ハピナス - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ハピナス [編集]

No.0242 タイプ:ノーマル
通常特性:しぜんかいふく(手持ちに戻ると状態異常が治る)
     てんのめぐみ(技の追加効果発生率が2倍になる)
隠れ特性:いやしのこころ(味方の状態異常が毎ターン終了時に1/3の確率で回復。自身には適用されずダブル専用)※ピンプクの時「フレンドガード」
体重  :46.8kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値備考
ハピナス25510107513555540しぜんかいふく/てんのめぐみ/いやしのこころ
ラッキー250553510550450しぜんかいふく/てんのめぐみ/いやしのこころ
17167524しんかのきせき無振り
33183556しんかのきせきBD252振り
ピンプク10055156530220しぜんかいふく/てんのめぐみ/フレンドガード
33123334しんかのきせきBD252振り
フレンドガードHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ピンプク10055156530220しぜんかいふく/てんのめぐみ/フレンドガード
33123(306)しんかのきせき・BD252振り
ピッピ704548606535323メロメロボディ/マジックガード/フレンドガード
98123(431)しんかのきせき・全振り
プリン1154520452520270メロメロボディ/かちき/フレンドガード
5663(344)しんかのきせき・全振り
ビビヨン825250905089411りんぷん/ふくがん/フレンドガード
イッカネズミ7475706575111470フレンドガード/ほおぶくろ/テクニシャン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

第二世代出身のノーマルポケモンで、ラッキーの進化形。全ポケモン中トップのHP、および高い特防が特徴。
純粋な耐久値はラッキーにしんかのかせきを持たせた方が高いが、持ち物で差別化は容易。
特攻、素早さで上回るので単なる受けに留まらない、様々な型が成立する。
なお防御は極端に低いが、それ故に努力値の効率が非常に良く、無振りと極振りでは倍以上の差が出てくる。

第九世代ではちいさくなるの剥奪、タマゴうみのPP減少とかなりの痛手を受けている。てんのめぐみと相性の良いトライアタックも再び習得不可に。
どくどくやチャージビームの技マシンが復活したが、ハピナス系統は習得不可能。
採用価値の高い新規習得技はトリック、ひやみず程度。

アロマセラピーが廃止された代わりに、同じ効果のいやしのすずをタマゴ技として再習得しているが第九世代内では習得者が現状不在。
しかしDLC碧の仮面にてチリーンが登場したことにより遺伝可能となった。

特攻が低いとは言え最低限の数値はあるので、新要素のテラスタルはラッキーよりも格段に使いやすい。
耐性も増えることで受けやすくなるので、特殊を受けながらのアタッカーとしてやりやすくなるだろう。

おこうの廃止により、ラッキー・ハピナスを親にしてタマゴを作ると必ずピンプクが生まれるので、厳選の際は注意。

実用性の低い【ダブル】いわなだれ型、第九世代で使用できないちいさくなる型はノートにあります。

進化前のピンプクは特性フレンドガードを持ち、ダブルにおいてハピナス・ラッキーとは異なる役割を持てる。
同特性のポケモン達とは一長一短であり、十分な活躍が見込める。

+  フレンドガード持ちとの比較


特性考察 [編集]

しぜんかいふく
耐久型対策のどくどくをはじめ、状態異常での機能停止を防げる。
交代する必要があるものの、得意とするサイクル戦なら無理なく活かせる。
依然として優秀だが、どくどく習得者の激減により従来よりも価値は下がっている。
てんのめぐみ
状態異常や能力低下で相手を弱体化させられる確率が上がる。
持ち前の耐久により試行回数も稼ぎやすく、適用される技を採用するなら優先度は高い。
いやしのこころ
隠れ特性。ダブル用。自身や手持ちには効果が無く、発動も確率依存。
他の特性と比べて汎用性に劣り、効果自体が受動的なので優先度は低め。
とはいえ、特殊アタッカーに対しては凄まじい耐久力を誇る為、試行回数は稼ぎやすい。
火傷や麻痺に弱いエースのサポーターとして起用する場合は採用意義があるか。

技考察 [編集]

特殊技タイプ威力命中効果
<天恵>
解説
ハイパーボイス90(135)100-タイプ一致技。みがわり貫通。
トライアタックが無くなったので、採用率向上。
のどスプレーを持たせる事で特攻アップできるように。
テラバースト80(120)100-テラスタルに合わせて技タイプが変わる。テラスタル無しでも一致技として使える。
かえんほうしゃ90100火傷10%
<20%>
ハッサムに。
てんのめぐみで火傷が発動すれば物理耐久も補える。
だいもんじ11085火傷10%
<20%>
威力は優秀だが命中がやや不安。PPが少なくてんのめぐみの試行回数は稼ぎづらい。
しぜんかいふく型か、かえんほうしゃとの確定数の差を強く意識する場合に。
10まんボルト90100麻痺10%
<20%>
ギャラドスペリッパーに。
かみなり11070麻痺30%
<60%>
命中不安定だが、てんのめぐみなら麻痺60%。
れいとうビーム90100凍り10%
<20%>
対竜・地面に。4倍弱点持ちに交代読みで打てれば美味しい。
てんのめぐみの2割こおりで強引な勝ち筋が通せることも。
ふぶき11070凍り10%
<20%>
↑よりも威力を求める場合の選択肢。命中不安。
こごえるかぜ5595素早さ↓100%サポート用。
シャドーボール80100特防↓20%
<40%>
対ゴースト。あくのはどうは覚えない。
てんのめぐみなら追加効果で特殊受けとの泥仕合を防げるが、ミラーに無効。
物理技タイプ威力命中効果
<天恵>
解説
ちきゅうなげ-100-A無振りでも使える物理技。ゴーストには無効。
なげつける~130100持ち物によるかえんだま、でんきだま、どくバリ等による状態異常撒き。
こだわりトリックにも強くなる。
変化技タイプ命中解説
タマゴうみ-回復技。耐久性能の向上に。第九世代ではPPが5に減少した。
いのちのしずく-回復技。ダブル用。味方と自身の両方を回復できる。要塞化するなら候補。
みがわり-張れれば一撃では落とされにくくなり、状態異常対策もできる。
HPも高いので落とされにくい。
でんじは90妨害技。電気や地面、ひらいしん等には無効。
ステルスロック-サポート用。高い流し性能を活かして。
めいそう-特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
あまえる100物理耐久を疑似的に補強。
いやしのすず-サポート用。控えを含む味方全ての状態異常を回復。
同じ効果だったアロマセラピーは廃止された。
じゅうりょく-主にサポート用。だいもんじやかみなりの命中補強にも。
てだすけ-ダブル用。味方の火力補強に。
+  採用優先度が低い技

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
ハイパーボイス
はかいこうせん
のどスプレーアタッカー型に。耐性面では変化がなく、火力増強目的での採用。
シャドーボールノーマルかくとうを無効に。
無効に物理技、弱点に特殊技が多いタイプなのでステータスとの相性が良い。
また交代禁止も無効化できるのは起点にされやすいハピナスにとってはありがたい。
テラバーストいたずらごころによる変化技とエスパー無効。
ハピナスとラッキー対策をサイコショックに頼っている特殊アタッカーに強くなる。
クエスパトラのルミナコリジョン対策やアシストパワーでの強行突破を防ぐ。
かくとうが一貫するのは少々痛い。
テラバーストかくとう半減、腐食以外の状態異常の毒や猛毒を無効にする。
あらかじめタイプが変わっていれば、再度場に出たときに毒菱も回収。
テラバースト格闘耐性を獲得し、じわれを無効化できる。
マジカルシャインガブリアスセグレイブなどの物理ドラゴンに強くなる。格闘も半減になる。
テラバースト
じならし
でんき無効。
テラバースト格闘弱点は据え置きだが、多くのタイプに耐性を持てるようになる。
ふしょく相手でなければ毒や猛毒も無効に。
れいとうビーム
ふぶき
こごえるかぜ
雪天候との併用で防御強化・ふぶきの命中不安解消。ぜったいれいど無効。
耐性面はかくとうが一貫している上、弱点増加に対して半減は氷のみと不安。攻め重視の択なら。
テラバースト物理竜と物理妖に弱くなるが、多くのタイプに耐性を持てる。特殊耐久をさらに高めたい場合の選択肢。
かえんほうしゃ
だいもんじ
火傷を無効にできるが、元々攻撃が低すぎる上に自然回復もあるためあまりメリットは無い。
攻撃面ではハッサムアーマーガアに。
ひやみず
みずのはどう
テラバースト
弱点は草・電気のみと耐性面は優秀。
10まんボルト
かみなり
ヘイラッシャマリルリへの打点強化に。
麻痺無効になるが、自然回復だとあまり恩恵はない。麻痺付与も考慮するとてんのめぐみ向け。
+  採用率の低いテラスタル

型考察 [編集]

てんのめぐみ型 [編集]

特性:てんのめぐみ
性格:ひかえめ/ずぶとい/おくびょう/おだやか
努力値:BC252ベース
持ち物:たべのこし/たつじんのおび/こだわりメガネ/フォーカスレンズ/とつげきチョッキ/どくバリ
確定技:タマゴうみ
優先技:めいそう/かえんほうしゃ/れいとうビーム
攻撃技:かみなりor10まんボルト/シャドーボール/みわくのボイス/サイコキネシス/なげつける
補助技:みがわり/アロマセラピー/ステルスロック

圧倒的耐久力で多くの特殊アタッカーを流すことができる特殊受け。
タマゴうみも合わさって並のアタッカーでは突破不可能。
さらにてんのめぐみによる追加効果で広範囲にごまかしが狙える。

技レパートリーは豊富だが、火力も素早さも不足気味。
努力値はBC振りが基本。Bに振ることで役割破壊の物理技に備えられる。

めいそうは積み技で突破を狙う特殊アタッカーへの対抗策。
火力も補強できるので、特殊受け同士の撃ち合いにも強くなる。

れいとうビームは呼ぶ物理に4倍弱点持ちが多いうえ、2割のこおりで不利な相手を無理やり機能停止に持ち込めるため優先度は高い。
鋼への打点になり、火傷で呼ぶ物理の機能停止も狙えるかえんほうしゃも優秀。パーティに合わせて選択したい。
電気技も性能は優秀だが、めいそうスイクンなどはこちらもめいそうをすれば突破されることは防げる。
電気技はギャラドスを意識する場合にあると便利。

持ち物は長期戦に強いたべのこしが筆頭。他には耐久を削らずに火力補強できるたつじんのおびなどが主な候補。

どくバリとなげつけるを追加。シーズン15現在どくバリの採用率が約6割。またこだわりトリックの対策もできる。

しぜんかいふく型 [編集]

特性:しぜんかいふく
性格:ずぶとい/おだやか
努力値:B252 HCDS調整
持ち物:たべのこし/どくバリ
確定技:タマゴうみ
優先技:めいそう/みがわり
攻撃技:ちきゅうなげ/だいもんじorかえんほうしゃ/れいとうビーム/10まんボルト/ハイパーボイス/シャドーボール/なげつける
補助技:でんじは/ステルスロック

特性しぜんかいふくによりどくどくに強くなり、より強固な受け性能を発揮できる。
火力が貧弱なのでめいそうを積むか、味方での毒撒きやステルスロック撒きを行った上で確実に受け回していく動きがメイン。
てんのめぐみ型は通常のパーティでもよく採用されるが、こちらは主に受けループで採用される。

みがわりは一撃必殺技対策。特に受けループでの一撃技は致命傷になるので採用優先度は必須レベル。
ラッキーより高い素早さも活かせるため、先手で置ける範囲を考えてSは要調整。

基本的に持ち物はめいそうとの相性が良いたべのこし一択になる。

どくバリとなげつけるを追加。シーズン15現在どくバリの採用率が約6割。またこだわりトリックの対策もできる。

いやしのねがい型 [編集]

特性:しぜんかいふく/てんのめぐみ
性格:ずぶとい
努力値:B252 HorC252
持ち物:ヨプのみ/きれいなぬけがら
確定技:いやしのねがい
技攻撃:ちきゅうなげ/シャドーボール/だいもんじorかえんほうしゃ/かみなりor10まんボルト/れいとうビーム
補助技:でんじは/タマゴうみ

序盤は特殊に繰り出して流しつつ後続に負荷をかけていき、中盤以降にいやしのねがいで全快のエースを降臨させる型。

じゅうりょく型 [編集]

特性:てんのめぐみ/しぜんかいふく
性格:ずぶとい
努力値:B252 CorD252
持ち物:ヨプのみ/きれいなぬけがら
確定技:じゅうりょく
攻撃技:かみなり/ふぶき/だいもんじ
補助技:いやしのねがい/タマゴうみ

じゅうりょくパーティの始動役。いやしのねがいで自主退場でき、
さいみんじゅつ持ちのエスパー・ゴーストとの相性補完に優れる。

じゅうりょくには高威力特殊技の命中率強化、とびひざげり無効化など自身にもメリットがあり、
場合によっては退場せずにそのまま戦うことも考えられるので、C振りも一考。

【ダブル】基本型 [編集]

特性:てんのめぐみ/しぜんかいふく/いやしのこころ
性格:ずぶとい/のんき/ひかえめ/れいせい
努力値:B252 CDS調整
持ち物:たべのこし/きれいなぬけがら/オボンのみ/ヨプのみ/のどスプレー(ハイパーボイス採用時)
攻撃技:ちきゅうなげ/ハイパーボイス/こごえるかぜ/シャドーボール/だいもんじorかえんほうしゃ/れいとうビーム/10まんボルト
補助技:てだすけ/タマゴうみ/でんじは/いのちのしずく/スキルスワップ/じゅうりょく/いやしのねがい/めいそう/まもる

高耐久に加え、てだすけやいのちのしずく等を習得するのでダブル適性もある。
ただし単純なサポート型だと、より高耐久のラッキーやフレンドガードで味方を守れるピンプクの劣化になり得る。
持ち物が自由な点、特攻の高さ等を活かして差別化したい。

+  いわなだれの有用性について

【ダブル】ピンプク:サポート型 [編集]

特性:フレンドガード
性格:なまいき/のんき/おだやか/ずぶとい
努力値:BD252 or HD252 or HB252
持ち物:しんかのきせき/きあいのタスキ
優先技:まもる/ちきゅうなげ
攻撃技:こごえるかぜ
補助技:てだすけ/ひかりのかべ/でんじは/てんしのキッス/しんぴのまもり/じゅうりょく/にほんばれ/あまごい/あまえる

特性フレンドガードを活かす型。素のHP種族値が高い為、両受けを狙うならBD振りがお勧め。
生き残れば相方の耐久を高められるので有用。
補助技の数はプリンに比べて少なめだが、必要と思える物は最低限揃っている。

素早さ種族値30はダブルバトルにおける激戦区。
相手のトリックルームを逆手に取るなら最鈍を狙いたい。


対ハピナス [編集]

注意すべき点
圧倒的な耐久種族値に加え、弱点1つの良耐性、豊富な回復手段、最低限の攻撃性能の持ち主。
めいそう・みがわりでの居座り、ステルスロック等の補助技での妨害、特性てんのめぐみを活かした攻撃も可能で型が読みにくい。
構成次第では受けループ対策のポケモンも突破される。
また、フレアドライブ等の反動技で攻める場合は反動ダメージが非常に大きくなり、返り討ちになる可能性が高いため使用は控えよう。
ダブルバトルではいわなだれで妨害してくることも。
進化前のピンプクはまともな攻撃手段がちきゅうなげしか無いが、フレンドガードで相方の耐久力の底上げを行ってくる。
対策方法
メジャーな耐久ポケモン対策は通用しにくいので、物理高火力か一撃必殺技で一気に片付けたい。
とはいえアーマーガアドヒドイデ等の物理受けとの組み合わせが多いため、サイコショックでの役割破壊、とんぼルチェンで有利対面作り等の工夫が要る。

外部リンク [編集]