ルカリオ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

ルカリオ [編集]

No.0448 タイプ:かくとう/はがね
通常特性:ふくつのこころ(怯むと素早さが1段階上がる)
     せいしんりょく(怯まず、『いかく』の効果を受けない)
隠れ特性:せいぎのこころ(悪タイプの技を受けると攻撃が1段階上がる)※リオルのとき「いたずらごころ」
体重  :54.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
同複合HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ルカリオ70110701157090525ふくつのこころ/せいしんりょく/せいぎのこころ
コバルオン91901299072108580せいぎのこころ
両刀格闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ルカリオ70110701157090525ふくつのこころ/せいしんりょく/せいぎのこころ
テツノブジン741309012060116590クォークチャージ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/かくとう/じめん
いまひとつ(1/2)ノーマル/くさ/こおり/ドラゴン/はがね/あく
いまひとつ(1/4)むし/いわ
こうかなしどく

第四世代出身のかくとう×はがね複合タイプ。現環境の同複合はコバルオン、及び禁止伝説のザマゼンタ

非常に高い攻撃性能が特徴で、二刀流気味の種族値に加え、その種族値に拍車をかける積み技・先制技を複数備える。
物理・特殊・両刀の全てを構築に合わせて選択でき、非常に受けづらい性質を持つのが特徴である。
サブウエポンも豊富で、優先度の高いしんそくを始め高威力のものが多い。
物理・特殊の判別の難しさもあって、安易な受け出しを許さない一貫性の高いアタッカー性能が強み。

一方で二刀気味の種族値には無駄が多く、中速かつ低耐久。
はがね複合により、かくとうの弱点は全てカバーしており、耐性自体も優秀で半減以下なら耐えられるが、
前世代までから引き続きはがねの弱点はサブウェポンとしても人気なタイプなので上から縛られやすい。
有利対面を意識しつつ、行動機会を稼いで強みの突破力を活用していくのが重要。

第九世代ではアイアンテールとブレイズキックが習得不可に。
前者はコメットパンチがあるので然程影響はないが、後者は唯一のほのお技を失ってしまった。
新規の習得技はつばめがえしとくさわけ。
更に碧の仮面できあいパンチを再習得、じこあんじを新規習得。藍の円盤ではやてがえしを新規習得。

耐性自体は優秀なものの低耐久なため、テラスタルによるタイプ変更の影響はあまり大きくない。
ノーマルタイプになれば一致しんそくという強烈な個性を得られ、はがねタイプならバレットパンチの威力を底上げできる。

藍の円盤でコバルオンが復帰し、ボディプレスやはどうだん、しんくうはの習得によって単純な攻撃性能での差別化が難しくなった。
技タイプのレパートリーでは依然優位だが、あえてルカリオを選択する理由は構築と相談してよく吟味したい。

進化前のリオルについては後述。



特性考察 [編集]

ふくつのこころ
怯むと素早さが一段階上がる。
半端な素早さを補強出来るが、怯みそのものは防げない。
怯むのも相手と確率を共に満たす必要があり、中々狙って発動できるものではない。
下記のせいしんりょくならば怯まず行動でき、相手に先制されようが1回でも攻撃できる方が明らかに得。
トレース対策するにもせいぎのこころで良く、こちらの怯ませるわざも牽制されてしまうため、候補外。
せいしんりょく
怯みと特性いかくを無効化。
ねこだましやいわなだれ、いかくの跋扈するダブル向けの特性だが、シングルでも十分有用。
特殊アタッカー型でもしんそく等を覚えているケースも多く、基本的にはこれが優先される。
せいぎのこころ
隠れ特性。あくわざを受けると攻撃が1段階上昇。
悪技への受け出しか、ダブルなら味方のふくろだたきとのコンボを狙えるが、低耐久のルカリオでやるには少々危険。
物理型では選択肢になるものの運用難易度が高く、上記のせいしんりょくのほうが無難。
上記のふくつのこころとせいしんりょくの存在のお陰で、特性がバレるまで安易に怯ませるわざは受けない。

技考察 [編集]

物理技タイプ威力命中効果解説
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致技。高威力・命中安定のメインウェポン。
元の耐久は低いため、耐久低下のデメリットは小さい。
とびひざげり130(195)90外すと反動タイプ一致技。高火力だが命中率とゴーストが怖い。
きしかいせい20~200
(30~300)
100残HPで威力変化タイプ一致技。きあいのタスキとあわせて。
コメットパンチ90(135)90攻撃↑20%タイプ一致技。命中がやや不安。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対炎飛。格闘定番のサブウェポン。ファイアローウルガモスに。
いわなだれ7590怯み30%ストーンエッジと選択。ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ6095素早↓100%あと少し足りないすばやさを補う。
じしん100100-対炎電毒。範囲の広い定番のサブウェポン。
ボーンラッシュ25~125902~5回攻撃じしんと選択。ややピンポイントだが、いかさまダイスならじしんを超える。
なお襷や頑丈をケアできるのは先制技を除くとこの技のみ。
かみくだく80100防御↓20%対霊超。グレンアルマイダイトウに。
シャドークロー70100急所率+1同上。かみくだくと選択。霊/妖にも抜群。
しねんのずつき8090怯み20%対毒闘。ドヒドイデウーラオスに。
れいとうパンチ75100凍り10%対飛竜。ランドロスや4倍竜に。
かみなりパンチ75100麻痺10%対水飛。ギャラドスマリルリに。
カウンター-100優先度-5タスキと併せて1vs1交換+素早さや先制わざを活かしてもう一撃。
くさわけ50100素早さ↑威力は低いが、不足気味のすばやさを補える追加効果が優秀。
つばめがえし60必中-対虫闘。キノガッサ等の4倍ピンポイント。ちいさくなる取得者にも通る。
特殊技タイプ威力命中効果解説
きあいだま120(180)70特防↓10%タイプ一致技。高威力・命中不安。
はどうだん80(120)必中-タイプ一致技。性能安定だがやや威力不足。わるだくみが欲しい。
必中だが、ちいさくなる取得者にはタイプや種族値の関係上通りにくい。
てっていこうせん140(210)95最大HP半分減少タイプ一致技。最大火力。散り際、ラス1に。
ラスターカノン80(120)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
C下降補正無振りでも、無補正A振りバレットパンチより高威力。
シャドーボール80100特防↓20%対霊超。格闘技との補完に優れる。
あくのはどう80100怯み20%シャドーボールと選択。怯みを狙える。
りゅうのはどう85100-対竜。妖や鋼は呼びにくいため一貫して通りやすい。
サイコキネシス90100特防↓10%対毒。わるだくみ込みでドヒドイデを確1。
テラバースト80
<120>
100テラスタイプで変化AとCを比較して高い方でダメージ。
先制技タイプ威力命中効果解説
バレットパンチ40(60)100優先度+1先制わざその1。タイプ一致技。無効タイプ無しで一番安定。
マッハパンチは今作では覚えない。
しんそく80100優先度+2先制わざその2。優先度や一貫性が高く、特殊アタッカー型でも習得の価値あり。
ゴーストに無効。
フェイント30100優先度+2先制わざその3。ダブルでのまもる解除手段&先制技として。
しんくうは40(60)100優先度+1先制わざその4。タイプ一致技。珍しい特殊わざの先制技。ゴーストに無効。
はやてがえし65100優先度+3
怯み100%
先制攻撃技を使う相手にのみ成功。主に鈍足アタッカーの先制技を読んで使う。
優先度が高くても攻撃技以外が選ばれると失敗する。
怯み効果もせいしんりょく、おんみつマントなどで無効化されるので注意。
この技自体が先制技のため、先制技無効特性の前には無力。
変化技タイプ命中解説
つるぎのまい-有利対面で物理型の火力を補強。味方の起点作りとあわせて。
わるだくみ-有利対面で特殊型の火力を補強。味方の起点作りとあわせて。
こうそくいどう-有利対面ですばやさを大幅強化。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
じこあんじ-対象の能力変化をコピーする。自身で積み技を覚えるので用途はピンポイント。
積みきった相手に対面から使い、襷で耐えて次ターンの先制技に繋ぐ。
みきり-ダブル用。基本技。まもるより封印されづらい。
いやしのはどう-ダブル用。味方のHP1/2回復。
ファストガード-ダブル用。相手の先制技を防ぐ。
まねっこ-ダブル用。コンボの発動に。

テラスタル考察 [編集]

タイプ主な技解説
インファイト
とびひざげり
きしかいせい
きあいだま
はどうだん
しんくうは
弱点がひこうエスパーフェアリーに変化。
コメットパンチ
バレットパンチ
てっていこうせん
ラスターカノン
耐性を保ちつつ威力上昇。
テラバーストハッサムなど。物理型には火傷無効も大きい。
しんそく
フェイント
一致しんそくは強烈な個性に。剣の舞と併せて。
ストーンエッジ
いわなだれ
がんせきふうじ
ほのお
テラバーストドラゴン。呼ぶ格闘技を半減する。
かみなりパンチひこうギャラドスアーマーガアに。麻痺対策にも。
つばめがえし
テラバースト
じめん無効化、汎用性の高い地震対策として。
等倍の毒は元々アタッカーが少ないのでそこまで気にならない。
シャドークロー
シャドーボール
呼ぶかくとう技を無効にできるが、呼ぶゴーストに注意。
かみくだく
あくのはどう
かくとう技を無効化してくるゴーストに強い。
くさわけじめんトリトドンミガルーサに。
厄介な胞子・粉技・宿り木をカットできる。
みずのはどう
テラバースト
バクーダなどに。炎技を半減できる。
じしん
ボーンラッシュ
どくサーフゴー。格闘技と範囲が被りがち。
れいとうパンチひこうじめん。その他、四倍竜にも。
ステラテラバーストタイプはそのままに、各技の威力を1度だけ強化する。
+  採用率の低いテラスタル

型考察 [編集]

物理アタッカー型 [編集]

特性:せいしんりょく(推奨)/せいぎのこころ
性格:いじっぱり/ようき/むじゃき/せっかち
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/たつじんのおび/こだわりスカーフ/こだわりハチマキ/メタルコート/ラムのみ
確定技:インファイトorとびひざげり/コメットパンチ
優先技:バレットパンチorしんそく
物理技:れいとうパンチ/じしん/ストーンエッジorいわなだれ/かみなりパンチ
特殊技:シャドーボールorあくのはどう/しんくうは
補助技:つるぎのまい/みがわり/カウンター
テラスタイプ:鋼/闘/無/悪/妖

特性はいかく無効のせいしんりょくを推奨。

とびひざげりが最高火力だが、外しやゴースト後出しによる負け筋が常に付き纏うため、
採用率は威力が若干近くとも安定したインファイトが大多数。もともと低耐久のため能力下降もあまり気にならない。

素早さは激戦区の90族。トップメタのミミッキュドラパルトとの対面などでバレットパンチが有用な場面が多いため、是非採用したい。
A特化帯バレパンでH4ミミッキュに77.0〜90.0%のダメージ。

技範囲が広いためスカーフも十分候補に入る。
タスキを持たせる場合は、高いとは言えない耐久力と相性の良いカウンターも候補に上がる。

特殊技を採用する場合、性格は物理技が多い先制技にある程度耐えられるようにしたい場合のむじゃき。
せっかちは当初は候補外だったが、DLC藍の円盤で特性ダウンロード持ちのポリゴン2ポリゴンZが復活したのでそれら対策なら。

特殊アタッカー型 [編集]

特性:せいしんりょくorせいぎのこころ(物理技採用の場合)
性格:おくびょう/むじゃき
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/ラムのみ
確定技:てっていこうせんorラスターカノン/きあいだまorはどうだん
特殊技:しんくうは/シャドーボールorあくのはどう/サイコキネシス
物理技:れいとうパンチ/じしん/ストーンエッジorいわなだれ/しんそくorバレットパンチ
補助技:わるだくみ/みがわり
テラスタイプ:鋼/闘/無/悪/妖

物理型と違い、火傷、物理受けに強いのがメリット。

きあいだまは威力が高いものの命中難のデメリットが大きい。
はどうだんを採用するなら、火力不足を補うためのわるだくみの優先度は高め。しんくうはとの相性も良い。

しんくうははバレットパンチの通りが悪い鋼に通る。
ただ先制技がしんくうはのみだとゴーストが辛くなるので、バレットパンチとの両採用も候補。

【ダブル】基本型 [編集]

特性:せいしんりょく/せいぎのこころ
性格:おくびょう/むじゃき/せっかち/ようき
努力値:S252 HorAorC252
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/ラムのみ
特殊技:きあいだまorはどうだん/てっていこうせんorラスターカノン/しんくうは/シャドーボールorあくのはどう/サイコキネシス/いのちがけ
物理技:インファイト/れいとうパンチ/かみなりパンチ/かみくだく/じしん/ストーンエッジorいわなだれ/しんそく/バレットパンチ/フェイント
補助技:みきり/ファストガード/いやしのはどうorいのちのしずく

基本的にはアタッカーだが、いやしのはどう・いのちのしずくで味方の回復、フェイントでまもるを解除したりとダブル適性もある。
ダブルに多いいかくはせいしんりょくで無効化できるので、物理型でも機能不全になりにくい。

また、開幕いのちがけで一体相打ちにして相方のトリックルームをサポートしたり、
ふくろだたき+せいぎのこころで一気にA上昇など、ダブル特有の動きも可能。

ただしふくろだたきコンボはエルレイドウインディといった強力なライバルがおり、
タスキを持てなくなるという欠点があるので、採用するならルカリオ独自の強みを見出したい。


相性考察 [編集]

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ルカリオ [編集]

注意すべき点
物理主体か特殊主体かを初見で判断することが難しい。
かくとうはがねの攻撃範囲は広く、さらに優先度の高い先制わざしんそくを習得する。
フェアリーひこうエスパーで止まらないかくとうであり、いわはがねゴーストで止まらないしんそく使い。
他にもバレットパンチやしんくうはと、豊富な先制技を使いこなす。
メジャーなかくとう受けポケモンのドヒドイデなどであっても
一致はがね技/あくのはどう/じしん/れいとうパンチなどの優秀なサブにより、技構成次第では後出ししても返り討ちにあう。
一見特殊/物理主体がわかっても、しんそく等別の分類のわざを織り交ぜていることも多い。
特性がせいしんりょくの場合はいかく無効。
対策方法
つるぎのまい・わるだくみを積まれると対策を取りづらいため、展開させないことが第一。

物理・特殊のどちらの型でもかくとう技・はがね技・先制技・積み技の構成が大半を占める。
このため、かくとうはがね両方を半減するギャラドスリザードン等が苦手な点は変わりない。
ただしその弱点を補うために、優秀なサブによって返り討ちにされる危険が伴う。
またステルスロック持ちと組んでいる事が多いので注意。事前に撒かれた上で積まれると崩されかねない。
火傷させても、特殊型やつるぎのまい持ちにはあまり意味がないので、おにびよりは麻痺を入れる方が効果的。
耐性の多いはがねだが、ルカリオの場合素早さが生命線であるため、麻痺させておけば後続で対処しやすくなる。
ただし、しんそくやバレットパンチなど多くの先制技も使えるので、そのダメージは見越すこと。
あくに弱い味方と組んでいる場合はせいぎのこころにも警戒しよう。

リオル [編集]

No.447 タイプ:かくとう
通常特性:ふくつのこころ(怯まされると素早さが1段階上がる)
     せいしんりょく(怯まず、『いかく』の効果を受けない)
隠れ特性:いたずらこころ(使用する変化技の優先度が+1される。ただし悪タイプには変化技が無効になる。)
体重  :20.2kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
リオル407040354060285ふくつのこころ/せいしんりょく/いたずらごころ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)いわ/むし/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

進化前らしく能力は低いが、進化後のルカリオにはないいたずらごころの特性を持つ。
有用な変化技は少なく、まねっこくらい。
まねっこの効果で先制で攻撃技を出せる。特にタスキやこらえるで体力を1にしてからの最大威力のきしかいせい(200)を先制で出せるのが強み。
ただしゴーストには無効。元がいたずらごころを用いた変化技であるため、本来なら弱点を突けるあくタイプにも無効にされてしまう。
現環境にはかくとうを半減にするフェアリーが多いのも難点。

第五世代においては、天候やステルスロックなどの定数ダメージ源を用意してからのまねっこほえるループが猛威を奮った。
しかし、第六世代においてほえる/ふきとばしが真似できなくなり、成立しなくなった。

第九世代でインファイトを習得。
一方、はどうだん、しんそく、ラスターカノン、ストーンエッジ、あくのはどう等は、ルカリオに進化しないと覚えられない。
また、いたずらごころ+まねっこ使いとして新たにタギングルが登場。
差別化を意識する必要性は低いが、奇襲性の高さとしては型の幅が広いあちらに譲る。

+  まねっこについて

ダイマックス前提の【ダブル】まねっこトリルサポート型をノートに移動。


型考察 [編集]

まねっこきしかいせい型 [編集]

特性:いたずらごころ
性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:まねっこ/きしかいせい
優先技:つるぎのまい
選択技:インファイト/かみくだく/いわなだれ/カウンター/みがわり/こらえる

体力を1にしてきしかいせい+まねっこ由来のきしかいせいで一匹処理後、後続をまねっこ由来きしかいせいで大きく削れる。
こちらが先手をとれるならつるぎのまいで全抜きも狙える。
やどりぎのタネや毒々などへはみがわりも使えるが、その後どう体力を削るかが難しい。

性質上相手の先制技は苦手。
こちらより速い相手もそうだが、遅い相手でもきしかいせいを打つ前に倒される。


外部リンク [編集]