オンバーン - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

オンバーン [編集]

No.0715 タイプ:ひこう/ドラゴン
通常特性:おみとおし(自分が場に出た時、相手の持ち物がわかる)
     すりぬけ(オーロラベール・リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)
隠れ特性:テレパシー(味方の攻撃を受けない)
体重  :85.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
高速特殊AT/竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
オンバーン8570809780123535おみとおし/すりぬけ/テレパシー
ドラパルト881207510075142600クリアボディ/すりぬけ/のろわれボディ
サザンドラ92105901259098600ふゆう

ばつぐん(4倍)こおり
ばつぐん(2倍)いわ/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/むし/かくとう
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしじめん

第六世代で登場したひこう×ドラゴン複合タイプ。
同複合最速、そして広い技範囲を持ち合わせ、いかりのまえば、おいかぜ、とんぼがえり等の小技も豊富な器用さが売り。
一方で他の種族値はバランスよく配分されており、良くも悪くも突き抜けた部分は少ない。

第九世代でもドラパルトが続投。一般ドラゴン最速の座を奪還することは出来なかった。
とはいえ、全体でいえば素早さのインフレは比較的抑えられた環境になり、そのスピードは大きな武器になる。
技方面ではほとんどのポケモンが習得したテラバースト以外、採用されるものは見当たらない。
ドラゴンテールもオンバーンとの相性が悪いので、わざわざ採用する必然性に欠けるだろう。
失った技も少ないが、ダブルウイングの喪失はキノガッサの復帰もあって少々痛いところか。
新アイテムとしてものまねハーブが登場したものの、すりかえも前作に引き続きタマゴ技から消されたままである。

新要素・テラスタルはこおり4倍を無くせる点で有用。ボーマンダガブリアス等との同時採用も現実的になったのは大きい。
反面、相手のテラスタル+テラバーストで予想外のこおり技が飛んでくるようになった。総じて仕様面との相性はトントンぐらいか。
ダイマックスの廃止で最大火力は低下しているが、そこは他のポケモンも同様。
元々火力を求める場合はばくおんぱ+のどスプレーの活用が主なため、影響についてはむしろ相対的に低いとも言える。



特性考察 [編集]

おみとおし
おみとおし持ちでは最速であり、タスキ・スカーフによる奇襲を予見できるため安定性が高い。
ただし、おみとおしが発動したことは相手にも知られてしまう。
ドラパルトとの差別化にもなり、オンバーンの性質にもあっているため、迷ったらこの特性でよい。
ダブルでは相手2体の持ち物を確認できるため、より強力な性能となる。
相性の良いすりかえはランクバトルで使用できないので注意。
すりぬけ
みがわりと壁を無視して動けるのでアタッカー運用に向いた特性。
終盤の掃除役やダイマックスエースとして使う場合には、おみとおしの効果が薄いこともあり優先される。
ただし同特性でより速いドラパルトとの差別化は意識する必要がある。
テレパシー
隠れ特性。ダブル専用だが仲間を巻き込む技としてメジャーなじしんは最初から無効。
相方の自爆技を透かせるが、ダブルではおみとおしが相手両方の持ち物を見れるのでより有用性が高い。
必要なタイミングが少々ピンポイントだが、明確ではあるので構築によっては選択肢に入るか。
ちなみにかたやぶりで貫通されるが、所持者の全体攻撃は概ねじしんなので意識する必要は薄め。

技考察 [編集]

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発には向かない。撃ち逃げ向き。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。性能安定だが元のCも低く低火力なので基本的に優先度は低い。
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致技。雨とあわせて。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。怯みを狙いやすい。
ばくおんぱ140100-りゅうのはどうより高威力だがぼうおんやじごくづき持ちに注意。
みがわり貫通。ダブルでは周囲全体攻撃。
ハイパーボイス90100-ダブルバトルで味方に当てたくない場合に。
かえんほうしゃ90100火傷10%対鋼。性能安定。だいもんじは覚えない。
ねっぷう9590火傷10%対鋼。ダブルでは相手全体攻撃。
ソーラービーム120100晴れ下で
溜め解除
ダイマックスで晴れになったら。ダイソウゲンでも。
きあいだま12070特防↓10%対岩・鋼。
シャドーボール80100特防↓20%一貫性は高いが威力は低い。
あくのはどう80100怯み20%同上だが、追加効果を考慮するとこちらの方が性能にマッチする。
いかりのまえば-90-優秀な削り技。ゴースト以外に。
とんぼがえり70100自分交代攻撃しつつ撤退。おみとおしやりゅうせいぐん、スカーフとあわせて。
変化技タイプ命中解説
ちょうはつ100補助技対策。素早いので使いやすい。
みがわり-あると便利。音技や連続技に注意。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ強化。
ふきとばし-積み技対策。起点化回避に。
はねやすめ-回復技。耐性変化に注意。
つきのひかり-回復技。ダイマックスが廃止され多少使いやすくなった。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
ばくおんぱ ハイパーボイス弱点こそつけないが等倍範囲広めの高威力の一致技を放つことができる。またミミッキュのかげうちも無効に。
かえんほうしゃ、ねっぷう氷、妖への耐性と鋼への打点を同時に持ちたいときに。だいもんじを覚えず炎の火力は低いので少しでも高めたい場合採用。
解説
耐性よりも麻痺無効の恩恵が大きい。物理ではワイルドボルトがあるが、特殊方面では電気技は覚えない。
ソーラービーム解説
解説
きあいだまバンギラス
解説
解説
ぼうふう、エアスラッシュ解説
サイコキネシス解説
とんぼがえり解説
解説
シャドーボール解説
りゅうせいぐん、りゅうのはどう一致技の威力上昇。4倍弱点がなくなる。
あくのはどういたずらごころによる先制変化技での妨害を許さない。受けた後はちょうはつで縛るなど。
竜/飛ではお馴染みの選択肢。強力だが同複合での採用率が高いテラスタル故に読まれやすい。
解説

型考察 [編集]

基本アタッカー型 [編集]

性格:おくびょう
特性:おみとおしorすりぬけ
努力値:CS252 H4
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/こだわりスカーフ/のどスプレー
確定技:りゅうせいぐん(推奨)orりゅうのはどう/エアスラッシュorぼうふう
優先技:かえんほうしゃ/いかりのまえば
攻撃技:きあいだま/とんぼがえり/ばくおんぱ
補助技:みがわり/ちょうはつ/おいかぜ

高い素早さを生かし先発の偵察を兼ねたアタッカーとして運用する。
無補正りゅうのはどうではフライゴンドラパルトすら確定で落ちないので、撃ち逃げをやらせるならりゅうせいぐんが欲しい。
火力は足りておらず、臆病@珠ではエースバーンをりゅうせいぐんで確定1にできない。
いかりのまえばを持たせておけばとりあえず削りを入れることができ、ドラパルトとの差別化にもなるので優先的に持っておきたい。
ばくおんぱを覚えさせるならのどスプレーを持たせるのもアリ。

こだわりメガネ型 [編集]

性格:おくびょう
特性:おみとおしorすりぬけ
努力値:S252 C252or耐久調整
持ち物:こだわりメガネ
確定技:りゅうせいぐん/ぼうふうorエアスラッシュ
優先技:とんぼがえり/かえんほうしゃorねっぷう
選択技:ばくおんぱ/きあいだま/とんぼがえり

基本型と同様に先発適正の高いアタッカー型。
撃ち分けが出来なくなるためとんぼがえりの優先度が高くなる。

C振り特攻実値149×こだわりメガネ=223。
りゅうせいぐんでH252-D4振りヌメルゴンが高乱1(7/8)。
H252ギルガルドはかえんほうしゃで確定2発、交代読みなら倒せるが対面では厳しい。

レッドカード前歯型 [編集]

性格:おくびょう
特性:おみとおし
努力値:S252 耐久調整
持ち物:レッドカード
確定技:いかりのまえば/ちょうはつ
選択技:エアスラッシュorぼうふう/りゅうせいぐん/ばくおんぱ/かえんほうしゃorねっぷう/とんぼがえり/どろぼう

先発前提。先制いかりのまえばとレッドカードで相手2匹のHPを半分削り、相手パーティの弱体化を狙う型。
Hに252振ると実数値が偶数になってしまうので、目一杯振りたい場合でも244止め推奨。

耐久調整

レッドカード発動後は持ち物がフリーになるため、どろぼうは好相性。
ちなみに、悪タイプ弱点でじゃくてんほけん持ちの相手に対してどろぼうを使った場合、
奪う前にじゃくてんほけんが先に発動することになる。特に対ギルガルドでは注意が必要。

【ダブル】サポート型 [編集]

性格:おくびょう
特性:おみとおし(推奨)orすりぬけorテレパシー
努力値:HS252 または S252 HC調整
持ち物:きあいのタスキ/半減実
確定技:エアスラッシュorぼうふう/おいかぜ
優先技:いかりのまえば
攻撃技:きあいだま/かえんほうしゃ/ねっぷう/りゅうのはどう/りゅうせいぐん/あくのはどう/とんぼがえり/ばくおんぱ
補助技:みがわり/ちょうはつ

高い素早さを活かしたサポーターとして起用。
特性がおみとおしであるならば、先発で繰り出すことで相手2匹の持ち物を確認することができ、戦略を組み立てやすくなる。
ドラパルトとの差別化要素としては先述の特性おみとおしの他、向こうが覚えないおいかぜが筆頭に挙がる。
特性の関係でトルネロスエルフーンの方がおいかぜ自体は先手で使えるが、
特性を考慮しないのであればS123からおいかぜが使えるのは大きな利点。
なお、おいかぜ自体は種族値傾向が似ておりオンバーンよりも速く、特性に同じすりぬけを持つクロバットでも可能なため、
彼らとの差別化を意識するのであれば、特性はすりぬけ以外を選択し、クロバットは没収されたいかりのまえばも優先的に採用したい。

攻撃技は差別化として重要ないかりのまえばの他、怯みを狙えるエアスラッシュ、
やることがなくなった際に撤退できるとんぼがえり辺りが優先度は高い。
また、全体攻撃となるばくおんぱやねっぷうも候補。
ただしばくおんぱは味方も巻き込むので、採用するのであれば特性ぼうおん持ちかゴーストタイプと組ませることを意識したい。


相性考察 [編集]

はがねタイプのポケモンはオンバーンの弱点を全て半減し、自身の弱点である地面・格闘・炎はオンバーンが半減以下にできるため相性がよい。
オンバーンと鋼タイプを同時に選出した場合、一貫するのは電気・悪・ゴーストのみなので、残りの1枠にはこれらに対抗できるポケモンを入れるとよい。


対オンバーン [編集]

注意すべき点
S123からの高威力特殊技の数々。いかりのまえばやちょうはつ等の小技も習得。
おみとおしによりこちらの行動を読まれやすい。
対策方法
1番良いのは4倍弱点のこおり技。
火力は並程度で積み技も無いため、はがねフェアリーなら後出しから受けられる。
ただしはがねは複合次第ではサブウェポンで4倍弱点を突かれる恐れもあるので注意。

覚える技 [編集]

レベルアップ [編集]

8th威力命中タイプ分類PP備考
オンバットオンバーン
-1りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
-1つきのひかり--フェアリー変化5
11すいとる20100くさ特殊25
11たいあたり40100ノーマル物理40
41かぜおこし40100ひこう特殊35
81ちょうおんぱ-55ノーマル変化20
1212かげぶんしん--ノーマル変化15
1616つばさでうつ60100ひこう物理35
2020かみつく60100あく物理25
2424エアカッター6095ひこう特殊25
2828ふきとばし--ノーマル変化20
3232いかりのまえば-90ノーマル物理10
3636エアスラッシュ7595ひこう特殊15
4040いやなおと-85ノーマル変化40
4444はねやすめ--ひこう変化10
-*りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10*進化時
4951おいかぜ--ひこう変化15
5256ぼうふう11070ひこう特殊5
-62ばくおんぱ140100ノーマル特殊10
+  過去世代

技マシン [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
技01とっしん9085ノーマル物理20
技04こうそくいどう--エスパー変化30
技06こわいかお-100ノーマル変化10
技07まもる--ノーマル変化10
技11みずのはどう60100みず特殊20
技14アクロバット55100ひこう物理15
技18どろぼう60100あく物理25
技25からげんき70100ノーマル物理20
技27つばめがえし60-ひこう物理20
技32スピードスター60-ノーマル特殊20
技40エアカッター6095ひこう特殊25
技44ドラゴンテール6090ドラゴン物理10
技47こらえる--ノーマル変化10
技49にほんばれ--ほのお変化5
技58かわらわり75100かくとう物理15
技60とんぼがえり70100むし物理20
技61シャドークロー70100ゴースト物理15
技65エアスラッシュ70100ひこう特殊15
技66のしかかり85100ノーマル物理15
技70ねごと--ノーマル変化10
技78ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技85ねむる--エスパー変化10
技87ちょうはつ-100あく変化20
技94あくのはどう80100あく特殊15
技95きゅうけつ80100むし物理10
技97そらをとぶ9095ひこう物理15
技100りゅうのまい--ドラゴン変化20
技103みがわり--ノーマル変化10
技105シザークロス80100むし物理15
技113おいかぜ--ひこう変化15
技114シャドーボール80100ゴースト特殊15
技115りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技117ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
技118ねっぷう9590ほのお特殊10
技120サイコキネシス90100エスパー特殊10
技125かえんほうしゃ90100ノーマル特殊15
技147ワイルドボルト90100でんき物理15
技152ギガインパクト15090ノーマル物理5
技156げきりん120100ドラゴン物理10
技158きあいだま12070かくとう特殊5
技160ぼうふう11070ひこう特殊10
技163はかいこうせん15090ノーマル特殊5
技168ソーラービーム120100くさ特殊10
技169りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
技171テラバースト80100ノーマル特殊10

過去作技マシン [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
第7世代
技06どくどく-90どく変化10
技10めざめるパワー60100ノーマル特殊15
技19はねやすめ--ひこう変化10Lv
技21やつあたり-100ノーマル物理20
技27おんがえし-100ノーマル物理20
技32かげぶんしん--ノーマル変化15Lv
技40つばめがえし60-ひこう物理20
技41いちゃもん-100あく変化15
技49エコーボイス40100ノーマル特殊15
技85ゆめくい100100エスパー特殊15
技87いばる-85ノーマル変化15
技100ないしょばなし--ノーマル変化20
第6世代
技01つめとぎ--あく変化15
技94ひみつのちから70100ノーマル物理20
秘01いあいぎり5095ノーマル物理30

タマゴ技 [編集]

6th7th8th威力命中タイプ分類PP備考
ドラゴンダイブ10075ドラゴン物理10
きりばらい--ひこう変化157th:教え
すりかえ-100あく変化10
おいかぜ--ひこう変化30Lv/7th:教え
げきりん120100ドラゴン物理10技レ24
よこどり--あく変化107th:教え

教え技 [編集]

8th威力命中タイプ分類PP備考
りゅうせいぐん13090ドラゴン特殊5
ダブルウイング4090ひこう物理10
+  過去世代

技レコード [編集]

No.威力命中タイプ分類PP備考
技02かえんほうしゃ90100ほのお特殊15
技11サイコキネシス90100エスパー特殊10
技12こうそくいどう--エスパー変化30
技18きゅうけつ80100むし物理10
技20みがわり--ノーマル変化10
技24げきりん120100ドラゴン物理10
技26こらえる--ノーマル変化10
技27ねごと--ノーマル変化10
技31アイアンテール10075はがね物理15
技33シャドーボール80100ゴースト特殊15
技35さわぐ90100ノーマル特殊10
技36ねっぷう9590ほのお特殊10
技37ちょうはつ-100あく変化20
技42ハイパーボイス90100ノーマル特殊10
技47ドラゴンクロー80100ドラゴン物理15
技51りゅうのまい--ドラゴン変化20
技58あくのはどう80100あく特殊15
技60シザークロス80100むし物理15
技62りゅうのはどう85100ドラゴン特殊10
技64きあいだま12070かくとう特殊5
技86ワイルドボルト90100でんき物理15
技89ぼうふう11070ひこう特殊10

遺伝 [編集]

タマゴグループ飛行/ドラゴン
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化オンバット(Lv.48)→オンバーン

遺伝経路 [編集]

習得方法覚える系統
きりばらいレベルウォーグル系統
ドラゴンダイブレベルカイリュー系統/ガブリアス系統/サザンドラ系統/アップリュー/ドロンチ/ドラパルト