エアームド - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

エアームド [編集]

No.227 タイプ:はがね/ひこう
通常特性:するどいめ(命中率を下げられない・相手の回避率上昇を無視して攻撃できる)
     がんじょう(一撃必殺技を受けない・HP満タン時に攻撃技でひんしになるダメージを受けても必ずHPが1残る)
隠れ特性:くだけるよろい(物理攻撃を受けると防御が1段階下がり、素早さが2段階上がる)
体重  :50.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
同複合HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
エアームド6580140407070465がんじょう/するどいめ/くだけるよろい
アーマーガア9887105538567495プレッシャー/きんちょうかん/ミラーアーマー


第二世代出身のはがね×ひこう複合。互いに弱点をカバーしあい、弱点2・半減以下10と非常に優秀。
物理寄りの耐性、高い防御、高速再生技の習得にがんじょうと物理受けとして非常に高いスペックを持つ。
いわゆる受けループの常連として採用されてきており、裏に優秀な特殊受けを配置してのサイクル戦が得意。
その完成度の高さから、金銀で登場して以降常に環境に一定数存在しうるポケモン。

第九世代での同複合はアーマーガアのみだが、種族値の傾向が割と似通い気味。
こちらの強みはがんじょうによる一撃必殺耐性、ボディプレスの威力、ドリルライナー・ステルスロック・ふきとばしなど。
逆にあちらの強みはミラーアーマーによる追加効果を狙った崩しへの耐性、特殊耐久など。
どちらかというとこちらはサイクル、あちらは居座り向けの性能をしているので、しっかり意識して差別化したい。

主な新規習得技はドリルライナー、きしかいせい。おいかぜ、ほえるも復活した。



特性考察 [編集]

するどいめ
回避上昇、命中低下は共に環境にほとんど見かけない。
ムラっけから回避率が消滅したのもあって、活躍できる盤面はほとんど無く候補外。
アーマーガアとの差別化をより明確にするために他を優先したい。
がんじょう
一撃必殺技が無効、特殊アタッカーに対しても1回の行動保障に。基本的にはこれが優先。
耐久型は勿論、アタッカー運用の場合もタスキに頼る必要がなくなり火力の底上げをしやすいのが魅力。
かたやぶりには注意。所持者は大半が物理型だが、一撃必殺が有効になってしまう。
くだけるよろい
隠れ特性。接触・非接触問わず、物理技を受けると防御が1段階下がり素早さが2段階上がる。
発動時の恩恵は大きく、上からはねやすめを使うことでほのお以外の耐性を一変させられる。
防御が下がるが、てっぺきで補完も可能。構成によっては耐久型でも一考の余地はある。
勿論、単純な素早さが重要なアタッカー型ならばより有効に活用しやすいだろう。
ただし、特性自体が居座るポケモンに向いておりエアームドの役割とはややミスマッチなのは忘れずに。
当然がんじょうを失う以上、一撃必殺や役割破壊の特殊技に対しては通常よりも警戒が必要。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
アイアンヘッド80(120)100怯み30%タイプ一致技。妖・岩への遂行技。相手が遅い場合怯みも狙える。
ドリルくちばし80(120)100-タイプ一致技。耐久型での基本飛行技。他に攻撃技があるなら切って良い。
つばめがえし60(90)必中-タイプ一致技。のろいと併せちいさくなるラッキーを役割に入れる場合のみ採用。
ブレイブバード120(180)100反動1/3タイプ一致技。がんじょうとの相性は悪い。
くだけるよろいやスカーフのアタッカー型のメインウェポン。
おいかぜ発動後の自主退場にも利用可能。
ボディプレス80100防御参照高い防御との相性が良い。てっぺきと併せて。
いわなだれ7590怯み30%岩4倍相手に。こだわりスカーフやくだけるよろいであれば怯み狙いも。
がんせきふうじ6095素早↓100%岩4倍相手や味方のサポートに。
ドリルライナー8095急所+1アタッカー向け。呼びやすいほのおでんきに。
すなじごく3585拘束ダメージ拘束技。命中不安で浮いている相手に無効。
フェイント30100優先度+2唯一の先制技。アタッカー型やダブルでのサポート型向け。
まもる・みきりのスカし、ゴースト以外へのとどめの一撃に。タマゴ技。
特殊技タイプ威力命中効果解説
テラバースト80<120>100タイプ変動テラスタル時にタイプが変化し、AとCを比べて高い方でダメージを与える。
変化技タイプ命中解説
はねやすめ-耐久型なら必須。先攻で回復すると地面や格闘が刺さるので注意。
タマゴ技。
ステルスロック-ダメージ源の一つ。高い流し性能と高シナジー。
アーマーガアとの差別点。
まきびし-3回撒くとHPを1/4削れる。飛行タイプ・ふゆうには無効。
ふきとばし-起点化阻止を兼ねつつ、ステルスロックと併せてダメージ源に。
風技なのでかぜのりに無効化される点に注意。
ほえる-ふきとばしと選択。
こちらは音技のためぼうおんには無効で、じごくづきを受けると出せなくなる。
ちょうはつ100耐久相手に。採用する場合S調整すると使いやすい。
つるぎのまい-アタッカー用。奇襲寄り。くだけるよろいとあわせて。
てっぺき-主につるぎのまいを持つドリュウズへの対策用。
ボディプレスと相性が良い。
のろい-物理アタッカーに圧力をかけ、物理アタッカーを確実に流す技。
おいかぜ-がんじょうとブレイブバードとの相性に優れる。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
テラバーストゴーストの一貫を切りたいなら。
テラバーストやけど耐性、ほのお耐性の獲得。岩が弱点になるので注意。
テラバーストでんきが一貫する。
テラバーストまひ無効、でんき耐性の獲得。弱点が少なく、地面技は飛行タイプのため飛んでこない。
テラバースト粉技・やどりぎ無効。使用機会はかなり限られる。
テラバースト雪でただでさえ高い防御が1.5倍になり非常に硬くなるが、炎の一貫を始め耐性が劣悪。
テラバーストボディプレスの火力の底上げに。
テラバースト毒・妖への耐性を維持しつつ炎や電気弱点を無くす。格闘も半減に。
エスパーは最大打点ならともかく、地面はまず撃たれないので元の耐性との相性も良好。
テラバーストでんき。特殊でんき技、ボルトチェンジ読みで。
ドリルくちばし
ブレイブバード
耐性が減るが炎弱点を等倍に。はねやすめしても飛行は消えない。
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
テラバースト解説
アイアンヘッド
はがねのつばさ
一致技の威力上昇に加え、常時はねやすめ時と同じ耐性になる。
でんきテラバーストへの対策になるがほのお弱点は一貫する。
テラバースト解説
ステラテラバースト元来ある優秀な耐性を崩さない。あと少しで削りきれる、という時の一押しに。

型考察 [編集]

物理受け型 [編集]

特性:がんじょう
性格:わんぱく
努力値:HP252 防御252/特防4
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし
確定技:はねやすめ
攻撃技:ドリルくちばし/アイアンヘッドorはがねのつばさ/がんせきふうじ/ボディプレス
変化技:ちょうはつ/てっぺき/ふきとばし/ステルスロック

エアームドの基本となる物理受け構成。地面、ドラゴン、飛行、無、鋼、格闘、草、虫あたりの物理アタッカーに後出しする。
ラッキーバンギラスといった特殊耐久の高いポケモンと組み合わせて
相手をじわじわと削る「受けループ」という戦術がとられることも多い。

持ち物はエアームドのダメージ源となるゴツゴツメットが基本。
火力に乏しいエアームドでは相手後続への負荷が少なく、
ゴツゴツメットで物理アタッカーを削ることなしにダメージレースを制すのは難しい。
アーマーガア同様てっぺき+ボディプレスで受けとは思えない高火力を出すこともできるが、
サイクル戦向きのエアームドで使う機会は少ないか。

のろい採用型 [編集]

特性:がんじょう
性格:わんぱく
努力値:HP252 防御252
持ち物:ゴツゴツメット
確定技:はねやすめ/のろい/ドリルくちばしorアイアンヘッドorボディプレス
選択技:ちょうはつ/ふきとばし

物理受けの一種だが目的が異なるため別記。
のろいの採用目的は

  1. 地面AT相手に後手ではねやすめ
  2. 積みATを確実に流す
  3. ラッキー

あくまで抜くためではなく流すためののろい。
のろいの素早さ低下はじしんに後手を取れるなど多くの場合有利に働くが、かみなりパンチ持ちのローブシンに対しては不利。

ステロ撒き型 [編集]

特性:がんじょう
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:レッドカード/メンタルハーブ
確定技:ステルスロック
優先技:ブレイブバード/ふきとばし
選択攻撃技:がんせきふうじ/アイアンヘッド/フェイント
選択変化技:ちょうはつ/はねやすめ/おいかぜ

先発に繰り出し場作りをするエアームド。
素早さ振りはSに振らない80~100族あたりを抜くことで、行動回数を増やすことが目的。

レッドカードを持つことでステルスロックを撒いた初手に相手が積んでこようとがんじょうで耐えて流すことができ、その他ステルスロックのダメージ稼ぎや更なる行動の可能性を作ることが可能。

物理アタッカー型 [編集]

特性:がんじょう
性格:ようきorいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252orHS調整
持ち物:ラムのみ/こだわりハチマキ/じゃくてんほけん
確定技:ブレイブバードorドリルくちばし/アイアンヘッドorはがねのつばさ
選択攻撃技:いわなだれorがんせきふうじ/フェイント/つじぎり/ドリルライナー/きしかいせい
選択変化技:ちょうはつ/はねやすめ/つるぎのまい

基本的にアタッカーとして育てる場合は持ち前の耐久を犠牲にするため、単体での運用は難しい。
素の火力がそれほど大きくないのもあり、火傷や麻痺などの状態異常対策はほぼ必須。
後ろにこちらの弱点を流せるポケモンがいると安定感はかなり増す。

スカーフ型 [編集]

特性:がんじょう
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252 残りHP
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ブレイブバード
攻撃技:アイアンヘッド/いわなだれ/つじぎり/ボディプレス/ドリルライナー
変化技:ステルスロック

低耐久の高速ポケモンを狩るのが最大の役割。こだわりスカーフ自体読まれづらいため、相手の意表を突ける。
こだわりすりかえorトリックにも強いが、はたきおとすには要注意。
ステルスロックは受けや昆布型の偽装を考えるなら採用の価値は十分にある。
いたずらごころやスカーフ持ちでもない限りはちょうはつ前に撒ける。

最速でもハバタクカミテツノツツミより遅いが、準速だとマスカーニャオオニューラにすら抜かれるので最速推奨。

A252ブレイブバードでH252オーガポンを確定1発。(岩はがんじょうで耐える)

くだけるよろい型 [編集]

特性:くだけるよろい
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 素早さ&HP調整
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/ゴツゴツメット
確定技:ブレイブバードorドリルくちばし
攻撃技:アイアンヘッド/いわなだれorがんせきふうじ/つじぎり/フェイント/ドリルライナー
変化技:ちょうはつ/つるぎのまい

S2段階上昇でこだわりスカーフ以上の効果が見込める。
素の火力を求めるならいじっぱり、耐久を残したい場合はようきで調整する事になる。
火力面強化のこだわりハチマキやいのちのたまの他、特性発動時にがんじょうやタスキを潰せる可能性を持つゴツゴツメットも選択肢に。

特殊に対してはがんじょう持ちよりも弱くなっている上、物理相手でも特性発動後に先制技や一致弱点で落とされる危険性があるので注意。
いかさまダイス持ちの連続技もまず耐えられない。

いじっぱりの場合はS172、ようきの場合はS92で、どちらも実数値112。
特性発動後は224となる。
残りの努力値はHP振りが妥当。どちらも残りを全振りすると奇数(いじっぱり実数値151、ようき実数値161)になる。
↑ようきでS92しか振らないのであれば努力値の都合上、いじっぱりH164A156S172で余り16となり完全劣化となってしまう。ようきならばS172以上振ること。


対エアームド [編集]

注意すべき点
鋼/飛行の優秀な耐性と高い物理耐久が武器。
物理受けのイメージが強いものの、のろいを積む鈍足アタッカーや、こだわりスカーフ&くだけるよろいの高速アタッカーも存在する。
物理受け型でもてっぺき+ボディプレスで高い火力を出してくることがある。
対策方法
確実に仕事をさせないためにちょうはつが有効。
物理受け型なら特殊耐久はさほどでもないので、ヒートロトムシャンデラといった、
電気もしくは炎の特殊アタッカーなら大抵がんじょうで耐えられるが楽に突破できる。
ジバコイル・レアコイルなら特性じりょくにより特殊受けに交代されず、ジバコイルの特化ボルトチェンジかレアコイルのC154 10まんボルトでH252D4振りを確1。
また、アタッカー型でもそこまで火力があるわけでもない。それなりに物理耐久があるポケモンならしっかり受け切れる。
ステルスロックでがんじょうを潰すのも良いが、一撃必殺技無効の効果までは潰せない。
運が絡むが特性かたやぶりを持つドリュウズオノノクスは一撃必殺技で対処可能。

外部リンク [編集]