チヲハウハネ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

チヲハウハネ [編集]

No.0988 タイプ:むし/かくとう
特性:こだいかっせい(天気が晴れの間、またはブーストエナジーを持って場に出てから交代するまで、一番高い能力が上がる)
体重:92.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
原種/パラドックスHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
チヲハウハネ85135798510581570こだいかっせい
テツノドクガ807060140110110570クォークチャージ
ウルガモス856065135105100550ほのおのからだ/むしのしらせ
虫/格闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
チヲハウハネ85135798510581570こだいかっせい
ヘラクロス8012575409585500むしのしらせ/こんじょう/じしんかじょう

ばつぐん(4倍)ひこう
ばつぐん(2倍)ほのお/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/じめん/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

ウルガモスに類似したパラドックスポケモンの1匹。同複合はUB不在によりヘラクロスのみ。
ただし種族値はHPと特防は原種と共通するが、こちらは物理攻撃重視となり、進化前のメラルバ[1]を一回り強化したような配分になっている。
同複合のヘラクロスと比較すると、素早さ以外はこちらが上回る。

原種の性能譲りとして技範囲のレパートリーが多い反面、パラドックスポケモン共通の特性が活かしにくいところ。
ニトロチャージやフレアドライブを覚えるため晴れパとの相性は悪くないものの、相手の炎技も強化されてしまうのが懸念点。

こだいかっせいは順当に育てるとこうげきにかかる。とくぼうは特化すれば対象にするのは難しくないものの、
ぼうぎょ・とくこう・すばやさはこうげき個体値をあえて下げる必要がある。積み技はビルドアップ・ニトロチャージ・くさわけのみというラインナップというのもあり、順当にこうげきにかけた方が良い。他はかろうじて特防特化してビルド吸血or日差しをやる場合の選択肢程度。



特性考察 [編集]

こだいかっせい
隠れ特性が存在しない。
場がひざしがつよい状態であるか、持ち物がブーストエナジーである時に、HP以外の一番高い能力に補正がかかる。
補正倍率は攻撃、防御、特攻、特防の場合は1.3倍、素早さのみ1.5倍。
ランク変化ではないためランク変化などとは乗算で掛け合わさる。
ブーストエナジーは消費アイテム扱いなので一度発動するとその後に発動させることはできないが、
発動トリガーは天候が優先されるため、ひざしがつよい状態で繰り出せば天候が変わるまでブーストエナジーは消費されない。
こだいかっせいはいかくよりも発動順が遅く、強化される能力はランク補正の影響を受けるため、
鉢合わせで食らってしまうと上手く攻撃を上げられない場合があることに気を付けたい。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
とびかかる80100攻撃↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
きゅうけつ801001/2回復タイプ一致技。回復付き。
であいがしら90100優先度+2
初ターンのみ
タイプ一致技。唯一の先制技。
とんぼがえり70100自分交代タイプ一致技。であいがしらと合わせて。
インファイト格闘120100防御↓
特防↓
タイプ一致技。積み技と相性が悪い。
ばかぢから格闘120100攻撃↓
防御↓
タイプ一致技。積み技と相性が悪い。
ローキック格闘60100素早さ↓100%追加効果が優秀。
フレアドライブ120100反動1/3
火傷10%
火力は申し分ないが反動が痛い。晴れと相性が良い。
ニトロチャージ50100素早さ↑火力不足だが追加効果が優秀。晴れと相性が良い。
くさわけ50100素早さ↑火力不足だが追加効果が優秀。
ワイルドボルト電気90100反動1/4対飛行・水に。反動が痛い。
じしん地面100100-対炎・岩・鋼・毒・電気に。反動を気にせず使える。
ダブルウィング飛行40×290-通りの良い連続攻撃。
アクロバット飛行55/110100-もちものがないとき威力2倍。
ブーストエナジーと相性が良い。
しねんのずつき8090ひるみ30%対毒・格闘。命中不安定。
追加効果は優秀だが中速のため工夫が必要。
変化技タイプ命中解説
にほんばれ-自分で晴れさせたい場合に。
あさのひざし-1/2(晴れ時2/3)回復。
ビルドアップ-攻撃・防御を強化。
ふきとばし-強制交代。積んでくる相手に。
おにび85物理アタッカー対策。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
採用価値が見出せない
フレアドライブ ニトロチャージほのお フェアリー耐性を得る 晴れ下での最大打点を伸ばしたい場合にも
一致技と範囲が被る点に注意
テラバースト解説
ワイルドボルトひこうギャラドスマリルリにも刺さる。
くさわけ解説
テラバーストひこう
インファイト
ばかぢから
ローキック
とにかく力でゴリ押して、等倍の相手を突き放す
テラバースト解説
じしん解説
ダブルウイング アクロバット解説
しねんのずつき解説
きゅうけつ とびかかる であいがしら とんぼがえり吸収耐久型として最強
テラバーストひこうほのお
テラバースト解説
解説
テラバースト解説
テラバーストミミッキュ
解説

型考察 [編集]

アタッカー型 [編集]

特性:こだいかっせい
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252ベースに耐久調整
持ち物:ブーストエナジー/いのちのたま
確定技:インファイトorばかぢから
選択技:とびかかるorであいがしらorきゅうけつorとんぼがえり/フレアドライブ/ワイルドボルト/じしん/ダブルウイングorアクロバット
変化技:ビルドアップ/にほんばれ
一般的なアタッカー型。基本的にフルアタ構成で良いだろう。
ビルドアップによる全抜きを狙うなら耐久調整も必要か。
虫技は通りが悪いのでタイプ一致ではあるが、確定技ではない。

こだわり型 [編集]

特性:こだいかっせい
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252 or HA252
持ち物:こだわりスカーフorこだわりハチマキ
確定技:とんぼがえり
優先技:ばかぢからorインファイト
選択技:フレアドライブ/ワイルドボルト/じしん/ダブルウイング/しねんのずつき/とびかかる/おにび
高火力の一致とんぼがえりを軸に立ち回る型。
デメリットのある高火力闘技との相性も良い。
虫闘複合の耐性は悪くはなく、特殊耐久も最低限あるため交代戦にも対応可能。
準速スカーフで最速トドロクツキ・準速テツノツツミ+1となる。

サポート型 [編集]


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対チヲハウハネ [編集]

注意すべき点
このポケモンを相手にするときに注意すべき点を記載
対策方法
このポケモンの対策方法を記載

覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

9th威力命中タイプ分類PP備考
1かぜおこし40100ひこう特殊35
1ひのこ40100ほのお特殊25
1むしくい60100むし物理20
7どくのこな-75どく変化35
7しびれごな-75くさ変化30
14ニトロチャージ50100ほのお物理20
21ふみつけ65100ノーマル物理20
28ローキック65100かくとう物理20
35あさのひざし--ノーマル変化5
42とびかかる80100むし物理15
49ばかぢから120100かくとう物理5
56ビルドアップ--かくとう変化20
63ダブルウイング4090ひこう物理10
70であいがしら90100むし物理10
77ふきとばし--ノーマル変化20
84きゅうけつ80100むし物理10
91あばれる120100ノーマル物理10

遺伝 [編集]

タマゴグループ未発見
性別ふめい
進化条件※無ければ項目不要


[1] 攻撃種族値が85と、ウルガモスよりも高い。