グレンアルマ - ポケモン対戦考察まとめWiki|最新世代(スカーレット・バイオレット)

グレンアルマ 節を編集

No.1004 タイプ:ほのお/エスパー
通常特性:もらいび(炎技を受けるとそれを無効にし、交代するまで炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:くだけるよろい(物理攻撃を受けると防御が1段階下がり、素早さが2段階上がる)
体重  :85.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
炎/超HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
グレンアルマ85601001258075525もらいび/くだけるよろい

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/いわ/じめん/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)はがね/エスパー/こおり/くさ/ほのお/かくとう/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性もらいびの場合、ほのお無効


カルボウの分岐進化のひとつでソウブレイズの対となるほのお×エスパーの複合。
この複合は希少であり、現時点で内定済みのポケモンでは唯一である。

能力傾向は中速特殊アタッカーで、専用技のアーマーキャノンが強力な個性となる。
だいもんじ以上の火力を命中を気にせず放てる。その代わり耐久が下がってしまうので、何かしらの手段で素早さは補強する、もしくは壁を張って耐久補強をしたい。
アーマーキャノンを連発することを想定するならこだわりスカーフを持たせての運用が望ましいか。トリックも習得するので相性自体は良い。
きあいのタスキで強引に耐えてくだけるよろいを発動した後に暴れるだけ暴れるという手もある。
その場合は先制技でそのまま落とされないようにサイコフィールドの採用も検討か。

サブウェポンは苦手な水、地面などに刺さるエナジーボールや悪に刺さるはどうだんをはじめとしてそれなりに豊富。
かなしばり、トリックルーム、トリック、みちづれといった小技もエスパータイプらしく非常に豊富である。
対応したい範囲に合わせて上手くカスタマイズしよう。



特性考察 節を編集

もらいび
特性1の考察
くだけるよろい
隠れ特性の考察

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中効果解説
アーマーキャノン120(180)100防御特防↓タイプ一致技。特殊ほのお版インファイト。
物理技タイプ威力命中効果解説
わざ電気11070異常30%ここに解説
変化技タイプ命中解説
めいそう-特攻・特防が1段階ずつ上昇する。
-
-
-

テラスタル考察 節を編集

タイプ主な技解説
解説
解説
解説
解説
エナジーボール
ソーラービーム
苦手な水岩地を返り討ちにできる。
草は弱点が多いが、氷虫毒は元タイプの一致技で弱点を突け、炎は特性もらいびなら無効にできる。
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
解説
ラスターカノン優秀な耐性に加え、特性「貰い火」なら弱点は二つになる。また、その弱点もサブウェポンで弱点を突きやすい。
解説

型考察 節を編集

通常型 節を編集

特性:砕ける鎧/貰い火
性格:臆病
努力値:HASベース
持ち物:命の珠/木炭
確定技:アーマーキャノン/波動弾
選択技:テラバースト/サイコキネシス/瞑想/エナジーボール
テラスタイプ:かくとう/はがね

アタッカー型 節を編集

サポート型 節を編集


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ポケモン名 節を編集

注意すべき点
このポケモンを相手にするときに注意すべき点を記載
対策方法
このポケモンの対策方法を記載

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

9th威力命中タイプ分類PP備考
シンカ1シンカ2シンカ3
111技名00ノーマル物理0
---バレットパンチ40100はがね物理30

その他 節を編集

威力命中タイプ分類PP詳細
ここに技名00ノーマル物理0

※配布やXD、PDWで特別に覚えている技を記載。なければ項目自体を削除

遺伝 節を編集

タマゴグループ人型
孵化歩数----歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で----歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件カルボウ(イワイノヨロイ)→グレンアルマ
分岐進化ソウブレイズ

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
うらみハーブゲンガー系統/ジュペッタ系統/ムウマージ/ミカルゲ
かなしばりレベルスリーパー系統/ヤミラミ
みちづれレベルノクタス系統