルで。
もっともそのダブルでは、相手の手数も倍増するのでテラスタル抜きで発動するのは少々難易度が高いか。
いかくを受ければS上昇も狙えるが相手依存。またその場合はA極振りは不可。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
ふいうち70(105)100優先度+1タイプ一致技。読みが要るが高威力の先制技。 唯一の先制技でもあり、鈍足を補うことができる。
しっぺがえし50(75)/100(150)100-タイプ一致技。後攻なら威力倍増。鈍足との相性はよい。
かみくだく80(120)100防御↓20%タイプ一致技。条件無しで使える悪物理技の中ではこれが最高火力。
タネばくだん80(120)100-タイプ一致技。性能安定。非接触。
タネマシンガン25(37)×2~5100-タイプ一致技。威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。
くさわけ50(75)100素早さ↑100%交代読みで使えば交代先に上からキノコのほうしで負担をかけられることも。
インファイト120100自分防御特防↓火力は高いが耐久ダウンが痛い。
ボディプレス80100-防御力依存攻撃。こだいかっせいの補正を乗せる場合はBではなくAを上昇させる必要がある。
じだんだ75/150100技失敗で
威力倍
キノコのほうしを無効にするサーフゴーに。
しねんのずつき8090怯み20%対毒、格闘など。
特殊技タイプ威力命中効果解説
クリアスモッグ50必中能力変化リセット積みアタッカーに対する牽制に。おんみつマント貫通。
テラバースト80<120>100-自身のテラスタルのタイプに変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
変化技タイプ命中解説
キノコのほうし100命中率100%の催眠技。無効も多いが依然として強力。
いかりのこな-ダブル用。自身に攻撃を集中させて相方を守る。草やぼうじん、全体攻撃技には無効。
にほんばれ-特性発動用。相手の炎技威力が強化されてしまう点には注意。
こうごうせい-使いやすい回復技。晴れと相性が良い。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
解説
テラバースト多くの弱点を半減にする他、キノコのほうしが効かない草タイプへの打点にも。
解説
解説
くさわけ
タネマシンガン
タネばくだん
タイプ一致。威力↑
解説
インファイト
ボディプレス
解説
クリアスモッグ
テラバースト
解説
じだんだ解説
テラバースト草、虫、格闘対策。氷タイプが抜群のまま通る。
しねんのずつき解説
解説
解説
解説
げきりん解説
ふいうち
しっぺがえし
かみくだく
解説
解説
解説

型考察 [編集]

アタッカー型 [編集]

特性:こだいかっせい
性格:いじっぱり
努力値:HP252 攻撃252
持ち物:ブーストエナジー/オボンのみ/いのちのたま/こだわりハチマキ
確定技:タネばくだんorタネマシンガン/ふいうち
選択技:かみくだくorしっぺがえし/インファイト/しねんのずつき/じだんだ/くさわけ
補助技:キノコのほうし/にほんばれ/こうごうせい


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対アラブルタケ [編集]

注意すべき点
127のAに加え、一致ふいうちとキノコのほうしにより
高い対面性能を持つ
キノコのほうし持ちでは唯一くさわけでのS上昇手段を備え、
複数回積まれると非常に厄介
対策方法
耐久は高めだが弱点が多く虫技が4倍
蜻蛉返りであれば相手の引きやテラスタルにも
対応出来る為、再安定

その他、草タイプであればきのこのほうし無効で
テラバースト以外に弱点を突かれない
マスカーニャは一致技半減で蜻蛉返りを覚え、
くさわけ1積みでも抜かれず圧倒的に有利

覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

9th威力命中タイプ分類PP備考
1すいとる20100くさ特殊25
1せいちょう--ノーマル変化25
1おどろかす30100ゴースト物理15
7しびれごな-75くさ変化30
14メガドレイン40100くさ特殊15
21こうごうせい--くさ変化5
28クリアスモッグ50-どく特殊15
35しっぺがえし50100あく物理10
42あばれる120100ノーマル物理10
49ギガドレイン75100くさ特殊10
56ふいうち70100あく物理5
63キノコのほうし-100くさ変化15
70ねをはる--くさ変化20
77いかりのこな--むし変化20
91ソーラービーム120100くさ特殊10

遺伝 [編集]

タマゴグループ未発見
性別ふめい
進化条件※無ければ項目不要