ドサイドン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ドサイドン [編集]

No.464 タイプ:じめん/いわ
通常特性:ひらいしん(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
           ダブルバトルで、自分以外のポケモンが使った単体対象のでんきタイプの技の攻撃対象を自分にする。)
     ハードロック(効果抜群の技で受けるダメージを3/4に軽減する)※サイホーン、サイドンのとき「いしあたま」
隠れ特性:すてみ(反動を受ける技の威力が1.2倍になる)
体重  :282.8kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
岩/地HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドサイドン115140130555540535ひらいしん/ハードロック/すてみ
ゴローニャ80120130556545495いしあたま/がんじょう/すながくれ
サイドン105130(190)45(77)40(558)ひらいしん/いしあたま/すてみ
輝石無振り
類似種族値地面HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドサイドン115140130555540535ひらいしん/ハードロック/すてみ
イダイナキバ115131131535387570こだいかっせい

ばつぐん(4倍)みず/くさ
ばつぐん(2倍)こおり/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/4)どく
こうかなしでんき

特性「ハードロック」の場合、みずくさ3倍、こおりかくとうじめんはがね1.5倍


典型的な鈍足重火力アタッカー。物理方面で攻防共に優れた種族値を持つ。
じめん×いわの一致技は攻撃範囲が広く威力も高い。サブウェポンも豊富。
物理耐久も高く、ハードロックもあり物理技なら2倍弱点でもビクともしない。
種族値、特性、習得技が相まって、物理との殴り合いには滅法強い。

一方で多弱点のうえ4倍弱点2つ、さらに特防も極端に低い。
弱点はハードロック、特防は砂嵐やチョッキである程度はカバー可能だが、それを差し引いても得手不得手がはっきりしており、鈍足も合わせ役割重視の運用が中心となってくる。
また、ひらいしんによるでんき弱点相方との相性や、最強の一致いわなだれ使いであり、これらの特徴を活用してダブルでトリパエースとして採用される場合も多い。

第九世代ではほえるが復活し、新たにやけっぱちとサンダーダイブを習得。逆に失った技で目ぼしいのはばかぢから程度。

また似た配分の地面物理アタッカーとしてイダイナキバが追加。
あちらには4倍弱点もなく素早さでは上回られ、覚える技範囲も似通っている。
主な差別化要素としてはあちらにはない上述の性能と一撃必殺技辺りか。

テラスタルすることで極端な耐性をカバー可能。ハードロックも保険として残すことができる他、これまでシングルでは死に特性だったひらいしんも活用できるようになった。
一方で前世代で有用だったダイマックスを失った上に、環境に優秀な地面が増えすぎたことで有利な電気が大幅に減ってしまった点が痛い。
上位層にもカイリュー以外は苦手な相手が多く、総括すると強化より弱体化の方が目立つ結果となった。

+  サイドン(しんかのきせき)について


特性考察 [編集]

ひらいしん
でんき技を受けた時に無効化し特攻が上昇する。ダブルでは引き寄せ効果も有り。
元々じめんタイプででんき無効なのでダブル専用だったが、今作ではテラスタルによりタイプ変更の機会がありシングルでも候補になるか。
ダブルでは雨+かみなりのシナジーを封じられる。ただし雨パとの相性は基本最悪なので注意。
なおかたやぶりすじがねいりのでんき技は引き寄せられない。
ハードロック
弱点で受けたダメージを3/4に軽減する。ダブルでも候補に入る。
弱点は多いが、4倍かつ特殊以外であれば確2以上に抑え込み、とつげきチョッキ、じゃくてんほけんとも相性が良い。
テラスタルすれば4倍弱点を消したうえで弱点ダメージも抑えられるため有用。
こちらもかたやぶりで貫通される。
すてみ
隠れ特性。適用技はとっしん・すてみタックル・サンダーダイブの三つ。
ほぼサンダーダイブの強化用だが、そのために他の特性を捨てるのは惜しい。
基本的に候補外だが、好みでサイドンを採用する際は選択肢か。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
じしん100(150)100-タイプ一致技。性能安定。ダブルでは周囲全体攻撃。
10まんばりき95(142)95-タイプ一致技。グラスフィールド下や、ダブルでの単体攻撃に。
じだんだ75/150
(112/225)
100失敗後威力倍タイプ一致技。命中不安の岩技やつのドリルのフォローに。
がんせきほう150(225)90行動不可タイプ一致技。威力は絶大だが反動もリスキー。
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1タイプ一致技。高威力・命中不安。
ロックブラスト25(37)×2~590-タイプ一致技。きあいのタスキやみがわり、ばけのかわに強い。
5発ならストーンエッジを超えるが期待値は3発。
確実に4〜5発当てたいならいかさまダイスを。
いわなだれ75(112)90怯み30%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。ダブルでは相手全体攻撃。
アームハンマー10090素早↓対悪・ノーマル。威力・命中で劣るがデメリットは小さい。
れいとうパンチ75100凍り10%対草地。4倍ドラゴンにも。性能安定。
やけっぱち75/150100失敗後威力倍対草。アーマーガア等のヒートスタンプの効かない重量級にも。
無効化されやすい地面技、命中不安の岩技、つのドリルと相性が良い。
サンダーダイブ10095外すと反動対水。すてみ適用技。A特化鉢巻なら呼ぶHB特化ヘイラッシャを確2に。
じめんへの受け出しやテラスタルが怖く安易には撃てない。
メガホーン12085-対草。ラティオスサザンドラクレセリアにも。
半減されやすいが高威力で地面技との補完は悪くない。
ヘビーボンバー40-120100体重依存対妖。多くのフェアリー相手に最大威力で撃てる。
つのドリル-30一撃必殺有効打の無い相手に。がんじょうや霊には効果無し。からぶりほけんの適用対象外。
メタルバースト-100-きあいのタスキと合わせて苦手な相手を返り討ちに。
高HP、鈍足という特徴ととても相性がよい。
特殊技タイプ威力命中効果解説
テラバースト80<120>100-テラスタル時はタイプが変化。攻撃が高い場合は物理技に変化。
変化技タイプ命中解説
ロックカット-素早さ強化。最速なら130族、準速なら115族を抜ける。ハードロック+じゃくてんほけんとあわせて。
つるぎのまい-攻撃を強化。居座り向けでは無いゆえ積むタイミングはシビア。
ステルスロック-サポート用。高い耐久とアタッカー気質により撒きやすい。サイクル戦のお供に。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。鈍足ゆえ使用には読みが必要。
ほえる-積み技対策や交代読みで。ステルスロックと相性がよい。ドラゴンテールと選択。DLCで復刻。
+  採用率の低い技

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
ストーンエッジ
いわなだれ
ロックブラスト
がんせきほう
一致技を強化。多弱点なのはそのままだが四倍弱点はなくなる。
物理技ならハードロックと合わせてほぼ耐えきれる。
弱点保険のコンボにも。
じしん
じならし
じだんだ
10まんばりき
一致技を強化しつつ、電気無効を維持し格闘と地面を弱点からなくす。
テラバースト草が一貫するが、水・氷・鋼に耐性を得る。
ダブルではひらいしんと合わせて弱点が草のみという手も。
ヘビーボンバー
アイアンヘッド
スマートホーン
フェアリー。多耐性はハードロックと噛み合う。
タイプとしては格闘と地面が一貫するが氷とフェアリーに切り返せる。
弱点保険との相性もよい。
やけっぱち
ヒートスタンプ
くさ。水と地面が一貫するが、草・氷・鋼に耐性を付与しつつ火傷対策。
れいとうパンチ
ゆきなだれ
くさじめんドラゴン。耐性はやや悪いが、氷への耐性を持ちつつ弱点保険との相性を保持出来る。
テラバースト氷が一貫するが、水と草に耐性を得つつ胞子対策。テラバースト採用で連撃ウーラオスへ切り返し。
テラバーストかくとう。テラバーストを採用すれば強引に突破しようとしてくるドラゴン、格闘に対する有効打を持てる。
どくづきフェアリー。地面が一貫するが、草と格闘に耐性を得つつ毒対策。
テラバースト草・格闘・地面に耐性を得る。氷が一貫し電気が弱点になるのでダブルでひらいしん用。勿論シングルでも。
メガホーン草・格闘・地面に耐性を得る。物理耐久と相性が良いのでシングル用。
げきりん
ドラゴンダイブ
ワイドブレイカー
テラバースト
氷が一貫するが、弱点の水・草を半減できる。
ドラゴン技がテラバースト以外は癖の強いものや低威力のものしかないのが難点。
かみくだくゴーストエスパー。いたずらごころ無効。格闘が一貫する。ダブル向けか。
ステラテラバースト打ち分けができる型かつトリックルーム向け。テラバーストで相手のテラスタルを崩す。
+  使用率・採用率の低いテラスタル

型考察 [編集]

物理アタッカー型 [編集]

特性:ハードロック
性格:いじっぱり/ゆうかん(トリックルーム採用時)
努力値:HA252 D4 or AD252 B4
持ち物:とつげきチョッキ/いかさまダイス/じゃくてんほけん/たつじんのおび/こだわりハチマキ/ラムのみ/オボンのみ/イバンのみ
確定技:じしん/ストーンエッジorロックブラスト(両立可)
選択技:じだんだ/ゆきなだれorれいとうパンチ/やけっぱちorヒートスタンプ/サンダーダイブorかみなりパンチ/アームハンマーorボディプレス/メガホーン/つのドリル

基本的な物理アタッカー型。地面+岩の範囲は広く、共に半減以下にできるのは草/格闘やふゆうドータクンなどごく僅か。
ロックブラストを採用すればタスキやみがわりを突破しやすく、非接触技がメインなのでゴツゴツメットにも強い。
ミミッキュに対しても、Bに厚くすることでタイマンで有利に立ち回ることができる。

特殊電気に後出しする場合はHP種族値の高さからHではなくDに振るのが基本(チョッキ持ちを除く)。

持ち物
とつげきチョッキ
弱点である特殊攻撃技に耐性を持たせ、役割対象である特殊電気への後出しを安定させる。
その他サザンドラサーフゴーなど一部の組み合わせに強く出られるようになる。
こだわりハチマキ
バンギラス等の有利な相手に繰り出して、高火力の技で負担をかける。
A特化@こだわりハチマキならストーンエッジでH振りウォッシュロトムを低乱1(37%)。
同条件でロックブラストが4発以上当たればH4ミミッキュをばけのかわ込みで確定で落とせる。
じゃくてんほけん
弱点の多さとハードロックを活かし、不一致弱点技を耐えて爆発力を得る。
つるぎのまいと異なり積む際の隙が無く技スペースも消費しないが、相手依存なので安定性に欠ける。
読みに自信あるならテラスタルで2倍弱点に抑えて発動させるのもアリ。
A特化・Aランク+2のじしんでローブシンを確1。
たつじんのおび
一部の相手の確定数に影響が出る。

ロックカット型 [編集]

特性:ハードロック
性格:いじっぱり/ようき
努力値:S252 耐久調整 残りA
持ち物:じゃくてんほけん/いのちのたま/ラムのみ
確定技:ロックカット/じしん/ストーンエッジorロックブラストorいわなだれ
選択技:れいとうパンチ/やけっぱちorヒートスタンプ/がんせきほう/メガホーン/サンダーダイブ

ロックカットを積んで強襲する型。
じゃくてんほけんとの相性もよく、うまく立ち回ればACS+2になれる。

最速でロックカットを積めば最速130族まで抜けるが、現環境ではその更に上を行くドラパルトが幅を利かせているため、微妙か。

型サンプル
持ち物:じゃくてんほけん
技構成:ロックカット/ロックブラスト/じしん/れいとうパンチ

ハードロックの効果もあり2倍弱点なら安定して受けられる。
A無振りでもじゃくてんほけんが発動すれば火力は充分確保できる。
ただしきあいのタスキ持ちがネックなので岩技はロックブラスト推奨。
Sに252振る都合で耐久が脆くなるため、4倍弱点(草・水)はさすがに耐えきれない。
ただし壁を張ればその限りではないので、両壁サポートがいると安定して発動できる。
れいとうパンチはドラゴン意識だが、仮想敵に応じて他の技と選択でよい。

ゴツゴツメット型 [編集]

特性:ハードロック
性格:わんぱく
努力値:HB252 余りADS
持ち物:ゴツゴツメット
確定技:れいとうパンチ
優先技:じしんor岩技(ストーンエッジ/ロックブラスト)※両立可
攻撃技:アームハンマーorボディプレス/つのドリル
補助技:ステルスロック

ゴツゴツメット枠として採用する場合の型。耐久指数はクレセリアを上回る。優秀な攻撃種族値と範囲で遂行性能が高い。
回復技は皆無なため、パーティ単位で相手を素早く消耗させる必要がある。

+  メジャーな物理アタッカーへの遂行性能

【ダブル】アタッカー型 [編集]

特性:ひらいしんorハードロック
性格:ゆうかんorいじっぱり
努力値:HA252、AD252を基本に調整
持ち物:じゃくてんほけん/とつげきチョッキ/たつじんのおび/オボンのみ/こだわりハチマキ
確定技:いわなだれ(推奨)orがんせきほう/10まんばりき(推奨)orじしん
優先技:まもる
攻撃技:アームハンマー/れいとうパンチ/かみなりパンチ/やけっぱちorヒートスタンプ/メガホーン/ストーンエッジorロックブラスト
変化技:みがわり

ダブルバトルにおけるアタッカー。主にブリムオンミミッキュなどのトリックルーム持ちと組ませる。
仮想敵に合わせて特殊耐性を諦めるならHA振り、それ以外ならAD振りがベース。

ギャラドスと組ませることで、ひらいしんによる相性補完に優れる。
その場合地震を難なく採用でき、ギャラドス側もこごえるかぜ、ちょうはつ等のサポートに回る動きもできるため、
つるぎのまい、ロックカットなど積み技の余裕もできる。
ただしフリーズドライにはお互い弱点を突かれるので注意が必要。

特性はどちらも有用なので悩みどころ。
ひらいしんなら味方への電気技を牽制できる。ただしほうでんのような全体攻撃技は吸い寄せる事はできない。
ハードロックでも初見では見抜けないのでブラフになる。

+  AD振りについての議論

対ドサイドン [編集]

注意すべき点
攻撃が高く、一致技の範囲も優秀。ロックブラストがあるためきあいのタスキやみがわりでは受けにくい。
サブウェポンも非常に豊富で、耐久調整をすることにより物理同士の殴り合いに強い。
特殊技で攻めようにも、不一致弱点技はハードロックやとつげきチョッキで軽々と耐えられてしまう。
つるぎのまいやロックカット、じゃくてんほけんでの強化も脅威。
対策方法
ハードロックがあるとはいえ特防は低く、4倍弱点のみずくさで攻めるのが得策。
ただし、無補正C振りの不一致みずくさ技程度では耐えられてしまう場合も多い。今作はテラスタルで4倍弱点を対策されてしまう。
攻撃面は物理一辺倒なため、おにびを入れることができればある程度抑えられるが、つのドリルで強行突破してくることもある。

外部リンク [編集]