スピンロトム - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

スピンロトム [編集]

No.0479 タイプ:でんき/ひこう
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:0.3kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
電/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
スピンロトム506510710510786520ふゆう
オドリドリ(ぱちぱち)757070987093476おどりこ
タイカイデン70706010560125490ふうりょくでんき/ちくでん/かちき

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)こおり/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/ひこう/むし/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん

ロトム:ゴースト ヒート ウォッシュ フロスト スピン カット


ひこうタイプのFCロトム。専用技はエアスラッシュ。
専用技が他のFCロトムよりも低威力な事もあり、優位性が対かくとう性能ぐらいしかなく、他FCロトムを優先されがち。
ひこうとして見ても低ステータスがネックになり他のひこうポケモンを優先されがちで、長年使用率は芳しくない。

元々じめん無効でふゆうがほぼ死に特性となっていたが、第九世代ではテラスタルが登場。
タイプが変化する盤面が発生するようになり、ようやくまともに能動的な活用が可能となった。
一方で相手にじめんタイプにテラスタルされることでボルトチェンジをカットされやすくなったのは逆風。

当初は同複合のライバルに耐久で大きく勝り、変化技のレパートリーもあって差別化は容易だった。
ポケモンHOMEの解禁でサンダーボルトロスが復帰したため、今後はわるだくみ、おにび、トリックといった搦め手を活用していきたい。
わるだくみはボルトロスも覚えるが、あちらはひこう技が物理技しか無いので差別化要素は未だ残っている。

技方面ではテラバースト以外の新規技がナイトヘッドのみ。
逆にライジングボルトを失っており、条件付きとはいえ最大火力が低下することになった。
他の失った技はダブル向けのサイドチェンジ、エレキネット程度。



特性考察 [編集]

ふゆう
隠れ特性はなく全フォルム共通の特性。
旧作ではほぼ死に特性となっていたが、SVではテラスタルにより飛行タイプが消える場面が起こり得るため価値が出てきた。
飛行以外のテラスタル時に限りかたやぶりには貫通されるので注意。

技考察 [編集]

攻撃技タイプ威力命中効果解説
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。性能安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。雨とあわせて。
ほうでん80(120)100麻痺30%タイプ一致技。攻撃しつつ麻痺撒き。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退可能。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。アタッカーなら必須技。飛行技はこれのみ。
シャドーボール80100特防↓20%ミミッキュ
たたりめ65/130100-状態異常の相手に威力倍増。おにびやでんじはとあわせて。
あくのはどう80100怯み20%シャドーボールと選択。
変化技タイプ命中解説
おにび85物理アタッカー対策。電気/飛行ではスピンロトムのみ覚える。
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。エアスラッシュと相性が良い。
トリック100メガネやスカーフとあわせて。
リフレクター-サポート用。味方の物理耐久を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
わるだくみ-火力補強に。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
解説
対氷。ふゆうで弱点の地面技は無効。
解説
10まんボルト火力補強。ふゆうによりかたやぶり以外からは弱点を突かれなくなる。
解説
解説
解説
猛毒耐性。弱点エスパーのみに。
対電気。ボルチェンを無効化。
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
対岩。ふゆうで弱点の地面は無効。
解説

型考察 [編集]

特殊アタッカー型 [編集]

性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:HCS調整
持ち物:するどいくちばし/オボンのみ/たべのこし
確定技:エアスラッシュ/わるだくみ/10まんボルト
優先技:あくのはどう
候補技:シャドーボール/みがわり

わるだくみを積んで、全抜きを目指す型。
エアスラッシュとあくのはどうで怯ませられると一方的な展開を作りやすい。

物理受け型 [編集]

性格:ずぶとい
努力値:H252 B252or調整
持ち物:たべのこし/ゴツゴツメット/カゴのみ
確定技:おにび
攻撃技:ほうでんorボルトチェンジ/エアスラッシュ
補助技:あやしいひかり/ねむる/リフレクター/ひかりのかべ

物理受けとして相性が良いおにびが使え、それなりの特攻とエアスラッシュを持ち合わせる。
ウォッシュロトムも物理受け型が多いため意識する必要がある。

こだわり型 [編集]

性格:おくびょうorひかえめ
努力値:CS252orHC252or各種調整
持ち物:こだわりメガネ/こだわりスカーフ
確定技:10まんボルト/エアスラッシュ/トリック
攻撃技:ボルトチェンジ/あくのはどうorシャドーボール
補助技:おにび

特性自体はほぼ無意味だが攻撃範囲が広く、耐久種族値と相まって受けとして優秀。
更に一致エアスラッシュでのゴリ押しや、トリックで積みor居座る耐久ポケモンを機能停止にできる。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対スピンロトム [編集]

注意すべき点
他の電気・飛行と違いおにびやトリック等でトリッキーに動いてくる。
フォルムチェンジで習得するエアスラッシュも、威力は低いが命中率や追加効果は優秀。
こだわりスカーフを持たせたりでんじはと併用したりで行動不能を狙える強力な一致技に。
対策方法
わるだくみさえ積まれなければ火力はそこまで高くないので、大事なのは起点を作らせないこと。
他のFCロトムと違いかたやぶりじしんは通らないが、岩や氷の一致技は有効。
バンギラスなら砂嵐の特防上昇で耐えやすく、返しの岩技で落とせる。
その他弱点を突かれない特殊耐久の高いor高火力なポケモンなら押し負けないだろう。

外部リンク [編集]